【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155128.html
要領が良い人の特徴

要領が良い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
要領が良い人の特徴

なんであんなに要領がいいのだろうと羨ましく思う人っていますよね。

そんな要領のいい人の特徴をまとめました。

これを真似したらあなたも要領のいい人に少し近づけるかもしれません。

  • 人の話をしっかり聞ける。
  • 得意科目が国語。
  • 整理整頓ができる。
  • 集中力がある。
  • 気持ちの切り替えが上手い。
  • 決断力がある。
  • 優先順位を正しくつけられる。
  • 考え方がシンプル。
  • 完璧主義ではない。
  • 人を頼るのが上手い。

1. 人の話をしっかり聞ける。

人の話をしっかり聞ける。

"人の話を最初から最後までしっかり聞く"というのは当たり前のように思えますがこれがなかなか難しいのです。

人が話している途中で疑問を持ったとき、その人が話し終わってから質問ができますか?

要領のいい人は人の話を遮るようなことはしません。

きちんとその人が話し終わってから、疑問点を訪ねたり自分の話をしたりします。

まず相手の話をきちんと理解した上で自分の意見を言うのです。

2. 得意科目が国語。

得意科目が国語。

え?と思うかもしれませんが、人の話を整理する力、人の気持ちを読み取る力のある人は要領が良いです。

複雑な長い話の中でも、要らない情報は取り入れず必要なところだけをピックアップする力が備わっています。

また、人の感情を読み取るのが上手いので、状況に合わせてうまく立ち回ることができます。

3. 整理整頓ができる。

整理整頓ができる。

身の回りのものが綺麗に整理整頓されいて、散らかっていません。

何をどこにしまったか分からずに、1つのものを探すのに時間がかかる人は要領が良いとは言えませんよね。

今自分に何が必要で何が不必要なのかを分かっており、使用頻度に合わせて整理整頓をすることができます。

人の話も同じです。

自分に必要な情報と不必要な情報を瞬時に判断して、自分に取り入れるのか取り入れないのか選択する整理整頓の力があります。

4. 集中力がある。

集中力がある。

1つの物事に集中して取り組むことができます。

たくさんやらなければならないことがあった時に、あれこれ手を出して何もかも中途半端にしてしまうことはありません。

1つのことが終わってから次のことに取り組みます。

集中力がないと興味が散乱して、いろいろなことに手を出しては中途半端にしてしまいます。

要領の良い人は決して中途半端にはしません。

5. 気持ちの切り替えが上手い。

気持ちの切り替えが上手い。

何か嫌なことがあった時、その感情をずっと引きずったままでは何もかも上手くいきません。

要領の良い人はあれはあれ、これはこれと割り切ることができます。

その時の感情で左右されません。

たとえ上手くいかないことがあっても気持ちを切り替えて次に進むことができるので、失敗を繰り返すようなことは決してしません。

6. 決断力がある。

決断力がある。

あれこれ悩みません。

自分の力で自分に必要なものを選択することができます。

物事の主旨を正しく理解することができるので、すぐに決断することができます。

7. 優先順位を正しくつけられる。

優先順位を正しくつけられる。

何を優先しなければならないのかを正しく判断することができます。

それはきちんと目標が定まっているからだといえます。

期限のある仕事であれば、今何をしておけばその日までに終わるのか逆算することができるので優先順位をつけることができます。

今できることを素早く片付けられるのです。

1人でできないことを1人の時にしようとしたり、今やらなくていいことを今やろうとしたりしないのです。

何を先にして何を後回しにして良いのか正しく判断ができます。

8. 考え方がシンプル。

考え方がシンプル。

でも、だって、だけど、とあれこれ悩みません。

自分の目標や目的があって何かをしなければならない時、たとえ別の悩みが生まれても、しなければならないのであればする、しなくてもいいのであればしない、というシンプルな考え方ができます。

でも○○だから、だって○○だし、だけど○○だから、と無駄に悩んだりしません。

9. 完璧主義ではない。

完璧主義ではない。

要領のいい人は完璧に見えます。

しかし、要領のいい人本人に尋ねると完璧ではないという人がほとんどです。

なぜかというと、妥協点を見つけて何事も上手くいくように無理はしないからです。

完璧主義の人は完璧を求めるあまり自分にとって興味のないことや気の向かないことは疎かにします。

しかし、完璧主義でない要領のいい人はすべてのことにおいて合格ラインを達成します。

周りから見ると完璧にみえることでしょう。

何事もちょうど良いところを知っているので、上手く物事を進める力があります。

10. 人を頼るのが上手い。

自分1人でできることは限られています。

要領の良い人はそれを知っているので自分1人で出来ないからといってそれを抱え込みません。

周りの人を上手く頼ることができるのです。

ゴールまで行くのに人の力が必要なのに、人の手を借りずに必死にゴールを目指すようなことはしないのです。

自分のことをきちんと理解しているので、自分の力だけではダメだと分かれば、人を上手く頼って確実にゴールします。

何もかも頼るわけではありません。

余裕を持って行動した上で、無理なことをできると勘違いしないだけのことです。

いかがだったでしょうか。

当てはまることが多かった方はきっと要領の良い人でしょう。

反対に自分とは違うなと感じた方は意識して人の話をしっかり聞くようにしたり、物事をシンプルに考える癖をつけたり、10項目を参考に要領の良い人を目指してくださいね。

なんであんなに要領がいいのだろうと羨ましく思う人っていますよね。

そんな要領のいい人の特徴をまとめました。

これを真似したらあなたも要領のいい人に少し近づけるかもしれません。


人の話をしっかり聞ける。

"人の話を最初から最後までしっかり聞く"というのは当たり前のように思えますがこれがなかなか難しいのです。

人が話している途中で疑問を持ったとき、その人が話し終わってから質問ができますか?

要領のいい人は人の話を遮るようなことはしません。

きちんとその人が話し終わってから、疑問点を訪ねたり自分の話をしたりします。

まず相手の話をきちんと理解した上で自分の意見を言うのです。

得意科目が国語。

え?と思うかもしれませんが、人の話を整理する力、人の気持ちを読み取る力のある人は要領が良いです。

複雑な長い話の中でも、要らない情報は取り入れず必要なところだけをピックアップする力が備わっています。

また、人の感情を読み取るのが上手いので、状況に合わせてうまく立ち回ることができます。

整理整頓ができる。

身の回りのものが綺麗に整理整頓されいて、散らかっていません。

何をどこにしまったか分からずに、1つのものを探すのに時間がかかる人は要領が良いとは言えませんよね。

今自分に何が必要で何が不必要なのかを分かっており、使用頻度に合わせて整理整頓をすることができます。

人の話も同じです。

自分に必要な情報と不必要な情報を瞬時に判断して、自分に取り入れるのか取り入れないのか選択する整理整頓の力があります。

集中力がある。

1つの物事に集中して取り組むことができます。

たくさんやらなければならないことがあった時に、あれこれ手を出して何もかも中途半端にしてしまうことはありません。

1つのことが終わってから次のことに取り組みます。

集中力がないと興味が散乱して、いろいろなことに手を出しては中途半端にしてしまいます。

要領の良い人は決して中途半端にはしません。

気持ちの切り替えが上手い。

何か嫌なことがあった時、その感情をずっと引きずったままでは何もかも上手くいきません。

要領の良い人はあれはあれ、これはこれと割り切ることができます。

その時の感情で左右されません。

たとえ上手くいかないことがあっても気持ちを切り替えて次に進むことができるので、失敗を繰り返すようなことは決してしません。

決断力がある。

あれこれ悩みません。

自分の力で自分に必要なものを選択することができます。

物事の主旨を正しく理解することができるので、すぐに決断することができます。

優先順位を正しくつけられる。

何を優先しなければならないのかを正しく判断することができます。

それはきちんと目標が定まっているからだといえます。

期限のある仕事であれば、今何をしておけばその日までに終わるのか逆算することができるので優先順位をつけることができます。

今できることを素早く片付けられるのです。

1人でできないことを1人の時にしようとしたり、今やらなくていいことを今やろうとしたりしないのです。

何を先にして何を後回しにして良いのか正しく判断ができます。

考え方がシンプル。

でも、だって、だけど、とあれこれ悩みません。

自分の目標や目的があって何かをしなければならない時、たとえ別の悩みが生まれても、しなければならないのであればする、しなくてもいいのであればしない、というシンプルな考え方ができます。

でも○○だから、だって○○だし、だけど○○だから、と無駄に悩んだりしません。

完璧主義ではない。

要領のいい人は完璧に見えます。

しかし、要領のいい人本人に尋ねると完璧ではないという人がほとんどです。

なぜかというと、妥協点を見つけて何事も上手くいくように無理はしないからです。

完璧主義の人は完璧を求めるあまり自分にとって興味のないことや気の向かないことは疎かにします。

しかし、完璧主義でない要領のいい人はすべてのことにおいて合格ラインを達成します。

周りから見ると完璧にみえることでしょう。

何事もちょうど良いところを知っているので、上手く物事を進める力があります。

自分1人でできることは限られています。

要領の良い人はそれを知っているので自分1人で出来ないからといってそれを抱え込みません。

周りの人を上手く頼ることができるのです。

ゴールまで行くのに人の力が必要なのに、人の手を借りずに必死にゴールを目指すようなことはしないのです。

自分のことをきちんと理解しているので、自分の力だけではダメだと分かれば、人を上手く頼って確実にゴールします。

何もかも頼るわけではありません。

余裕を持って行動した上で、無理なことをできると勘違いしないだけのことです。

いかがだったでしょうか。

当てはまることが多かった方はきっと要領の良い人でしょう。

反対に自分とは違うなと感じた方は意識して人の話をしっかり聞くようにしたり、物事をシンプルに考える癖をつけたり、10項目を参考に要領の良い人を目指してくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-