【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095309.html
思い込みが激しい人の特徴

思い込みが激しい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
思い込みが激しい人の特徴

思い込みが激しい人にはいくつかの特徴があります。

そのうちの10個をここでご紹介したいと思います。

  • 人の話を聞かない
  • 想像力が豊か
  • 過去の印象で話す
  • 希望が強い
  • 自分が正しいと主張する
  • マイナス思考
  • プラス思考
  • 心配性
  • 努力家
  • 情報不足がち
  • 人のことはほとんど考えてない
  • 自分が考えてることが正しい
  • 経験がほとんどない
  • すぐ感情的になってしまう
  • 根拠なしの自信
  • 親に甘やかされて育った
  • 想像力がある
  • 柔軟性が足りない
  • 希望通りにしたい
  • ネガティブ

1. 人の話を聞かない

人の話を聞かない

人の話をよく聞かない人の多くは、思い込みが激し傾向にあります。

このような人は自分が得ている情報のみで結論付けてしまうがゆえに、誰かが正確な情報を持ち込んでそれを話しても耳に入りません。

そのため不確かな情報のみで想像を膨らませ、ありもしない結論に達してしまうのです。

思い込みがエスカレートすると「何でこんな結論に至るの?」と誰もが感じるほどの見当違いの妄想へと発展します。

2. 想像力が豊か

想像力が豊か

想像力が豊かである場合、思い込みが激しくなります。

このような人は少ない情報から様々なことを思い浮かべることができるために、「こうかもしれない」とか「このような可能性も考えられる」とベクトルを至る方向に向け、結論を思い描きます。

このような人が「こう思わない?」と誰かに尋ねるようでしたら、大きな問題へと発展することはほぼないでしょう。

しかし思い込みによって結論を決めつけて話をするようであるなら、周りの人を混乱に陥れる可能性があります。

3. 過去の印象で話す

過去の印象で話す

知り合いについてのニュースが耳に入った場合、それを真っ向から否定する人がいます。

そのような人の多くは自分が知っている過去の印象と、入り込んだニュースから察することのできる印象とがあまりに違いすぎるがゆえに、「そんなはずはない」と思い込んでしまうのです。

このような傾向にある人は同窓会などで学生時代の友人に会い、それらの人が更けていた場合に大きなショックを受けることがあります。

4. 希望が強い

希望が強い

「こんなことになってほしくない」とか「こうあってほしい」と強く願う人の中にも、思い込みの激しい人がいます。

このような人はあえて現実から目を背けるために盲僧を繰り返し、それが実際に起こってほしいという希望を抱きます。

そのため事実とは異なることを述べるようになり、混乱を引き起こすことがあります。

5. 自分が正しいと主張する

自分が正しいと主張する

何を行うにしても自分が正しいと主張する人も、思い込みが激しい傾向にあります。

このような人は他の人に間違いを指摘されても、「そんなはずはない」と言い張り、間違えを認めません。

このタイプの人も4項目目で述べた人同様、自分の希望が強いゆえに激しい思い込みを経験することになります。

またこのような人は状況によっては頑固な人というレッテルを貼られてしまうこともあるために、注意が必要です。

6. マイナス思考

マイナス思考

マイナス思考の人も思い込みが激しくなることがあります。

たとえば誰かに言葉をかけたにもかかわらず無視された場合、「この人は自分のことを嫌っている」と思い込んでしまうのです。

しかし実際にところ、このようなシチュエーションには様々な理由が考えられます。

たとえば声をかけられたにもかかわらず、ただ聞こえていなかっただけかもしれませんし、忙しくて話をしている暇がなかっただけかもしれません。

そのため様々な理由を考慮することがひつようなわけですが、マイナス思考の人はそうしたことを考えずに「嫌われている」とうお思い込みを経験することになります。

7. プラス思考

プラス思考

上記で述べたこととは逆に、ものすごいいプラス思考の人も思い込みが激しいことがあります。

たとえば異性がチラッとこっちを見て笑った場合、「あの人は自分に気がある」と思い込むのです。

もちろんこのような思考はマイナス思考よりも良いといえます。

しかしいわゆる勘違いが恥ずかし思いを生じさせることもあるために、思慮深さは必要です。

8. 心配性

心配性

過度の心配性の人も、思い込みが激しいことがあります。

たとえばガスレンジの日を消し忘れて外出したのではないかという心配が頭から離れないときに消防車のサイレンを聞き、「うちが火事になった」と思い込んでしまうのです。

また体の調子が悪いと「自分は治療不可能な病気にかかっている」と思い込み、気力を失ってしまうのです。

心配性による思い込みは大きなストレスとなります。

そのためこのような性格は改善できるよう、努めるべきです。

9. 努力家

努力家

努力家の中にも思い込みが激しい人がいます。

しかしこれは自分に暗示をかけるためのもので、あえて思い込むようにしているにすぎません。

たとえばこれまで苦度も失敗してきた試験に合格するために、「自分は天才なんだから試験に合格できる」と言い聞かせたり、スポーツの大会に出場する前に「自分がナンバーワン」といい聞かせ、自信と落ち着きを与えるのです。

このような思い込みは自分が持っている力を存分に発揮するためには必要なことです。

そしてこのタイプの人は自分をコントロールできる人でもあるために、これまで考慮してきたタイプの人たちとは異なります。

10. 情報不足がち

情報不足がち

正しい結論に至るためには、なるべく多くの情報を得ていることが必要です。

それらの情報を整理し、まとめることで正しい結論へと導かれるのです。

しかしこれまでに多くのことを経験していない人は、情報を整理する力がありません。

そのため得ている少ない情報から単調な道をチョイスし、「結論はこれしかない」と思い込んでしまうのです。

11. 人のことはほとんど考えてない

人のことはほとんど考えてない

思い込みが激しい人は自分自身の視点でしたか物事を判断していません。

ですからそこに他人の考えなどまったくなく視点などあるわけもないんです。

もし他人のことを考えられる行動を取ることができれば相手の目線に立って物事を判断して見極めることができるはずです。

そしてそこからどう対応すればいいのかが導き出されるはずなのですが、他人のことをまったく視野に入れてないからこそそうした態度が取れるのでしょう。

12. 自分が考えてることが正しい

自分が考えてることが正しい

人によっては他人任せな人生を歩んでることもあるでしょう。

しかし自分に自信を持ちどんなことも一人で決められる人は人生に責任をしっかり持ってると言えます。

ただ今まで自分がやってきて間違ったことなどないという考えからどうしても自分が思ってることが正しいと導き出してしまいます。

ですので思い込みが激しければ激しいほど自分に自信を持って生きてるという場合も特徴としてはあるようです。

13. 経験がほとんどない

経験がほとんどない

思い込みが激しい人に共通することに安易に物事を考えてしまうということがあります。

大して得た知識でもないのにそのことについて詳しいように見せかけて話をするわけですが、それでは穴だらけの議論でしかありません。

またこれまでのことを集約して自身が思う結論に至るわけですが、それをせずに結論へと走ってしまうようです。

ですから思い込みが激しい人は経験がほとんどないのに自分が正しいと考えてしまうようです。

14. すぐ感情的になってしまう

すぐ感情的になってしまう

感情的になりそうなとき、ほとんどの場合その場は冷静になってその気持ちを宥めるということをされると思います。

感情的になればなるほど見っとも無いとも言えますが、思い込みが激しい人に共通して言える特徴には情報を取り入れたときに思い込みから勝手に判断してしまいよからぬ方に物事を決め付けてしまいそして感情的になってしまうようです。

15. 根拠なしの自信

根拠なしの自信

その自信はどこから来るのと?聞きたくなるくらい思い込みが激しい人は自信満々なところが見られます。

特にそのことについて何か調べたということもせず、ただその場で思い込んだことを主観的に判断して決め付けてきます。

結果的に言えることは思い込みが激しい人の場合その相手に対しての偏見でしかなく、正しい判断をすることができないということです。

物事を客観視することができないからこそ相手の偏見を見つけ決め付け安易な根拠なしの自信に走る傾向があるようです。

16. 親に甘やかされて育った

親に甘やかされて育った

子供の頃にしてはいけないことをすれば怒られるということは当たり前のことでしたが、甘やかされて育った場合には自分善がりな性格になりやすく、そしてそれは思い込みが激しい性格にもさせてしまうようです。

自分が考えること全ては正しいはずという根拠無き判断から自分にとって都合のいいことは肯定して、そうでないことは全否定するということをしてしまうようです。

17. 想像力がある

想像力がある

想像力が豊富にあると色々なことを考え他の人が気づかないようなことを思いついてしまうこともあります。

ですが時にはそれが思い込みが激しいことにさせてしまうこともあるようです。

こうした思い込みが激しい人の場合に共通することはもしかするとそれ以外のことも考えられるかもしれないという普通ならそれは考えすぎということも考えてしまうようです。

ただもしかすると有り得るかもしれないことを話しに盛り込むと周囲を困惑させてしまうことになります。

18. 柔軟性が足りない

柔軟性が足りない

思い込みが激しい人に共通する特徴として性格的に真っ直ぐということが挙げられます。

なので何かに向かって行うことがあれば向いてると言えば向いてるのですが、ただ何かを自分の中で解決するためにそのことが少しでも引っかかれば立ち止まり思い込みが激しい故に抜け出せなくなるということもあるようです。

ですので柔軟性が足りないから判断が鈍り視野が狭いことからそうなってしまうようです。

19. 希望通りにしたい

希望通りにしたい

自分が思い描いた世界なら誰でも気持ちのいいことかもしれません。

思い込みが激しい人に見られる特徴にはこの自分の世界観であって欲しいという気持ちの表れがあるようです。

なのでそうじゃないこうなんだという希望が思い込みを激しくさせて、そうじゃないことでもそう思うことでそうさせてしまうという少し強引な考え方を持ってるようです。

20. ネガティブ

思い込みが激しい人に共通する特徴には常に何かを激しく考えてしまうことから頭の中では切り替えることが困難になってることもあるようです。

ネガティブなことを考えてどうしようどうしようと頭の中はパニック状態が続きます。

そしてそれが長く続けば身体にも影響を与えてしまうこともあり、実際に思い込みが激しい人の中にはうつ病になられてる人やなりやすいとも言われてます。

頑固で融通が利かない分なりやすくなってるようです。

思い込みが激しい人にはいくつかの特徴があります。

そのうちの10個をここでご紹介したいと思います。


人の話を聞かない

人の話をよく聞かない人の多くは、思い込みが激し傾向にあります。

このような人は自分が得ている情報のみで結論付けてしまうがゆえに、誰かが正確な情報を持ち込んでそれを話しても耳に入りません。

そのため不確かな情報のみで想像を膨らませ、ありもしない結論に達してしまうのです。

思い込みがエスカレートすると「何でこんな結論に至るの?」と誰もが感じるほどの見当違いの妄想へと発展します。

想像力が豊か

想像力が豊かである場合、思い込みが激しくなります。

このような人は少ない情報から様々なことを思い浮かべることができるために、「こうかもしれない」とか「このような可能性も考えられる」とベクトルを至る方向に向け、結論を思い描きます。

このような人が「こう思わない?」と誰かに尋ねるようでしたら、大きな問題へと発展することはほぼないでしょう。

しかし思い込みによって結論を決めつけて話をするようであるなら、周りの人を混乱に陥れる可能性があります。

過去の印象で話す

知り合いについてのニュースが耳に入った場合、それを真っ向から否定する人がいます。

そのような人の多くは自分が知っている過去の印象と、入り込んだニュースから察することのできる印象とがあまりに違いすぎるがゆえに、「そんなはずはない」と思い込んでしまうのです。

このような傾向にある人は同窓会などで学生時代の友人に会い、それらの人が更けていた場合に大きなショックを受けることがあります。

希望が強い

「こんなことになってほしくない」とか「こうあってほしい」と強く願う人の中にも、思い込みの激しい人がいます。

このような人はあえて現実から目を背けるために盲僧を繰り返し、それが実際に起こってほしいという希望を抱きます。

そのため事実とは異なることを述べるようになり、混乱を引き起こすことがあります。

自分が正しいと主張する

何を行うにしても自分が正しいと主張する人も、思い込みが激しい傾向にあります。

このような人は他の人に間違いを指摘されても、「そんなはずはない」と言い張り、間違えを認めません。

このタイプの人も4項目目で述べた人同様、自分の希望が強いゆえに激しい思い込みを経験することになります。

またこのような人は状況によっては頑固な人というレッテルを貼られてしまうこともあるために、注意が必要です。

マイナス思考

マイナス思考の人も思い込みが激しくなることがあります。

たとえば誰かに言葉をかけたにもかかわらず無視された場合、「この人は自分のことを嫌っている」と思い込んでしまうのです。

しかし実際にところ、このようなシチュエーションには様々な理由が考えられます。

たとえば声をかけられたにもかかわらず、ただ聞こえていなかっただけかもしれませんし、忙しくて話をしている暇がなかっただけかもしれません。

そのため様々な理由を考慮することがひつようなわけですが、マイナス思考の人はそうしたことを考えずに「嫌われている」とうお思い込みを経験することになります。

プラス思考

上記で述べたこととは逆に、ものすごいいプラス思考の人も思い込みが激しいことがあります。

たとえば異性がチラッとこっちを見て笑った場合、「あの人は自分に気がある」と思い込むのです。

もちろんこのような思考はマイナス思考よりも良いといえます。

しかしいわゆる勘違いが恥ずかし思いを生じさせることもあるために、思慮深さは必要です。

心配性

過度の心配性の人も、思い込みが激しいことがあります。

たとえばガスレンジの日を消し忘れて外出したのではないかという心配が頭から離れないときに消防車のサイレンを聞き、「うちが火事になった」と思い込んでしまうのです。

また体の調子が悪いと「自分は治療不可能な病気にかかっている」と思い込み、気力を失ってしまうのです。

心配性による思い込みは大きなストレスとなります。

そのためこのような性格は改善できるよう、努めるべきです。

努力家

努力家の中にも思い込みが激しい人がいます。

しかしこれは自分に暗示をかけるためのもので、あえて思い込むようにしているにすぎません。

たとえばこれまで苦度も失敗してきた試験に合格するために、「自分は天才なんだから試験に合格できる」と言い聞かせたり、スポーツの大会に出場する前に「自分がナンバーワン」といい聞かせ、自信と落ち着きを与えるのです。

このような思い込みは自分が持っている力を存分に発揮するためには必要なことです。

そしてこのタイプの人は自分をコントロールできる人でもあるために、これまで考慮してきたタイプの人たちとは異なります。

情報不足がち

正しい結論に至るためには、なるべく多くの情報を得ていることが必要です。

それらの情報を整理し、まとめることで正しい結論へと導かれるのです。

しかしこれまでに多くのことを経験していない人は、情報を整理する力がありません。

そのため得ている少ない情報から単調な道をチョイスし、「結論はこれしかない」と思い込んでしまうのです。

人のことはほとんど考えてない

思い込みが激しい人は自分自身の視点でしたか物事を判断していません。

ですからそこに他人の考えなどまったくなく視点などあるわけもないんです。

もし他人のことを考えられる行動を取ることができれば相手の目線に立って物事を判断して見極めることができるはずです。

そしてそこからどう対応すればいいのかが導き出されるはずなのですが、他人のことをまったく視野に入れてないからこそそうした態度が取れるのでしょう。

自分が考えてることが正しい

人によっては他人任せな人生を歩んでることもあるでしょう。

しかし自分に自信を持ちどんなことも一人で決められる人は人生に責任をしっかり持ってると言えます。

ただ今まで自分がやってきて間違ったことなどないという考えからどうしても自分が思ってることが正しいと導き出してしまいます。

ですので思い込みが激しければ激しいほど自分に自信を持って生きてるという場合も特徴としてはあるようです。

経験がほとんどない

思い込みが激しい人に共通することに安易に物事を考えてしまうということがあります。

大して得た知識でもないのにそのことについて詳しいように見せかけて話をするわけですが、それでは穴だらけの議論でしかありません。

またこれまでのことを集約して自身が思う結論に至るわけですが、それをせずに結論へと走ってしまうようです。

ですから思い込みが激しい人は経験がほとんどないのに自分が正しいと考えてしまうようです。

すぐ感情的になってしまう

感情的になりそうなとき、ほとんどの場合その場は冷静になってその気持ちを宥めるということをされると思います。

感情的になればなるほど見っとも無いとも言えますが、思い込みが激しい人に共通して言える特徴には情報を取り入れたときに思い込みから勝手に判断してしまいよからぬ方に物事を決め付けてしまいそして感情的になってしまうようです。

根拠なしの自信

その自信はどこから来るのと?聞きたくなるくらい思い込みが激しい人は自信満々なところが見られます。

特にそのことについて何か調べたということもせず、ただその場で思い込んだことを主観的に判断して決め付けてきます。

結果的に言えることは思い込みが激しい人の場合その相手に対しての偏見でしかなく、正しい判断をすることができないということです。

物事を客観視することができないからこそ相手の偏見を見つけ決め付け安易な根拠なしの自信に走る傾向があるようです。

親に甘やかされて育った

子供の頃にしてはいけないことをすれば怒られるということは当たり前のことでしたが、甘やかされて育った場合には自分善がりな性格になりやすく、そしてそれは思い込みが激しい性格にもさせてしまうようです。

自分が考えること全ては正しいはずという根拠無き判断から自分にとって都合のいいことは肯定して、そうでないことは全否定するということをしてしまうようです。

想像力がある

想像力が豊富にあると色々なことを考え他の人が気づかないようなことを思いついてしまうこともあります。

ですが時にはそれが思い込みが激しいことにさせてしまうこともあるようです。

こうした思い込みが激しい人の場合に共通することはもしかするとそれ以外のことも考えられるかもしれないという普通ならそれは考えすぎということも考えてしまうようです。

ただもしかすると有り得るかもしれないことを話しに盛り込むと周囲を困惑させてしまうことになります。

柔軟性が足りない

思い込みが激しい人に共通する特徴として性格的に真っ直ぐということが挙げられます。

なので何かに向かって行うことがあれば向いてると言えば向いてるのですが、ただ何かを自分の中で解決するためにそのことが少しでも引っかかれば立ち止まり思い込みが激しい故に抜け出せなくなるということもあるようです。

ですので柔軟性が足りないから判断が鈍り視野が狭いことからそうなってしまうようです。

希望通りにしたい

自分が思い描いた世界なら誰でも気持ちのいいことかもしれません。

思い込みが激しい人に見られる特徴にはこの自分の世界観であって欲しいという気持ちの表れがあるようです。

なのでそうじゃないこうなんだという希望が思い込みを激しくさせて、そうじゃないことでもそう思うことでそうさせてしまうという少し強引な考え方を持ってるようです。

思い込みが激しい人に共通する特徴には常に何かを激しく考えてしまうことから頭の中では切り替えることが困難になってることもあるようです。

ネガティブなことを考えてどうしようどうしようと頭の中はパニック状態が続きます。

そしてそれが長く続けば身体にも影響を与えてしまうこともあり、実際に思い込みが激しい人の中にはうつ病になられてる人やなりやすいとも言われてます。

頑固で融通が利かない分なりやすくなってるようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-