【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144436.html
信頼できるパートナーとはどんな相手か?11選

信頼できるパートナーとはどんな相手か?11選 | LADYCO

LADYCO
信頼できるパートナーとはどんな相手か?11選

信頼できるパートナーとは一体どんな人でしょうか。

人は一人で生きていくことはできません。

そんな素敵なパートナーを選ぶ基準としても、是非参考にされて下さい。

  • 嘘をつかない相手
  • 話し合いができる相手
  • 言い訳をしない相手
  • 大人である相手
  • 情緒が安定している相手
  • 思いやりのある相手
  • 真面目である相手
  • 自分を信頼してくれる相手
  • 意思をはっきり示す相手
  • 損得感情を抱いていない相手
  • 約束を守る相手

1. 嘘をつかない相手

嘘をつかない相手

人間の信頼関係においてはこれが一番重要になってきます。

「優しい嘘」などという、思いやりからくるものも例外としてありますが、基本的に嘘をつくという行為は、相手を騙す行為に他なりません。

騙すような相手に信頼関係は芽生えないのです。

パートナーとしては例外にあたるでしょう。

また、いかなる時にでもあなたに嘘をつかない相手は、あなたを信頼し、あなたに対して正直であろうとしてくれている相手です。

2. 話し合いができる相手

話し合いができる相手

何かトラブルや心の行き違いがあったとき、相手に「怒り」「哀しみ」などのマイナスな感情を抱いてしまうことがあることでしょう。

そのような時には、両人とも、「相手と向き合おう」という意思が必要となってきます。

それは「話し合い」という行為です。

話し合いによって、自分や相手の悪かったところ、反対に良かったところなどが明らかになります。

そして自分や相手の誤解が解け、価値観の違いを理解し、認め合い、再び和解することができるのです。

3. 言い訳をしない相手

言い訳をしない相手

相手に非があった時に、素直に「すまなかった」と言って認めてくれる相手です。

信頼関係には、お互いにとってよりよい人間関係が必要になってきます。

非を認めてくれない場合、いつまでも、何度も相手がその過ちを繰り返すことを差します。

そのようなパートナーはいずれ信頼できなくなることでしょう。

4. 大人である相手

大人である相手

これは年齢的なものではなく、「考え方が大人である」ということを差します。

幼稚で我儘で、自分のことしか考えることができない、考えが夢見がちで現実的でない、意思に行動が伴わない、子どものような部分があると「駄目だこりゃ…」と脱力してしまいますよね。

しっかりした相手を選びましょう。

5. 情緒が安定している相手

情緒が安定している相手

情緒不安定な人は八つ当たりが酷かったり、突然マイナス思考に陥ったりしてあなたを振り回すことでしょう。

先ほどの、「考え方が大人である」という部分にも通じてきます。

情緒が安定していて、ちゃんとした人間関係を築ける相手であることが、信頼できるパートナーとしての最低条件です。

6. 思いやりのある相手

思いやりのある相手

信頼関係においてはこれも重要になってきます。

人間関係とは利益を除けば「思いやり」から始まるものです。

これがなくして真の信頼関係は築けません。

また、これがなければいずれ関係は破綻してしまうことでしょう。

「人間関係は合わせ鏡」といいます。

あなたのパートナーは、あなたのことを大事に思ってくれていますか?

7. 真面目である相手

真面目である相手

嘘をつく、不正を行うなど、不真面目な相手を信頼することは難しいことです。

あなただけに誠実で真面目であっても、信用してはいけません。

他の人に対する行いにも、注意することが重要です。

何故なら、全く他人である人に対するパートナーの行動や言動が、その人の本当の姿だからです。

それでも信用するんだ!という場合は、「裏切られてもいい」という覚悟が必要になることでしょう。

8. 自分を信頼してくれる相手

自分を信頼してくれる相手

あなたがパートナーのことを信頼していても、相手が信頼してくれていなければ話になりません。

そのためには、あなた自身も信頼してもらえるような人間であることが重要です。

「こいつは頼りないな」「こいつはすぐ嘘をつくな」とパートナーが思っていれば、それはやがて表情やふとした時の仕草にも表れて、あなた自身が相手に不信感を抱く、というような悪循環に陥ることもあります。

9. 意思をはっきり示す相手

意思をはっきり示す相手

パートナーが何を考えているのか分からない!では困りますね。

「こうされるのは好きじゃない」「Aという物事について、このように考えている」など、意思表示をはっきりしてくれる相手をパートナーを選ぶとよいでしょう。

信頼するという行為にはまず、相手を知ることが必須です。

意思を表示してくれない相手では、何を考えているのか、何が好きなのかがわかりません。

10. 損得感情を抱いていない相手

損得感情を抱いていない相手

信頼できるパートナーとは、「心から通じ合っている」ということが何よりも重要です。

パートナーが「一緒にいて金銭的な得がある」「この人と一緒にいれば自分の株があがる」「物知りで顔も広く、利用価値がある」などという損得感情をあなたに抱いているとします。

そんな相手は、心の底から信頼することができませんよね。

あなたを自分の道具として見るのではなく、ひとりの人間として尊重してくれる、そんな人間味の豊かな相手こそ、信頼できるパートナーです。

11. 約束を守る相手

例えば重要な約束や、些細な口約束まで…あなたが覚えておいて、相手が忘れている、または覚えているのに無視をするという相手は、信頼しろといっても無理な話ですよね。

約束を破られれば、まるでその約束はあなた自身のようで、「私、おろそかにされている」と不愉快になることでしょう。

ちゃんと約束は守ってくれる、真摯な相手が信頼できるパートナーですね。

信頼できるパートナーとは一体どんな人でしょうか。

人は一人で生きていくことはできません。

そんな素敵なパートナーを選ぶ基準としても、是非参考にされて下さい。


嘘をつかない相手

人間の信頼関係においてはこれが一番重要になってきます。

「優しい嘘」などという、思いやりからくるものも例外としてありますが、基本的に嘘をつくという行為は、相手を騙す行為に他なりません。

騙すような相手に信頼関係は芽生えないのです。

パートナーとしては例外にあたるでしょう。

また、いかなる時にでもあなたに嘘をつかない相手は、あなたを信頼し、あなたに対して正直であろうとしてくれている相手です。

話し合いができる相手

何かトラブルや心の行き違いがあったとき、相手に「怒り」「哀しみ」などのマイナスな感情を抱いてしまうことがあることでしょう。

そのような時には、両人とも、「相手と向き合おう」という意思が必要となってきます。

それは「話し合い」という行為です。

話し合いによって、自分や相手の悪かったところ、反対に良かったところなどが明らかになります。

そして自分や相手の誤解が解け、価値観の違いを理解し、認め合い、再び和解することができるのです。

言い訳をしない相手

相手に非があった時に、素直に「すまなかった」と言って認めてくれる相手です。

信頼関係には、お互いにとってよりよい人間関係が必要になってきます。

非を認めてくれない場合、いつまでも、何度も相手がその過ちを繰り返すことを差します。

そのようなパートナーはいずれ信頼できなくなることでしょう。

大人である相手

これは年齢的なものではなく、「考え方が大人である」ということを差します。

幼稚で我儘で、自分のことしか考えることができない、考えが夢見がちで現実的でない、意思に行動が伴わない、子どものような部分があると「駄目だこりゃ…」と脱力してしまいますよね。

しっかりした相手を選びましょう。

情緒が安定している相手

情緒不安定な人は八つ当たりが酷かったり、突然マイナス思考に陥ったりしてあなたを振り回すことでしょう。

先ほどの、「考え方が大人である」という部分にも通じてきます。

情緒が安定していて、ちゃんとした人間関係を築ける相手であることが、信頼できるパートナーとしての最低条件です。

思いやりのある相手

信頼関係においてはこれも重要になってきます。

人間関係とは利益を除けば「思いやり」から始まるものです。

これがなくして真の信頼関係は築けません。

また、これがなければいずれ関係は破綻してしまうことでしょう。

「人間関係は合わせ鏡」といいます。

あなたのパートナーは、あなたのことを大事に思ってくれていますか?

真面目である相手

嘘をつく、不正を行うなど、不真面目な相手を信頼することは難しいことです。

あなただけに誠実で真面目であっても、信用してはいけません。

他の人に対する行いにも、注意することが重要です。

何故なら、全く他人である人に対するパートナーの行動や言動が、その人の本当の姿だからです。

それでも信用するんだ!という場合は、「裏切られてもいい」という覚悟が必要になることでしょう。

自分を信頼してくれる相手

あなたがパートナーのことを信頼していても、相手が信頼してくれていなければ話になりません。

そのためには、あなた自身も信頼してもらえるような人間であることが重要です。

「こいつは頼りないな」「こいつはすぐ嘘をつくな」とパートナーが思っていれば、それはやがて表情やふとした時の仕草にも表れて、あなた自身が相手に不信感を抱く、というような悪循環に陥ることもあります。

意思をはっきり示す相手

パートナーが何を考えているのか分からない!では困りますね。

「こうされるのは好きじゃない」「Aという物事について、このように考えている」など、意思表示をはっきりしてくれる相手をパートナーを選ぶとよいでしょう。

信頼するという行為にはまず、相手を知ることが必須です。

意思を表示してくれない相手では、何を考えているのか、何が好きなのかがわかりません。

損得感情を抱いていない相手

信頼できるパートナーとは、「心から通じ合っている」ということが何よりも重要です。

パートナーが「一緒にいて金銭的な得がある」「この人と一緒にいれば自分の株があがる」「物知りで顔も広く、利用価値がある」などという損得感情をあなたに抱いているとします。

そんな相手は、心の底から信頼することができませんよね。

あなたを自分の道具として見るのではなく、ひとりの人間として尊重してくれる、そんな人間味の豊かな相手こそ、信頼できるパートナーです。

例えば重要な約束や、些細な口約束まで…あなたが覚えておいて、相手が忘れている、または覚えているのに無視をするという相手は、信頼しろといっても無理な話ですよね。

約束を破られれば、まるでその約束はあなた自身のようで、「私、おろそかにされている」と不愉快になることでしょう。

ちゃんと約束は守ってくれる、真摯な相手が信頼できるパートナーですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-