【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514163950.html
肝心な場面で本領発揮ができない人の特徴

肝心な場面で本領発揮ができない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
肝心な場面で本領発揮ができない人の特徴

できるのに。

信頼されているのに。

でも、何故だかできない残念な人がいます。

そんな本領発揮できない人にありがちな特徴をピックアップしてみました。

  • 考え込んでしまう
  • 自信過剰
  • うっかり
  • 短気
  • 臨機応変に対応できない
  • プレッシャーに弱い
  • 周囲のことを気にしすぎる
  • 無難をこよなく愛す
  • 打たれ弱い
  • トラウマがある

1. 考え込んでしまう

考え込んでしまう

既に準備万端整って、あとは実践するばかり。

そんな段階に及んでも、「もしも、思わしい結果に至ったらどうするべきなのか」「次のチャンスが巡ってこない可能性はどれくらいあるのだろうか」と様々なことが気になってしまい、実行に移せません。

失敗したら、次に進めばいいだけ。

そういった思考の転換が苦手で、やり始める前から躊躇してしまう残念なタイプです。

最後までやり遂げれば、そこまでの過程で失敗しても取り戻せるというふうに考えられないことが原因です。

石橋を叩いて破壊してしまうのが常。

2. 自信過剰

自信過剰

いつでも自信満々でいる人ほど失敗を恐れる人はいません。

自分くらい実力があるならば、失敗したら失笑されるに違いないと思い込んでしまい、いざという段階で尻込みしてしまうのです。

運が良ければ上手くいくこともありますが、失敗を恐れるあまりにつまらないイージーミスを犯してしまうことも。

だんだんと周囲の評価もそれに見合った調子に落ち着いて、「あの人って口ほどにもない」と言われてしまう結果になります。

するとその陰口が頭を離れず、実力以上の結果を引き出せないレッテルを貼られてしまいます。

3. うっかり

うっかり

きちんとしていて、「この人だったら大丈夫」と太鼓判を押されているにも係わらず、肝心な時にうっかりしてしまう人に結果は伴いません。

最初から終わりまでのシミュレーションも問題なく「完璧!」と思った矢先の失敗。

これは性格的なことで、なかなか改善し辛いことです。

でも、周囲がその点も見越して「最後は辻褄を合わせてくれるから大丈夫」と任せてくれれば、最後は上手く収まりを付けます。

4. 短気

短気

実力があるにも係わらず、何かの拍子に癇癪を起してリズムを崩してしまう人はなかなか本領を発揮できません。

もう少し穏やかに、のんびりと事を構えれば済む話なのですが。

反対に言えば、生真面目過ぎて予想外の事態に怒りをぶつけてしまうのです。

こうなると怒りを鎮めてからでないとリズムを取り戻せないのが難点です。

5. 臨機応変に対応できない

臨機応変に対応できない

自分が思った通りの進捗でできているうちはスムーズなのですが、何かに躓くと直ぐに動揺してしまう人がいます。

重症になるとパニックで頭の中が真っ白になってしまうこともあり、こうなると事態は厄介極まりまりません。

何事にも不測の事態は付き物なのですが、そういったことに即座に対応できないのです。

その為、自分の許容範囲まで事態が収拾しないと計画通りに進めないという欠点が浮き彫りになります。

6. プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱い

密かに実行するミッションについては後で大きな評価を得ることができますが、常に注目を浴びながら進めていかなければならない状況においてはまったくダメなタイプです。

いつもだったら何の問題もないシンプルなことが、注目を浴びることによって委縮してできなくなってしまいます。

この場合、周囲から理解を得られることもありますが、「あの人は本番に弱いから」と一線から外されてしまいかねません。

7. 周囲のことを気にしすぎる

周囲のことを気にしすぎる

「自分が失敗したら、上司の立場がない」 「しくじったら、チームのみんなに顔向けができない」 このように自分が失敗した時、周囲に迷惑を掛けてしまうと萎縮し過ぎて前に進めないタイプは、本来ならば何ら問題のないことにさえ、結果を残すことができません。

ハイリスクハイリターンを嫌い、悩んだ末にローリスクローリターンを選択します。

周囲からは常に「もっと冒険してもいいのに」と残念に思われています。

8. 無難をこよなく愛す

無難をこよなく愛す

普通が一番。

無難にまとめれば、そこそこ丸く収まる。

全てにおいて、この思考で取り組む人は実力があるのに、いつも程々の結果しか残しません。

それは大失敗の事態を恐れ、自分で定めた一定の成果さえ残せれば問題なしと考えているからです。

確かにその考え自体は間違いではありません。

でも、期待されている周囲の気持ちを踏みにじっていることに気が付けないのです。

9. 打たれ弱い

打たれ弱い

何をするにも、失敗した時に「責められたらどうしよう」という気持ちが捨てきれません。

その為、「頑張ろう」「成功させよう」というモチベーションとは無縁。

どちらかというと「こうしておけば失敗することはないだろう」という消極的な選択を無意識にしてしまいます。

つまり、いつも部署のエースという立場ではなく、2番手3番手というポジションで何かあったら頼みごとをされるという域から脱出できません。

10. トラウマがある

以前に失敗をしてしまい、周囲に大迷惑を掛けてしまった経験の持ち主です。

それ以降は、縁の下の力持ちポジションでいることを意識するようになりました。

失敗した時の周囲からの冷たい視線が忘れられず、全力で取り組んで大成功を収めることよりも失敗をしない姿勢をモットーとしています。

「どうやったら成功するか」という思考ではなく、「どうやったら失敗しないか」というタイプ。

一発逆転ホームランを打つことはありませんが、いつでも手堅く送りバウンドを成功させることは出来ます。

できるのに。

信頼されているのに。

でも、何故だかできない残念な人がいます。

そんな本領発揮できない人にありがちな特徴をピックアップしてみました。


考え込んでしまう

既に準備万端整って、あとは実践するばかり。

そんな段階に及んでも、「もしも、思わしい結果に至ったらどうするべきなのか」「次のチャンスが巡ってこない可能性はどれくらいあるのだろうか」と様々なことが気になってしまい、実行に移せません。

失敗したら、次に進めばいいだけ。

そういった思考の転換が苦手で、やり始める前から躊躇してしまう残念なタイプです。

最後までやり遂げれば、そこまでの過程で失敗しても取り戻せるというふうに考えられないことが原因です。

石橋を叩いて破壊してしまうのが常。

自信過剰

いつでも自信満々でいる人ほど失敗を恐れる人はいません。

自分くらい実力があるならば、失敗したら失笑されるに違いないと思い込んでしまい、いざという段階で尻込みしてしまうのです。

運が良ければ上手くいくこともありますが、失敗を恐れるあまりにつまらないイージーミスを犯してしまうことも。

だんだんと周囲の評価もそれに見合った調子に落ち着いて、「あの人って口ほどにもない」と言われてしまう結果になります。

するとその陰口が頭を離れず、実力以上の結果を引き出せないレッテルを貼られてしまいます。

うっかり

きちんとしていて、「この人だったら大丈夫」と太鼓判を押されているにも係わらず、肝心な時にうっかりしてしまう人に結果は伴いません。

最初から終わりまでのシミュレーションも問題なく「完璧!」と思った矢先の失敗。

これは性格的なことで、なかなか改善し辛いことです。

でも、周囲がその点も見越して「最後は辻褄を合わせてくれるから大丈夫」と任せてくれれば、最後は上手く収まりを付けます。

短気

実力があるにも係わらず、何かの拍子に癇癪を起してリズムを崩してしまう人はなかなか本領を発揮できません。

もう少し穏やかに、のんびりと事を構えれば済む話なのですが。

反対に言えば、生真面目過ぎて予想外の事態に怒りをぶつけてしまうのです。

こうなると怒りを鎮めてからでないとリズムを取り戻せないのが難点です。

臨機応変に対応できない

自分が思った通りの進捗でできているうちはスムーズなのですが、何かに躓くと直ぐに動揺してしまう人がいます。

重症になるとパニックで頭の中が真っ白になってしまうこともあり、こうなると事態は厄介極まりまりません。

何事にも不測の事態は付き物なのですが、そういったことに即座に対応できないのです。

その為、自分の許容範囲まで事態が収拾しないと計画通りに進めないという欠点が浮き彫りになります。

プレッシャーに弱い

密かに実行するミッションについては後で大きな評価を得ることができますが、常に注目を浴びながら進めていかなければならない状況においてはまったくダメなタイプです。

いつもだったら何の問題もないシンプルなことが、注目を浴びることによって委縮してできなくなってしまいます。

この場合、周囲から理解を得られることもありますが、「あの人は本番に弱いから」と一線から外されてしまいかねません。

周囲のことを気にしすぎる

「自分が失敗したら、上司の立場がない」 「しくじったら、チームのみんなに顔向けができない」 このように自分が失敗した時、周囲に迷惑を掛けてしまうと萎縮し過ぎて前に進めないタイプは、本来ならば何ら問題のないことにさえ、結果を残すことができません。

ハイリスクハイリターンを嫌い、悩んだ末にローリスクローリターンを選択します。

周囲からは常に「もっと冒険してもいいのに」と残念に思われています。

無難をこよなく愛す

普通が一番。

無難にまとめれば、そこそこ丸く収まる。

全てにおいて、この思考で取り組む人は実力があるのに、いつも程々の結果しか残しません。

それは大失敗の事態を恐れ、自分で定めた一定の成果さえ残せれば問題なしと考えているからです。

確かにその考え自体は間違いではありません。

でも、期待されている周囲の気持ちを踏みにじっていることに気が付けないのです。

打たれ弱い

何をするにも、失敗した時に「責められたらどうしよう」という気持ちが捨てきれません。

その為、「頑張ろう」「成功させよう」というモチベーションとは無縁。

どちらかというと「こうしておけば失敗することはないだろう」という消極的な選択を無意識にしてしまいます。

つまり、いつも部署のエースという立場ではなく、2番手3番手というポジションで何かあったら頼みごとをされるという域から脱出できません。

以前に失敗をしてしまい、周囲に大迷惑を掛けてしまった経験の持ち主です。

それ以降は、縁の下の力持ちポジションでいることを意識するようになりました。

失敗した時の周囲からの冷たい視線が忘れられず、全力で取り組んで大成功を収めることよりも失敗をしない姿勢をモットーとしています。

「どうやったら成功するか」という思考ではなく、「どうやったら失敗しないか」というタイプ。

一発逆転ホームランを打つことはありませんが、いつでも手堅く送りバウンドを成功させることは出来ます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-