【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514163944.html
つまらない人の特徴

つまらない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
つまらない人の特徴

会話をしているのにスマホばかりいじっている…自分と話しているのがこの人は面白く無いのかな、と不安になってしまうことはありませんか?

あまりにもそういった場面に遭遇してしまうとつまらないと思われているのだと思ってしまいますよね。

そんな時に是非ともチェックして欲しい、つまらないと思われる人にありがちなポイントを紹介していきます!

  • 自分の趣味や近況についてばかり話す
  • 会話のキャッチボールができていない
  • 細かい事を気にする
  • 会話の内容が聞き取れない
  • ネガティブな事ばかり話す
  • 話にまとまりがない
  • 相手の話を遮る
  • 話題が固い
  • 表情があまり変化しない
  • 笑いのツボが合わない

1. 自分の趣味や近況についてばかり話す

自分の趣味や近況についてばかり話す

共通の趣味の話なら大いに盛り上がるところですが、全く興味のない趣味について熱く語られると何も知らない相手としては退屈してしまうところです。

近況報告というのも大切ですが自分ばかり近況を話していても相手は疲れてしまいますし、それほど会う間隔が長くないのであればあまり進んで話さない方が無難でしょう。

2. 会話のキャッチボールができていない

会話のキャッチボールができていない

会話というのは一人ではなく複数人で楽しむものです。

特に大人数で会話する場合、一人の人が話しすぎてしまうと場の雰囲気がしらけてしまうこともあります。

相手にも話したいことが多くあるものです。

3. 細かい事を気にする

細かい事を気にする

会話の中でそれがよっぽど重要なことでない場合は、多少の間違いや自分の意見に合わなかったことでも見逃すぐらいの心持ちでいると良いです。

あまり細かい事を気にして「それは違う、私はそうとは思わない」とストレートに伝えてしまうとこんなたわいない会話で、と思われてしまうこともあります。

4. 会話の内容が聞き取れない

会話の内容が聞き取れない

これはある意味基本中の基本とも言えますが、やはり会話というのは言葉が聞こえてこそです。

あまりにも周りが騒がしい状況の中で会話をするべきではありませんし、出来るだけはっきりと伝わるように話すことが大切です。

声がそれほど大きくない方であれば、少し声のトーンを高くしてみると聞こえやすくなるかもしれません。

5. ネガティブな事ばかり話す

ネガティブな事ばかり話す

いつも話をしていてマイナスな言葉ばかり話されると、この人私と何をしたくて話しているんだろう?と思われます。

確かに愚痴をこぼしたくなるような日もありますが、いつもそればかりだと相手も愚痴を聞かされるばかりになりつまらなく感じてしまいます。

6. 話にまとまりがない

話にまとまりがない

せっかちな人でなくても、やはり話を聞く相手とすると話は筋が見えてわかりやすい方が助かりますし、興味を持てます。

頭の中がこんがらがっていて整理できていないのを話しながら整理するような時もありますが、「話したいことがあるんだけど、あんまりまとまってなくてごめんね」などの一言を伝えておけば相手も快く受け入れてくれるはずです。

7. 相手の話を遮る

相手の話を遮る

相手が話し始めた途端にもう一度自分の方に話題を寄せてしまったり、相手の話の腰を折って自分の話に持っていったりするととても相手は不快に思います。

自分の言いたいことがあったとしても話を遮るのはやめて相手の言いたいことを全て言い終わってから話す方が良いでしょう。

8. 話題が固い

話題が固い

話題というのにもたくさんいろんなものがありますが、あまりに専門的なことであったり、政治の話や経済の話、それから仕事の話というのは相手も興味を持ってくれる人がいるかもわからない話題です。

一般的には固い話題だと思われているので、相手も興味がある時に話すのが良いでしょう。

恋愛や友情など、誰にでも身近な話題を探しましょう。

9. 表情があまり変化しない

表情があまり変化しない

これは人によっていろんな表現の仕方があるので難しいのですが、あまりにも表情に変化がないと相手も自分と話しているのはつまらないんだと誤解してしまい、同時に相手もこちらと話すのが面白くないと感じてしまいます。

笑うことから意識してみると良いかもしれません。

意外と表情というのはその人に対する気持ちを表すので気をつけておきましょう。

10. 笑いのツボが合わない

これは相性の問題ではありますが、やはりこの笑いのツボが合わない人とはあまり会話が弾まない傾向にあります。

こればかりは性質の話なので仕方ないのですが、疑問に思うのであれば一度自分の笑うポイントと相手の笑うポイントを比較してみて、共通するところがないと気づくのであればおそらくこのツボがずれているということでしょう。

その原因がわかってもこの人とは上手く付き合いたいんだ、という場合にはそのズレを意識せず受け入れることが大切です。

いかがでしたか?

この中で幾つか当てはまったと思われたのであれば、是非一度改善するためにまずは自分の言動を見つめ直しましょう! それだけできっと、いろんなものが変わってくるはずなのです。

会話はキャッチボール、相手に配慮することから始まるものだということを覚えておきましょう。

一度に全て直すというのもとても大変なことです。

一つ一つ少しずつ改善していきましょう。

1から10まで重要視されるであろう順番に書き出してみたので是非ともご活用ください。

一つのものが自分の中で変われば、他人から見ればそれはすごく大きな変化に見えることもあります。

一つでも気が付いて直せたのなら、より交友関係を充実させたものに出来るはずです。

会話をしているのにスマホばかりいじっている…自分と話しているのがこの人は面白く無いのかな、と不安になってしまうことはありませんか?

あまりにもそういった場面に遭遇してしまうとつまらないと思われているのだと思ってしまいますよね。

そんな時に是非ともチェックして欲しい、つまらないと思われる人にありがちなポイントを紹介していきます!


自分の趣味や近況についてばかり話す

共通の趣味の話なら大いに盛り上がるところですが、全く興味のない趣味について熱く語られると何も知らない相手としては退屈してしまうところです。

近況報告というのも大切ですが自分ばかり近況を話していても相手は疲れてしまいますし、それほど会う間隔が長くないのであればあまり進んで話さない方が無難でしょう。

会話のキャッチボールができていない

会話というのは一人ではなく複数人で楽しむものです。

特に大人数で会話する場合、一人の人が話しすぎてしまうと場の雰囲気がしらけてしまうこともあります。

相手にも話したいことが多くあるものです。

細かい事を気にする

会話の中でそれがよっぽど重要なことでない場合は、多少の間違いや自分の意見に合わなかったことでも見逃すぐらいの心持ちでいると良いです。

あまり細かい事を気にして「それは違う、私はそうとは思わない」とストレートに伝えてしまうとこんなたわいない会話で、と思われてしまうこともあります。

会話の内容が聞き取れない

これはある意味基本中の基本とも言えますが、やはり会話というのは言葉が聞こえてこそです。

あまりにも周りが騒がしい状況の中で会話をするべきではありませんし、出来るだけはっきりと伝わるように話すことが大切です。

声がそれほど大きくない方であれば、少し声のトーンを高くしてみると聞こえやすくなるかもしれません。

ネガティブな事ばかり話す

いつも話をしていてマイナスな言葉ばかり話されると、この人私と何をしたくて話しているんだろう?と思われます。

確かに愚痴をこぼしたくなるような日もありますが、いつもそればかりだと相手も愚痴を聞かされるばかりになりつまらなく感じてしまいます。

話にまとまりがない

せっかちな人でなくても、やはり話を聞く相手とすると話は筋が見えてわかりやすい方が助かりますし、興味を持てます。

頭の中がこんがらがっていて整理できていないのを話しながら整理するような時もありますが、「話したいことがあるんだけど、あんまりまとまってなくてごめんね」などの一言を伝えておけば相手も快く受け入れてくれるはずです。

相手の話を遮る

相手が話し始めた途端にもう一度自分の方に話題を寄せてしまったり、相手の話の腰を折って自分の話に持っていったりするととても相手は不快に思います。

自分の言いたいことがあったとしても話を遮るのはやめて相手の言いたいことを全て言い終わってから話す方が良いでしょう。

話題が固い

話題というのにもたくさんいろんなものがありますが、あまりに専門的なことであったり、政治の話や経済の話、それから仕事の話というのは相手も興味を持ってくれる人がいるかもわからない話題です。

一般的には固い話題だと思われているので、相手も興味がある時に話すのが良いでしょう。

恋愛や友情など、誰にでも身近な話題を探しましょう。

表情があまり変化しない

これは人によっていろんな表現の仕方があるので難しいのですが、あまりにも表情に変化がないと相手も自分と話しているのはつまらないんだと誤解してしまい、同時に相手もこちらと話すのが面白くないと感じてしまいます。

笑うことから意識してみると良いかもしれません。

意外と表情というのはその人に対する気持ちを表すので気をつけておきましょう。

これは相性の問題ではありますが、やはりこの笑いのツボが合わない人とはあまり会話が弾まない傾向にあります。

こればかりは性質の話なので仕方ないのですが、疑問に思うのであれば一度自分の笑うポイントと相手の笑うポイントを比較してみて、共通するところがないと気づくのであればおそらくこのツボがずれているということでしょう。

その原因がわかってもこの人とは上手く付き合いたいんだ、という場合にはそのズレを意識せず受け入れることが大切です。

いかがでしたか?

この中で幾つか当てはまったと思われたのであれば、是非一度改善するためにまずは自分の言動を見つめ直しましょう! それだけできっと、いろんなものが変わってくるはずなのです。

会話はキャッチボール、相手に配慮することから始まるものだということを覚えておきましょう。

一度に全て直すというのもとても大変なことです。

一つ一つ少しずつ改善していきましょう。

1から10まで重要視されるであろう順番に書き出してみたので是非ともご活用ください。

一つのものが自分の中で変われば、他人から見ればそれはすごく大きな変化に見えることもあります。

一つでも気が付いて直せたのなら、より交友関係を充実させたものに出来るはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-