【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164048.html
控え目になりがちな人の特徴

控え目になりがちな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
控え目になりがちな人の特徴

あなたは積極的な性格ですか?

それとも控え目な性格ですか?

どちらが良いということはありませんが、控え目だから得をする事、損をする事、たくさんあると思います。

今回は控え目になりがちな人の特徴を見ていきたいと思います。

  • 地味印象を持たれることもある
  • 存在感がない
  • 人に流される
  • 否定や攻撃ができない
  • 自己主張が苦手
  • 真面目
  • 気配り上手
  • 聞き上手
  • 謙虚である
  • 一緒にいて落ち着ける人

1. 地味印象を持たれることもある

地味印象を持たれることもある

初対面で「この人、控え目な人だな」と感じたことはありますか?

第一印象から「控え目そう」と思われる人は大抵地味であることが多いです。

それはファッションや髪型、体型や、女性によってはメイクなど、地味さを表現できるものはいくらでもあります。

派手な方が良いわけではないですが、時と場合によっては地味に見える外見は損をしてしまうことがあります。

地味に見えるばかりに、性格まで暗そうだと思われたり、メイクや髪型が地味なために実年齢より老けて見られたり、あるいは不健康に感じられたり・・。

せっかく素敵な内面の持ち主でも外見の自己表現が地味だと、内面の魅力はすっかり隠れてしまいます。

外見はいくらでも変えられます。

自分の個性を上手に表現できれば、もっと魅力的にあなたらしさを表現できるはずです。

2. 存在感がない

存在感がない

地味さと重なってしまうかもしれませんが、存在感がない人は控え目で大人しそうに見えることが多いです。

むしろ、控え目だからこそ、存在感が薄くなってしまうのかもしれません。

存在感がないと損をすることが多いのは、主に恋愛においてではないでしょうか。

例えば出会いの場である合コンや婚活パーティーなど、異性の印象に残らなければ何の意味もありません。

本当はとても魅力的な人なのに、存在感が薄いために、意中の相手に気付かれないなんて勿体ないですよね。

3. 人に流される

人に流される

控え目な人は、最初からあまり自分の意見が言えません。

ついつい、「うん、そうだよね」と、イエスマンになってしまいがちです。

本当はそんなこと思っていないのに、反対することや自分の意見を押し通すことが苦手で、結局いつも他人の言われるがまま・・。

それでもいい場合もありますが、時には自分の意見を主張しなければならない時もあります。

控え目で流されやすい人だと気が付いて、あなたを利用しようとする悪い人間がいるかもしれません。

いざという時ははっきり「NO」と言えることは、自分の身を守ることにもつながります。

4. 否定や攻撃ができない

否定や攻撃ができない

控え目になるのは争いごとが嫌いだからと言っても過言ではありません。

控え目なタイプの人は、他人と争うことを極端に恐れたり、嫌ったりする傾向が強いようです。

平和主義なのはとても良いことですが、争いごとを避けるために自分が我慢を強いられたり、理不尽な思いをすることも多くあるはずです。

しかし、控え目なタイプの人がここぞという時に反撃すると、相手は驚いてひるんでしまうことが多いようです。

滅多に怒らない人が怒ると怖く感じてしまうのと同じです。

たまにはちょっと反抗してみたり、否定してみるのも重要ですよ。

5. 自己主張が苦手

自己主張が苦手

上記四つの事を大雑把にまとめて言うと、自己主張が苦手な人は控え目になりやすく、そして控え目に見れやすいということです。

自己主張が苦手なばかりに地味で存在感が薄いと思われ、自分の意見が言えないために、人に流されやすく否定することができない・・。

でも決して自己主張が苦手なことは悪い事ではありません。

集団行動にはとても適していますし、人付き合いも上手くいきやすいでしょう。

いざという時にきちんと自己主張できれば、苦手でも構わないと思います。

反対に自己主張が強すぎる人は煙たがられますしね。

6. 真面目

真面目

さて、ずっと控え目なタイプのデメリットばかりを見てきましたが、これからはメリットを見ていきましょう。

実はメリットの方が多いと思います。

まず、控え目な人は真面目な人であることが多いです。

不真面目で控え目な人はあまり見かけません。

そもそも不真面目な態度がとれるくらいなら図太いはずです。

仕事においても恋愛においても真面目であることはとても大切です。

安心して仕事を任せられるし、恋人としても真剣にお付き合いできます。

控え目で自己主張が苦手でも、結局は真面目な人が一番信用されます。

7. 気配り上手

気配り上手

控え目な人は、なぜ控え目なのか。

それは相手を思いやっているからこそだと思いませんか。

自分の意見を押し通すことができないのも、争いごとが起きないように気を配るのも、他の人に優しいからです。

思慮深いがゆえに自分が我慢したり、傷ついてしまうことさえあるのに、人の気持ちに敏感で、相手を思いやれる、心根の優しい人だといえます。

8. 聞き上手

聞き上手

控え目な人と話をしていると、ついついペラペラと話してしまうことがありませんか。

控え目な人は自己主張が苦手ですので、どちらかと言うと聞き役に徹した方が気が楽なんですよね。

否定や攻撃なども嫌いですから、話しやすい雰囲気を作り出すのも自然と上手くなるわけです。

相手の意見に同調し、ニコニコと相槌を打ちながら話を聞くのも上手なはずです。

これは控え目なことが最大の武器になる瞬間ですね。

9. 謙虚である

謙虚である

自己主張も好まないので、褒められることに関してもそこまで欲求はありません。

褒められるとついつい謙虚になってしまいます。

縁の下の力持ちタイプで、人が見ていないところでも一生懸命頑張るので、褒められることに慣れていないんですよね。

控え目なタイプの方は徹して相手の気持ちを読み、相手がどう思うかを考えて行動する人が多いので、総じて謙虚な人が多いです。

10. 一緒にいて落ち着ける人

控え目なタイプの方の共通点を様々見てきましたが、最終的に言えることは、「一緒にいて落ち着ける人」「一緒にいると穏やかな気持ちになる人」が多いと思いませんか。

争いを好まず、相手の気持ちを考えている人と一緒にいると自然とこのような気持ちになるのも頷けます。

控え目なタイプの方から学ぶことは予想以上にたくさんありそうです。

あなたは積極的な性格ですか?

それとも控え目な性格ですか?

どちらが良いということはありませんが、控え目だから得をする事、損をする事、たくさんあると思います。

今回は控え目になりがちな人の特徴を見ていきたいと思います。


地味印象を持たれることもある

初対面で「この人、控え目な人だな」と感じたことはありますか?

第一印象から「控え目そう」と思われる人は大抵地味であることが多いです。

それはファッションや髪型、体型や、女性によってはメイクなど、地味さを表現できるものはいくらでもあります。

派手な方が良いわけではないですが、時と場合によっては地味に見える外見は損をしてしまうことがあります。

地味に見えるばかりに、性格まで暗そうだと思われたり、メイクや髪型が地味なために実年齢より老けて見られたり、あるいは不健康に感じられたり・・。

せっかく素敵な内面の持ち主でも外見の自己表現が地味だと、内面の魅力はすっかり隠れてしまいます。

外見はいくらでも変えられます。

自分の個性を上手に表現できれば、もっと魅力的にあなたらしさを表現できるはずです。

存在感がない

地味さと重なってしまうかもしれませんが、存在感がない人は控え目で大人しそうに見えることが多いです。

むしろ、控え目だからこそ、存在感が薄くなってしまうのかもしれません。

存在感がないと損をすることが多いのは、主に恋愛においてではないでしょうか。

例えば出会いの場である合コンや婚活パーティーなど、異性の印象に残らなければ何の意味もありません。

本当はとても魅力的な人なのに、存在感が薄いために、意中の相手に気付かれないなんて勿体ないですよね。

人に流される

控え目な人は、最初からあまり自分の意見が言えません。

ついつい、「うん、そうだよね」と、イエスマンになってしまいがちです。

本当はそんなこと思っていないのに、反対することや自分の意見を押し通すことが苦手で、結局いつも他人の言われるがまま・・。

それでもいい場合もありますが、時には自分の意見を主張しなければならない時もあります。

控え目で流されやすい人だと気が付いて、あなたを利用しようとする悪い人間がいるかもしれません。

いざという時ははっきり「NO」と言えることは、自分の身を守ることにもつながります。

否定や攻撃ができない

控え目になるのは争いごとが嫌いだからと言っても過言ではありません。

控え目なタイプの人は、他人と争うことを極端に恐れたり、嫌ったりする傾向が強いようです。

平和主義なのはとても良いことですが、争いごとを避けるために自分が我慢を強いられたり、理不尽な思いをすることも多くあるはずです。

しかし、控え目なタイプの人がここぞという時に反撃すると、相手は驚いてひるんでしまうことが多いようです。

滅多に怒らない人が怒ると怖く感じてしまうのと同じです。

たまにはちょっと反抗してみたり、否定してみるのも重要ですよ。

自己主張が苦手

上記四つの事を大雑把にまとめて言うと、自己主張が苦手な人は控え目になりやすく、そして控え目に見れやすいということです。

自己主張が苦手なばかりに地味で存在感が薄いと思われ、自分の意見が言えないために、人に流されやすく否定することができない・・。

でも決して自己主張が苦手なことは悪い事ではありません。

集団行動にはとても適していますし、人付き合いも上手くいきやすいでしょう。

いざという時にきちんと自己主張できれば、苦手でも構わないと思います。

反対に自己主張が強すぎる人は煙たがられますしね。

真面目

さて、ずっと控え目なタイプのデメリットばかりを見てきましたが、これからはメリットを見ていきましょう。

実はメリットの方が多いと思います。

まず、控え目な人は真面目な人であることが多いです。

不真面目で控え目な人はあまり見かけません。

そもそも不真面目な態度がとれるくらいなら図太いはずです。

仕事においても恋愛においても真面目であることはとても大切です。

安心して仕事を任せられるし、恋人としても真剣にお付き合いできます。

控え目で自己主張が苦手でも、結局は真面目な人が一番信用されます。

気配り上手

控え目な人は、なぜ控え目なのか。

それは相手を思いやっているからこそだと思いませんか。

自分の意見を押し通すことができないのも、争いごとが起きないように気を配るのも、他の人に優しいからです。

思慮深いがゆえに自分が我慢したり、傷ついてしまうことさえあるのに、人の気持ちに敏感で、相手を思いやれる、心根の優しい人だといえます。

聞き上手

控え目な人と話をしていると、ついついペラペラと話してしまうことがありませんか。

控え目な人は自己主張が苦手ですので、どちらかと言うと聞き役に徹した方が気が楽なんですよね。

否定や攻撃なども嫌いですから、話しやすい雰囲気を作り出すのも自然と上手くなるわけです。

相手の意見に同調し、ニコニコと相槌を打ちながら話を聞くのも上手なはずです。

これは控え目なことが最大の武器になる瞬間ですね。

謙虚である

自己主張も好まないので、褒められることに関してもそこまで欲求はありません。

褒められるとついつい謙虚になってしまいます。

縁の下の力持ちタイプで、人が見ていないところでも一生懸命頑張るので、褒められることに慣れていないんですよね。

控え目なタイプの方は徹して相手の気持ちを読み、相手がどう思うかを考えて行動する人が多いので、総じて謙虚な人が多いです。

控え目なタイプの方の共通点を様々見てきましたが、最終的に言えることは、「一緒にいて落ち着ける人」「一緒にいると穏やかな気持ちになる人」が多いと思いませんか。

争いを好まず、相手の気持ちを考えている人と一緒にいると自然とこのような気持ちになるのも頷けます。

控え目なタイプの方から学ぶことは予想以上にたくさんありそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-