【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155119.html
生活費が赤字な時に改善すべきポイント

生活費が赤字な時に改善すべきポイント | LADYCO

LADYCO
生活費が赤字な時に改善すべきポイント

生活費が赤字な時、どうすればそれを黒字にすることができるのでしょうか。

赤字を黒字に変えるために必要なポイントをこれから15個紹介いたします。

  • 家賃を減らす
  • スマホを格安の物に切り替える
  • スマホを手放すことを考える
  • ネット回線を安いものに変える
  • 保険を見直す
  • 出来るだけカードを使わない
  • 図書館を利用する
  • 外食を控える
  • 欲しいものはオークションで手に入れる
  • 教育費を節約する
  • 副業などをして収入を増やす
  • 毎月の予算を決める
  • 家計簿をつける
  • 酒とタバコをやめる
  • お金の使い方にメリハリをつける

1. 家賃を減らす

家賃を減らす

生活費のなかで、もっとも大きなものが家賃です。

なので、これを削ることができればそれだけで家計を改善することができます。

もっとも家賃が安い家は、市営住宅などの公営住宅なので、これらの住宅に入るのがいちばんいいのですが、公営住宅は倍率が高いので簡単には入れません。

ですが、家賃の安い家は探せばいくらでもあるので、チャンスがあれば家賃の安い家に引っ越しを考えるといいでしょう。

2. スマホを格安の物に切り替える

スマホを格安の物に切り替える

大手のスマホに比べ、ずっと通信費が安いのが格安スマホです。

大手スマホの場合、毎月5千円〜1万円程度の通信費がかかりますが、格安スマホを使えば、通信費を毎月2千円以下に抑えることも不可能ではありません。

家族皆のスマホを格安スマホに変えると、それだけで1万円以上の通信費を浮かせることができますので、赤字に苦しんでいるなら、今すぐにでもスマホを切り替えるといいでしょう。

3. スマホを手放すことを考える

スマホを手放すことを考える

格安スマホに切り替えても、毎月2千円〜3千円くらいはかかりますので、契約しているスマホの数が多いと、かなりの支出になります。

こういう時、スマホを手放してしまうことで、通信費をさらに削ることができます。

2台、3台スマホを持っている人は、それを1台にまとめることで通信費を減らすことができますし、そこまで生活にスマホが必要でないなら、この機にスマホを卒業するという手もあります。

どちらにしても、通信費を削ることができますので、万単位の通信費に苦しんでいるなら、スマホを手放してみるのもいいでしょう。

4. ネット回線を安いものに変える

ネット回線を安いものに変える

ネット回線を光回線にすると、だいたい5千円ほどの料金がかかりますので、年間だと6万円もお金がかかってしまいます。

その光回線をADSLに切り替えると、毎月のネット料金を2千円台にまで下げることができるので、生活費を減らしたいなら、今すぐにでも回線の切り替えをやるべきでしょう。

実際問題、ネットで動画を見たり音楽を聴いたりするだけなら、ADSL回線で十分なので、よほどのヘビーユーザー出ない限り光回線は必要ありません。

なので、ネットのライトユーザーなら、ほぼノーデメリットで通信費を削ることができます。

簡単に出来て確実に生活費を削れる、この切り替えをやらない手はないでしょう。

5. 保険を見直す

保険を見直す

通信費と並んで生活費を圧迫するものが保険です。

保険のセールスの勧誘された通りに、あれもこれもと保険に加入してしまうと、お金がいくらあっても足りませんので、生活費が赤字なら、保険加入を辞めてしまうのが一番いいです。

保険を辞めるのに不安があるなら、安い掛け捨ての保険に入れば安心ですので、保険に入っている人は、加入をやめるか、安い掛け捨ての保険に再加入することをお勧めします。

6. 出来るだけカードを使わない

出来るだけカードを使わない

現金を使って物を買うより、カードを使って物を買った方がお得だからと、食料品や日用品を買うのにカードを使っている人がいますが、家計防衛の観点から考えると、これはあまりお勧めできません。

なぜなら、カードがあると手持ちのお金を気にせず物を変えるので、不要不急のものもついでに購入してしまうからです。

ですので、出来るだけ物は現金で買うようにしましょう。

そうすれば、本当に必要な物だけを買うことができるでしょう。

7. 図書館を利用する

図書館を利用する

暇を持て余している人は、図書館を利用することで余計な浪費を防ぐことができます。

図書館の本はいくら読んでも無料なので、図書館で時間を潰すことを覚えれば、その分浪費を防ぐことができます。

本を借りて読めばさらに時間を潰すことができるので、浪費を防ぎたいなら図書館を利用しましょう。

8. 外食を控える

外食を控える

例えファーストフードであっても、何回も利用するとバカにならないほどのお金がかかります。

だから、生活費が赤字なら出来るだけ外食を控え、その分自炊を心がけましょう。

外食を頻繁に行っている家庭なら、これだけで生活費を月1万円以上削ることができるでしょう。

9. 欲しいものはオークションで手に入れる

欲しいものはオークションで手に入れる

欲しい物を手に入れる時、新品で物を買うよりリサイクルショップを使って買ったほうが、安値で物を手に入れることができます。

それよりさらに安値で物を手に入れられるのが、ネットオークションです。

リサイクルショップと違い、出品者と落札者が直にやり取りをするネットオークションは、店側に利益を取られずに済みます。

だから、格安で物を手に入れることができるのです。

10. 教育費を節約する

教育費を節約する

生活費が赤字の家庭でも、教育費を削らない家庭は多いです。

教育の有無が子供の人生を左右するから、ここだけは削りたくないというわけです。

ですが、一流大学に入れば人生安泰というのは昔の話です。

今は、一流大学を出ても人生どうなるか誰にもわかりません。

それなら、塾に通う費用などを削ってしまうのも一つの手だと言えます。

11. 副業などをして収入を増やす

副業などをして収入を増やす

生活費が赤字なら、その分収入を増やすという方法もあります。

その副業は、コンビニなどでのアルバイトでも、ネットを使った福業でもかまいません。

収入を増やせば、生活費を削らなくても家計がなり立つわけですから、 生活費を削って生きるのが嫌な人は、副業で収入を増やしてみるといいでしょう。

12. 毎月の予算を決める

毎月の予算を決める

予算を決めずにどんぶり勘定で物を決めていると、生活費が赤字になりやすいです。

これを避けるため、毎月どの分野にいくら使うか、予算を決めてしまいましょう。

例えば食費の予算を3万円と決めたら、どんなことがあってもその3万円でやりくりするわけです。

こうやって毎月の予算を決め、それを消化していくというやり方に慣れれば月末になってお金がないと困ることもなくなるでしょう。

13. 家計簿をつける

家計簿をつける

家計簿をつけることで、どの分野にどれだけお金を使っているのかが一目でわかります。

そうすれば、この家計はどこが弱点なのか、どの分野にお金を使いすぎているかが理解できるようになるので、家計の改善が容易になります。

生活費の赤字を何とかしようと思っても、どこが問題なのかわからなければどうにもなりませんので、家計を立て直したいなら、まず家計簿をつけることから始めましょう。

14. 酒とタバコをやめる

酒とタバコをやめる

生活費の赤字に困っている、その赤字を今すぐになんとかしたい、 そういう時に使えるのが、禁酒禁煙です。

昔と違い、タバコは大きく値上がりしていますので、これを辞めるだけでも、毎月数千円、ヘビースモーカーなら数万円浮かすことができます。

さらに酒をやめることができれば、それ以上のお金を節約できます。

体にもいいので、医療費の節約と言う観点から見ても禁酒禁煙は良いことずくめです。

なので、お金に困っているなら、今すぐにでも酒とタバコを断つことをお勧めします。

15. お金の使い方にメリハリをつける

家計を改善するために一番いいのは、あらゆる無駄を断ち修行僧のような生活をすることです。

ですが、そういう生活をするとストレスがたまってしまいます。

これを避けるためには、メリハリのあるお金の使い方をするのが一番です。

メリハリのあるお金の使い方と言うのは、使うべき時にどかっとお金を使い、そうでない時はほとんどお金を使わないというものですが、こういうお金の使い方をすることで、ストレスをためずにお金を節約することができます。

だから、赤字をなんとかしたいなら、ただ生活費を削ることを考えるだけでなく、 メリハリのあるお金の使い方を心がけるようにしましょう。

生活費が赤字な時、どうすればそれを黒字にすることができるのでしょうか。

赤字を黒字に変えるために必要なポイントをこれから15個紹介いたします。


家賃を減らす

生活費のなかで、もっとも大きなものが家賃です。

なので、これを削ることができればそれだけで家計を改善することができます。

もっとも家賃が安い家は、市営住宅などの公営住宅なので、これらの住宅に入るのがいちばんいいのですが、公営住宅は倍率が高いので簡単には入れません。

ですが、家賃の安い家は探せばいくらでもあるので、チャンスがあれば家賃の安い家に引っ越しを考えるといいでしょう。

スマホを格安の物に切り替える

大手のスマホに比べ、ずっと通信費が安いのが格安スマホです。

大手スマホの場合、毎月5千円〜1万円程度の通信費がかかりますが、格安スマホを使えば、通信費を毎月2千円以下に抑えることも不可能ではありません。

家族皆のスマホを格安スマホに変えると、それだけで1万円以上の通信費を浮かせることができますので、赤字に苦しんでいるなら、今すぐにでもスマホを切り替えるといいでしょう。

スマホを手放すことを考える

格安スマホに切り替えても、毎月2千円〜3千円くらいはかかりますので、契約しているスマホの数が多いと、かなりの支出になります。

こういう時、スマホを手放してしまうことで、通信費をさらに削ることができます。

2台、3台スマホを持っている人は、それを1台にまとめることで通信費を減らすことができますし、そこまで生活にスマホが必要でないなら、この機にスマホを卒業するという手もあります。

どちらにしても、通信費を削ることができますので、万単位の通信費に苦しんでいるなら、スマホを手放してみるのもいいでしょう。

ネット回線を安いものに変える

ネット回線を光回線にすると、だいたい5千円ほどの料金がかかりますので、年間だと6万円もお金がかかってしまいます。

その光回線をADSLに切り替えると、毎月のネット料金を2千円台にまで下げることができるので、生活費を減らしたいなら、今すぐにでも回線の切り替えをやるべきでしょう。

実際問題、ネットで動画を見たり音楽を聴いたりするだけなら、ADSL回線で十分なので、よほどのヘビーユーザー出ない限り光回線は必要ありません。

なので、ネットのライトユーザーなら、ほぼノーデメリットで通信費を削ることができます。

簡単に出来て確実に生活費を削れる、この切り替えをやらない手はないでしょう。

保険を見直す

通信費と並んで生活費を圧迫するものが保険です。

保険のセールスの勧誘された通りに、あれもこれもと保険に加入してしまうと、お金がいくらあっても足りませんので、生活費が赤字なら、保険加入を辞めてしまうのが一番いいです。

保険を辞めるのに不安があるなら、安い掛け捨ての保険に入れば安心ですので、保険に入っている人は、加入をやめるか、安い掛け捨ての保険に再加入することをお勧めします。

出来るだけカードを使わない

現金を使って物を買うより、カードを使って物を買った方がお得だからと、食料品や日用品を買うのにカードを使っている人がいますが、家計防衛の観点から考えると、これはあまりお勧めできません。

なぜなら、カードがあると手持ちのお金を気にせず物を変えるので、不要不急のものもついでに購入してしまうからです。

ですので、出来るだけ物は現金で買うようにしましょう。

そうすれば、本当に必要な物だけを買うことができるでしょう。

図書館を利用する

暇を持て余している人は、図書館を利用することで余計な浪費を防ぐことができます。

図書館の本はいくら読んでも無料なので、図書館で時間を潰すことを覚えれば、その分浪費を防ぐことができます。

本を借りて読めばさらに時間を潰すことができるので、浪費を防ぎたいなら図書館を利用しましょう。

外食を控える

例えファーストフードであっても、何回も利用するとバカにならないほどのお金がかかります。

だから、生活費が赤字なら出来るだけ外食を控え、その分自炊を心がけましょう。

外食を頻繁に行っている家庭なら、これだけで生活費を月1万円以上削ることができるでしょう。

欲しいものはオークションで手に入れる

欲しい物を手に入れる時、新品で物を買うよりリサイクルショップを使って買ったほうが、安値で物を手に入れることができます。

それよりさらに安値で物を手に入れられるのが、ネットオークションです。

リサイクルショップと違い、出品者と落札者が直にやり取りをするネットオークションは、店側に利益を取られずに済みます。

だから、格安で物を手に入れることができるのです。

教育費を節約する

生活費が赤字の家庭でも、教育費を削らない家庭は多いです。

教育の有無が子供の人生を左右するから、ここだけは削りたくないというわけです。

ですが、一流大学に入れば人生安泰というのは昔の話です。

今は、一流大学を出ても人生どうなるか誰にもわかりません。

それなら、塾に通う費用などを削ってしまうのも一つの手だと言えます。

副業などをして収入を増やす

生活費が赤字なら、その分収入を増やすという方法もあります。

その副業は、コンビニなどでのアルバイトでも、ネットを使った福業でもかまいません。

収入を増やせば、生活費を削らなくても家計がなり立つわけですから、 生活費を削って生きるのが嫌な人は、副業で収入を増やしてみるといいでしょう。

毎月の予算を決める

予算を決めずにどんぶり勘定で物を決めていると、生活費が赤字になりやすいです。

これを避けるため、毎月どの分野にいくら使うか、予算を決めてしまいましょう。

例えば食費の予算を3万円と決めたら、どんなことがあってもその3万円でやりくりするわけです。

こうやって毎月の予算を決め、それを消化していくというやり方に慣れれば月末になってお金がないと困ることもなくなるでしょう。

家計簿をつける

家計簿をつけることで、どの分野にどれだけお金を使っているのかが一目でわかります。

そうすれば、この家計はどこが弱点なのか、どの分野にお金を使いすぎているかが理解できるようになるので、家計の改善が容易になります。

生活費の赤字を何とかしようと思っても、どこが問題なのかわからなければどうにもなりませんので、家計を立て直したいなら、まず家計簿をつけることから始めましょう。

酒とタバコをやめる

生活費の赤字に困っている、その赤字を今すぐになんとかしたい、 そういう時に使えるのが、禁酒禁煙です。

昔と違い、タバコは大きく値上がりしていますので、これを辞めるだけでも、毎月数千円、ヘビースモーカーなら数万円浮かすことができます。

さらに酒をやめることができれば、それ以上のお金を節約できます。

体にもいいので、医療費の節約と言う観点から見ても禁酒禁煙は良いことずくめです。

なので、お金に困っているなら、今すぐにでも酒とタバコを断つことをお勧めします。

家計を改善するために一番いいのは、あらゆる無駄を断ち修行僧のような生活をすることです。

ですが、そういう生活をするとストレスがたまってしまいます。

これを避けるためには、メリハリのあるお金の使い方をするのが一番です。

メリハリのあるお金の使い方と言うのは、使うべき時にどかっとお金を使い、そうでない時はほとんどお金を使わないというものですが、こういうお金の使い方をすることで、ストレスをためずにお金を節約することができます。

だから、赤字をなんとかしたいなら、ただ生活費を削ることを考えるだけでなく、 メリハリのあるお金の使い方を心がけるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-