【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095233.html
初対面で好印象与える人の特徴

初対面で好印象与える人の特徴 | LADYCO

LADYCO
初対面で好印象与える人の特徴

初対面で好印象を与えられる人になりたくはありませんか。

そんな人の10の特徴をご紹介するので、真似できるところから、真似してみましょう。

  • どこまでも爽やか
  • 表情が豊か
  • 話し方がハキハキ
  • 話好きではなく、聞き上手
  • 髪が綺麗
  • お肌が綺麗
  • 程よくおしゃれ
  • スメルケアをしている
  • 歯が綺麗
  • 礼儀正しい

1. どこまでも爽やか

どこまでも爽やか

初対面でも自分のネガティブな感情を隠さない人もいますが、初対面で好印象を与えられる人はそのようなことはしません。

どこまでも爽やかで、人を不愉快にさせる雰囲気や言動からはかなり距離があります。

役者な人も中にはいるかもしれませんが、おそらく、本当に距離があるから漂わせることができる雰囲気なのだと思います。

2. 表情が豊か

表情が豊か

笑顔が素敵な人というのはたくさんいるかもしれませんが、初対面の人から例外なく好印象を持ってもらえる人は、大抵、それにプラスして表情が豊かです。

そこで表現される表情はほとんどがポジティブなもので、初対面の人に警戒心を与えません。

しかも、何も考えずに相手の気持ちに合わせた表情はしないので、自然と相手からも尊重してもらえます。

3. 話し方がハキハキ

話し方がハキハキ

曖昧な話し方をしません。

文末を省略して話すことは少ないです。

声が尻すぼみなることなく、聞きやすい音量で分かりやすく話します。

主語、述語がはっきりしていて、感嘆詞ばっかり使う話し方はしませんし、逆接の接続詞、例えば「でも」とか「しかし」とかいう単語はほとんど出てきません。

さらに、初対面の人に対しても、きちんと目を見て、自分の言葉を相手に伝えようという意思を持って話すので、話しかけられる方もきちんと聞かないといけないなという気持ちになります。

4. 話好きではなく、聞き上手

話好きではなく、聞き上手

初対面で人見知りをしないタイプの人だと、自分の話ばかりして、下手したら自慢話に終始してしまっている人もいます。

でも、初対面の人に好印象を与えられる人は、どちらかというと人に話させて上手に聞きます。

人は話を聞いてくれる人に対して良い印象を持つようにできているので、無意識のうちにそれを実行できてしまう人は好印象を与えやすい人だということができます。

5. 髪が綺麗

髪が綺麗

初対面で人に好印象を与えられる人は、たいてい身だしなみがきちんとしています。

髪について言えば、フケがあったり、脂ぎってべとっとしていたりすることはまずありません。

また、男性であれば髪だけでなく、髭のケアもしっかりしています。

女性であればカラーリングが中途半端になっていたり、毛先が荒れているようなことはありません。

好感度の高い男女に共通して言えるのは、髪のカラーも、髪型も、あまりに突飛で個性的ではないはずです。

6. お肌が綺麗

お肌が綺麗

お肌はケアをきちんとしていても、ダメな時はダメです。

でも、ある程度は管理できます。

例えば、ニキビ。

生活が荒れていたり、洗顔をきちんとしなければ、当然、できます。

初対面で好印象を与えられる人は、1.でも書いたように爽やかであることを極めているので、生活が荒れていたり、洗顔していないかもなと思わせるようなお肌の状態のままにしておくことはないでしょう。

7. 程よくおしゃれ

程よくおしゃれ

おしゃれって難しいですよね。

自分が好きな格好をしていれば良いというものでもありません。

もしかしたら人は良いのかもしれませんが、初対面の人があまりに趣味に走った格好をしていたら、どうでしょうか。

同じ趣味だったら問題ないかもしれませんが、違う趣味だったら、敬遠してしまうことでしょう。

だから、初対面の人に好印象を与えられる人は、あまりとんがり過ぎず、あまり保守的過ぎず、程よく流行を取り入れて、程よく自分の好みも取り入れているはずです。

8. スメルケアをしている

スメルケアをしている

スメルハラスメントという言葉をご存知ですか。

汗などの悪い臭いだけでなく、柔軟剤や香水といった良い香りも人によっては、頭痛を引き起こすことがあるので、ハラスメントの対象となります。

日本人はどちらかというと無臭を好むと言われているので、初対面で良い印象を人に与えられる人は、汗などの悪い臭いがしないことはもちろん、良い香りがする場合においても、濃厚な香りではなく、軽い植物系の香りに留めているはずです。

9. 歯が綺麗

歯が綺麗

初対面で好印象を与えられる人は、歯のケアもきちんと行き届いています。

歯石やたばこのやにで汚れている人は、どんなに見た目が爽やかでも、初対面で好印象を与えることは難しいことでしょう。

また、生まれながらのこともあるので、何とも言えないことですが、歯並びが異常にガタガタなのも良くないです。

子供の頃、矯正ができなかった方は、今からでも遅くはありません。

歯医者さんに相談してみましょう。

10. 礼儀正しい

初対面で好印象を与えられる人は、言葉遣いはもちろんのこと、人への接し方もどこか育ちの良さが漂う礼儀正しさがあります。

育ちは変えられないですが、綺麗で正しい日本語を使うよう心掛け、指先や足を綺麗に揃えて物事に当たるだけでも、印象は変えられます。

要は心がけ次第で、誰でも礼儀正しく見せることは可能です。

人との出会いにおいて、初対面の時に与える印象はかなり強い影響力を持ちます。

初対面で好印象を人に与えられないことをお悩みの方、少しでも良い印象を与えられるように、変わる努力をしてみませんか。

努力を続けている限り、チャンスはありますよ。

初対面で好印象を与えられる人になりたくはありませんか。

そんな人の10の特徴をご紹介するので、真似できるところから、真似してみましょう。


どこまでも爽やか

初対面でも自分のネガティブな感情を隠さない人もいますが、初対面で好印象を与えられる人はそのようなことはしません。

どこまでも爽やかで、人を不愉快にさせる雰囲気や言動からはかなり距離があります。

役者な人も中にはいるかもしれませんが、おそらく、本当に距離があるから漂わせることができる雰囲気なのだと思います。

表情が豊か

笑顔が素敵な人というのはたくさんいるかもしれませんが、初対面の人から例外なく好印象を持ってもらえる人は、大抵、それにプラスして表情が豊かです。

そこで表現される表情はほとんどがポジティブなもので、初対面の人に警戒心を与えません。

しかも、何も考えずに相手の気持ちに合わせた表情はしないので、自然と相手からも尊重してもらえます。

話し方がハキハキ

曖昧な話し方をしません。

文末を省略して話すことは少ないです。

声が尻すぼみなることなく、聞きやすい音量で分かりやすく話します。

主語、述語がはっきりしていて、感嘆詞ばっかり使う話し方はしませんし、逆接の接続詞、例えば「でも」とか「しかし」とかいう単語はほとんど出てきません。

さらに、初対面の人に対しても、きちんと目を見て、自分の言葉を相手に伝えようという意思を持って話すので、話しかけられる方もきちんと聞かないといけないなという気持ちになります。

話好きではなく、聞き上手

初対面で人見知りをしないタイプの人だと、自分の話ばかりして、下手したら自慢話に終始してしまっている人もいます。

でも、初対面の人に好印象を与えられる人は、どちらかというと人に話させて上手に聞きます。

人は話を聞いてくれる人に対して良い印象を持つようにできているので、無意識のうちにそれを実行できてしまう人は好印象を与えやすい人だということができます。

髪が綺麗

初対面で人に好印象を与えられる人は、たいてい身だしなみがきちんとしています。

髪について言えば、フケがあったり、脂ぎってべとっとしていたりすることはまずありません。

また、男性であれば髪だけでなく、髭のケアもしっかりしています。

女性であればカラーリングが中途半端になっていたり、毛先が荒れているようなことはありません。

好感度の高い男女に共通して言えるのは、髪のカラーも、髪型も、あまりに突飛で個性的ではないはずです。

お肌が綺麗

お肌はケアをきちんとしていても、ダメな時はダメです。

でも、ある程度は管理できます。

例えば、ニキビ。

生活が荒れていたり、洗顔をきちんとしなければ、当然、できます。

初対面で好印象を与えられる人は、1.でも書いたように爽やかであることを極めているので、生活が荒れていたり、洗顔していないかもなと思わせるようなお肌の状態のままにしておくことはないでしょう。

程よくおしゃれ

おしゃれって難しいですよね。

自分が好きな格好をしていれば良いというものでもありません。

もしかしたら人は良いのかもしれませんが、初対面の人があまりに趣味に走った格好をしていたら、どうでしょうか。

同じ趣味だったら問題ないかもしれませんが、違う趣味だったら、敬遠してしまうことでしょう。

だから、初対面の人に好印象を与えられる人は、あまりとんがり過ぎず、あまり保守的過ぎず、程よく流行を取り入れて、程よく自分の好みも取り入れているはずです。

スメルケアをしている

スメルハラスメントという言葉をご存知ですか。

汗などの悪い臭いだけでなく、柔軟剤や香水といった良い香りも人によっては、頭痛を引き起こすことがあるので、ハラスメントの対象となります。

日本人はどちらかというと無臭を好むと言われているので、初対面で良い印象を人に与えられる人は、汗などの悪い臭いがしないことはもちろん、良い香りがする場合においても、濃厚な香りではなく、軽い植物系の香りに留めているはずです。

歯が綺麗

初対面で好印象を与えられる人は、歯のケアもきちんと行き届いています。

歯石やたばこのやにで汚れている人は、どんなに見た目が爽やかでも、初対面で好印象を与えることは難しいことでしょう。

また、生まれながらのこともあるので、何とも言えないことですが、歯並びが異常にガタガタなのも良くないです。

子供の頃、矯正ができなかった方は、今からでも遅くはありません。

歯医者さんに相談してみましょう。

初対面で好印象を与えられる人は、言葉遣いはもちろんのこと、人への接し方もどこか育ちの良さが漂う礼儀正しさがあります。

育ちは変えられないですが、綺麗で正しい日本語を使うよう心掛け、指先や足を綺麗に揃えて物事に当たるだけでも、印象は変えられます。

要は心がけ次第で、誰でも礼儀正しく見せることは可能です。

人との出会いにおいて、初対面の時に与える印象はかなり強い影響力を持ちます。

初対面で好印象を人に与えられないことをお悩みの方、少しでも良い印象を与えられるように、変わる努力をしてみませんか。

努力を続けている限り、チャンスはありますよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-