【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155104.html
円満な結婚生活で大事なこと10選

円満な結婚生活で大事なこと10選 | LADYCO

LADYCO
円満な結婚生活で大事なこと10選

円満な結婚生活で大事な子ことを10選まとめました。

  • 感謝の気持ちはオーバーに伝える
  • イライラしてた旦那は宇宙人だと思い込む
  • 伝え方を変えてみる
  • 旦那さんの大好物を、曜日を決めて作る
  • 多少の我慢は必要
  • 当たり前の幸せを大切に
  • 結婚記念日はとても価値のあるもの
  • 酔っぱらっていても怒らない
  • なるべく一緒に食事を食べる
  • 恥ずかしがらずに好き、愛していると伝える

1. 感謝の気持ちはオーバーに伝える

感謝の気持ちはオーバーに伝える

何か頼み事をした際に旦那さんがそれを実行してくれたら、とにかく感謝の気持ちをこれでもかという位に伝えることが大切です。

普通に「ありがとう」と伝えるだけでは、また次に何かを頼まれたとしても、きちんとしようと思ってくれない男性が多いです。

「○○やってくれたの!?すごく嬉しい〜!」位にオーバーのほうが気持ちが伝わりやすいですし、相手に喜ばれて不快な気持になる人はいませんからね。

2. イライラしてた旦那は宇宙人だと思い込む

イライラしてた旦那は宇宙人だと思い込む

旦那さんに対してイライラするのは毎日あると思います。

そんな時は割り切って旦那さんを宇宙人だと思い込みましょう。

例えばいつも食後のお皿を台所まで持って行くように伝えてあるにもかかわらず、ダイニングテーブル置きっぱなしにしてあったとしましょう。

いつもなら(なんで毎回同じ事を言っても出来ないんだろう)とイライラしてしまうところですが旦那さんを宇宙人だと思い込めば、(すごい!地球人が作った食事を完食している!)と思えるでしょう。

ワンランク下げて評価する事が大切です。

3. 伝え方を変えてみる

伝え方を変えてみる

物事を頼みたい時に「今忙しいんだからこれくらいしてよ!」などと伝えるのではなくて、「○○している途中にごめんね。

○○してくれたらすごく助かるからお願いしても良い?」
といつもより下手に出て、とにかく今あなたの力が必要だということを伝えてみましょう。

同じ内容でも、伝え方一つで受ける印象はガラッと変わります。

もちろんお礼もきちんと伝えましょう。

4. 旦那さんの大好物を、曜日を決めて作る

旦那さんの大好物を、曜日を決めて作る

男に浮気をさせたくないならまずは胃袋を掴めとありますが、まさにそれです。

仕事で疲れて帰って来た時に、自分の大好物が食卓に並んでいたら誰だって嬉しいですよね。

曜日を決めて作ることで、今日の晩御飯が大好物だと予測でき、旦那さんの仕事のモチベーションも少しは上がると思います。

頑張った仕事の後のご褒美です。

毎日ご褒美をあげてしまうと特別感が薄れてしまうので、一週間で一度、二度くらいで良いと思います。

一言「あなたの好きな料理作ったよ」と伝えてみてください。

5. 多少の我慢は必要

多少の我慢は必要

お互いが言いたいことを言って、怒って放棄したら関係は元には戻りません。

時には爆発してしまいそうな時もあるでしょう。

しかし我慢は大切です。

結婚というものはとても長いです。

何十年と一緒にいるのだから少しのことで怒ってばかりいたら、この先もずっと続いてしまいます。

限られた結婚生活の中で、少しでも回数を減らす事を意識してみてください。

そのうちに(まだこれなら耐えられる。

以前経験した事のほうがもっとイライラしたな。

私になら我慢できるはず)と思えてくるはずです。

6. 当たり前の幸せを大切に

当たり前の幸せを大切に

長く一緒にいると、近くにいることが当たり前になってしまいます。

今ここにある幸せを感じる事も、だんだんなくなってくるでしょう。

でも思い出してみてください。

新婚の時、一緒に住めるだけで、食事を食べているだけで幸せだと感じたはずです。

たったそれだけの当たり前で幸せを感じていたのです。

今でもそれは変わっていないはずです。

最初の頃は何もなくても幸せを感じていたはずが当たり前になりすぎて幸せだと感じなくなってしまっているのです。

もう一度、当たり前の幸せについて考えてみてください。

そこら中に幸せが溢れているはずです。

7. 結婚記念日はとても価値のあるもの

結婚記念日はとても価値のあるもの

新婚当初は結婚記念日のお祝いをしていても、それがいつの間にかなくなっていたというのはよくある話です。

忙しい日々の中でなかなか今日が何日で何回目で...なんて気にしてられませんよね。

ですが結婚記念日はとても価値のあるものです。

愛を誓いあって、この人と一生一緒に生きようと決めて二人の新しい人生が始まった記念すべき日から、いくつもの年を重ねているのです。

それはとても幸せなことです。

お互いに無事に今日まで過ごしてきて、色々あった事を振り返り感謝を伝え合いましょう。

そうする事によって、また明日から新しい人生がスタート出来るのです。

8. 酔っぱらっていても怒らない

酔っぱらっていても怒らない

旦那さんが会社の付き合いで、酔っぱらってフラフラで帰ってくるなんてこともあるでしょう。

仕事上の付き合いですし、気にせずにハメを外せる日でもあります。

こっちからしたら遅い時間に帰ってくるわ、酒臭いわ、フラフラだわで、なんでそんなになるまで呑んだのかと怒ってしまいがちですが、許してあげましょう。

旦那さんにとってのストレス発散だと思ってあげてください。

家族のために汗水垂らして働いている旦那さんに感謝をして、これだけストレスが溜まっているんだな。

と思ってあげてください。

そうすることで少しは怒りたい気持ちも治まるはずです。

9. なるべく一緒に食事を食べる

なるべく一緒に食事を食べる

仕事の都合で帰りが遅くなることは日常茶飯事だと思います。

それだけ頑張って働いてくれているのです。

なるべくで良いので、一緒に食事を食べてあげてください。

遅いから先に食べてしまおうとは思わずに、待ってあげていてください。

食事の時しか会話が出来ないなんて夫婦も珍しくありませんし、食事の時だからこそ会社の愚痴を話してくれる事があるかもしれません。

一人で食事を食べるのは寂しいですよね。

疲れて帰ってきて、一人寂しく晩御飯なんてことは、なるべくで良いのでないようにしてあげてください。

待っていてあげて一緒に時間を共有することが思いやりに繋がります。

10. 恥ずかしがらずに好き、愛していると伝える

新婚当初は、愛の言葉を伝え合っていたと思います。

お互いを愛し、大切に思っていたとしてもだんだん思っているだけで伝えなくなってしまうものです。

長年気持ちを伝えていないと恥ずかしかったりもします。

ですが、だからこそ愛を伝えるべきです。

もし、明日旦那さんが仕事に行く途中で交通事故に遭い、帰らぬ人となってしまったらどうしますか?

あの時こう伝えれば良かったなんて思っても、伝えることは出来ませんよね。

毎日じゃなくても、たまにで良いので伝えてみてください。

言葉にすることで改めて愛を感じることが出来るはです。

思っているだけでは伝わらないのです。

他人同士だった人間が夫婦となり、家族になれた事を大切にしてください。

明日でいいやではなく、今伝えてみてはいかがですか?

円満な結婚生活で大事な子ことを10選まとめました。


感謝の気持ちはオーバーに伝える

何か頼み事をした際に旦那さんがそれを実行してくれたら、とにかく感謝の気持ちをこれでもかという位に伝えることが大切です。

普通に「ありがとう」と伝えるだけでは、また次に何かを頼まれたとしても、きちんとしようと思ってくれない男性が多いです。

「○○やってくれたの!?すごく嬉しい〜!」位にオーバーのほうが気持ちが伝わりやすいですし、相手に喜ばれて不快な気持になる人はいませんからね。

イライラしてた旦那は宇宙人だと思い込む

旦那さんに対してイライラするのは毎日あると思います。

そんな時は割り切って旦那さんを宇宙人だと思い込みましょう。

例えばいつも食後のお皿を台所まで持って行くように伝えてあるにもかかわらず、ダイニングテーブル置きっぱなしにしてあったとしましょう。

いつもなら(なんで毎回同じ事を言っても出来ないんだろう)とイライラしてしまうところですが旦那さんを宇宙人だと思い込めば、(すごい!地球人が作った食事を完食している!)と思えるでしょう。

ワンランク下げて評価する事が大切です。

伝え方を変えてみる

物事を頼みたい時に「今忙しいんだからこれくらいしてよ!」などと伝えるのではなくて、「○○している途中にごめんね。

○○してくれたらすごく助かるからお願いしても良い?」
といつもより下手に出て、とにかく今あなたの力が必要だということを伝えてみましょう。

同じ内容でも、伝え方一つで受ける印象はガラッと変わります。

もちろんお礼もきちんと伝えましょう。

旦那さんの大好物を、曜日を決めて作る

男に浮気をさせたくないならまずは胃袋を掴めとありますが、まさにそれです。

仕事で疲れて帰って来た時に、自分の大好物が食卓に並んでいたら誰だって嬉しいですよね。

曜日を決めて作ることで、今日の晩御飯が大好物だと予測でき、旦那さんの仕事のモチベーションも少しは上がると思います。

頑張った仕事の後のご褒美です。

毎日ご褒美をあげてしまうと特別感が薄れてしまうので、一週間で一度、二度くらいで良いと思います。

一言「あなたの好きな料理作ったよ」と伝えてみてください。

多少の我慢は必要

お互いが言いたいことを言って、怒って放棄したら関係は元には戻りません。

時には爆発してしまいそうな時もあるでしょう。

しかし我慢は大切です。

結婚というものはとても長いです。

何十年と一緒にいるのだから少しのことで怒ってばかりいたら、この先もずっと続いてしまいます。

限られた結婚生活の中で、少しでも回数を減らす事を意識してみてください。

そのうちに(まだこれなら耐えられる。

以前経験した事のほうがもっとイライラしたな。

私になら我慢できるはず)と思えてくるはずです。

当たり前の幸せを大切に

長く一緒にいると、近くにいることが当たり前になってしまいます。

今ここにある幸せを感じる事も、だんだんなくなってくるでしょう。

でも思い出してみてください。

新婚の時、一緒に住めるだけで、食事を食べているだけで幸せだと感じたはずです。

たったそれだけの当たり前で幸せを感じていたのです。

今でもそれは変わっていないはずです。

最初の頃は何もなくても幸せを感じていたはずが当たり前になりすぎて幸せだと感じなくなってしまっているのです。

もう一度、当たり前の幸せについて考えてみてください。

そこら中に幸せが溢れているはずです。

結婚記念日はとても価値のあるもの

新婚当初は結婚記念日のお祝いをしていても、それがいつの間にかなくなっていたというのはよくある話です。

忙しい日々の中でなかなか今日が何日で何回目で...なんて気にしてられませんよね。

ですが結婚記念日はとても価値のあるものです。

愛を誓いあって、この人と一生一緒に生きようと決めて二人の新しい人生が始まった記念すべき日から、いくつもの年を重ねているのです。

それはとても幸せなことです。

お互いに無事に今日まで過ごしてきて、色々あった事を振り返り感謝を伝え合いましょう。

そうする事によって、また明日から新しい人生がスタート出来るのです。

酔っぱらっていても怒らない

旦那さんが会社の付き合いで、酔っぱらってフラフラで帰ってくるなんてこともあるでしょう。

仕事上の付き合いですし、気にせずにハメを外せる日でもあります。

こっちからしたら遅い時間に帰ってくるわ、酒臭いわ、フラフラだわで、なんでそんなになるまで呑んだのかと怒ってしまいがちですが、許してあげましょう。

旦那さんにとってのストレス発散だと思ってあげてください。

家族のために汗水垂らして働いている旦那さんに感謝をして、これだけストレスが溜まっているんだな。

と思ってあげてください。

そうすることで少しは怒りたい気持ちも治まるはずです。

なるべく一緒に食事を食べる

仕事の都合で帰りが遅くなることは日常茶飯事だと思います。

それだけ頑張って働いてくれているのです。

なるべくで良いので、一緒に食事を食べてあげてください。

遅いから先に食べてしまおうとは思わずに、待ってあげていてください。

食事の時しか会話が出来ないなんて夫婦も珍しくありませんし、食事の時だからこそ会社の愚痴を話してくれる事があるかもしれません。

一人で食事を食べるのは寂しいですよね。

疲れて帰ってきて、一人寂しく晩御飯なんてことは、なるべくで良いのでないようにしてあげてください。

待っていてあげて一緒に時間を共有することが思いやりに繋がります。

新婚当初は、愛の言葉を伝え合っていたと思います。

お互いを愛し、大切に思っていたとしてもだんだん思っているだけで伝えなくなってしまうものです。

長年気持ちを伝えていないと恥ずかしかったりもします。

ですが、だからこそ愛を伝えるべきです。

もし、明日旦那さんが仕事に行く途中で交通事故に遭い、帰らぬ人となってしまったらどうしますか?

あの時こう伝えれば良かったなんて思っても、伝えることは出来ませんよね。

毎日じゃなくても、たまにで良いので伝えてみてください。

言葉にすることで改めて愛を感じることが出来るはです。

思っているだけでは伝わらないのです。

他人同士だった人間が夫婦となり、家族になれた事を大切にしてください。

明日でいいやではなく、今伝えてみてはいかがですか?

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-