【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095254.html
頭の回転が遅い人の特徴

頭の回転が遅い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
頭の回転が遅い人の特徴

頭の回転が遅い人っていますよね!場合によっては、イラっとしてしまう事もあるかと思います。

では、そんな人にはどのような特徴があるのでしょうか。

  • 人の話を聞いていない
  • 集中力がない
  • 優先順位を考えることができない
  • 今までの経験を活かす事ができない
  • 報告が遅い
  • 同時に色々な事ができない
  • 記憶力が悪い
  • 失敗しても気にしない
  • 劣等感からできるフリをしてしまう
  • 周りをイラっとさせがち

1. 人の話を聞いていない

人の話を聞いていない

基本的に頭の回転が悪い人は、人の話を聞いていません。

自分の名前を呼ばれ、目を合わせ言われるような話は聞いているものの、複数の集団の中の場合、ぼーっとしてしまう傾向があり、実際、どれだけ大切な話でも聞き逃している事が多くなっているのです。

その結果、周りの話について行く事ができず、困る事は少なくありません。

2. 集中力がない

集中力がない

頭の回転が悪い人は、何事にも集中して行う事ができません。

それは、勉強や仕事だけではなく、ゲームなどでも同じこと。

一つの事に集中して取り組む力が弱い人が多く、結果、何をやってもダメだと言われてしまいます。

3. 優先順位を考えることができない

優先順位を考えることができない

頭の回転が悪い人は、今何をすればいいのか?

その後、何をすればいいのか?

急いでいるもは、どちらなのか?

などと言った優先順位を考える事が苦手です。

普通の人なら、いくつかの仕事を任されている場合、納期などを考え、どれから行えば良いのかといった優先順位を考え仕事に取り組んでいきます。

勉強にしても同じことで、苦手なものから取り組む。

提出日の早いものから取り組むなど考えながら取り組んでいくかと思います。

しかし、頭の回転が悪い人の場合は、そういった優先順位を考える事ができない為、言われた順に取り組み、結果、後でも良いものから完成してしまい、早く完成させなければいけないものを後回しにし、間に合わないと言った事も少なくありません。

4. 今までの経験を活かす事ができない

今までの経験を活かす事ができない

人は経験を積む事で、今までの経験を活かし応用力を付けて生活します。

仕事においても勉強においても、「あの時、こうだったから、今度は、こうしよう!」と自分の頭で考え行動するのです。

しかし、頭の回転が悪い人は、そういった事が苦手です。

今までの経験と少しでも違えば、それを活かすような事は出来ず、結果、一からとなってしまうのです。

その分、周りの人から後れを取ってしまうと言えるのです。

5. 報告が遅い

報告が遅い

もし、納期までに間に合わないと思った場合、普通の人なら、まずは、上司や同僚に報告し、事前に手伝ってもらえるよう手配します。

それは、計画を立てて仕事に取り組んでいる証拠とも言えます。

しかし、頭の回転が悪い人の場合、そういった計画を立てて仕事を行うと言った事ができず、納期に間に合わないと気付くのが前日だったりするのです。

そう言った報告が遅れる事で、結果、助っ人を頼む事もできず、納期が遅れてしまう事も少なくありません。

6. 同時に色々な事ができない

同時に色々な事ができない

複数の事を同時に進める事ができな人は少なくありません。

しかし、頭の回転が悪い人の場合は、それが極端に苦手となります。

一度に複数の仕事を頼まれる事で、頭はパニックを起こしてしまい、結果、何をすれば良いのかさえ、わからなくなってしまうのです。

7. 記憶力が悪い

記憶力が悪い

頭の回転が悪い人は、基本的に記憶が悪い人が多いです。

記憶力が悪い事で一度言われたことも、すぐに忘れてしまいます。

その為、約束事を守る事ができなかったり、仕事の内容がめちゃくちゃだったりする事も多く、失敗を重ねてしまう事も少なくありません。

それならばメモを取ればいいかと思うのですが、それすら思いつかないのが頭の回転が悪い人だと言えるのです。

8. 失敗しても気にしない

失敗しても気にしない

普通なら失敗すると大きく落ち込んでしまうような事でも、頭の回転が悪い人の場合、さほど、落ち込まない傾向があります。

もちろん、失敗し怒られた時は、その場では落ち込みます。

それは、嘘ではありません。

しかし、すぐに気にしなくなるのです。

その為、同じ失敗を何度もやってしまう事も多く、また、同じことで怒られると言った事も少なくありません。

それでも、また、気にしないのが頭の回転が悪い人の特徴です。

9. 劣等感からできるフリをしてしまう

劣等感からできるフリをしてしまう

頭の回転が悪い人の中には、その事を気にして劣等感に感じている人も少なくありません。

その為、自分が頭の回転が悪い人と言う事を隠したがる傾向があるのです。

その為、何でもできるフリをしてしまい、人に質問すると言う事を極端に嫌います。

また、少しでも自分を大きく見せるため、何でもできるフリもします。

その結果、人に聞けばわかった事でも、聞かずに自分勝手に解釈してしまい、その結果、大きなミスにつながる事も少なくありません。

普通の人なら周りの人に助けを求める事ができることでも、頭の回転が悪い人は、変な劣等感から助けを求める事すらできないのです。

10. 周りをイラっとさせがち

頭の回転が悪い人の場合、周りにいる人をイラっとさせる事が多く、友達も少なく、親友と呼べる人がいない場合も。

また、上司からは怒られ、部下からは馬鹿にされる事が多く、立場がないと言った人も多くなっています。

人間的には悪い人ではないものの、頭の回転が悪い人と言う事で空気を読む事ができず、結果、自分の回りから人が離れて行ってしまう事が多くなっていると言えるのです。

頭の回転が遅い人っていますよね!場合によっては、イラっとしてしまう事もあるかと思います。

では、そんな人にはどのような特徴があるのでしょうか。


人の話を聞いていない

基本的に頭の回転が悪い人は、人の話を聞いていません。

自分の名前を呼ばれ、目を合わせ言われるような話は聞いているものの、複数の集団の中の場合、ぼーっとしてしまう傾向があり、実際、どれだけ大切な話でも聞き逃している事が多くなっているのです。

その結果、周りの話について行く事ができず、困る事は少なくありません。

集中力がない

頭の回転が悪い人は、何事にも集中して行う事ができません。

それは、勉強や仕事だけではなく、ゲームなどでも同じこと。

一つの事に集中して取り組む力が弱い人が多く、結果、何をやってもダメだと言われてしまいます。

優先順位を考えることができない

頭の回転が悪い人は、今何をすればいいのか?

その後、何をすればいいのか?

急いでいるもは、どちらなのか?

などと言った優先順位を考える事が苦手です。

普通の人なら、いくつかの仕事を任されている場合、納期などを考え、どれから行えば良いのかといった優先順位を考え仕事に取り組んでいきます。

勉強にしても同じことで、苦手なものから取り組む。

提出日の早いものから取り組むなど考えながら取り組んでいくかと思います。

しかし、頭の回転が悪い人の場合は、そういった優先順位を考える事ができない為、言われた順に取り組み、結果、後でも良いものから完成してしまい、早く完成させなければいけないものを後回しにし、間に合わないと言った事も少なくありません。

今までの経験を活かす事ができない

人は経験を積む事で、今までの経験を活かし応用力を付けて生活します。

仕事においても勉強においても、「あの時、こうだったから、今度は、こうしよう!」と自分の頭で考え行動するのです。

しかし、頭の回転が悪い人は、そういった事が苦手です。

今までの経験と少しでも違えば、それを活かすような事は出来ず、結果、一からとなってしまうのです。

その分、周りの人から後れを取ってしまうと言えるのです。

報告が遅い

もし、納期までに間に合わないと思った場合、普通の人なら、まずは、上司や同僚に報告し、事前に手伝ってもらえるよう手配します。

それは、計画を立てて仕事に取り組んでいる証拠とも言えます。

しかし、頭の回転が悪い人の場合、そういった計画を立てて仕事を行うと言った事ができず、納期に間に合わないと気付くのが前日だったりするのです。

そう言った報告が遅れる事で、結果、助っ人を頼む事もできず、納期が遅れてしまう事も少なくありません。

同時に色々な事ができない

複数の事を同時に進める事ができな人は少なくありません。

しかし、頭の回転が悪い人の場合は、それが極端に苦手となります。

一度に複数の仕事を頼まれる事で、頭はパニックを起こしてしまい、結果、何をすれば良いのかさえ、わからなくなってしまうのです。

記憶力が悪い

頭の回転が悪い人は、基本的に記憶が悪い人が多いです。

記憶力が悪い事で一度言われたことも、すぐに忘れてしまいます。

その為、約束事を守る事ができなかったり、仕事の内容がめちゃくちゃだったりする事も多く、失敗を重ねてしまう事も少なくありません。

それならばメモを取ればいいかと思うのですが、それすら思いつかないのが頭の回転が悪い人だと言えるのです。

失敗しても気にしない

普通なら失敗すると大きく落ち込んでしまうような事でも、頭の回転が悪い人の場合、さほど、落ち込まない傾向があります。

もちろん、失敗し怒られた時は、その場では落ち込みます。

それは、嘘ではありません。

しかし、すぐに気にしなくなるのです。

その為、同じ失敗を何度もやってしまう事も多く、また、同じことで怒られると言った事も少なくありません。

それでも、また、気にしないのが頭の回転が悪い人の特徴です。

劣等感からできるフリをしてしまう

頭の回転が悪い人の中には、その事を気にして劣等感に感じている人も少なくありません。

その為、自分が頭の回転が悪い人と言う事を隠したがる傾向があるのです。

その為、何でもできるフリをしてしまい、人に質問すると言う事を極端に嫌います。

また、少しでも自分を大きく見せるため、何でもできるフリもします。

その結果、人に聞けばわかった事でも、聞かずに自分勝手に解釈してしまい、その結果、大きなミスにつながる事も少なくありません。

普通の人なら周りの人に助けを求める事ができることでも、頭の回転が悪い人は、変な劣等感から助けを求める事すらできないのです。

頭の回転が悪い人の場合、周りにいる人をイラっとさせる事が多く、友達も少なく、親友と呼べる人がいない場合も。

また、上司からは怒られ、部下からは馬鹿にされる事が多く、立場がないと言った人も多くなっています。

人間的には悪い人ではないものの、頭の回転が悪い人と言う事で空気を読む事ができず、結果、自分の回りから人が離れて行ってしまう事が多くなっていると言えるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-