【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514163939.html
コンプレックスが強い人の特徴

コンプレックスが強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
コンプレックスが強い人の特徴

コンプレックスが強い人はそうでない人と異なる特徴が見られます。

その点のいくつかをここでご紹介したいと思います。

  • おとなしい
  • 自信が持てない
  • 褒められなかった
  • すぐに諦める
  • 理想が高い
  • 人と比べる
  • 自慢する
  • 自虐的になる
  • 嫉妬する
  • 一人が嫌

1. おとなしい

おとなしい

コンプレックスがある人はおとなしいという特徴を有しています。

「自分は他の人よりも劣っている点がある」という気持ちが強すぎるために、積極的な行動を取ることができないのです。

しかしそのようなコンプレックスは目立つものではないことも多く、そのため周りの人はコンプレックスを感じている人に対して「なぜあの人はこんなにおとなしいのだろう?」と疑問を抱くこともあります。

2. 自信が持てない

自信が持てない

何かを行うときにいつも自分のコンプレックスについて考えてしまうために、自信が持てずにいる人がたくさんいます。

このようにコンプレックスについてついつい考えてしまう人の多くは、真面目な人です。

その真面目さゆえにコンプレックスが頭から離れず、それが邪魔をします。

逆に楽観的な性格の人は大きな欠陥を抱えていてもそれを気にせず、コンプレックスを感じません。

このような性格は自信を持ち、積極的な性格を持つうえで非常に重要です。

3. 褒められなかった

褒められなかった

幼いときの環境は、大人になっても大きく影響するものです。

そして子どもの頃に親や学校の先生に褒めてもらわなかったという人は、コンプレックスに執着しすぎてしまう傾向にあります。

コンプレックスは解消できるものと、そうでないものが存在します。

そうでないものに関してはそれとずっと付き合うことになるために、コンプレックスを気にしない性格を培うことが必要となるわけです。

そのためには自分の長所に注目し、コンプレックスを忘れることが必要です。

しかしこれまで褒められることがなかった人は自分の長所を見つけることができず、いつまでもコンプレックスに悩まされてしまうのです。

4. すぐに諦める

すぐに諦める

コンプレックスが邪魔をし、自信が持てない人の多くは物事をすぐに諦めてしまうことがあります。

自信がないと目立つことに苦手意識を感じるようになり、その結果「自分は何もできない人間」という間違った考え方をするようになります。

その結果、すぐに諦める人間になってしまうのです。

もちろんこのような性格を慎み深さと考えることもできますが、チャレンジ精神は必要です。

5. 理想が高い

理想が高い

理想が高すぎる人もコンプレックスを感じていることがあります。

自分が抱いている理想に少しでも近づき、コンプレックスを紛らわしたいと感じるのです。

このような人の場合は上記で考えた4つのケースとは真逆で、自分をアピールしたり積極的な面を見せることが多々あります。

しかしアピールが強すぎると周りから引かれてしまうこともあるために、この点は注意するべきです。

6. 人と比べる

人と比べる

コンプレックスをコンプレックスと感じないようにするために、あらゆる努力を払う人がいます。

しかしこのような努力はプラスに傾くこともあれば、マイナスに傾くこともあります。

そして多くの人は人が感じるコンプレックスを見つけたり、自分と他の人を比べて優越感を抱くことでコンプレックスを忘れようとします。

このような状況は人を見下すことに発展することもあるために、注意が必要です。

7. 自慢する

自慢する

コンプレックスを打ち消すために、自慢話をして自分は優れた人間だということをアピールする人がいます。

もちろんコンプレックスを解消するために努力するのは良いことです。

しかしこの方法では周りの人たちからの悪い評判が立つことになります。

そのため自慢話で自分が優れていることをアピールする方法は避けるべきです。

8. 自虐的になる

自虐的になる

先にも少し触れましたがコンプレックスが原因で自信を無くすと、自分はダメな人間だと思い込んでしまうことがあります。

そのような考え方は態度に現れますが、当然のことながら言葉にも現れます。

その結果。

自虐的な発言が多くなることがあります。

「自分はダメな人間だ」と直接述べることもあれば、「あの人はいつもきれいだけど、自分はあんなにきれいにはなれない」とか「あの人は出世できるだろうけど、自分は一生平社員」などという発言を行うようになります。

このような人に対しては長所を褒め、自信を持たせてあげることが必要です。

9. 嫉妬する

嫉妬する

コンプレックスゆえに自分は他の人よりも劣っているという考え方が、嫉妬心を生じさせることがあります。

そのためいつも他の人をうらやんだり、他の人の業績について文句を言うなどの行動に出ることがあります。

このような行動はコンプレックスが生じさせているわけですが、この点に関する理解を得られなければ、周りの人から嫌われてしまいます。

10. 一人が嫌

コンプレックスを解消できないゆえに、不安を感じる人がいます。

このような人は一人でいることができず、常に誰かと一緒にいたいと思うものです。

そのためいつも誰かと一緒に行動します。

お昼休みにお弁当を食べるときや休憩時間にお茶を飲むときはもちろんのこと、トイレに行くときや帰宅するときも誰かと一緒にいたいと感じる人もいます。

このような状況も人によっては嫌がられる原因となることがあります。

そのため知らず識らずのうちに友達が減ってしまうという状況が生じることもあるのです。

コンプレックスが強い人はそうでない人と異なる特徴が見られます。

その点のいくつかをここでご紹介したいと思います。


おとなしい

コンプレックスがある人はおとなしいという特徴を有しています。

「自分は他の人よりも劣っている点がある」という気持ちが強すぎるために、積極的な行動を取ることができないのです。

しかしそのようなコンプレックスは目立つものではないことも多く、そのため周りの人はコンプレックスを感じている人に対して「なぜあの人はこんなにおとなしいのだろう?」と疑問を抱くこともあります。

自信が持てない

何かを行うときにいつも自分のコンプレックスについて考えてしまうために、自信が持てずにいる人がたくさんいます。

このようにコンプレックスについてついつい考えてしまう人の多くは、真面目な人です。

その真面目さゆえにコンプレックスが頭から離れず、それが邪魔をします。

逆に楽観的な性格の人は大きな欠陥を抱えていてもそれを気にせず、コンプレックスを感じません。

このような性格は自信を持ち、積極的な性格を持つうえで非常に重要です。

褒められなかった

幼いときの環境は、大人になっても大きく影響するものです。

そして子どもの頃に親や学校の先生に褒めてもらわなかったという人は、コンプレックスに執着しすぎてしまう傾向にあります。

コンプレックスは解消できるものと、そうでないものが存在します。

そうでないものに関してはそれとずっと付き合うことになるために、コンプレックスを気にしない性格を培うことが必要となるわけです。

そのためには自分の長所に注目し、コンプレックスを忘れることが必要です。

しかしこれまで褒められることがなかった人は自分の長所を見つけることができず、いつまでもコンプレックスに悩まされてしまうのです。

すぐに諦める

コンプレックスが邪魔をし、自信が持てない人の多くは物事をすぐに諦めてしまうことがあります。

自信がないと目立つことに苦手意識を感じるようになり、その結果「自分は何もできない人間」という間違った考え方をするようになります。

その結果、すぐに諦める人間になってしまうのです。

もちろんこのような性格を慎み深さと考えることもできますが、チャレンジ精神は必要です。

理想が高い

理想が高すぎる人もコンプレックスを感じていることがあります。

自分が抱いている理想に少しでも近づき、コンプレックスを紛らわしたいと感じるのです。

このような人の場合は上記で考えた4つのケースとは真逆で、自分をアピールしたり積極的な面を見せることが多々あります。

しかしアピールが強すぎると周りから引かれてしまうこともあるために、この点は注意するべきです。

人と比べる

コンプレックスをコンプレックスと感じないようにするために、あらゆる努力を払う人がいます。

しかしこのような努力はプラスに傾くこともあれば、マイナスに傾くこともあります。

そして多くの人は人が感じるコンプレックスを見つけたり、自分と他の人を比べて優越感を抱くことでコンプレックスを忘れようとします。

このような状況は人を見下すことに発展することもあるために、注意が必要です。

自慢する

コンプレックスを打ち消すために、自慢話をして自分は優れた人間だということをアピールする人がいます。

もちろんコンプレックスを解消するために努力するのは良いことです。

しかしこの方法では周りの人たちからの悪い評判が立つことになります。

そのため自慢話で自分が優れていることをアピールする方法は避けるべきです。

自虐的になる

先にも少し触れましたがコンプレックスが原因で自信を無くすと、自分はダメな人間だと思い込んでしまうことがあります。

そのような考え方は態度に現れますが、当然のことながら言葉にも現れます。

その結果。

自虐的な発言が多くなることがあります。

「自分はダメな人間だ」と直接述べることもあれば、「あの人はいつもきれいだけど、自分はあんなにきれいにはなれない」とか「あの人は出世できるだろうけど、自分は一生平社員」などという発言を行うようになります。

このような人に対しては長所を褒め、自信を持たせてあげることが必要です。

嫉妬する

コンプレックスゆえに自分は他の人よりも劣っているという考え方が、嫉妬心を生じさせることがあります。

そのためいつも他の人をうらやんだり、他の人の業績について文句を言うなどの行動に出ることがあります。

このような行動はコンプレックスが生じさせているわけですが、この点に関する理解を得られなければ、周りの人から嫌われてしまいます。

コンプレックスを解消できないゆえに、不安を感じる人がいます。

このような人は一人でいることができず、常に誰かと一緒にいたいと思うものです。

そのためいつも誰かと一緒に行動します。

お昼休みにお弁当を食べるときや休憩時間にお茶を飲むときはもちろんのこと、トイレに行くときや帰宅するときも誰かと一緒にいたいと感じる人もいます。

このような状況も人によっては嫌がられる原因となることがあります。

そのため知らず識らずのうちに友達が減ってしまうという状況が生じることもあるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-