【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155016.html
月経前症候群(PMA)で同棲中の彼氏とけんかしない方法20選

月経前症候群(PMA)で同棲中の彼氏とけんかしない方法20選 | LADYCO

LADYCO
月経前症候群(PMA)で同棲中の彼氏とけんかしない方法20選

女性特有の症状で、彼氏とけんかしない方法を20選まとめました。

  • 食生活に気を付ける
  • 適度な運動を行う
  • 自分の気持ちをきちんと話す
  • 事前に伝えておく
  • 彼に聞いてみる
  • 日記を付ける
  • 少し距離をおいてみる
  • どう対応してほしいかを伝える
  • 薬局に相談し市販薬を服用する
  • 鉄分が多く含まれる食べ物を食べる
  • 半身浴
  • 病院に相談し必要であればピルを使用する
  • デートは控える
  • のんびり過ごそう
  • アロマに頼る
  • 飲み物を活用する
  • 喧嘩に発展する前に止める
  • ひどい場合は病院に行く
  • スキンシップを取る
  • 自分でも努力をする

1. 食生活に気を付ける

食生活に気を付ける

バランスの良い食事を心がけて下さい。

偏った食生活をしているとむくみや、胸の張りや痛みに繋がります。

食事に気を付けることで彼の健康管理もできます。

アルコールも控えましょう。

せっかく食事でケアしているのにアルコールを摂取して酔った勢いで彼にイライラをぶつけてしまって喧嘩する事を避けるためです。

2. 適度な運動を行う

適度な運動を行う

無理をしない程度の運動を心がけましょう。

気分転換にもなり、体を動かすことでPMSの症状について一時的にも悩まずにいることができます。

彼を誘って休日にジョギングなどをしてみてはどうでしょうか。

コミュニケーションも取れて、デート感覚で楽しめます。

3. 自分の気持ちをきちんと話す

自分の気持ちをきちんと話す

女性ならではの悩みなので、もちろん男性には辛さを理解してもらえません。

どうせ話しても無駄だからと思わずに自分の症状や、感情のコントロールがきかないことを伝えましょう。

お互いの気持ちを理解する事が大切です。

4. 事前に伝えておく

事前に伝えておく

時期が来そうだなと思ったら彼に事前に伝えましょう。

当たってしまうことがあるかもしれないから、と謝っておくのも良いと思います。

PMSになるとイライラしてしまうので冷静な判断ができずに、謝ることが出来ないからです。

5. 彼に聞いてみる

彼に聞いてみる

PMSの症状は人それぞれ違うので、まずは自分がどんな症状に悩まされているのかを改めて知る必要があります。

気付かないうちに彼に酷い対応をしてしまっているかもしれないので、私ってPMSの時どんな感じ?と聞いてみるのも良いかもしれません。

6. 日記を付ける

日記を付ける

普段の彼のと生活を日記につけるのと一緒に、自分のPMSの症状についても書いておきましょう。

そうすることでどんな事をしたのか症状がよくわかります。

経過日数によって症状も変化するので期間中は必ず日記をつけましょう。

彼との接し方の反省点を書いてみるのも良いですね。

7. 少し距離をおいてみる

少し距離をおいてみる

別れるという話ではなく、家の中で過ごしはするけどいつもより距離を置くという感じです。

接する機会が多いとどうしても喧嘩してしまいがちになるので、そうなる前に距離を置くことも大切です。

8. どう対応してほしいかを伝える

どう対応してほしいかを伝える

男性は女性がPMSで苦しんでいるときに、どう対応して良いのかわかりません。

あえてほったらかしにしすぎても、それが逆効果だったりと人それぞれ症状が違うので、女性がどうしてほしいのか、どのような言葉をかけて欲しいのかを話し合っておきましょう。

9. 薬局に相談し市販薬を服用する

薬局に相談し市販薬を服用する

用法容量を守って使用すれば、強い味方になってくれます。

あまり頼りすぎても駄目ですが、困ったら服用して下さい。

効果は人それぞれですが、薬を飲んだからと頭の中にあるだけでも安心できると思います。

10. 鉄分が多く含まれる食べ物を食べる

鉄分が多く含まれる食べ物を食べる

毎月生理によって血が排出されているのですから、もちろん鉄分を補給しなければなりません。

最近では鉄分が多く含まれた牛乳や、お菓子なども発売されているので気軽に摂取することが出来ます。

また、隠れ貧血と言って自分が貧血だと気付かずに生活している人も多いので、彼もそうかもしれないと思ったら一緒にすすめてみましょう。

11. 半身浴

半身浴

デトックス効果があり、気分もリフレッシュできます。

半身浴で体をじっくり温めてましょう。

冷えは女性の天敵なので、普段から体を冷やさない様に心がけましょう。

12. 病院に相談し必要であればピルを使用する

病院に相談し必要であればピルを使用する

一般的に避妊するために使用されているイメージですが、PMSをやわらげるとも言われています。

市販の薬の効果がみられなかった時には試してみるのも良いかもしれません。

13. デートは控える

デートは控える

彼がお休みだからと言ってデートへ行くのは避けましょう。

人混みはストレスを感じてしまい、症状が悪化してしまいますからです。

14. のんびり過ごそう

のんびり過ごそう

家で映画でも見て過ごしましょう。

彼と一緒に見ていても、映画を見ているのですから会話をする必要がないので喧嘩になることもありません。

15. アロマに頼る

アロマに頼る

アロマにはラックス効果があるのでとても良いとされています。

同居人の彼の意見もきちんと聞きましょう。

香りの好みがあるので二人が納得する香りを楽しみましょう。

16. 飲み物を活用する

飲み物を活用する

ハーブティーやミルクティーには気持ちを落ち着かせる効果があります。

自宅でのんびり楽しんでも良いし、気分転換に彼と二人で喫茶店に行くのも良いと思います。

ただ、人が混雑しているお店は避けましょう。

17. 喧嘩に発展する前に止める

喧嘩に発展する前に止める

いつもの自分なら言わないはずのことでも言ってしまうのがPMSの症状です。

小さな喧嘩から大きな喧嘩に発展してしまうこともあると思います。

その時に絶対に避けて欲しいのが別れ話です。

感情をコントロールできずに最悪の結果になってしまう可能性が高いからです。

18. ひどい場合は病院に行く

ひどい場合は病院に行く

あまりにも症状が酷い場合には受診することをおススメします。

きちんと診断してもらったほうのが安心です。

こんなことで、とは思わずに受診してみましょう。

19. スキンシップを取る

スキンシップを取る

あまり会話をせずに、二人で一緒に寝そべったり、抱き合ったりしてリラックスするのも良いと思います。

相手の心臓の音が聞こえるようにすると安心できます。

20. 自分でも努力をする

薬に頼ったり、食生活を変えたり。

彼に気持ちを理解してもらうのはもちろん大切ですが、自分の事を一番理解しているのは自分自身です。

周りが見えずに自分のことしか考えられなくなってしまわないように、気持ちを抑える努力をしてください。

自分自身と向き合う事が大切です。

女性特有の症状で、彼氏とけんかしない方法を20選まとめました。


食生活に気を付ける

バランスの良い食事を心がけて下さい。

偏った食生活をしているとむくみや、胸の張りや痛みに繋がります。

食事に気を付けることで彼の健康管理もできます。

アルコールも控えましょう。

せっかく食事でケアしているのにアルコールを摂取して酔った勢いで彼にイライラをぶつけてしまって喧嘩する事を避けるためです。

適度な運動を行う

無理をしない程度の運動を心がけましょう。

気分転換にもなり、体を動かすことでPMSの症状について一時的にも悩まずにいることができます。

彼を誘って休日にジョギングなどをしてみてはどうでしょうか。

コミュニケーションも取れて、デート感覚で楽しめます。

自分の気持ちをきちんと話す

女性ならではの悩みなので、もちろん男性には辛さを理解してもらえません。

どうせ話しても無駄だからと思わずに自分の症状や、感情のコントロールがきかないことを伝えましょう。

お互いの気持ちを理解する事が大切です。

事前に伝えておく

時期が来そうだなと思ったら彼に事前に伝えましょう。

当たってしまうことがあるかもしれないから、と謝っておくのも良いと思います。

PMSになるとイライラしてしまうので冷静な判断ができずに、謝ることが出来ないからです。

彼に聞いてみる

PMSの症状は人それぞれ違うので、まずは自分がどんな症状に悩まされているのかを改めて知る必要があります。

気付かないうちに彼に酷い対応をしてしまっているかもしれないので、私ってPMSの時どんな感じ?と聞いてみるのも良いかもしれません。

日記を付ける

普段の彼のと生活を日記につけるのと一緒に、自分のPMSの症状についても書いておきましょう。

そうすることでどんな事をしたのか症状がよくわかります。

経過日数によって症状も変化するので期間中は必ず日記をつけましょう。

彼との接し方の反省点を書いてみるのも良いですね。

少し距離をおいてみる

別れるという話ではなく、家の中で過ごしはするけどいつもより距離を置くという感じです。

接する機会が多いとどうしても喧嘩してしまいがちになるので、そうなる前に距離を置くことも大切です。

どう対応してほしいかを伝える

男性は女性がPMSで苦しんでいるときに、どう対応して良いのかわかりません。

あえてほったらかしにしすぎても、それが逆効果だったりと人それぞれ症状が違うので、女性がどうしてほしいのか、どのような言葉をかけて欲しいのかを話し合っておきましょう。

薬局に相談し市販薬を服用する

用法容量を守って使用すれば、強い味方になってくれます。

あまり頼りすぎても駄目ですが、困ったら服用して下さい。

効果は人それぞれですが、薬を飲んだからと頭の中にあるだけでも安心できると思います。

鉄分が多く含まれる食べ物を食べる

毎月生理によって血が排出されているのですから、もちろん鉄分を補給しなければなりません。

最近では鉄分が多く含まれた牛乳や、お菓子なども発売されているので気軽に摂取することが出来ます。

また、隠れ貧血と言って自分が貧血だと気付かずに生活している人も多いので、彼もそうかもしれないと思ったら一緒にすすめてみましょう。

半身浴

デトックス効果があり、気分もリフレッシュできます。

半身浴で体をじっくり温めてましょう。

冷えは女性の天敵なので、普段から体を冷やさない様に心がけましょう。

病院に相談し必要であればピルを使用する

一般的に避妊するために使用されているイメージですが、PMSをやわらげるとも言われています。

市販の薬の効果がみられなかった時には試してみるのも良いかもしれません。

デートは控える

彼がお休みだからと言ってデートへ行くのは避けましょう。

人混みはストレスを感じてしまい、症状が悪化してしまいますからです。

のんびり過ごそう

家で映画でも見て過ごしましょう。

彼と一緒に見ていても、映画を見ているのですから会話をする必要がないので喧嘩になることもありません。

アロマに頼る

アロマにはラックス効果があるのでとても良いとされています。

同居人の彼の意見もきちんと聞きましょう。

香りの好みがあるので二人が納得する香りを楽しみましょう。

飲み物を活用する

ハーブティーやミルクティーには気持ちを落ち着かせる効果があります。

自宅でのんびり楽しんでも良いし、気分転換に彼と二人で喫茶店に行くのも良いと思います。

ただ、人が混雑しているお店は避けましょう。

喧嘩に発展する前に止める

いつもの自分なら言わないはずのことでも言ってしまうのがPMSの症状です。

小さな喧嘩から大きな喧嘩に発展してしまうこともあると思います。

その時に絶対に避けて欲しいのが別れ話です。

感情をコントロールできずに最悪の結果になってしまう可能性が高いからです。

ひどい場合は病院に行く

あまりにも症状が酷い場合には受診することをおススメします。

きちんと診断してもらったほうのが安心です。

こんなことで、とは思わずに受診してみましょう。

スキンシップを取る

あまり会話をせずに、二人で一緒に寝そべったり、抱き合ったりしてリラックスするのも良いと思います。

相手の心臓の音が聞こえるようにすると安心できます。

薬に頼ったり、食生活を変えたり。

彼に気持ちを理解してもらうのはもちろん大切ですが、自分の事を一番理解しているのは自分自身です。

周りが見えずに自分のことしか考えられなくなってしまわないように、気持ちを抑える努力をしてください。

自分自身と向き合う事が大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-