【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144421.html
会話が下手な人の特徴

会話が下手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
会話が下手な人の特徴

会話が下手な人はどんな特徴があるのでしょうか。

ポイントや改善点など20にまとめました。

  • もともと社交的じゃない
  • 相手の話を聞いているとじれったくなっていしまう
  • 話の腰を折ってしまう
  • 目を合わせないで話す
  • 無表情で喜怒哀楽がわかりにくい
  • 褒めるのが照れくさい
  • 友達が少ない
  • つい気を遣いすぎてしまう
  • 相手を下に見ている
  • 国語が苦手で適切な言葉が浮かばない
  • よく噛むからスムーズにしゃべられない
  • 最後まで聞かないで返答してしまう
  • 穏やかすぎて伝わっているのか不安にさせる
  • 声が小さい
  • 叱られるのが怖い
  • 相手を知ろうとしない
  • 話しながら別のことを考えてしまう
  • 自分ウケしてしまう
  • 子供が苦手
  • 時間ばかり気にしてしまう

1. もともと社交的じゃない

もともと社交的じゃない

もとも社交的な性格でなければ人と話す機会も少ないまま大人になり、その後もずっと会話が下手なままになってしまいます。

そしていつまでも会話に自信が持てず、堂々と話すこともできないままなのでしょう。

友達をたくさん作るようにして話すのが得意な人と会話を繰り返すトレーニングが必要ですね。

テレビをたくさん観てお笑い芸人の話術やコメンテーターのわかりやすい解説を聞いてみるのも勉強になると思います。

2. 相手の話を聞いているとじれったくなっていしまう

相手の話を聞いているとじれったくなっていしまう

せっかちな人は相手の話を聞くのがじれったくなり、「こういうことだよね?」と解説して相手を不快にさせてしまうこともあります。

話の途中でわかってしまっても相手が話しているうちはじっと待ちましょう。

特に相手が楽しそうに話しているのに遮る行為をしてはイラつかせますよ。

また、口に出さなくても頭の中で結論をイメージして楽しむような人もいます。

でも、相手のペースに任せてみると意外な着地点で落ち着くこともあって楽しいものですよ。

3. 話の腰を折ってしまう

話の腰を折ってしまう

話の腰を折るようなことを会話の合間に挟んでしまう人っていますよね。

天然ボケなのか自分の方がおもしろいのにと思っているのかはわかりませんが、話の腰を折られると相手はどこまで話したかわからなくなってしまいます。

会話はキャッチボールと表現しますし、相手の番なら自分はひくべきです。

自分もされたらいやですからね。

4. 目を合わせないで話す

目を合わせないで話す

目を合わせないで話すと会話がいまいち盛り上がりません。

なぜならその場の雰囲気が悪くなってしまうからです。

また、相手のリアクションも見られないのでうまくやりとりしようとすることも不可能でしょう。

相手はこちらをじっと見ているというのに自分だけ違うところを見るのは特に失礼な行為。

伏し目がちな時なんかは声も聞き取りにくくなり、相手はきっとイライラしますよ。

目を合わせて話すと真剣さも伝わります。

目が潤んでいると深く傷ついた気持ちも伝わります。

会話の一部として目を見せながら相手の目も見るようにしましょうね。

5. 無表情で喜怒哀楽がわかりにくい

無表情で喜怒哀楽がわかりにくい

無表情な人と会話をするのは不安になってしまいます。

だって、感情が顔に出ないと自分の話が楽しいのかどうかわかりませんし、相手がそれを聞いてどう感じているのかがさっぱりわかりません。

会話は話しながら相手のリアクションを楽しみにしているところもあるので喜怒哀楽を出して会話を盛り上げるべきです。

悲しい話の時は親身になって聞いてくれているとちょっと元気になれますし、嬉しい話ならともに喜んでくれてありがとうと感謝の気持ちがわくでしょう。

無表情で冷静に聞いているつもりかもしれませんが、相手にとっては悲しいだけなんていう可能性も…。

相手がどんな表情で自分の表情を見ているのかも気にしてあげるようにしてください。

6. 褒めるのが照れくさい

褒めるのが照れくさい

褒めるのが照れくさく感じるシャイな人は相手の自慢話や得意話でもうまく盛り上げることができないでしょう。

褒めるとお世辞と受け止められそうと思ってしまう人の他に、ただ「へぇ」という感嘆の声すら褒め言葉に感じてもらえるというのにそれすら言ってやるのはシャクなんだよなと感じてしまう人もそうです。

しかし、相手との会話が盛り上がるには褒めるのも上手になるべきではないでしょうか。

相手の気分も良くなるとこちらの話もちゃんと聞いてもらえそうですからね。

白々しくなく褒める事ができるようになりたいものです。

7. 友達が少ない

友達が少ない

友達が少ない人は楽しい会話の経験も少なく、どんな話が喜ばれるのかよくわかっていないこともあります。

だから無意識に相手がカチンとくることを言ってしまったり自分の話ばかりになってしまうこともあります。

相手の盛り上がった部分を自分の手柄のように奪ってしまう人もいます。

空気を読めるようになるには友達との会話の経験が必要ですね。

また、相手の話術を認めつつも真似ばかりにならないように自分らしさを忘れないようにすることも必要です。

8. つい気を遣いすぎてしまう

つい気を遣いすぎてしまう

気遣いがすぎる人は会話の中で大げさにリアクションをとってしまい、逆に相手を不快にさせることもあります。

褒めたり盛り上げたりするのもほどほどに。

中には突っ込みを入れてもらって喜ぶ人もいますからね。

相手が求めているリアクションも意識しながら反応するようにしましょう。

9. 相手を下に見ている

相手を下に見ている

相手のことを下に見ていると「だから何なの?」なんて思いながら話を聞いてしまうことがあります。

だから心の底から会話が楽しめません。

それが相手に伝わって相手も悲しい気持ちになります。

いくら相手が年下とか立場が弱い人でも話をちゃんと聞かないで立場だけで話の聞き方を決めないようにしてください。

10. 国語が苦手で適切な言葉が浮かばない

国語が苦手で適切な言葉が浮かばない

国語が苦手な人は「こんな時になんて言葉が適切なんだろう…」といい言葉が浮かばないこともよくあります。

何か言ってあげたいのにうまく慰めてあげられないとか、誤解されているようだけれどどう説明したらいいかわからないというような時です。

日頃から本を読んだりテレビを観たりして言葉を覚えていくといいですね。

11. よく噛むからスムーズにしゃべられない

よく噛むからスムーズにしゃべられない

よく噛む人は根本的にスムーズに話すことが苦手でそのうち会話を避けるようになります。

避けないにしても自信がないので聞き手に回ったり…そうすることで自分が話す番になってもうまく話せないのではないでしょうか。

噛みやすい人でもそれがウケることもありますし、真剣に話せば相手に気持ちが伝わることもありますから諦めないでくださいね。

普段から早口言葉の練習をしたり、言葉の教室に通ってみるのもいいかもしれません。

12. 最後まで聞かないで返答してしまう

最後まで聞かないで返答してしまう

せっかちで話を最後まで聞けない人もけっこういますよね。

自分が話したくて仕方がないようなおしゃべりの人もそうです。

相手からすると「もうちょっと待っていてよ…」と呆れることでしょう。

大人気ないとも思われるので会話には忍耐も大切です。

13. 穏やかすぎて伝わっているのか不安にさせる

穏やかすぎて伝わっているのか不安にさせる

性格が穏やかな人は優しく微笑みながら相手の話をじっくり聞くことができると思いますが、そのせいで相手は「ちゃんと伝わってる?」と不安になることもあります。

聞いてあげようとする気持ちは大切。

しかしあまりにも神様みたいだと対等に会話をしているという気にはなれませんね。

14. 声が小さい

声が小さい

声が小さいのに話し続けていると会話がうまくいきませんね。

相手が「もう少し大きい声で話して」と言ってくれればいいのですが、優しい人は良く聞こえなくてもなんとなく相槌を打って会話を続けてくれたりします。

そこで正しく伝わらない現象が起きてしまいます。

声が小さい人は相手に顔を向けてなるべく相手に声が届くイメージで話しましょう。

話す場所によっても聞こえ方が大幅に変化するので静かな場所に移動するのも正しい対策です。

15. 叱られるのが怖い

叱られるのが怖い

相手に恐怖心がある人は叱られるのが嫌で嘘をついて会話がたどたどしくなったり、お世辞を言い過ぎてしらけた雰囲気にしてしまうこともあります。

話したくないなという気持ちは少なからず伝わってしまうので苦手意識を少しでも持たないようにしたいですね。

人を好きになると会話ももっと楽しめるようになりますよ。

16. 相手を知ろうとしない

相手を知ろうとしない

一時の付き合いだからと言って相手を知ろうとしなければ会話が楽しくならないのも当然です。

なぜなら心のどこかでどうでもいい話だと思って聞いているから。

今さえ凌げればいいと思っているとオーバーリアクションになるか、逆に冷めたリアクションになってしまったりしますよ。

今せっかく話してくれている相手に対しては例え一時の仲だとしても知ってみようと努力しましょう。

17. 話しながら別のことを考えてしまう

話しながら別のことを考えてしまう

集中力がない人は誰かと会話をしながらこの後のことを考えたり、先ほどあったことをまだぼんやりと思い浮かべていたりします。

だから相槌も適当になり、相手にも「聞いていないな」とバレてしまうんですね。

会話がちゃんと進むにはひとつひとつお互いが解釈しなければいけません。

頭の中で確認しながら相手にも確認し、会話を噛み砕いて消化するイメージを持ちましょう。

別のことはそのあとじっくり考えた方が結論も出やすいはずです。

18. 自分ウケしてしまう

自分ウケしてしまう

自分の話術に自信がある人や前にウケた話をしようとして張り切っている人は話しながら自分ウケで笑ってしまいます。

そうすると相手は取り残されたような気持ちになり、「自分の反応なんてどうでもいいんじゃないの?」としらけてしまうことでしょう。

気をつけましょうね。

自分でウケてしまいそうな時は心を落ち着かせてから話すようにしてください。

意外と思っていたリアクションじゃなくてがっかりされる可能性もあります。

そんな時恥をかきますよ。

19. 子供が苦手

子供が苦手

子供が苦手な人は子供と会話をするのが下手です。

子供と上手に話をするには目線を合わせてわかりやすい言葉を使うようにしてあげてください。

子供対して話しているとは思えないほど堅苦しく話す大人もいますからね。

相手はそんな大人に苦手意識を持ち、心を開いて話してくれるとは思えません。

聞き上手になって子供の話を引き出すようにしましょう。

20. 時間ばかり気にしてしまう

常に時間ばかり気にしているせわしない人は会話がいつ終わるのかが気になり、話半分に聞いてしまうことでしょう。

相手の会話でここを省略してこう繋げればスムーズなのにと採点してしまうような人もいます。

しかし、よく話を聞いてみるとたどたどしい話の流れであっても相手の動揺や興奮が伝わってくることだってあるんです。

スムーズすぎる会話は興奮せず過ぎ去ってしまう感覚もあります。

だから早ければいい、無駄がなければ完璧とも言い切れないのです。

会話が下手な人はどんな特徴があるのでしょうか。

ポイントや改善点など20にまとめました。


もともと社交的じゃない

もとも社交的な性格でなければ人と話す機会も少ないまま大人になり、その後もずっと会話が下手なままになってしまいます。

そしていつまでも会話に自信が持てず、堂々と話すこともできないままなのでしょう。

友達をたくさん作るようにして話すのが得意な人と会話を繰り返すトレーニングが必要ですね。

テレビをたくさん観てお笑い芸人の話術やコメンテーターのわかりやすい解説を聞いてみるのも勉強になると思います。

相手の話を聞いているとじれったくなっていしまう

せっかちな人は相手の話を聞くのがじれったくなり、「こういうことだよね?」と解説して相手を不快にさせてしまうこともあります。

話の途中でわかってしまっても相手が話しているうちはじっと待ちましょう。

特に相手が楽しそうに話しているのに遮る行為をしてはイラつかせますよ。

また、口に出さなくても頭の中で結論をイメージして楽しむような人もいます。

でも、相手のペースに任せてみると意外な着地点で落ち着くこともあって楽しいものですよ。

話の腰を折ってしまう

話の腰を折るようなことを会話の合間に挟んでしまう人っていますよね。

天然ボケなのか自分の方がおもしろいのにと思っているのかはわかりませんが、話の腰を折られると相手はどこまで話したかわからなくなってしまいます。

会話はキャッチボールと表現しますし、相手の番なら自分はひくべきです。

自分もされたらいやですからね。

目を合わせないで話す

目を合わせないで話すと会話がいまいち盛り上がりません。

なぜならその場の雰囲気が悪くなってしまうからです。

また、相手のリアクションも見られないのでうまくやりとりしようとすることも不可能でしょう。

相手はこちらをじっと見ているというのに自分だけ違うところを見るのは特に失礼な行為。

伏し目がちな時なんかは声も聞き取りにくくなり、相手はきっとイライラしますよ。

目を合わせて話すと真剣さも伝わります。

目が潤んでいると深く傷ついた気持ちも伝わります。

会話の一部として目を見せながら相手の目も見るようにしましょうね。

無表情で喜怒哀楽がわかりにくい

無表情な人と会話をするのは不安になってしまいます。

だって、感情が顔に出ないと自分の話が楽しいのかどうかわかりませんし、相手がそれを聞いてどう感じているのかがさっぱりわかりません。

会話は話しながら相手のリアクションを楽しみにしているところもあるので喜怒哀楽を出して会話を盛り上げるべきです。

悲しい話の時は親身になって聞いてくれているとちょっと元気になれますし、嬉しい話ならともに喜んでくれてありがとうと感謝の気持ちがわくでしょう。

無表情で冷静に聞いているつもりかもしれませんが、相手にとっては悲しいだけなんていう可能性も…。

相手がどんな表情で自分の表情を見ているのかも気にしてあげるようにしてください。

褒めるのが照れくさい

褒めるのが照れくさく感じるシャイな人は相手の自慢話や得意話でもうまく盛り上げることができないでしょう。

褒めるとお世辞と受け止められそうと思ってしまう人の他に、ただ「へぇ」という感嘆の声すら褒め言葉に感じてもらえるというのにそれすら言ってやるのはシャクなんだよなと感じてしまう人もそうです。

しかし、相手との会話が盛り上がるには褒めるのも上手になるべきではないでしょうか。

相手の気分も良くなるとこちらの話もちゃんと聞いてもらえそうですからね。

白々しくなく褒める事ができるようになりたいものです。

友達が少ない

友達が少ない人は楽しい会話の経験も少なく、どんな話が喜ばれるのかよくわかっていないこともあります。

だから無意識に相手がカチンとくることを言ってしまったり自分の話ばかりになってしまうこともあります。

相手の盛り上がった部分を自分の手柄のように奪ってしまう人もいます。

空気を読めるようになるには友達との会話の経験が必要ですね。

また、相手の話術を認めつつも真似ばかりにならないように自分らしさを忘れないようにすることも必要です。

つい気を遣いすぎてしまう

気遣いがすぎる人は会話の中で大げさにリアクションをとってしまい、逆に相手を不快にさせることもあります。

褒めたり盛り上げたりするのもほどほどに。

中には突っ込みを入れてもらって喜ぶ人もいますからね。

相手が求めているリアクションも意識しながら反応するようにしましょう。

相手を下に見ている

相手のことを下に見ていると「だから何なの?」なんて思いながら話を聞いてしまうことがあります。

だから心の底から会話が楽しめません。

それが相手に伝わって相手も悲しい気持ちになります。

いくら相手が年下とか立場が弱い人でも話をちゃんと聞かないで立場だけで話の聞き方を決めないようにしてください。

国語が苦手で適切な言葉が浮かばない

国語が苦手な人は「こんな時になんて言葉が適切なんだろう…」といい言葉が浮かばないこともよくあります。

何か言ってあげたいのにうまく慰めてあげられないとか、誤解されているようだけれどどう説明したらいいかわからないというような時です。

日頃から本を読んだりテレビを観たりして言葉を覚えていくといいですね。

よく噛むからスムーズにしゃべられない

よく噛む人は根本的にスムーズに話すことが苦手でそのうち会話を避けるようになります。

避けないにしても自信がないので聞き手に回ったり…そうすることで自分が話す番になってもうまく話せないのではないでしょうか。

噛みやすい人でもそれがウケることもありますし、真剣に話せば相手に気持ちが伝わることもありますから諦めないでくださいね。

普段から早口言葉の練習をしたり、言葉の教室に通ってみるのもいいかもしれません。

最後まで聞かないで返答してしまう

せっかちで話を最後まで聞けない人もけっこういますよね。

自分が話したくて仕方がないようなおしゃべりの人もそうです。

相手からすると「もうちょっと待っていてよ…」と呆れることでしょう。

大人気ないとも思われるので会話には忍耐も大切です。

穏やかすぎて伝わっているのか不安にさせる

性格が穏やかな人は優しく微笑みながら相手の話をじっくり聞くことができると思いますが、そのせいで相手は「ちゃんと伝わってる?」と不安になることもあります。

聞いてあげようとする気持ちは大切。

しかしあまりにも神様みたいだと対等に会話をしているという気にはなれませんね。

声が小さい

声が小さいのに話し続けていると会話がうまくいきませんね。

相手が「もう少し大きい声で話して」と言ってくれればいいのですが、優しい人は良く聞こえなくてもなんとなく相槌を打って会話を続けてくれたりします。

そこで正しく伝わらない現象が起きてしまいます。

声が小さい人は相手に顔を向けてなるべく相手に声が届くイメージで話しましょう。

話す場所によっても聞こえ方が大幅に変化するので静かな場所に移動するのも正しい対策です。

叱られるのが怖い

相手に恐怖心がある人は叱られるのが嫌で嘘をついて会話がたどたどしくなったり、お世辞を言い過ぎてしらけた雰囲気にしてしまうこともあります。

話したくないなという気持ちは少なからず伝わってしまうので苦手意識を少しでも持たないようにしたいですね。

人を好きになると会話ももっと楽しめるようになりますよ。

相手を知ろうとしない

一時の付き合いだからと言って相手を知ろうとしなければ会話が楽しくならないのも当然です。

なぜなら心のどこかでどうでもいい話だと思って聞いているから。

今さえ凌げればいいと思っているとオーバーリアクションになるか、逆に冷めたリアクションになってしまったりしますよ。

今せっかく話してくれている相手に対しては例え一時の仲だとしても知ってみようと努力しましょう。

話しながら別のことを考えてしまう

集中力がない人は誰かと会話をしながらこの後のことを考えたり、先ほどあったことをまだぼんやりと思い浮かべていたりします。

だから相槌も適当になり、相手にも「聞いていないな」とバレてしまうんですね。

会話がちゃんと進むにはひとつひとつお互いが解釈しなければいけません。

頭の中で確認しながら相手にも確認し、会話を噛み砕いて消化するイメージを持ちましょう。

別のことはそのあとじっくり考えた方が結論も出やすいはずです。

自分ウケしてしまう

自分の話術に自信がある人や前にウケた話をしようとして張り切っている人は話しながら自分ウケで笑ってしまいます。

そうすると相手は取り残されたような気持ちになり、「自分の反応なんてどうでもいいんじゃないの?」としらけてしまうことでしょう。

気をつけましょうね。

自分でウケてしまいそうな時は心を落ち着かせてから話すようにしてください。

意外と思っていたリアクションじゃなくてがっかりされる可能性もあります。

そんな時恥をかきますよ。

子供が苦手

子供が苦手な人は子供と会話をするのが下手です。

子供と上手に話をするには目線を合わせてわかりやすい言葉を使うようにしてあげてください。

子供対して話しているとは思えないほど堅苦しく話す大人もいますからね。

相手はそんな大人に苦手意識を持ち、心を開いて話してくれるとは思えません。

聞き上手になって子供の話を引き出すようにしましょう。

常に時間ばかり気にしているせわしない人は会話がいつ終わるのかが気になり、話半分に聞いてしまうことでしょう。

相手の会話でここを省略してこう繋げればスムーズなのにと採点してしまうような人もいます。

しかし、よく話を聞いてみるとたどたどしい話の流れであっても相手の動揺や興奮が伝わってくることだってあるんです。

スムーズすぎる会話は興奮せず過ぎ去ってしまう感覚もあります。

だから早ければいい、無駄がなければ完璧とも言い切れないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-