【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155040.html
虚言癖のある人の特徴

虚言癖のある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
虚言癖のある人の特徴

虚言壁のある人はごく普通の人に見え虚言壁があるのかは分かりません。

今回は何故か嘘ばかりをついてしまう人について考察を深めていこうと思います。

  • 空想家
  • 秘密が多い
  • 寂しがり屋
  • 見栄っ張り
  • 劣等感が強い
  • プライドの高い人
  • 目立ちたい、という心理が大きい人
  • 努力や苦労を嫌う人
  • 悪気がない人
  • 友達が少ない人
  • 自分が傷つくことを極端に嫌う人
  • 短絡的な思考の人
  • 自分を良く見せたいから
  • 他人に会話を合わせるため
  • 自分に自信がない
  • 優越感に浸りたい
  • いつでも中心にいたい
  • 認めてほしい
  • 負けたくない
  • 嫌われたくない

嘘なんてつかない正直な人はとても魅力的に感じます。

しかしこの世に正直者はバカを見る、という言葉があるように、正直に生きているだけではうまくいかないこともあります。

かと言って嘘ばかりつけばいいのかと言うとそうでもないのですが、嘘で塗り固めたような方がいらっしゃることも事実です。

1. 空想家

空想家

現実の世界よりも空想の世界にいる事が好きな人です。

妄想ばかりを繰り返している為に、現実と非現実の区別がつかなくなります。

本人にとって、現実社会からの逃避、ともいえ、自覚のないままあることない事嘘をつきます。

2. 秘密が多い

秘密が多い

他人に対して秘密が多い人は、それを隠さなければならない為の嘘をつき続け、嘘が嘘を呼び込むような状態になっています。

その結果嘘自体が真実のような状態になり、本人も自覚が無いまま嘘をつき続ける、といった事になっています。

3. 寂しがり屋

寂しがり屋

子供の時に親からの愛情をあまり与えらずに育った人に多いです。

たえず人から注目されたい、愛されたい、といった欲求を持って生きており、その為には手段を選ばずに平気で嘘をつきます。

4. 見栄っ張り

見栄っ張り

虚言壁がある人に多いのがこの見栄っ張りです。

現実には気が弱く、自信が持てない性格ですが、本人はそれを認めたくありません。

本来の自分を見破られたくない、という強い願望から自分を大きく見せようとし、嘘をつきます。

5. 劣等感が強い

劣等感が強い

劣等感が強い人もそれをカバーしようと嘘をつきます。

例えば学歴を偽ってみたり、年収をごまかしてみたり、職歴も平気で変えてしまいます。

自分の生い立ちなどに劣等感を持っていると、人に話す経歴すべてに嘘をつき、またそれによって嘘が嘘を呼び込んでいきます。

6. プライドの高い人

プライドの高い人

虚言癖の根元には他人に対して自分をよく見せたい、といった気持ちが大きく関係するといわれています。

プライドが高い人は、自分より幸せそうな人を認められなかったり必要以上にライバル心を燃やしてしまうことがあります。

そういった虚栄心を満たそうとして嘘をついてしまいます。

7. 目立ちたい、という心理が大きい人

目立ちたい、という心理が大きい人

まず虚言癖の嘘というのは「嘘をつく必要がないのに嘘をついてしまう」という事です。

日常的に咄嗟に嘘をついてしまう、例えば今朝食べた朝ごはんだったりですね。

他人からすればどうでもいいことでも目立ちたい、という思いからおもしろおかしく話をするため嘘をつきます。

みんなの興味を自分に集めたいという心理があるのでしょう。

8. 努力や苦労を嫌う人

努力や苦労を嫌う人

虚言癖のある人はプライドが高く、他人によく思われたいという気持ちが人一倍高い割に努力や苦労を嫌う傾向にあります。

努力しても結果が報われないことを恐れているのです。

9. 悪気がない人

悪気がない人

上記でも述べたように虚言癖のある人は自分の欲求を満たすために嘘をつくので罪悪感を持つことはありません。

本当にささいなことで嘘をつくので本人も自覚していない場合もあります。

10. 友達が少ない人

友達が少ない人

嘘を日常的についてしまう人は長い時間をかけた人間関係の繋がりがないという人が多いです。

嘘をつき続けることで信頼をなくしてしまったり本人も面倒くさくなってしまったりなってしまい友達が少ないといった傾向があります。

11. 自分が傷つくことを極端に嫌う人

自分が傷つくことを極端に嫌う人

これはプライドが高い人にも当てはまることですが、逆に自分をかわいそうな人間にみせるということにも当てはまります。

嘘をつき自分のハードルを下げて、失敗から守ろうとしているのですね。

自分を正当化するために防衛本能が働いているといえます。

12. 短絡的な思考の人

短絡的な思考の人

短絡的な考え、幼児的思考の人にも虚言壁があるとみられます。

幼児的願望とは、頑固、ナルシシズム、依存性、いつでも褒められたい、と言われたいことが多いです。

いつでも「あなたが正しい」と思われたい、でも無責任という風な心理状態にあるといえます。

そういった欲求満たすために嘘をつくのです。

13. 自分を良く見せたいから

自分を良く見せたいから

この理由で嘘ばかりをついてしまう方が一番多いでしょう。

まだお互いのことをよく知らない時、少しでも自分のことを良く思ってもらいたいといった気持ちから、ついつい事実を盛って話をしてしまいます。

その時はそれでいいかもしれませんが、あとからバレた時に一気に信用を失いかねない危険なやり取りとも言えます。

14. 他人に会話を合わせるため

他人に会話を合わせるため

例えば、友人との会話の中で本当は良く聞こえてなかったのにもかかわらず、聞き直すと場の雰囲気を壊してしまうからと適当に相槌を打ってしまう方は結構多いでしょう。

それだけで会話が終わればいいのですが、その話が広がってしまった場合、もう今更聞き直せないために嘘を重ねて知ったような会話をしなければならない状況になってしまいます。

相手に合わせることはいいことなのですが、一歩間違えると不義理になってしまいますのでご注意下さい。

15. 自分に自信がない

自分に自信がない

ありのままの自分を出すことができない場合、外面の自分のキャラクターを演じて他者と接することになります。

自分は自分なのですからありのままで本当はいいのですが、本当の自分なんか出せば引かれてしまうと、嘘の蓋をかぶせてしまっています。

16. 優越感に浸りたい

優越感に浸りたい

例えば自分より優れた功績を上げた人がいて賞賛されていたとすると、その出来事を素直に喜べない方がいらっしゃいます。

そのような方は、自分はさらにすぐれた人間なんだ、もっと凄い経験を積んできたんだと言わんばかりに誇張した話をしてしまいます。

それを聞いた人たちが賞賛をしてくれることで得られる優越感がクセになってしまい、偽りの賞賛を求めて嘘を積み上げてしまいます。

17. いつでも中心にいたい

いつでも中心にいたい

目立ちたいの部分での記載に共通する点があります。

常に自分中心で物事が進んでほしいので、ちょっとしたことでも誇張や知ったかぶりをして、どんな会話にでも入ろうとします。

18. 認めてほしい

認めてほしい

今流行りの承認欲求というやつです。

人間は誰でも認めてほしいものですが、嘘をつくことで承認欲求を満たそうとする方もいらっしゃいます。

嘘をついて得たものでも承認欲求は満たされてしまうので、やはり嘘を繰り返し重ねていくこととなってしまいます。

19. 負けたくない

負けたくない

負けず嫌いなことはいいことですが、正しい努力をせず、人前で口先だけの実績で勝とうとする人もいます。

別に他人は誰が勝ってて誰が負けてようが気にしていないものですが、本人にとっては譲れないプライドがあり、そのプライドを守るために嘘をついてしまいます。

20. 嫌われたくない

この理由の方も大半でしょう。

例えば、この趣味が人に知られると嫌われてしまうから全く興味がないことにしよう、この理由で行けなかったとバレたらおしまいだから別のちゃんとした理由を伝えておこう等です。

人を傷つけない嘘ならいいとは思いますが、バレた時にはそれ以上に嫌われることになるというリスクをしっかりと頭に入れておきましょう。

これ以外には適応性障害や、発達障害などが原因の虚言壁の人達もいます。

これらの人たちは、格別に悪い事をしているという意識が無く、自分が虚言壁を持った嘘つきだなどとは思ってもみないのです。

かりにあなたの周りにこういった人たちがいるとしても、あなた自身が前もって対処する術があれば、上手く付き合っていく事も可能かもしれません。

ただ、こういった人たちとのお付き合いは、相手を変える事は出来ず、あなた自身が傷つく事が多くなる可能性があります。

出来る事なら距離をおいた関係を保つ方が賢明だと思います。

虚言壁のある人はごく普通の人に見え虚言壁があるのかは分かりません。

今回は何故か嘘ばかりをついてしまう人について考察を深めていこうと思います。


嘘なんてつかない正直な人はとても魅力的に感じます。

しかしこの世に正直者はバカを見る、という言葉があるように、正直に生きているだけではうまくいかないこともあります。

かと言って嘘ばかりつけばいいのかと言うとそうでもないのですが、嘘で塗り固めたような方がいらっしゃることも事実です。

空想家

現実の世界よりも空想の世界にいる事が好きな人です。

妄想ばかりを繰り返している為に、現実と非現実の区別がつかなくなります。

本人にとって、現実社会からの逃避、ともいえ、自覚のないままあることない事嘘をつきます。

秘密が多い

他人に対して秘密が多い人は、それを隠さなければならない為の嘘をつき続け、嘘が嘘を呼び込むような状態になっています。

その結果嘘自体が真実のような状態になり、本人も自覚が無いまま嘘をつき続ける、といった事になっています。

寂しがり屋

子供の時に親からの愛情をあまり与えらずに育った人に多いです。

たえず人から注目されたい、愛されたい、といった欲求を持って生きており、その為には手段を選ばずに平気で嘘をつきます。

見栄っ張り

虚言壁がある人に多いのがこの見栄っ張りです。

現実には気が弱く、自信が持てない性格ですが、本人はそれを認めたくありません。

本来の自分を見破られたくない、という強い願望から自分を大きく見せようとし、嘘をつきます。

劣等感が強い

劣等感が強い人もそれをカバーしようと嘘をつきます。

例えば学歴を偽ってみたり、年収をごまかしてみたり、職歴も平気で変えてしまいます。

自分の生い立ちなどに劣等感を持っていると、人に話す経歴すべてに嘘をつき、またそれによって嘘が嘘を呼び込んでいきます。

プライドの高い人

虚言癖の根元には他人に対して自分をよく見せたい、といった気持ちが大きく関係するといわれています。

プライドが高い人は、自分より幸せそうな人を認められなかったり必要以上にライバル心を燃やしてしまうことがあります。

そういった虚栄心を満たそうとして嘘をついてしまいます。

目立ちたい、という心理が大きい人

まず虚言癖の嘘というのは「嘘をつく必要がないのに嘘をついてしまう」という事です。

日常的に咄嗟に嘘をついてしまう、例えば今朝食べた朝ごはんだったりですね。

他人からすればどうでもいいことでも目立ちたい、という思いからおもしろおかしく話をするため嘘をつきます。

みんなの興味を自分に集めたいという心理があるのでしょう。

努力や苦労を嫌う人

虚言癖のある人はプライドが高く、他人によく思われたいという気持ちが人一倍高い割に努力や苦労を嫌う傾向にあります。

努力しても結果が報われないことを恐れているのです。

悪気がない人

上記でも述べたように虚言癖のある人は自分の欲求を満たすために嘘をつくので罪悪感を持つことはありません。

本当にささいなことで嘘をつくので本人も自覚していない場合もあります。

友達が少ない人

嘘を日常的についてしまう人は長い時間をかけた人間関係の繋がりがないという人が多いです。

嘘をつき続けることで信頼をなくしてしまったり本人も面倒くさくなってしまったりなってしまい友達が少ないといった傾向があります。

自分が傷つくことを極端に嫌う人

これはプライドが高い人にも当てはまることですが、逆に自分をかわいそうな人間にみせるということにも当てはまります。

嘘をつき自分のハードルを下げて、失敗から守ろうとしているのですね。

自分を正当化するために防衛本能が働いているといえます。

短絡的な思考の人

短絡的な考え、幼児的思考の人にも虚言壁があるとみられます。

幼児的願望とは、頑固、ナルシシズム、依存性、いつでも褒められたい、と言われたいことが多いです。

いつでも「あなたが正しい」と思われたい、でも無責任という風な心理状態にあるといえます。

そういった欲求満たすために嘘をつくのです。

自分を良く見せたいから

この理由で嘘ばかりをついてしまう方が一番多いでしょう。

まだお互いのことをよく知らない時、少しでも自分のことを良く思ってもらいたいといった気持ちから、ついつい事実を盛って話をしてしまいます。

その時はそれでいいかもしれませんが、あとからバレた時に一気に信用を失いかねない危険なやり取りとも言えます。

他人に会話を合わせるため

例えば、友人との会話の中で本当は良く聞こえてなかったのにもかかわらず、聞き直すと場の雰囲気を壊してしまうからと適当に相槌を打ってしまう方は結構多いでしょう。

それだけで会話が終わればいいのですが、その話が広がってしまった場合、もう今更聞き直せないために嘘を重ねて知ったような会話をしなければならない状況になってしまいます。

相手に合わせることはいいことなのですが、一歩間違えると不義理になってしまいますのでご注意下さい。

自分に自信がない

ありのままの自分を出すことができない場合、外面の自分のキャラクターを演じて他者と接することになります。

自分は自分なのですからありのままで本当はいいのですが、本当の自分なんか出せば引かれてしまうと、嘘の蓋をかぶせてしまっています。

優越感に浸りたい

例えば自分より優れた功績を上げた人がいて賞賛されていたとすると、その出来事を素直に喜べない方がいらっしゃいます。

そのような方は、自分はさらにすぐれた人間なんだ、もっと凄い経験を積んできたんだと言わんばかりに誇張した話をしてしまいます。

それを聞いた人たちが賞賛をしてくれることで得られる優越感がクセになってしまい、偽りの賞賛を求めて嘘を積み上げてしまいます。

いつでも中心にいたい

目立ちたいの部分での記載に共通する点があります。

常に自分中心で物事が進んでほしいので、ちょっとしたことでも誇張や知ったかぶりをして、どんな会話にでも入ろうとします。

認めてほしい

今流行りの承認欲求というやつです。

人間は誰でも認めてほしいものですが、嘘をつくことで承認欲求を満たそうとする方もいらっしゃいます。

嘘をついて得たものでも承認欲求は満たされてしまうので、やはり嘘を繰り返し重ねていくこととなってしまいます。

負けたくない

負けず嫌いなことはいいことですが、正しい努力をせず、人前で口先だけの実績で勝とうとする人もいます。

別に他人は誰が勝ってて誰が負けてようが気にしていないものですが、本人にとっては譲れないプライドがあり、そのプライドを守るために嘘をついてしまいます。

この理由の方も大半でしょう。

例えば、この趣味が人に知られると嫌われてしまうから全く興味がないことにしよう、この理由で行けなかったとバレたらおしまいだから別のちゃんとした理由を伝えておこう等です。

人を傷つけない嘘ならいいとは思いますが、バレた時にはそれ以上に嫌われることになるというリスクをしっかりと頭に入れておきましょう。

これ以外には適応性障害や、発達障害などが原因の虚言壁の人達もいます。

これらの人たちは、格別に悪い事をしているという意識が無く、自分が虚言壁を持った嘘つきだなどとは思ってもみないのです。

かりにあなたの周りにこういった人たちがいるとしても、あなた自身が前もって対処する術があれば、上手く付き合っていく事も可能かもしれません。

ただ、こういった人たちとのお付き合いは、相手を変える事は出来ず、あなた自身が傷つく事が多くなる可能性があります。

出来る事なら距離をおいた関係を保つ方が賢明だと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-