【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095230.html
仕事で認められたい時にできる対策11選

仕事で認められたい時にできる対策11選 | LADYCO

LADYCO
仕事で認められたい時にできる対策11選

仕事で認められたい、どうすればいいと思いますよね、仕事で認められたい時にできる対策を紹介します。

  • 仕事量を増やす
  • とにかく集中、無駄話などをしない真面目な態度
  • 早めに仕事を開始する
  • 残業を嫌がらない
  • 上司の説教をちゃんと聞く姿勢を見せる
  • 先輩のアドバイスを取り入れる
  • 仕事に関係する勉強を怠らない
  • 資格を取るなどさらにレベルアップする
  • 飲み会など断らず時には参加する
  • 周りへの気遣いを見せる
  • それなりの目に見える成果を出す

1. 仕事量を増やす

仕事量を増やす

仕事で認められたい時に一番にしなくてはならないことは、それは仕事です。

仕事量がこなせなくては話になりません。

自分の仕事を周りにサポートしてもらっているようでは一人前だとは認めてもらえません。

まずは一人前になるのが前提。

その上でさらに仕事量をこなせる力を持って初めて「仕事できるな」と周りから見てもらえるのです。

2. とにかく集中、無駄話などをしない真面目な態度

とにかく集中、無駄話などをしない真面目な態度

仕事ができても、仕事中に無駄話をしている人はやはりイメージが良くありません。

多少ミスがあってもコツコツと仕事に打ち込んでいる人の方が好感が高いのです。

仕事で認められたいのであれば、とにかく真面目な態度で取り組むことです。

休憩中と仕事中の区別がしっかりつくことで、「仕事になると急に真面目、真剣そのもの」と周りもいい評価をするようになります。

3. 早めに仕事を開始する

早めに仕事を開始する

始業時間ギリギリに来てだらだらと仕事開始する人はルーズです。

やはり少し早めに、余裕を持って出勤をして仕事を始める方が自分も気持ちがいいですし、周りから見ても好印象です。

仕事のできない人にかぎってばたばたと慌ててやってきて、周りも落ち着かない気持ちにさせるものです。

4. 残業を嫌がらない

残業を嫌がらない

仕事で認められたいと思えば、時にはサービス残業であってもする方がいいでしょう。

お金ももらえる残業だけはするけど、サービスはしないと割り切るのも間違ったことではありません。

ただ仕事で認められたいと思えば誰よりも仕事を頑張っているところをアピールした方がいいのです。

5. 上司の説教をちゃんと聞く姿勢を見せる

上司の説教をちゃんと聞く姿勢を見せる

上司の小言、説教が始まったら、「あ、まただ」とばかりに面倒くさそうに聞いたり、適当に笑って誤魔化したりはしてはダメです。

上司の説教を聞く、これも業務の一つととらえるのです。

上司からあれこれと言われている間も、給料は発生している、そう思えばこれを聞くのも仕事のうちと思えることでしょう。

上司からしてみれば、真摯に聞く態度を見せられれば自分の言っていることを聞く気はある、まあ大目にみてあげようと思えるものです。

6. 先輩のアドバイスを取り入れる

先輩のアドバイスを取り入れる

ちょっと、ミスの多い先輩、頼りない先輩であっても、やはり先輩は先輩。

自分より長く仕事をしているのですから、それなりの経験はあると思って先輩のアドバイスや意見は一度は取り入れる姿勢を見せましょう。

仕事ができる人というのは、相手を嫌な気持ちにさせず気持ちよく仕事ができるような環境を作れる人です。

7. 仕事に関係する勉強を怠らない

仕事に関係する勉強を怠らない

仕事が慣れてきたら、資料などを見ないでもこなせるようにはなります。

でも、仕事で認めらたいと思うのであれば常に勉強をすることは大事です。

初心を忘れずに謙虚な気持ちでいることです。

そういう気持ちというのは周りにそれとなく伝わるものです。

慣れてくると横着になったり調子に乗る人が多い中、いつまでも勉強熱心な姿は目立ちますし、仕事に対する熱意を感じさせます。

8. 資格を取るなどさらにレベルアップする

資格を取るなどさらにレベルアップする

就職するまでは一生懸命、勉強したり資格をとったりしても、いざ仕事に就けばもう関係ないと何もしなくなるものです。

仕事で認められたいと思うのであれば、さらなるレベルアップが必要です。

関連する資格をさらにとることなどでそれはアピールできますし、いざとなれば転職時にも有利ですよね。

9. 飲み会など断らず時には参加する

飲み会など断らず時には参加する

仕事で認めてもらいたいと、仕事ばかり頑張るのではなく、時には肩の力を抜いて、コミュニケーションをとることも大事です。

宴会部長なる言葉もありますように、場の空気を盛り上げることが上手なタイプは仕事が少々できなくても重宝されるものです。

頑張るあまりお堅いと思われることもあるでしょうから、楽しく話したりみんなと盛り上がれる、そんな一面もあるとアピールしましょう。

10. 周りへの気遣いを見せる

周りへの気遣いを見せる

仕事で認められたいと思うのであれば、自分から周りへ心を開く努力も必要です。

周りの人への挨拶、気遣いなどは見せていますか。

ただマイペースに自分のことばかりという人は仕事ができても周りから支持されず認められないこともあります。

11. それなりの目に見える成果を出す

仕事で認められたい時にできる対策としてわかりやすいのはそれなりに誰の目にも見える成果を出すことでしょう。

売り上げであったり、仕事量、時間であったり、数字というのはわかりやすい目安です。

また数字というものは誤魔化すこともできません。

以上仕事で認められたい時にできる対策でした。

成果を上げても、仕事ができても、相性の悪い上司にあたりますとどうしても、それを認めてもらえず悔しい思いをすることは社会人ならば思い当たることでしょう。

ですが、同じ状況がずっと続くわけではありません。

人事異動など状況が変わる時があります。

ですから、毎日コツコツとしっかり自分の仕事をしていくことできっといつか認められる時がくると信じて頑張りましょう。

仕事で認められたい、どうすればいいと思いますよね、仕事で認められたい時にできる対策を紹介します。


仕事量を増やす

仕事で認められたい時に一番にしなくてはならないことは、それは仕事です。

仕事量がこなせなくては話になりません。

自分の仕事を周りにサポートしてもらっているようでは一人前だとは認めてもらえません。

まずは一人前になるのが前提。

その上でさらに仕事量をこなせる力を持って初めて「仕事できるな」と周りから見てもらえるのです。

とにかく集中、無駄話などをしない真面目な態度

仕事ができても、仕事中に無駄話をしている人はやはりイメージが良くありません。

多少ミスがあってもコツコツと仕事に打ち込んでいる人の方が好感が高いのです。

仕事で認められたいのであれば、とにかく真面目な態度で取り組むことです。

休憩中と仕事中の区別がしっかりつくことで、「仕事になると急に真面目、真剣そのもの」と周りもいい評価をするようになります。

早めに仕事を開始する

始業時間ギリギリに来てだらだらと仕事開始する人はルーズです。

やはり少し早めに、余裕を持って出勤をして仕事を始める方が自分も気持ちがいいですし、周りから見ても好印象です。

仕事のできない人にかぎってばたばたと慌ててやってきて、周りも落ち着かない気持ちにさせるものです。

残業を嫌がらない

仕事で認められたいと思えば、時にはサービス残業であってもする方がいいでしょう。

お金ももらえる残業だけはするけど、サービスはしないと割り切るのも間違ったことではありません。

ただ仕事で認められたいと思えば誰よりも仕事を頑張っているところをアピールした方がいいのです。

上司の説教をちゃんと聞く姿勢を見せる

上司の小言、説教が始まったら、「あ、まただ」とばかりに面倒くさそうに聞いたり、適当に笑って誤魔化したりはしてはダメです。

上司の説教を聞く、これも業務の一つととらえるのです。

上司からあれこれと言われている間も、給料は発生している、そう思えばこれを聞くのも仕事のうちと思えることでしょう。

上司からしてみれば、真摯に聞く態度を見せられれば自分の言っていることを聞く気はある、まあ大目にみてあげようと思えるものです。

先輩のアドバイスを取り入れる

ちょっと、ミスの多い先輩、頼りない先輩であっても、やはり先輩は先輩。

自分より長く仕事をしているのですから、それなりの経験はあると思って先輩のアドバイスや意見は一度は取り入れる姿勢を見せましょう。

仕事ができる人というのは、相手を嫌な気持ちにさせず気持ちよく仕事ができるような環境を作れる人です。

仕事に関係する勉強を怠らない

仕事が慣れてきたら、資料などを見ないでもこなせるようにはなります。

でも、仕事で認めらたいと思うのであれば常に勉強をすることは大事です。

初心を忘れずに謙虚な気持ちでいることです。

そういう気持ちというのは周りにそれとなく伝わるものです。

慣れてくると横着になったり調子に乗る人が多い中、いつまでも勉強熱心な姿は目立ちますし、仕事に対する熱意を感じさせます。

資格を取るなどさらにレベルアップする

就職するまでは一生懸命、勉強したり資格をとったりしても、いざ仕事に就けばもう関係ないと何もしなくなるものです。

仕事で認められたいと思うのであれば、さらなるレベルアップが必要です。

関連する資格をさらにとることなどでそれはアピールできますし、いざとなれば転職時にも有利ですよね。

飲み会など断らず時には参加する

仕事で認めてもらいたいと、仕事ばかり頑張るのではなく、時には肩の力を抜いて、コミュニケーションをとることも大事です。

宴会部長なる言葉もありますように、場の空気を盛り上げることが上手なタイプは仕事が少々できなくても重宝されるものです。

頑張るあまりお堅いと思われることもあるでしょうから、楽しく話したりみんなと盛り上がれる、そんな一面もあるとアピールしましょう。

周りへの気遣いを見せる

仕事で認められたいと思うのであれば、自分から周りへ心を開く努力も必要です。

周りの人への挨拶、気遣いなどは見せていますか。

ただマイペースに自分のことばかりという人は仕事ができても周りから支持されず認められないこともあります。

仕事で認められたい時にできる対策としてわかりやすいのはそれなりに誰の目にも見える成果を出すことでしょう。

売り上げであったり、仕事量、時間であったり、数字というのはわかりやすい目安です。

また数字というものは誤魔化すこともできません。

以上仕事で認められたい時にできる対策でした。

成果を上げても、仕事ができても、相性の悪い上司にあたりますとどうしても、それを認めてもらえず悔しい思いをすることは社会人ならば思い当たることでしょう。

ですが、同じ状況がずっと続くわけではありません。

人事異動など状況が変わる時があります。

ですから、毎日コツコツとしっかり自分の仕事をしていくことできっといつか認められる時がくると信じて頑張りましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-