【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095236.html
指導者に求められるもの10選

指導者に求められるもの10選 | LADYCO

LADYCO
指導者に求められるもの10選

指導者に求められるものとは何でしょう?実力さえあればいい指導者になれるのでしょうか。

10の項目を紹介しますのでぜひ知ってみてください。

  • 実力
  • 話術
  • 者に求められるものの中にはオーラもあると思います
  • 人徳
  • 経済力
  • 周りの人への気遣い
  • クリーンさ
  • 他人と違う魅力
  • 健康
  • 適応能力

1. 実力

実力

指導するにあたってその人に実力がなければ誰もその人を信頼しませんし、尊敬の念もわきません。

スポーツなら過去にその種目をやっていてそれなりの成果をあげたということや、勉強ならどんな学歴や職歴があるかでその人が指導者としてふさわしいかとか指導してほしい人物なのかどうかを判断するのではないでしょうか。

どうせ時間やお金をかけるなら効率よく学びたいと思うものですからね。

2. 話術

話術

指導者には話術も必要です。

なぜなら口下手だと勧誘も上手にできなくて運営自体に影響が出ますし、指導中も説得力がなくて指導される側をモヤモヤさせてしまいます。

声が小さくても聞き取りにくく、大きすぎても威圧的にとられるのでボリュームのちょうどよさも大切。

しかし何よりも相手が理解しやすい的確な説明ができることが重要ではないでしょうか。

わかる、できるがやる気を引き起こします。

指導者は話術でそれらをうまく引き出すのが仕事です。

3. 者に求められるものの中にはオーラもあると思います

者に求められるものの中にはオーラもあると思います

よく知らない相手でも何となく迫力がある人や存在感がある人もいて、そんな人はかっこよく見えますしひきつけられるものがあります。

スポーツならいかにもできそうなスタイルやファッションをしていたり、勉強なら真面目そうとか賢そうに見える人もオーラがあるように感じますね。

4. 人徳

人徳

人徳も指導者にとっては欠かせません。

何かミスをしても愛嬌があれば許されたり、誠実な人なら助けてもらえたりもします。

指導されている側が指導者のために新たに人を集めてくれたり、場所を借りる際にも人徳で許可を取れてしまったり。

日頃から人に愛される性格であるべきですね。

また、それを利用していると思われてしまうと魅力ではなくなってしまうので、たとえ人徳があると感じても謙虚でいる必要があります。

一度信頼や人気を失うと回復するのは難しいですから…。

5. 経済力

経済力

指導する立場になると経済力も大切です。

指導の質を維持するためには自分なりに勉強し続けなくてはいけませんし、研究のための渡航費用やテキスト代などがかかります。

また、自分で運営する立場になると安定しない時期も見越してお金を残しておかないと危機的状況に気づいた人から恐れて立ち去ってしまうということもあります。

でも指導される側からお金を巻き上げるのはいけないこと。

経理をきっちり公開し、金儲けではなく節約上手になりましょう。

6. 周りの人への気遣い

周りの人への気遣い

指導者は指導される側の小さな成長にも気づいて声をかけてあげなければいけません。

また、その親や近隣住人にも気遣うことができないと指導者を変えて欲しいと言われたり運営に対する不満をぶつけられてしまうこともあるでしょう。

常に見られている、試されているという気持ちでいる必要がありますね。

カリスマ性のある指導者の中には自分の力を勘違いして高飛車な態度をとってしまう人もいますが、気遣いがあるのとないのとでは大きな差があります。

7. クリーンさ

クリーンさ

指導者にはクリーンさも大切です。

運営がクリーンであること、他の指導者と仲良くしていること、指導される側を差別しないことなど。

陰口を言ったり陰で贅沢していると信頼を失ってしまいます。

一人の不満が一気に広がって大事になってしまうこともあるので気をつけてください。

また、クリーンさを一度失うとどんどんずる賢い考えやいじわるな考えを持つようになってしまいます。

自分が清清しく働くためにも大切にしたいポイントですね。

8. 他人と違う魅力

他人と違う魅力

指導者にはどこか他人と違う魅力も欠かせません。

世の中には指導者なんていくらでもいますが、ライバルが多いジャンルであればあるほどその人ならではの魅力やその人に教わるからこそ得られるメリットがある方がいいですね。

どの指導者を選ぶかは指導される側が選択できる場合が多いですが、この人だと決め手になる部分を誰もが探しているはずです。

また、指導者を選べない立場の人でもこの指導者はこんな魅力があるから好きだと思ってもらえることも大切ではないでしょうか。

9. 健康

健康

指導者として任務を遂行するには健康でいなくてはいけません。

からだの弱い人は迷惑をかけますし、頼りがいがありませんよね。

スポーツにおいては健康維持にも役立つと思わせながら自分がからだを悪くしていると説得力がなくなってしまいます。

それに健康なスポーツマンの意欲をそいでしまいます。

勉強に関する指導者なら健康管理も実力を発揮するために大切と指導しているはず。

しかし自分自身がそれをできていないと意味がないですし、大切な時に力になってあげることもできないでしょう。

10. 適応能力

指導者にとってけっこう重要なのは適応能力です。

運営がピンチの時どう周りに助けてもらうか、やりくりするか。

指導される側がノっていない時にどうやる気を起こさせるか。

急に不満を言われた時にどう対応するか…指導する立場になると日々思ってもいなかったトラブルが起こります。

その度におろおろしていては任せることができません。

指導者に求められるものとは何でしょう?実力さえあればいい指導者になれるのでしょうか。

10の項目を紹介しますのでぜひ知ってみてください。


実力

指導するにあたってその人に実力がなければ誰もその人を信頼しませんし、尊敬の念もわきません。

スポーツなら過去にその種目をやっていてそれなりの成果をあげたということや、勉強ならどんな学歴や職歴があるかでその人が指導者としてふさわしいかとか指導してほしい人物なのかどうかを判断するのではないでしょうか。

どうせ時間やお金をかけるなら効率よく学びたいと思うものですからね。

話術

指導者には話術も必要です。

なぜなら口下手だと勧誘も上手にできなくて運営自体に影響が出ますし、指導中も説得力がなくて指導される側をモヤモヤさせてしまいます。

声が小さくても聞き取りにくく、大きすぎても威圧的にとられるのでボリュームのちょうどよさも大切。

しかし何よりも相手が理解しやすい的確な説明ができることが重要ではないでしょうか。

わかる、できるがやる気を引き起こします。

指導者は話術でそれらをうまく引き出すのが仕事です。

者に求められるものの中にはオーラもあると思います

よく知らない相手でも何となく迫力がある人や存在感がある人もいて、そんな人はかっこよく見えますしひきつけられるものがあります。

スポーツならいかにもできそうなスタイルやファッションをしていたり、勉強なら真面目そうとか賢そうに見える人もオーラがあるように感じますね。

人徳

人徳も指導者にとっては欠かせません。

何かミスをしても愛嬌があれば許されたり、誠実な人なら助けてもらえたりもします。

指導されている側が指導者のために新たに人を集めてくれたり、場所を借りる際にも人徳で許可を取れてしまったり。

日頃から人に愛される性格であるべきですね。

また、それを利用していると思われてしまうと魅力ではなくなってしまうので、たとえ人徳があると感じても謙虚でいる必要があります。

一度信頼や人気を失うと回復するのは難しいですから…。

経済力

指導する立場になると経済力も大切です。

指導の質を維持するためには自分なりに勉強し続けなくてはいけませんし、研究のための渡航費用やテキスト代などがかかります。

また、自分で運営する立場になると安定しない時期も見越してお金を残しておかないと危機的状況に気づいた人から恐れて立ち去ってしまうということもあります。

でも指導される側からお金を巻き上げるのはいけないこと。

経理をきっちり公開し、金儲けではなく節約上手になりましょう。

周りの人への気遣い

指導者は指導される側の小さな成長にも気づいて声をかけてあげなければいけません。

また、その親や近隣住人にも気遣うことができないと指導者を変えて欲しいと言われたり運営に対する不満をぶつけられてしまうこともあるでしょう。

常に見られている、試されているという気持ちでいる必要がありますね。

カリスマ性のある指導者の中には自分の力を勘違いして高飛車な態度をとってしまう人もいますが、気遣いがあるのとないのとでは大きな差があります。

クリーンさ

指導者にはクリーンさも大切です。

運営がクリーンであること、他の指導者と仲良くしていること、指導される側を差別しないことなど。

陰口を言ったり陰で贅沢していると信頼を失ってしまいます。

一人の不満が一気に広がって大事になってしまうこともあるので気をつけてください。

また、クリーンさを一度失うとどんどんずる賢い考えやいじわるな考えを持つようになってしまいます。

自分が清清しく働くためにも大切にしたいポイントですね。

他人と違う魅力

指導者にはどこか他人と違う魅力も欠かせません。

世の中には指導者なんていくらでもいますが、ライバルが多いジャンルであればあるほどその人ならではの魅力やその人に教わるからこそ得られるメリットがある方がいいですね。

どの指導者を選ぶかは指導される側が選択できる場合が多いですが、この人だと決め手になる部分を誰もが探しているはずです。

また、指導者を選べない立場の人でもこの指導者はこんな魅力があるから好きだと思ってもらえることも大切ではないでしょうか。

健康

指導者として任務を遂行するには健康でいなくてはいけません。

からだの弱い人は迷惑をかけますし、頼りがいがありませんよね。

スポーツにおいては健康維持にも役立つと思わせながら自分がからだを悪くしていると説得力がなくなってしまいます。

それに健康なスポーツマンの意欲をそいでしまいます。

勉強に関する指導者なら健康管理も実力を発揮するために大切と指導しているはず。

しかし自分自身がそれをできていないと意味がないですし、大切な時に力になってあげることもできないでしょう。

指導者にとってけっこう重要なのは適応能力です。

運営がピンチの時どう周りに助けてもらうか、やりくりするか。

指導される側がノっていない時にどうやる気を起こさせるか。

急に不満を言われた時にどう対応するか…指導する立場になると日々思ってもいなかったトラブルが起こります。

その度におろおろしていては任せることができません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-