【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164018.html
母親に依存する人の特徴

母親に依存する人の特徴 | LADYCO

LADYCO
母親に依存する人の特徴

母親に依存する人の特徴を10選まとめました。

  • 面倒くさがりで、言い訳上手
  • 人の意見を否定するけど、自分の意見がない人
  • 物へのこだわりをもっているけど、手入れをしない
  • 身だしなみはキチンとしているのに、ハンカチを持ち歩かない
  • 説得力のある話が、母親の受け売り
  • 友達の話をしていても、すぐに自分についての話にすりかえる
  • 帰宅しているのに、メッセージの返信が遅い
  • 物を買う前に人の意見を聞きたがる
  • 母親の年代で流行っている物について詳しい
  • ブランド志向が強い

少子化の現代、兄弟や姉妹がいない一人っ子で育った子供は大人になっても特に母親に依存する傾向があります。

その依存度合いが高ければもしもパートナーに依存度が高い人を選んでしまうと、常に母親の意見を持ち出してくるような相手の行為に煩わしくなってきます。

しかし、表面的に相手が母親に依存しているかどうかは注意深くみないと察することができません。

では、母親に依存する人の代表的な特徴を見ていきましょう。

1. 面倒くさがりで、言い訳上手

面倒くさがりで、言い訳上手

デスク周りの掃除や、鞄の中の整理整頓などをキチンとできていない様子をよく見かける様なら、そういうことを幼い頃からずっと母親に任せていたので不慣れであると察っした方がいいでしょう。

母親に依存していない人は、むしろ干渉を嫌うので、自分の持ち物の整理整頓は自分でちゃんとやります。

2. 人の意見を否定するけど、自分の意見がない人

人の意見を否定するけど、自分の意見がない人

母親に依存をする傾向がある人は、人の意見を否定する割に、じゃあどうするのかという代替案や自分のキチンとした意見をもっていないことが多く見受けられます。

母親とは子供に対して心配を抱きがちで、子供の頃に自分の意見を母親に対して伝えていく中で、強い否定をされるわけではありませんが、本当に大丈夫?という親心から、前向きな返答を母親からもらえず、自分の意見に自信がもてなくなってしまった。

自信がもてなくなっているので、人の意見に対しての否定は自分がされたようにしてしまうが、自分の意見を言うことはできないという状況が見受けられます。

3. 物へのこだわりをもっているけど、手入れをしない

物へのこだわりをもっているけど、手入れをしない

世間では自分が使っていないものが流行っているけど、自分はこれが良いとおもうんだ。

なんて言われると、この人しっかり自分の意見を持っていて自立している人だな、と評価してしまいます。

その評価の前に、よくよく使っている物を見てみましょう。

その物の手入れがしっかりされていないようなら、実はこだわりはなく、受け売りで言っているのではないかと察することができます。

4. 身だしなみはキチンとしているのに、ハンカチを持ち歩かない

身だしなみはキチンとしているのに、ハンカチを持ち歩かない

幼いころから母親に依存してきた人は、身だしなみをキチンと整える習慣を身につけています。

しかしながら、大事な小物であるハンカチをもっていないなど、人に気づかれにくいポイントは自分も母親に指摘を受けていないので身についていない傾向があります。

5. 説得力のある話が、母親の受け売り

説得力のある話が、母親の受け売り

友人関係の悩みや恋愛相談をした際に、年齢からは想像できないような経験則的なアドバイスをするなど、何も意識していなければ恋愛経験や友人関係が豊富なんだなと思わず納得してしまいます。

アドバイス自体には問題はありませんが、そのアドバイスが割りと自分が母親からの受け売りというケースが多くあります。

6. 友達の話をしていても、すぐに自分についての話にすりかえる

友達の話をしていても、すぐに自分についての話にすりかえる

母親に依存する傾向がある人は、人の関心を自分に向けたがる傾向があります。

Aさんってこういうタイプの人だよね、なんて話をしている時に、じゃあ私ってどういうタイプ?とか、Bさんのコーディネートのセンスいいよねと言えば、俺の今日のコーディネートはどう?なんて、会話のキャッチボールの中心をすぐ自分に向ける人は母親の関心をひくために無意識にそういう会話をするクセが身についてしまっているのです。

7. 帰宅しているのに、メッセージの返信が遅い

帰宅しているのに、メッセージの返信が遅い

これは特に実家ぐらしの人の場合です。

帰宅する時間帯が一般的な20時前後であれば、母親もまだ起きている時間帯。

母親に依存している人は、ここで母親とのコミュケーションを優先するので、スマートフォンを見る時間が少なくなります。

素直に母親と話をしてて返信遅れたよゴメンね。

と返信がくればいいのですが大抵は、返信遅れた~ご飯食べてた!なんて言い訳され、本当に家にいるのか?

と不審を抱くきっかけにもなります。

8. 物を買う前に人の意見を聞きたがる

物を買う前に人の意見を聞きたがる

母親依存の方は、自分の意見よりも母親の意見に重きをおく傾向があります。

買い物をする際にいつも母親の意見を聞いた上で判断をするクセを子供の頃に身につけてしまっているので、それをパートナーに求めがちになります。

9. 母親の年代で流行っている物について詳しい

母親の年代で流行っている物について詳しい

20年以上前に流行っていたJ-popや歌謡曲。

ファッションの流行などに詳しい人はどこでその情報を身につけたのでしょうか?

その方自身が興味関心があって詳しいのであれば問題はありませんが、知ってはいるけど特に好きでもない場合は、周囲の20年以上前に流行っていたものが好きだった人とよく会話をしているということです。

会社の上司であれば、そんなに詳しく覚えるまで話をしたりはしないでしょう。

幅広く、昔の流行に詳しいのであれば日常的にそういう話をする機会を持つ人、母親とよく会話をする人はこの傾向が強いです。

10. ブランド志向が強い

女性はブランドが大好き。

特に母親世代ともなればバブル前後の時代を生きていますから、持ち物が全てブランドで揃っていた人もいます。

長く大切に使えるもの以外で、特に日用品類をブランド品で利用している20代前半の人は、それを誰に勧められて使いはじめるのでしょうか?

大体の場合は母親が実際にそれを使っていた。

というケースが殆どです。

依存対象である母親の勧めであれば、日用品類であっても高価なブランド物を簡単に購入してしまいます。

いかがでしたでしょうか、身近にこのような傾向があてはまる人は母親依存している傾向が強いです。

恋愛対象の人が母親に依存している傾向があるのなら、恋愛成就には母親の意見が強く関係してくるので、母親のことをよく尋ねるようにしましょう。

依存している傾向がある方は母親の話をすることは嫌がりません。

中を深めるきっかけにも利用していきましょう。

母親に依存する人の特徴を10選まとめました。


少子化の現代、兄弟や姉妹がいない一人っ子で育った子供は大人になっても特に母親に依存する傾向があります。

その依存度合いが高ければもしもパートナーに依存度が高い人を選んでしまうと、常に母親の意見を持ち出してくるような相手の行為に煩わしくなってきます。

しかし、表面的に相手が母親に依存しているかどうかは注意深くみないと察することができません。

では、母親に依存する人の代表的な特徴を見ていきましょう。

面倒くさがりで、言い訳上手

デスク周りの掃除や、鞄の中の整理整頓などをキチンとできていない様子をよく見かける様なら、そういうことを幼い頃からずっと母親に任せていたので不慣れであると察っした方がいいでしょう。

母親に依存していない人は、むしろ干渉を嫌うので、自分の持ち物の整理整頓は自分でちゃんとやります。

人の意見を否定するけど、自分の意見がない人

母親に依存をする傾向がある人は、人の意見を否定する割に、じゃあどうするのかという代替案や自分のキチンとした意見をもっていないことが多く見受けられます。

母親とは子供に対して心配を抱きがちで、子供の頃に自分の意見を母親に対して伝えていく中で、強い否定をされるわけではありませんが、本当に大丈夫?という親心から、前向きな返答を母親からもらえず、自分の意見に自信がもてなくなってしまった。

自信がもてなくなっているので、人の意見に対しての否定は自分がされたようにしてしまうが、自分の意見を言うことはできないという状況が見受けられます。

物へのこだわりをもっているけど、手入れをしない

世間では自分が使っていないものが流行っているけど、自分はこれが良いとおもうんだ。

なんて言われると、この人しっかり自分の意見を持っていて自立している人だな、と評価してしまいます。

その評価の前に、よくよく使っている物を見てみましょう。

その物の手入れがしっかりされていないようなら、実はこだわりはなく、受け売りで言っているのではないかと察することができます。

身だしなみはキチンとしているのに、ハンカチを持ち歩かない

幼いころから母親に依存してきた人は、身だしなみをキチンと整える習慣を身につけています。

しかしながら、大事な小物であるハンカチをもっていないなど、人に気づかれにくいポイントは自分も母親に指摘を受けていないので身についていない傾向があります。

説得力のある話が、母親の受け売り

友人関係の悩みや恋愛相談をした際に、年齢からは想像できないような経験則的なアドバイスをするなど、何も意識していなければ恋愛経験や友人関係が豊富なんだなと思わず納得してしまいます。

アドバイス自体には問題はありませんが、そのアドバイスが割りと自分が母親からの受け売りというケースが多くあります。

友達の話をしていても、すぐに自分についての話にすりかえる

母親に依存する傾向がある人は、人の関心を自分に向けたがる傾向があります。

Aさんってこういうタイプの人だよね、なんて話をしている時に、じゃあ私ってどういうタイプ?とか、Bさんのコーディネートのセンスいいよねと言えば、俺の今日のコーディネートはどう?なんて、会話のキャッチボールの中心をすぐ自分に向ける人は母親の関心をひくために無意識にそういう会話をするクセが身についてしまっているのです。

帰宅しているのに、メッセージの返信が遅い

これは特に実家ぐらしの人の場合です。

帰宅する時間帯が一般的な20時前後であれば、母親もまだ起きている時間帯。

母親に依存している人は、ここで母親とのコミュケーションを優先するので、スマートフォンを見る時間が少なくなります。

素直に母親と話をしてて返信遅れたよゴメンね。

と返信がくればいいのですが大抵は、返信遅れた~ご飯食べてた!なんて言い訳され、本当に家にいるのか?

と不審を抱くきっかけにもなります。

物を買う前に人の意見を聞きたがる

母親依存の方は、自分の意見よりも母親の意見に重きをおく傾向があります。

買い物をする際にいつも母親の意見を聞いた上で判断をするクセを子供の頃に身につけてしまっているので、それをパートナーに求めがちになります。

母親の年代で流行っている物について詳しい

20年以上前に流行っていたJ-popや歌謡曲。

ファッションの流行などに詳しい人はどこでその情報を身につけたのでしょうか?

その方自身が興味関心があって詳しいのであれば問題はありませんが、知ってはいるけど特に好きでもない場合は、周囲の20年以上前に流行っていたものが好きだった人とよく会話をしているということです。

会社の上司であれば、そんなに詳しく覚えるまで話をしたりはしないでしょう。

幅広く、昔の流行に詳しいのであれば日常的にそういう話をする機会を持つ人、母親とよく会話をする人はこの傾向が強いです。

女性はブランドが大好き。

特に母親世代ともなればバブル前後の時代を生きていますから、持ち物が全てブランドで揃っていた人もいます。

長く大切に使えるもの以外で、特に日用品類をブランド品で利用している20代前半の人は、それを誰に勧められて使いはじめるのでしょうか?

大体の場合は母親が実際にそれを使っていた。

というケースが殆どです。

依存対象である母親の勧めであれば、日用品類であっても高価なブランド物を簡単に購入してしまいます。

いかがでしたでしょうか、身近にこのような傾向があてはまる人は母親依存している傾向が強いです。

恋愛対象の人が母親に依存している傾向があるのなら、恋愛成就には母親の意見が強く関係してくるので、母親のことをよく尋ねるようにしましょう。

依存している傾向がある方は母親の話をすることは嫌がりません。

中を深めるきっかけにも利用していきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-