【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095242.html
頭の中がごちゃごちゃしてる人の特徴

頭の中がごちゃごちゃしてる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
頭の中がごちゃごちゃしてる人の特徴

あれもやらなきゃ、これもしないと。

頭の中が上手くまとまらずに空回りすることがありますよね。

そんな頭の中がごちゃごちゃしている人にありがちな特徴をチェックして、自分の行動を見直してみましょう。

  • 会話がすぐに飛んで、まとまりがない
  • 手帳が白紙、あるいは書いてあっても汚い
  • 部屋が雑然としていて、片付いていない
  • 料理を作る時失敗が多い、上手く作れない
  • 仕事が上手くできない、並行して物事を進められない
  • やりかけの趣味や習い事が山積みになっている
  • 財布やカバンの中身が汚く、レシートが溜まっている
  • 焦りが多く、ストレスをためがちで安眠ができない
  • 一つのことに集中できず、楽しむことができない
  • 失敗が多いせいでくよくよしてしまい、悪循環に陥ってしまう
  • まとめ

1. 会話がすぐに飛んで、まとまりがない

会話がすぐに飛んで、まとまりがない

頭の中が整理できていないと、話の前後がおかしかったり、会話の内容が飛んでしまったりしてしまいます。

そのため、相手に上手く物事を伝えられなかったり、会話を楽しむどころか、誤解を生んでしまうこともあります。

誰かと会話する時は、一呼吸置いて慌てずに声をかけましょう。

また、会話で伝えるのが難しい時は、文章にまとめるのもおすすめです。

2. 手帳が白紙、あるいは書いてあっても汚い

手帳が白紙、あるいは書いてあっても汚い

頭の整理ができていない人は、うまく計画を立てることができません。

あれもやりたい、これもやりたいという考えが頭の中にあっても、整理してアウトプットすることができないのです。

だから、手帳が白紙であったり、書いてあってもどこか雑然とした印象です。

計画にも無理があったり、欠点があったりするので、相手からは『思いつきで行動する人だ』『よく他人を振り回す』などと思われてしまうので注意しましょう。

3. 部屋が雑然としていて、片付いていない

部屋が雑然としていて、片付いていない

考えが整理できない人は、実生活でも整理整頓ができないことが多いです。

したがって、部屋が雑然としていて、片づけることができません。

酷い時は、ゴミの出し忘れや、分別が上手くできない事もあります。

断捨離が苦手で、ものを溜めこみがちでもあります。

いざ、片付けようとしても、あれもこれもとよくばって結局掃除できなかったなんてこともよく起きます。

今日は片づける日、ここを重点的にやる、などとポイントを作って整理整頓しましょう。

4. 料理を作る時失敗が多い、上手く作れない

料理を作る時失敗が多い、上手く作れない

考えがまとまらないと、料理に置いて失敗が多かったり、上手く作ることができなかったりします。

料理は、洗う、切る、焼く、煮るなど様々な作業を短時間で行います。

さらに品数が増えれば、そうした作業を並行して行わなければなりません。

自分の無理のない範囲の品数にする、新しいレシピに挑戦する時は、何度も分量や手順を確認するなど、 時間に余裕を持って調理を行いましょう。

5. 仕事が上手くできない、並行して物事を進められない

仕事が上手くできない、並行して物事を進められない

前述の通り、頭の中がごちゃごちゃしていると、計画性や精度に欠け、仕事や勉学に置いても支障を来してしまいます。

様々なことに手をつけるのではなく、一つ一つクリアするように計画を見直しましょう。

また、作業や学習の手順や範囲を細分化し、段階的に行うようにすると失敗が減らすことができます。

6. やりかけの趣味や習い事が山積みになっている

やりかけの趣味や習い事が山積みになっている

頭の中がごちゃごちゃしている人ほど、一つのことに集中できず、あれもこれもと欲張ってしまいます。

だから、やりたいことはあっても上手く進めることができません。

編みかけのマフラーや、作りかけのパズルやプラモデル、あまり進んでいないペン習字帳など、溜まっている人は気をつけましょう。

7. 財布やカバンの中身が汚く、レシートが溜まっている

財布やカバンの中身が汚く、レシートが溜まっている

頭の中と、財布やカバンの中身は相関関係にあります。

きちんと考えが整理できていない人は、財布がレシートだらけだったり、カバンがものでごちゃついています。

小銭の整理ができず、ついついお札から崩してしまい、お財布がパンパンになってしまうことも。

カードもたくさんある割には、ポイントの整理ができず上手く活用できないといった問題もあります。

一度、財布やカバンをチェックしてみて必要なものを精査してみてください。

8. 焦りが多く、ストレスをためがちで安眠ができない

焦りが多く、ストレスをためがちで安眠ができない

頭の中がごちゃついている人ほど、焦りが募りストレスをためがちです。

自律神経が乱れ、交感神経が優位になり、興奮してしまい安眠が妨げられてしまいます。

不眠の状態が続くと、よりストレスが溜まり、頭の働きも鈍くなるので注意しましょう。

酷い時は、カウンセリングや心療内科に通うことも大切です。

心の乱れがが体の不調を呼ぶことは十二分に起きうるので、自己判断せずに治療に専念しましょう。

9. 一つのことに集中できず、楽しむことができない

一つのことに集中できず、楽しむことができない

あれもこれもと考えが浮かんでしまうと、一つの物事に集中することができません。

せっかく家族と美味しいものを食べているのに、上の空で、食事の味も覚えていない。

趣味を楽しみたいのに、いろいろ思いが浮かんで、没頭することができない。

人には、何かに集中したり没頭したりして、ストレスを軽減する脳のシステムが備わっています。

そのシステムが正常に働かないと、悩みや思考にとらわれて、脳が疲れてしまうのです。

脳が疲れすぎると、鬱状態になったり、体に不調が起きたりとさまざまな悪影響を及ぼします。

リラックスして深呼吸できるような時間を持つことが大切です。

10. 失敗が多いせいでくよくよしてしまい、悪循環に陥ってしまう

失敗が多いせいでくよくよしてしまい、悪循環に陥ってしまう

このように頭の中がごちゃごちゃしていると、さまざまな面で失敗や問題を起こしてしまいます。

自分だけでなく、他人にまで迷惑をかけてしまうと、より気落ちしてしまいますよね。

すると、さらに考えがまとまらなくなり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

考えを整理整頓するには、時間と心の落ち着きが必要です。

やろうと思ったらやる、というスタンスではなく手順ややり方を整理して、スムーズに行えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

頭の中がごちゃごちゃしていると、いろいろと上手くいかないことが起きます。

一度立ち止まってみて、焦らずに行動をすることをおすすめします。

あれもやらなきゃ、これもしないと。

頭の中が上手くまとまらずに空回りすることがありますよね。

そんな頭の中がごちゃごちゃしている人にありがちな特徴をチェックして、自分の行動を見直してみましょう。


会話がすぐに飛んで、まとまりがない

頭の中が整理できていないと、話の前後がおかしかったり、会話の内容が飛んでしまったりしてしまいます。

そのため、相手に上手く物事を伝えられなかったり、会話を楽しむどころか、誤解を生んでしまうこともあります。

誰かと会話する時は、一呼吸置いて慌てずに声をかけましょう。

また、会話で伝えるのが難しい時は、文章にまとめるのもおすすめです。

手帳が白紙、あるいは書いてあっても汚い

頭の整理ができていない人は、うまく計画を立てることができません。

あれもやりたい、これもやりたいという考えが頭の中にあっても、整理してアウトプットすることができないのです。

だから、手帳が白紙であったり、書いてあってもどこか雑然とした印象です。

計画にも無理があったり、欠点があったりするので、相手からは『思いつきで行動する人だ』『よく他人を振り回す』などと思われてしまうので注意しましょう。

部屋が雑然としていて、片付いていない

考えが整理できない人は、実生活でも整理整頓ができないことが多いです。

したがって、部屋が雑然としていて、片づけることができません。

酷い時は、ゴミの出し忘れや、分別が上手くできない事もあります。

断捨離が苦手で、ものを溜めこみがちでもあります。

いざ、片付けようとしても、あれもこれもとよくばって結局掃除できなかったなんてこともよく起きます。

今日は片づける日、ここを重点的にやる、などとポイントを作って整理整頓しましょう。

料理を作る時失敗が多い、上手く作れない

考えがまとまらないと、料理に置いて失敗が多かったり、上手く作ることができなかったりします。

料理は、洗う、切る、焼く、煮るなど様々な作業を短時間で行います。

さらに品数が増えれば、そうした作業を並行して行わなければなりません。

自分の無理のない範囲の品数にする、新しいレシピに挑戦する時は、何度も分量や手順を確認するなど、 時間に余裕を持って調理を行いましょう。

仕事が上手くできない、並行して物事を進められない

前述の通り、頭の中がごちゃごちゃしていると、計画性や精度に欠け、仕事や勉学に置いても支障を来してしまいます。

様々なことに手をつけるのではなく、一つ一つクリアするように計画を見直しましょう。

また、作業や学習の手順や範囲を細分化し、段階的に行うようにすると失敗が減らすことができます。

やりかけの趣味や習い事が山積みになっている

頭の中がごちゃごちゃしている人ほど、一つのことに集中できず、あれもこれもと欲張ってしまいます。

だから、やりたいことはあっても上手く進めることができません。

編みかけのマフラーや、作りかけのパズルやプラモデル、あまり進んでいないペン習字帳など、溜まっている人は気をつけましょう。

財布やカバンの中身が汚く、レシートが溜まっている

頭の中と、財布やカバンの中身は相関関係にあります。

きちんと考えが整理できていない人は、財布がレシートだらけだったり、カバンがものでごちゃついています。

小銭の整理ができず、ついついお札から崩してしまい、お財布がパンパンになってしまうことも。

カードもたくさんある割には、ポイントの整理ができず上手く活用できないといった問題もあります。

一度、財布やカバンをチェックしてみて必要なものを精査してみてください。

焦りが多く、ストレスをためがちで安眠ができない

頭の中がごちゃついている人ほど、焦りが募りストレスをためがちです。

自律神経が乱れ、交感神経が優位になり、興奮してしまい安眠が妨げられてしまいます。

不眠の状態が続くと、よりストレスが溜まり、頭の働きも鈍くなるので注意しましょう。

酷い時は、カウンセリングや心療内科に通うことも大切です。

心の乱れがが体の不調を呼ぶことは十二分に起きうるので、自己判断せずに治療に専念しましょう。

一つのことに集中できず、楽しむことができない

あれもこれもと考えが浮かんでしまうと、一つの物事に集中することができません。

せっかく家族と美味しいものを食べているのに、上の空で、食事の味も覚えていない。

趣味を楽しみたいのに、いろいろ思いが浮かんで、没頭することができない。

人には、何かに集中したり没頭したりして、ストレスを軽減する脳のシステムが備わっています。

そのシステムが正常に働かないと、悩みや思考にとらわれて、脳が疲れてしまうのです。

脳が疲れすぎると、鬱状態になったり、体に不調が起きたりとさまざまな悪影響を及ぼします。

リラックスして深呼吸できるような時間を持つことが大切です。

失敗が多いせいでくよくよしてしまい、悪循環に陥ってしまう

このように頭の中がごちゃごちゃしていると、さまざまな面で失敗や問題を起こしてしまいます。

自分だけでなく、他人にまで迷惑をかけてしまうと、より気落ちしてしまいますよね。

すると、さらに考えがまとまらなくなり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

考えを整理整頓するには、時間と心の落ち着きが必要です。

やろうと思ったらやる、というスタンスではなく手順ややり方を整理して、スムーズに行えるようにしましょう。

いかがでしたか。

頭の中がごちゃごちゃしていると、いろいろと上手くいかないことが起きます。

一度立ち止まってみて、焦らずに行動をすることをおすすめします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-