【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144404.html
猫に嫌われる人の特徴

猫に嫌われる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
猫に嫌われる人の特徴

最近ペットとして大人気の猫。

猫カフェなど、人気はかなり広がっていますが、気まぐれな猫に嫌われてしまう人にはどんな特徴があるのでしょう。

  • 長時間かまいすぎる
  • すぐに抱っこをしようとする
  • 嫌なところを撫でる
  • 寝ているところを起こす
  • 他の動物の匂いがする
  • 強い香水をつけている
  • 突然大きな声を出す
  • 大好きな飼い主と仲が良い
  • 赤ちゃんを連れている
  • 身体が大きく威圧的

1. 長時間かまいすぎる

長時間かまいすぎる

猫は大変気まぐれな性格のため、自分が遊んでほしい時はいいのですが、放っておいてほしい時にかまわれると鬱陶しく感じてしまうようです。

猫の様子をよく見て、遊び疲れたように寝転がっていたり、高いところで休憩したりしている時はそっとしといてあげることが大切です。

2. すぐに抱っこをしようとする

すぐに抱っこをしようとする

小さい時から、人間に飼われていて、人間との距離がとても近い猫もいますが、猫は基本的に抱き上げられることが苦手です。

猫が嫌がっているのに無理に抱き上げると足の爪を立てて抵抗することもありますので、気をつけましょう。

抱き上げられること自体は嫌がらなくても、長時間抱き続けると嫌がる猫も多いので、抱っこのスキンシップは短い時間にとどめるようにしてみましょう。

3. 嫌なところを撫でる

嫌なところを撫でる

猫は撫でられると気持ちが良いところと、嫌な気持ちになるところがあります。

頭や顎の下、尻尾の付け根辺りの背中などは撫でられると気持ちが良いと感じるようですが、耳、お腹、後ろ足などは急所でもあるため、本能的に拒否反応を起こしてしまう猫がほとんどです。

猫が嫌がる部分を極力触らないように気をつけていれば、嫌なことをしない人と判断してくれるかもしれません。

4. 寝ているところを起こす

寝ているところを起こす

先ほども述べたように、とても気まぐれな猫は、寝る時間も気まぐれ。

猫の睡眠時間は平均的に12から16時間とされており、人間の2倍近く寝ています。

そのため、昼間も寝ていることが多く、つい起こしてしまいたくなりますが、無理に起こしてしまうと猫の機嫌を損ね、猫パンチをくらってしまうことも少なくありません。

特に高い場所で寝ている時などはそっとしておいてあげましょう。

5. 他の動物の匂いがする

他の動物の匂いがする

猫は犬ほどではないものの、人間と比べるととても強い嗅覚を持っています。

野生のオス猫は他の猫が縄張りに入ってこないようにマーキングをする習性もあるため、他の動物の匂いには敏感です。

そのため、自分の家で犬や猫を飼っている人が、他所の家の猫に出会った時に警戒されてしまうことはよくあるようです。

6. 強い香水をつけている

強い香水をつけている

先ほども述べたように、猫は鋭い嗅覚を持っています。

人間の鼻でも強く感じるような香水の匂いは、猫にとっては大変不快です。

猫のよく慣れている匂いなら問題ないかもしれませんが、急なお客様が香水をつけていた場合や、飼い主が新しい匂いの香水をつけ始めた時などは、嫌がって逃げてしまう可能性があります。

7. 突然大きな声を出す

突然大きな声を出す

猫は様々な音にも敏感です。

よく、インターホンのチャイムの音を聞くと、来客だということを理解して隠れる猫が多いですが、そのように猫は様々な音の聞き分けをすることができます。

家の中にいるのに、窓の外から聞こえた鳥の声に反応する猫もいるように、猫の聴覚は大変優れています。

なので、突然大きな音を立てたり、大きな声を上げたりすると、かなり驚かせてしまう可能性が高いです。

猫は学習能力も高いため、驚かせるようなことが続けば、その人のことを避けるようになってしまう可能性もあります。

8. 大好きな飼い主と仲が良い

大好きな飼い主と仲が良い

猫は気まぐれな性格で、犬のように飼い主に甘えたりはしないと思われることもありますが、大変に甘えん坊な性格の猫も中にはいます。

始終、飼い主の後を追いかけているような甘えん坊な猫は、他の人間にヤキモチを焼くことまであります。

そのため、自分の大好きな飼い主さんが、他の人とずっと仲良く話していたりすると、やたらと間に割って入ったり、その相手に攻撃をすることもあります。

定期的に猫のことをかまってあげて、ご機嫌伺いをすることがおすすめです。

9. 赤ちゃんを連れている

赤ちゃんを連れている

赤ちゃんは猫の天敵とも言うべき存在です。

これまでに述べてきたような、嫌な部分を触る、大きな声をあげる、猫が嫌がってもお構いなくかまいすぎる、など、猫にとって不快なことでも、赤ちゃんは悪気なくしてしまいます。

でも、赤ちゃんのことは、守るべき存在と認識している猫も多く、赤ちゃんが猫を追いかけ、猫がどうすれば良いかわからず逃げ惑うという姿はよく見られるようです。

なので、赤ちゃんに苦手意識を持っている猫は、お父さんやお母さんが赤ちゃんを抱っこしていると警戒して隠れてしまうことも少なくないようです。

10. 身体が大きく威圧的

猫にかぎらず、多くの動物は身体の大きな動物に恐れを抱く傾向があります。

生まれた時から、人に慣れている猫はさほど気にしない場合が多いですが、元々野生で暮らしていた猫などは、身体が大きな男性や、声の低い男性を怖がることがあります。

これは本能的な恐怖心のため、克服することはなかなか容易ではありません。

なるべく猫の前では体制を低く保ったり、威圧的な声を出さないように気をつける配慮が必要です。

以上のように、猫に嫌われてしまうのは、猫が本能的に不快に感じることを気づかずにしてしまっている場合が多いです。

猫が居心地よく過ごせる環境づくりを心がければ、徐々に心を開いてくれるはずですよ。

最近ペットとして大人気の猫。

猫カフェなど、人気はかなり広がっていますが、気まぐれな猫に嫌われてしまう人にはどんな特徴があるのでしょう。


長時間かまいすぎる

猫は大変気まぐれな性格のため、自分が遊んでほしい時はいいのですが、放っておいてほしい時にかまわれると鬱陶しく感じてしまうようです。

猫の様子をよく見て、遊び疲れたように寝転がっていたり、高いところで休憩したりしている時はそっとしといてあげることが大切です。

すぐに抱っこをしようとする

小さい時から、人間に飼われていて、人間との距離がとても近い猫もいますが、猫は基本的に抱き上げられることが苦手です。

猫が嫌がっているのに無理に抱き上げると足の爪を立てて抵抗することもありますので、気をつけましょう。

抱き上げられること自体は嫌がらなくても、長時間抱き続けると嫌がる猫も多いので、抱っこのスキンシップは短い時間にとどめるようにしてみましょう。

嫌なところを撫でる

猫は撫でられると気持ちが良いところと、嫌な気持ちになるところがあります。

頭や顎の下、尻尾の付け根辺りの背中などは撫でられると気持ちが良いと感じるようですが、耳、お腹、後ろ足などは急所でもあるため、本能的に拒否反応を起こしてしまう猫がほとんどです。

猫が嫌がる部分を極力触らないように気をつけていれば、嫌なことをしない人と判断してくれるかもしれません。

寝ているところを起こす

先ほども述べたように、とても気まぐれな猫は、寝る時間も気まぐれ。

猫の睡眠時間は平均的に12から16時間とされており、人間の2倍近く寝ています。

そのため、昼間も寝ていることが多く、つい起こしてしまいたくなりますが、無理に起こしてしまうと猫の機嫌を損ね、猫パンチをくらってしまうことも少なくありません。

特に高い場所で寝ている時などはそっとしておいてあげましょう。

他の動物の匂いがする

猫は犬ほどではないものの、人間と比べるととても強い嗅覚を持っています。

野生のオス猫は他の猫が縄張りに入ってこないようにマーキングをする習性もあるため、他の動物の匂いには敏感です。

そのため、自分の家で犬や猫を飼っている人が、他所の家の猫に出会った時に警戒されてしまうことはよくあるようです。

強い香水をつけている

先ほども述べたように、猫は鋭い嗅覚を持っています。

人間の鼻でも強く感じるような香水の匂いは、猫にとっては大変不快です。

猫のよく慣れている匂いなら問題ないかもしれませんが、急なお客様が香水をつけていた場合や、飼い主が新しい匂いの香水をつけ始めた時などは、嫌がって逃げてしまう可能性があります。

突然大きな声を出す

猫は様々な音にも敏感です。

よく、インターホンのチャイムの音を聞くと、来客だということを理解して隠れる猫が多いですが、そのように猫は様々な音の聞き分けをすることができます。

家の中にいるのに、窓の外から聞こえた鳥の声に反応する猫もいるように、猫の聴覚は大変優れています。

なので、突然大きな音を立てたり、大きな声を上げたりすると、かなり驚かせてしまう可能性が高いです。

猫は学習能力も高いため、驚かせるようなことが続けば、その人のことを避けるようになってしまう可能性もあります。

大好きな飼い主と仲が良い

猫は気まぐれな性格で、犬のように飼い主に甘えたりはしないと思われることもありますが、大変に甘えん坊な性格の猫も中にはいます。

始終、飼い主の後を追いかけているような甘えん坊な猫は、他の人間にヤキモチを焼くことまであります。

そのため、自分の大好きな飼い主さんが、他の人とずっと仲良く話していたりすると、やたらと間に割って入ったり、その相手に攻撃をすることもあります。

定期的に猫のことをかまってあげて、ご機嫌伺いをすることがおすすめです。

赤ちゃんを連れている

赤ちゃんは猫の天敵とも言うべき存在です。

これまでに述べてきたような、嫌な部分を触る、大きな声をあげる、猫が嫌がってもお構いなくかまいすぎる、など、猫にとって不快なことでも、赤ちゃんは悪気なくしてしまいます。

でも、赤ちゃんのことは、守るべき存在と認識している猫も多く、赤ちゃんが猫を追いかけ、猫がどうすれば良いかわからず逃げ惑うという姿はよく見られるようです。

なので、赤ちゃんに苦手意識を持っている猫は、お父さんやお母さんが赤ちゃんを抱っこしていると警戒して隠れてしまうことも少なくないようです。

猫にかぎらず、多くの動物は身体の大きな動物に恐れを抱く傾向があります。

生まれた時から、人に慣れている猫はさほど気にしない場合が多いですが、元々野生で暮らしていた猫などは、身体が大きな男性や、声の低い男性を怖がることがあります。

これは本能的な恐怖心のため、克服することはなかなか容易ではありません。

なるべく猫の前では体制を低く保ったり、威圧的な声を出さないように気をつける配慮が必要です。

以上のように、猫に嫌われてしまうのは、猫が本能的に不快に感じることを気づかずにしてしまっている場合が多いです。

猫が居心地よく過ごせる環境づくりを心がければ、徐々に心を開いてくれるはずですよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-