【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164011.html
お見合い結婚でも幸せになりやすい女性の特徴

お見合い結婚でも幸せになりやすい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
お見合い結婚でも幸せになりやすい女性の特徴

結婚に良し悪しはなく、お見合いだって幸福度はなんら変わりません。

とはいえ、お見合い結婚でも幸せになりやすい女性にはある程度の傾向があるようです。

  • 多くを求めない
  • 自分のスペックを棚に上げない
  • お見合いはモテない女性のツールと思っていない
  • 容姿だけで男性を選ばない
  • ありのままを受け止める
  • 両親がきちんと躾をした
  • いつでもポジティブシンキング
  • 笑顔を絶やさない
  • 不幸を他人のせいにしない
  • 期待値が低い

1. 多くを求めない

多くを求めない 多くを求めない

大抵の女性は自分のことを棚に上げて、男性に多くを求めます。

収入はン百万円以上。

身長は175cm以上。

将来的に同居はしない。

これ以外にも様々なことを理想としているのが普通です。

でも、お見合い結婚で幸せになりやすい女性は、この辺りの要求はとても少ないのです。

例えば、「健康的で優しい人」といった具合です。

いくらお見合いだから条件をクリアに提示できるとはいえ、あれもこれもと多くを望む女性にあさましさを感じてしまうと大きな減点となることも。

故に、要求の少ない女性のところへより条件の良い男性がなびいてしまうことは間々あります。

無欲の勝利ともいうのでしょうか。

2. 自分のスペックを棚に上げない

自分のスペックを棚に上げない 自分のスペックを棚に上げない

自分の容姿は十人並み。

貯金が人一倍多いわけではない。

実家が裕福なわけではない。

家事はそこそこ、料理上手なわけでもない。

その点を十分にわきまえているので、自分に見合った男性と出会えれば幸せと考えています。

求めるものが少ない分、相手に対する満足度はグーンと上がります。

故に、幸せのハードルが低くなり、幸福度が高くなるのです。

3. お見合いはモテない女性のツールと思っていない

お見合いはモテない女性のツールと思っていない お見合いはモテない女性のツールと思っていない

「結婚の王道は恋愛」と誤解している女性は少なくありません。

つまり、モテない女性だけがお見合いをすると考えているのです。

そういった女性は、お見合いをする男性のことも見下しています。

手堅く結婚する為にはお見合いほど効率の良い形式はないとは夢にも思わないのです。

恋愛ありきの考えに縛られ過ぎて、幸せの質を見逃してしまいます。

4. 容姿だけで男性を選ばない

容姿だけで男性を選ばない 容姿だけで男性を選ばない

お見合いの最初の一歩は写真です。

釣書きを参考にするのはもちろんのこと、まずは写真で第一印象が決まるのがお見合いの特徴のひとつ。

でも、お見合いに抵抗を抱かない女性は、写真だけで拒絶することはありません。

あくまでも話をして、そりが合わないと感じた時にお断りをするだけ。

見た目だけで云々なんて言う幼稚な思考ではないということ。

よく「生理的に無理」と言って、見た目だけで男性をジャッジする女性がいますが、こういう女性は結婚しても幸せになれるとは限りません。

反対に毎日文句を言い続ける毎日となるでしょう。

5. ありのままを受け止める

ありのままを受け止める ありのままを受け止める

条件だけで男性を選り分けることをしません。

この人は髪の毛が薄いな。

少し太り気味だから食生活に注意が必要かな。

実家が近いな。

有名な会社じゃないけど、とても真面目に働いているな。

こういった事実を淡々と受け止めて、この人との結婚生活はどんなふうなのかと頭を使って考えます。

単に第一印象が良かったからとか、会社のネームバリューが高いからといったことで結婚を決めることはありません。

もっと純粋に「この人とだったら幸せになれるかな」という原点レベルで男性を判断します。

6. 両親がきちんと躾をした

両親がきちんと躾をした 両親がきちんと躾をした

近年は自分の両親をリスペクトしない女性が多いようです。

そういった女性は、相手を敬うということが理解できません。

つまり、結婚相手に対しても相手を尊重するということができないのです。

結果的に自分が敬わないから、自分のことも敬ってもらえないという残念なことに繋がります。

その点、両親がきちんと娘に言い聞かせて他人を尊重しなくてはならないと育てると、それを健気に守り続ける女性に成長します。

結婚相手を敬い、地道に生活を営む女性は間違いなく幸せです。

7. いつでもポジティブシンキング

いつでもポジティブシンキング いつでもポジティブシンキング

全ての物事を前向きに考えるので、不幸が付け入るすきがありません。

この人とご縁があったと事実を受け入れ、意欲的に毎日を過ごすので一緒にいるだけでも元気になれる気がしてきます。

こういう女性と一緒にいると幸せスパイラルから外れることがなく、ずっとハッピーに過ごせます。

ネガティブな思考は、不幸をどんどんと呼び寄せてしまうもの。

反対にポジティブ思考は幸せをどんどんと呼び寄せてくれます。

8. 笑顔を絶やさない

笑顔を絶やさない 笑顔を絶やさない

笑顔でいられるということは、満足しているということ。

反対に不平不満ばかり言う人は、笑顔とは無縁です。

笑顔に救われて、結婚相手にも自然と笑顔がこぼれる。

子供も、それ以外の家族も。

笑顔が溢れる家庭は幸せと相場が決まっています。

9. 不幸を他人のせいにしない

不幸を他人のせいにしない 不幸を他人のせいにしない

自分が不幸に陥ると全てを他人のせいにする人がいます。

でも、お見合い結婚でも幸せになりやすい女性は、不幸は自分のせい。

幸せになるのも自分次第と大人な考えを持っています。

お見合いは恋愛と異なるので、一時的な感情で結婚を決めてしてしまうことがありません。

故に、自分で納得して結婚したという覚悟があるので、どんな状況においても不幸だなんて感じないのです。

10. 期待値が低い

恋愛結婚の場合は、「きっと・・・」「たぶん・・・」といった想像で思い込んでしまう場面が多発してしまいます。

だからこそ、「こんなはずじゃなかった」という不幸への第一ステップを踏み出してしまうのです。

でも、お見合いの場合には相手をきちんと知ることから始めるので、想像で思い込んでしまう過ちは犯しません。

つまり「こんなはずじゃなかった」という理不尽な不幸に陥ることは皆無です。

結婚に良し悪しはなく、お見合いだって幸福度はなんら変わりません。

とはいえ、お見合い結婚でも幸せになりやすい女性にはある程度の傾向があるようです。


多くを求めない 多くを求めない

大抵の女性は自分のことを棚に上げて、男性に多くを求めます。

収入はン百万円以上。

身長は175cm以上。

将来的に同居はしない。

これ以外にも様々なことを理想としているのが普通です。

でも、お見合い結婚で幸せになりやすい女性は、この辺りの要求はとても少ないのです。

例えば、「健康的で優しい人」といった具合です。

いくらお見合いだから条件をクリアに提示できるとはいえ、あれもこれもと多くを望む女性にあさましさを感じてしまうと大きな減点となることも。

故に、要求の少ない女性のところへより条件の良い男性がなびいてしまうことは間々あります。

無欲の勝利ともいうのでしょうか。

自分のスペックを棚に上げない 自分のスペックを棚に上げない

自分の容姿は十人並み。

貯金が人一倍多いわけではない。

実家が裕福なわけではない。

家事はそこそこ、料理上手なわけでもない。

その点を十分にわきまえているので、自分に見合った男性と出会えれば幸せと考えています。

求めるものが少ない分、相手に対する満足度はグーンと上がります。

故に、幸せのハードルが低くなり、幸福度が高くなるのです。

お見合いはモテない女性のツールと思っていない お見合いはモテない女性のツールと思っていない

「結婚の王道は恋愛」と誤解している女性は少なくありません。

つまり、モテない女性だけがお見合いをすると考えているのです。

そういった女性は、お見合いをする男性のことも見下しています。

手堅く結婚する為にはお見合いほど効率の良い形式はないとは夢にも思わないのです。

恋愛ありきの考えに縛られ過ぎて、幸せの質を見逃してしまいます。

容姿だけで男性を選ばない 容姿だけで男性を選ばない

お見合いの最初の一歩は写真です。

釣書きを参考にするのはもちろんのこと、まずは写真で第一印象が決まるのがお見合いの特徴のひとつ。

でも、お見合いに抵抗を抱かない女性は、写真だけで拒絶することはありません。

あくまでも話をして、そりが合わないと感じた時にお断りをするだけ。

見た目だけで云々なんて言う幼稚な思考ではないということ。

よく「生理的に無理」と言って、見た目だけで男性をジャッジする女性がいますが、こういう女性は結婚しても幸せになれるとは限りません。

反対に毎日文句を言い続ける毎日となるでしょう。

ありのままを受け止める ありのままを受け止める

条件だけで男性を選り分けることをしません。

この人は髪の毛が薄いな。

少し太り気味だから食生活に注意が必要かな。

実家が近いな。

有名な会社じゃないけど、とても真面目に働いているな。

こういった事実を淡々と受け止めて、この人との結婚生活はどんなふうなのかと頭を使って考えます。

単に第一印象が良かったからとか、会社のネームバリューが高いからといったことで結婚を決めることはありません。

もっと純粋に「この人とだったら幸せになれるかな」という原点レベルで男性を判断します。

両親がきちんと躾をした 両親がきちんと躾をした

近年は自分の両親をリスペクトしない女性が多いようです。

そういった女性は、相手を敬うということが理解できません。

つまり、結婚相手に対しても相手を尊重するということができないのです。

結果的に自分が敬わないから、自分のことも敬ってもらえないという残念なことに繋がります。

その点、両親がきちんと娘に言い聞かせて他人を尊重しなくてはならないと育てると、それを健気に守り続ける女性に成長します。

結婚相手を敬い、地道に生活を営む女性は間違いなく幸せです。

いつでもポジティブシンキング いつでもポジティブシンキング

全ての物事を前向きに考えるので、不幸が付け入るすきがありません。

この人とご縁があったと事実を受け入れ、意欲的に毎日を過ごすので一緒にいるだけでも元気になれる気がしてきます。

こういう女性と一緒にいると幸せスパイラルから外れることがなく、ずっとハッピーに過ごせます。

ネガティブな思考は、不幸をどんどんと呼び寄せてしまうもの。

反対にポジティブ思考は幸せをどんどんと呼び寄せてくれます。

笑顔を絶やさない 笑顔を絶やさない

笑顔でいられるということは、満足しているということ。

反対に不平不満ばかり言う人は、笑顔とは無縁です。

笑顔に救われて、結婚相手にも自然と笑顔がこぼれる。

子供も、それ以外の家族も。

笑顔が溢れる家庭は幸せと相場が決まっています。

不幸を他人のせいにしない 不幸を他人のせいにしない

自分が不幸に陥ると全てを他人のせいにする人がいます。

でも、お見合い結婚でも幸せになりやすい女性は、不幸は自分のせい。

幸せになるのも自分次第と大人な考えを持っています。

お見合いは恋愛と異なるので、一時的な感情で結婚を決めてしてしまうことがありません。

故に、自分で納得して結婚したという覚悟があるので、どんな状況においても不幸だなんて感じないのです。

恋愛結婚の場合は、「きっと・・・」「たぶん・・・」といった想像で思い込んでしまう場面が多発してしまいます。

だからこそ、「こんなはずじゃなかった」という不幸への第一ステップを踏み出してしまうのです。

でも、お見合いの場合には相手をきちんと知ることから始めるので、想像で思い込んでしまう過ちは犯しません。

つまり「こんなはずじゃなかった」という理不尽な不幸に陥ることは皆無です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-