【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155134.html
突然の別れ話に対処する方法10選

突然の別れ話に対処する方法10選 | LADYCO

LADYCO
突然の別れ話に対処する方法10選

全く予想していなかった突然の別れに対し、人によっては、別れたくないとすがってみたり、すっぱりと諦めるなど、それぞれ対処の方法が変わります。

今回は、突然やってきた別れにどう対処するのか、紹介します。

  • 粘り強く説得する
  • 全面的に相手の都合に合わせる
  • 一言一句残さずに自分の気持ちを伝える
  • どうして気持ちが冷めたのか理由を聞く
  • 上手な引き際を考える
  • お互いの幸せを祈ってサヨナラ
  • 一旦時間を置いてから気持ちを確かめる
  • 3ヶ月以上経ってから相手に連絡する
  • 連絡先は絶対に消さないこと
  • SNSは繋がったままでキープする

1. 粘り強く説得する

粘り強く説得する

別れたい理由を聞く余裕もなく、もしくは聞いたとしても納得できない場合は、粘り強さで勝負です。

自分に否があるなら改善することを伝え、長時間、別れないように相手を説得するのです。

ムダなあがきのように感じますが、相手にまだ気持ちが残っている場合は、この方法で別れを回避できる可能性もあります。

2. 全面的に相手の都合に合わせる

全面的に相手の都合に合わせる

都合を合わせるというのは、相手への最大の配慮で、別れる以外の方法なら受け入れるという姿勢です。

相手がどうしても距離をとりたいのであれば受け入れ、連絡待ちをすることになります。

苦しい選択ではありますが、これまでにワガママや勝手な振る舞いで疲れさせたのが原因であれば、都合を合わせるうちに復縁できることもあります。

3. 一言一句残さずに自分の気持ちを伝える

一言一句残さずに自分の気持ちを伝える

別れ話をされたら誰でも、口に出せない感情を背負いこむものです。

別れたくないのなら、そのような感情を閉じ込めずに、思いきり相手にぶつける事も大事です。

一言一句残さず、どれだけ想っているかを吐き出せば、意外とすんなり復縁できることもあります。

交際中に「好き」「愛してる」を言わなかったタイプなら、ここ一番、ストレートに伝えることで、相手の気持ちに変化が起こります。

4. どうして気持ちが冷めたのか理由を聞く

どうして気持ちが冷めたのか理由を聞く

相手の話をよく聞いて、別れたい理由についてしっかりと考えてみましょう。

冷静に考える余裕があるなら、まずは相手の言い分を聞くことが大切です。

いつ、どんな風に、なぜ別れたいと思ったのかが分かれば、解決の糸口が掴める可能性もあります。

完全に気持ちが冷めきっていると感じたら、別れを受け入れるのも大人な対応として必要ですね。

5. 上手な引き際を考える

上手な引き際を考える

恋愛は押してばかりでは上手くいかないものです。

別れ話をされたら、上手な引き際について考え、きっぱりと縁を切るのです。

相手のことを想う気持ちがあるなら、別れ話を長引かせず、意思を尊重することも考えましょう。

ダラダラと相手にすがると、お互いに嫌な感情が残るので、できるだけ避けたいですね。

6. お互いの幸せを祈ってサヨナラ

お互いの幸せを祈ってサヨナラ

いきなり別れ話をきりだされ、通常はここまでドライには対応できないと思います。

でも、理由を聞いて納得できたのなら、それ以上、深追いしてもどうにもなりません。

お互いの幸せを祈りながら、サヨナラを言うのも大事なことであり、別れ際がキレイであれば、想い出も美しく残るでしょう。

7. 一旦時間を置いてから気持ちを確かめる

一旦時間を置いてから気持ちを確かめる

相手の気持ちを尊重して、別れ話を受け入れた人でも、心残りがあると悶々としますね。

別れたくない気持ちを抑えているからこそ、もう一度復縁できないか期待してしまうのです。

この場合は、一旦時間を置いてから、相手に連絡をしてみるのもアリです。

時間が空いていれば、相手の冷静になっているので、再びヨリが戻る可能性もあります。

8. 3ヶ月以上経ってから相手に連絡する

3ヶ月以上経ってから相手に連絡する

個人差はあるものの、だいたい3ヶ月くらい経つと、異性への想いが更新されます。

心理作戦ともいえますが、心残りがあるなら、これくらいの期間を経てから連絡してみてください。

久々に連絡をとると、以前とはまた違った新鮮な感覚になり、復縁することも十分考えられます。

9. 連絡先は絶対に消さないこと

連絡先は絶対に消さないこと

急に別れたいと言われたことがショックで、早く忘れようとしてやってしまいがちなこと。

それが、相手の連絡先を消してしまうことです。

LINEならブロックしたり、登録を抹消したりするなど、完璧に縁を切ってしまうパターンです。

万が一、相手からまた連絡がきても、これでは分からなくなってしまうのでNGです。

いくらショックで腹が立ったとしても、冷静になって、連絡先は保存したままにしてください。

10. SNSは繋がったままでキープする

交際中は、お互いのSNSツールをいつでも閲覧できていたことでしょう。

別れるとそれらの繋がりも消えてしまいそうですが、自分からは何もせず、相手の様子を見ましょう。

相手の近況が分かればそのほうが良いですし、時間を置いてから、自分の事もアピールできる可能性があります。

長く付き合っていれば、それだけ相手への想いは深くなります。

突然の別れに対処する方法は、心理によって大きく変わりますが、共通していることは、相手への思いやりをもつことです。

それさえ忘れないようにして接していれば、いずれまた、復縁できるチャンスがめぐってくるかもしれません。

くれぐれも、自分の気持ちだけを通そうとせず、相手の気持ちも考えながら、別れ話に対処できるようにしてください。

全く予想していなかった突然の別れに対し、人によっては、別れたくないとすがってみたり、すっぱりと諦めるなど、それぞれ対処の方法が変わります。

今回は、突然やってきた別れにどう対処するのか、紹介します。


粘り強く説得する

別れたい理由を聞く余裕もなく、もしくは聞いたとしても納得できない場合は、粘り強さで勝負です。

自分に否があるなら改善することを伝え、長時間、別れないように相手を説得するのです。

ムダなあがきのように感じますが、相手にまだ気持ちが残っている場合は、この方法で別れを回避できる可能性もあります。

全面的に相手の都合に合わせる

都合を合わせるというのは、相手への最大の配慮で、別れる以外の方法なら受け入れるという姿勢です。

相手がどうしても距離をとりたいのであれば受け入れ、連絡待ちをすることになります。

苦しい選択ではありますが、これまでにワガママや勝手な振る舞いで疲れさせたのが原因であれば、都合を合わせるうちに復縁できることもあります。

一言一句残さずに自分の気持ちを伝える

別れ話をされたら誰でも、口に出せない感情を背負いこむものです。

別れたくないのなら、そのような感情を閉じ込めずに、思いきり相手にぶつける事も大事です。

一言一句残さず、どれだけ想っているかを吐き出せば、意外とすんなり復縁できることもあります。

交際中に「好き」「愛してる」を言わなかったタイプなら、ここ一番、ストレートに伝えることで、相手の気持ちに変化が起こります。

どうして気持ちが冷めたのか理由を聞く

相手の話をよく聞いて、別れたい理由についてしっかりと考えてみましょう。

冷静に考える余裕があるなら、まずは相手の言い分を聞くことが大切です。

いつ、どんな風に、なぜ別れたいと思ったのかが分かれば、解決の糸口が掴める可能性もあります。

完全に気持ちが冷めきっていると感じたら、別れを受け入れるのも大人な対応として必要ですね。

上手な引き際を考える

恋愛は押してばかりでは上手くいかないものです。

別れ話をされたら、上手な引き際について考え、きっぱりと縁を切るのです。

相手のことを想う気持ちがあるなら、別れ話を長引かせず、意思を尊重することも考えましょう。

ダラダラと相手にすがると、お互いに嫌な感情が残るので、できるだけ避けたいですね。

お互いの幸せを祈ってサヨナラ

いきなり別れ話をきりだされ、通常はここまでドライには対応できないと思います。

でも、理由を聞いて納得できたのなら、それ以上、深追いしてもどうにもなりません。

お互いの幸せを祈りながら、サヨナラを言うのも大事なことであり、別れ際がキレイであれば、想い出も美しく残るでしょう。

一旦時間を置いてから気持ちを確かめる

相手の気持ちを尊重して、別れ話を受け入れた人でも、心残りがあると悶々としますね。

別れたくない気持ちを抑えているからこそ、もう一度復縁できないか期待してしまうのです。

この場合は、一旦時間を置いてから、相手に連絡をしてみるのもアリです。

時間が空いていれば、相手の冷静になっているので、再びヨリが戻る可能性もあります。

3ヶ月以上経ってから相手に連絡する

個人差はあるものの、だいたい3ヶ月くらい経つと、異性への想いが更新されます。

心理作戦ともいえますが、心残りがあるなら、これくらいの期間を経てから連絡してみてください。

久々に連絡をとると、以前とはまた違った新鮮な感覚になり、復縁することも十分考えられます。

連絡先は絶対に消さないこと

急に別れたいと言われたことがショックで、早く忘れようとしてやってしまいがちなこと。

それが、相手の連絡先を消してしまうことです。

LINEならブロックしたり、登録を抹消したりするなど、完璧に縁を切ってしまうパターンです。

万が一、相手からまた連絡がきても、これでは分からなくなってしまうのでNGです。

いくらショックで腹が立ったとしても、冷静になって、連絡先は保存したままにしてください。

交際中は、お互いのSNSツールをいつでも閲覧できていたことでしょう。

別れるとそれらの繋がりも消えてしまいそうですが、自分からは何もせず、相手の様子を見ましょう。

相手の近況が分かればそのほうが良いですし、時間を置いてから、自分の事もアピールできる可能性があります。

長く付き合っていれば、それだけ相手への想いは深くなります。

突然の別れに対処する方法は、心理によって大きく変わりますが、共通していることは、相手への思いやりをもつことです。

それさえ忘れないようにして接していれば、いずれまた、復縁できるチャンスがめぐってくるかもしれません。

くれぐれも、自分の気持ちだけを通そうとせず、相手の気持ちも考えながら、別れ話に対処できるようにしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-