【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164023.html
彼氏の給料が少ない時の改善方法や心構え16選

彼氏の給料が少ない時の改善方法や心構え16選 | LADYCO

LADYCO
彼氏の給料が少ない時の改善方法や心構え16選

お付き合いしている彼氏の収入が極端に少なかったとき、あなたならどうしますか?

オススメの方法についてアドバイスします。

  • 冷静になる
  • 将来性のある仕事か考える
  • 「転職する気はあるのか」聞いてみる
  • 将来の夢について語ってみる
  • いまの会社の悩みを聞いてみる
  • 「給料」以外のメリットを見つける
  • 結婚を前提にしない
  • 理想を高くもちすぎない
  • 専業主婦に憧れない
  • 自分の年収アップを目指す
  • 彼氏に「専業主夫」になってもらう
  • 節約にいそしむ
  • ほかの男性に鞍替えしてみる
  • 最悪の結果も予想する
  • 夫婦2人で人生を楽しむ
  • お金だけが人生じゃない

1. 冷静になる

冷静になる

お給料が少ない彼氏を見ていると、将来は大丈夫なんだろうか。

結婚して家計をやり繰りできるのだろうか不安になることもあります。

けれども冷静に考えてみて。

今はまだ「彼氏」の状態。

籍を入れてもいないし、結婚式を挙げたわけでもありません。

途中からあなたの気が変わることも有りますし、逆の可能性もあります。

まだお付き合いしている段階だということを、冷静に考えることが大切です。

2. 将来性のある仕事か考える

将来性のある仕事か考える

今現在お給料が少ない会社であっても、定期昇給により、お給料がアップする可能性もあります。

時代のニーズに即した会社であれば、収入アップも可能。

短期間ではなく長い目で見たときに「将来性のある企業か」見極めておくことも大切です。

3. 「転職する気はあるのか」聞いてみる

「転職する気はあるのか」聞いてみる

言いにくい質問ですが、彼氏のご機嫌が良いときに転職する希望はあるのか、さり気なく尋ねておきましょう。

将来のステップアップを兼ねて今の企業に勤めている、実力を付けたら他社への転職を考えている…。

あなたの彼氏の仕事に対する人生観も、チェックできます。

4. 将来の夢について語ってみる

将来の夢について語ってみる

これから2人はどんな未来を歩むのか、彼氏に「将来について」どんな考え方を持っているのか確認しておきましょう。

1000万円貯めて2人の新居の頭金にする、1000万円を結婚資金にする…など金銭面でのプランニングが出来ているか、チェックしましょう。

5. いまの会社の悩みを聞いてみる

いまの会社の悩みを聞いてみる

彼氏がお給料が上がらない場合、彼氏なりの力を十分に発揮できていない可能性もあります。

上司からパワハラを受けていないか、精神的なトラブルに陥っていないか。

彼氏の気持ちが安定しているときに、いまの会社の状況や悩みを聞きだしてみましょう。

お給料が上がらない背景が見えてくるかもしれません。

6. 「給料」以外のメリットを見つける

「給料」以外のメリットを見つける

彼氏の給料について気になってしまうと、そればかりに意識が集中してしまうことがあります。

2人のこれからの関係にも悪影響を与える恐れもあるため、あまりにも「お給料だけ」に特化した考えはタブー。

彼氏の性格や内面の良いところに目を向けて、視野を広げることも重要です。

7. 結婚を前提にしない

結婚を前提にしない

プロポーズを受けていない段階から、彼氏の給料の低さを問題にするのは馬鹿げています。

少し冷静になり、今はあなたの生活を満喫すること。

結婚というフィルターをはずして物事をみたとき「そんなに深刻に考えなくても良いんだ」と楽観的になれる可能性もあります。

8. 理想を高くもちすぎない

理想を高くもちすぎない

彼氏の給料が低いと思っていても、同じ年代のサラリーマンと比べると、実際はそう大差ないこともあります。

ちなみに20代前半男性の平均年収は260万円ほど。

20代後半男性の平均年収は370万円くらい。

30代前半になっても430万円が標準値です。

あなた自身が高キャリアの場合、自分の年収と比較して彼氏の年収が低く見えてしまうこともあります。

物事の平均値を知ることも大切です。

9. 専業主婦に憧れない

専業主婦に憧れない

結婚をして、専業主婦になろうと思っていませんか。

不況が続く日本では、いまや専業主婦より共働き世帯の方が増えています。

男性だけの年収で食べていけるほど、社会や世間は甘くないもの。

昭和時代のような、専業主婦志向への憧れを捨てることもポイントです。

10. 自分の年収アップを目指す

自分の年収アップを目指す

彼氏に将来性が見込めない、それでも好きだから結婚したい場合、あなた自身がキャリアを積み出世する必要があります。

彼氏の給料が少なくても、あなたの収入を足せば2人で楽しく暮らしていける算段はたてられます。

無いものねだりにならず、相手に求めすぎないこと。

相手を変えることより、自分自身が変わることの方が数倍ラクです。

11. 彼氏に「専業主夫」になってもらう

彼氏に「専業主夫」になってもらう

最近増えているのが、女性が屋外に出て働き、代わりに男性が家事や育児を担うという方式。

彼氏の給料が低いようであれば、あえて彼氏を仕事中心の生活にせず、家庭中心の生活に置き換えてみる、考え方をシフトさせる柔軟さも重要です。

お皿洗いや料理が得意な男性は、結婚しても女性を幸せにしてくれるタイプです。

彼氏の特性を見極めて「得意な方面で頑張ってもらうこと」もハッピーな結婚生活へのメソッドです。

12. 節約にいそしむ

節約にいそしむ

経済力が安定しない彼氏と、将来的に夫婦として付き合っていくのなら「派手な生活を控えなくてはならないこと」も念頭に入れておきましょう。

例えあなたが大黒柱になって働いたとしても、妊娠や出産・予期せぬ病などで、思うように働けないケースも出てきます。

万が一のリスクに備えて、独身時代の今から節約に励み、慎ましやかな暮らしに慣れておくことも重要です。

13. ほかの男性に鞍替えしてみる

ほかの男性に鞍替えしてみる

これは究極の手ですが、経済力が安定しない彼氏に見切りをつけて、お金持ちの男性とお付き合いする方法もあります。

お互いが独身であるときは笑っていられるものの、いざ結婚して経済的に困窮すると、心までギスギスしてしまう事もあります。

金の切れ目は縁の切れ目。

現実は理想よりも厳しいことを頭に入れ、あなたの側が「付いていけない」と感じたとき、彼氏とお別れする選択肢も残されています。

14. 最悪の結果も予想する

最悪の結果も予想する

あなたが金銭的な不満を抱えながら、収入の少ない彼氏と結婚したとき、些細なケンカがキッカケで「あなたのストレス」が爆発してしまうこともあります。

お金があれば解決できた問題も、お金が無いと解決できないこともあります。

見切り発車で結婚に踏み切ってしまったあと、最悪の場合「離婚」という重い結末が待っていることもあります。

愛情を取るのか、金銭的な安らぎを取るのか。

人生に正解はありません。

ただひとつ言えることは「あなたが納得した結果なのか」ということ。

結婚後にイライラや不満が彼氏に対して向けられないよう、時間に余裕のあるシングルのときに、彼と結婚後の生活について詳しく話し合っておきましょう。

15. 夫婦2人で人生を楽しむ

夫婦2人で人生を楽しむ

収入の少ない彼氏だから、結婚できない。

そんな理由はありません。

広い世の中を見まわしてみると、収入が少なくても何とかやり繰りをして、楽しく暮らしているカップルも多くいます。

将来的に見ても彼氏の収入が上がりそうにないとき、病気などの問題がありあなた自身が働けないとき、あえて子どもを作らず夫婦2人で人生を楽しむ選択肢もあります。

日本は衣食住より、子育てにコストがかかる国だといわれています。

いざ子どもを産むとオムツ代や幼稚園代、お受験代、大学の授業料など莫大な金額がかかります。

夫婦2人で暮らすと決めたなら、いつまでもラブラブの人生を謳歌することもできます。

金銭的な負担も軽くなります。

無いものを数えるのではなく、今あるものから「どのような暮らしが出来るか」考えてみること。

発想の転換が必要です。

16. お金だけが人生じゃない

永い人生を平和に歩むためには、お金も必要です。

でも余りあるお金を持っているお金持ちが、必ずしも幸せな人ばかりとは限りません。

お金があるから幸せになれるという発想は偏っているもの。

お金だけではない「ココロの充実」を求めることも、あなたがハッピーになれるコツです。

まとめ 彼氏の給料が少ないと感じたとき、将来的な不安を感じる方は多いようです。

経済力のない男性より、安定した土壌のある男性の方が魅力的に感じます。

お金がたくさんあればハッピーになれると思われがちですが、お金が沢山あったからとは言え解決できない問題もあります。

あなたが彼氏のどんな所が好きでお付き合いしているのか、原点に立ち戻る姿勢も大切です。

結婚を視野に入れたお付き合いなら、金銭的な話し合いをしっかり行うこともポイントになります。

悔いのない生活を送ってください。

お付き合いしている彼氏の収入が極端に少なかったとき、あなたならどうしますか?

オススメの方法についてアドバイスします。


冷静になる

お給料が少ない彼氏を見ていると、将来は大丈夫なんだろうか。

結婚して家計をやり繰りできるのだろうか不安になることもあります。

けれども冷静に考えてみて。

今はまだ「彼氏」の状態。

籍を入れてもいないし、結婚式を挙げたわけでもありません。

途中からあなたの気が変わることも有りますし、逆の可能性もあります。

まだお付き合いしている段階だということを、冷静に考えることが大切です。

将来性のある仕事か考える

今現在お給料が少ない会社であっても、定期昇給により、お給料がアップする可能性もあります。

時代のニーズに即した会社であれば、収入アップも可能。

短期間ではなく長い目で見たときに「将来性のある企業か」見極めておくことも大切です。

「転職する気はあるのか」聞いてみる

言いにくい質問ですが、彼氏のご機嫌が良いときに転職する希望はあるのか、さり気なく尋ねておきましょう。

将来のステップアップを兼ねて今の企業に勤めている、実力を付けたら他社への転職を考えている…。

あなたの彼氏の仕事に対する人生観も、チェックできます。

将来の夢について語ってみる

これから2人はどんな未来を歩むのか、彼氏に「将来について」どんな考え方を持っているのか確認しておきましょう。

1000万円貯めて2人の新居の頭金にする、1000万円を結婚資金にする…など金銭面でのプランニングが出来ているか、チェックしましょう。

いまの会社の悩みを聞いてみる

彼氏がお給料が上がらない場合、彼氏なりの力を十分に発揮できていない可能性もあります。

上司からパワハラを受けていないか、精神的なトラブルに陥っていないか。

彼氏の気持ちが安定しているときに、いまの会社の状況や悩みを聞きだしてみましょう。

お給料が上がらない背景が見えてくるかもしれません。

「給料」以外のメリットを見つける

彼氏の給料について気になってしまうと、そればかりに意識が集中してしまうことがあります。

2人のこれからの関係にも悪影響を与える恐れもあるため、あまりにも「お給料だけ」に特化した考えはタブー。

彼氏の性格や内面の良いところに目を向けて、視野を広げることも重要です。

結婚を前提にしない

プロポーズを受けていない段階から、彼氏の給料の低さを問題にするのは馬鹿げています。

少し冷静になり、今はあなたの生活を満喫すること。

結婚というフィルターをはずして物事をみたとき「そんなに深刻に考えなくても良いんだ」と楽観的になれる可能性もあります。

理想を高くもちすぎない

彼氏の給料が低いと思っていても、同じ年代のサラリーマンと比べると、実際はそう大差ないこともあります。

ちなみに20代前半男性の平均年収は260万円ほど。

20代後半男性の平均年収は370万円くらい。

30代前半になっても430万円が標準値です。

あなた自身が高キャリアの場合、自分の年収と比較して彼氏の年収が低く見えてしまうこともあります。

物事の平均値を知ることも大切です。

専業主婦に憧れない

結婚をして、専業主婦になろうと思っていませんか。

不況が続く日本では、いまや専業主婦より共働き世帯の方が増えています。

男性だけの年収で食べていけるほど、社会や世間は甘くないもの。

昭和時代のような、専業主婦志向への憧れを捨てることもポイントです。

自分の年収アップを目指す

彼氏に将来性が見込めない、それでも好きだから結婚したい場合、あなた自身がキャリアを積み出世する必要があります。

彼氏の給料が少なくても、あなたの収入を足せば2人で楽しく暮らしていける算段はたてられます。

無いものねだりにならず、相手に求めすぎないこと。

相手を変えることより、自分自身が変わることの方が数倍ラクです。

彼氏に「専業主夫」になってもらう

最近増えているのが、女性が屋外に出て働き、代わりに男性が家事や育児を担うという方式。

彼氏の給料が低いようであれば、あえて彼氏を仕事中心の生活にせず、家庭中心の生活に置き換えてみる、考え方をシフトさせる柔軟さも重要です。

お皿洗いや料理が得意な男性は、結婚しても女性を幸せにしてくれるタイプです。

彼氏の特性を見極めて「得意な方面で頑張ってもらうこと」もハッピーな結婚生活へのメソッドです。

節約にいそしむ

経済力が安定しない彼氏と、将来的に夫婦として付き合っていくのなら「派手な生活を控えなくてはならないこと」も念頭に入れておきましょう。

例えあなたが大黒柱になって働いたとしても、妊娠や出産・予期せぬ病などで、思うように働けないケースも出てきます。

万が一のリスクに備えて、独身時代の今から節約に励み、慎ましやかな暮らしに慣れておくことも重要です。

ほかの男性に鞍替えしてみる

これは究極の手ですが、経済力が安定しない彼氏に見切りをつけて、お金持ちの男性とお付き合いする方法もあります。

お互いが独身であるときは笑っていられるものの、いざ結婚して経済的に困窮すると、心までギスギスしてしまう事もあります。

金の切れ目は縁の切れ目。

現実は理想よりも厳しいことを頭に入れ、あなたの側が「付いていけない」と感じたとき、彼氏とお別れする選択肢も残されています。

最悪の結果も予想する

あなたが金銭的な不満を抱えながら、収入の少ない彼氏と結婚したとき、些細なケンカがキッカケで「あなたのストレス」が爆発してしまうこともあります。

お金があれば解決できた問題も、お金が無いと解決できないこともあります。

見切り発車で結婚に踏み切ってしまったあと、最悪の場合「離婚」という重い結末が待っていることもあります。

愛情を取るのか、金銭的な安らぎを取るのか。

人生に正解はありません。

ただひとつ言えることは「あなたが納得した結果なのか」ということ。

結婚後にイライラや不満が彼氏に対して向けられないよう、時間に余裕のあるシングルのときに、彼と結婚後の生活について詳しく話し合っておきましょう。

夫婦2人で人生を楽しむ

収入の少ない彼氏だから、結婚できない。

そんな理由はありません。

広い世の中を見まわしてみると、収入が少なくても何とかやり繰りをして、楽しく暮らしているカップルも多くいます。

将来的に見ても彼氏の収入が上がりそうにないとき、病気などの問題がありあなた自身が働けないとき、あえて子どもを作らず夫婦2人で人生を楽しむ選択肢もあります。

日本は衣食住より、子育てにコストがかかる国だといわれています。

いざ子どもを産むとオムツ代や幼稚園代、お受験代、大学の授業料など莫大な金額がかかります。

夫婦2人で暮らすと決めたなら、いつまでもラブラブの人生を謳歌することもできます。

金銭的な負担も軽くなります。

無いものを数えるのではなく、今あるものから「どのような暮らしが出来るか」考えてみること。

発想の転換が必要です。

永い人生を平和に歩むためには、お金も必要です。

でも余りあるお金を持っているお金持ちが、必ずしも幸せな人ばかりとは限りません。

お金があるから幸せになれるという発想は偏っているもの。

お金だけではない「ココロの充実」を求めることも、あなたがハッピーになれるコツです。

まとめ 彼氏の給料が少ないと感じたとき、将来的な不安を感じる方は多いようです。

経済力のない男性より、安定した土壌のある男性の方が魅力的に感じます。

お金がたくさんあればハッピーになれると思われがちですが、お金が沢山あったからとは言え解決できない問題もあります。

あなたが彼氏のどんな所が好きでお付き合いしているのか、原点に立ち戻る姿勢も大切です。

結婚を視野に入れたお付き合いなら、金銭的な話し合いをしっかり行うこともポイントになります。

悔いのない生活を送ってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-