【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135115.html
ムカつく上司への対処法 30選

ムカつく上司への対処法 30選 | LADYCO

LADYCO
ムカつく上司への対処法 30選

会社にいますよね?ムカつく上司。

まずは仕事以外のコミュニケーションは極力避けていきましょう。

ムカつく上司への対処法 30選まとめて見ました。

  • 飲みに行くことをしない
  • 話は聞くふりだけ
  • 同じ気持ちの人間を探す
  • 会話は最低限にとどめる
  • 報告・相談・連絡のみにとどめる
  • メールで極力連絡をすませる
  • 職場での二人の時間を減らす
  • あえて、人には愚痴らない
  • 逆にいい人とまわりに吹聴して自分を洗脳する
  • 別の職場の人間に愚痴る
  • 友人にとにかく愚痴ってストレス解消
  • 彼女に悩みを聞いてもらう
  • 親や先輩に対処方法を聞いてみる
  • 仕事から帰ったらリフレッシュをする
  • 過去にその上司と付き合っていた方に対処法を聞いてみる
  • 逆に上司を好きになるように努力してみる
  • 上司のいいところを前向きに探す
  • 上司と二人きりではなく、第三者とコミュニケーションをはかる
  • 休憩時間はいっしょにしない
  • とにかくいやなコミュニケーションは忘れるようにする
  • 個人個人で違う考え方があると言い聞かす
  • 上司よりも嫌いな人間を探して、まだましだと納得する
  • 自分よりも上司とそりが合わない人間を探して納得する
  • たまには理論武装して攻撃してみる
  • あえて、人間ウォッチングしてみる
  • 職場異動願いを出してみる
  • ほかの職場の上司に対する評価を聞いてみる
  • 自分の成長の過程と割り切って接してみる
  • あきらめて反面教師とすることで納得
  • とにかくいやな上司に気づかれないように接してみる

1. 飲みに行くことをしない

飲みに行くことをしない

職場での飲み会、昔ほどはないにしても今でもその文化はあります。

むかつく、そりが合わない上司とは無理してこうした宴会に行くことはありません。

今時、強制されることもありません。

もちろん、歓送迎会などは参加すべきですが、TPOをわきませて、お断りすることで必要以上のコミュニケーションをさけましょう。

2. 話は聞くふりだけ

話は聞くふりだけ

むかつく、そりが合わない上司の話。

これはとにかく聞くに堪えないこともあるでしょう。

しかし、仕事ですから必ず、指示は来ます。

こうしたビジネスの話は聞き流すわけにはいきません。

しかし、それ以外の話は聞き流すくらいの気持ちで接しましょう。

きっとこれだけでも使い方が楽になってくると思います。

3. 同じ気持ちの人間を探す

同じ気持ちの人間を探す

きっと、まわりにも自分と同じように上司を快く思っていない方がいるかもしれません。

こうした仲間を見つけることをしてはいかがでしょうか。

しかし、間違ってはならないのはこうした仲間を見つけて愚痴を言うことが目的ではありません。

どのようにして付き合っていったらいいのか、同じ気持を抱く人間として一緒に考えていく。

これが目的です。

きっと、自分一人では導き出せなかったような答えを出せる可能性もあります。

4. 会話は最低限にとどめる

会話は最低限にとどめる

むかつく上司とのコミュニケーションは極力避けたいものです。

無理なコミュニケーションをとらず、まずは業務だけにとどめるやり方を探してみること。

もちろん、仕事の進め方によって、その職場の業務によっては難しいところもあるかもしれませんが、最低限の会話をすることになれば、そのストレスも減ってきます。

仕事の進め方と勘案しながら自分自身のペースをつかんでいくようにしましょう。

5. 報告・相談・連絡のみにとどめる

報告・相談・連絡のみにとどめる

あまりそりがあわないいやな上司とのコミュニケーション。

ここを必要以上に行いたくない場合、とにかく徹底して基本的な報告・連絡・相談にとどめるというところも一考かと思います。

とにかくビジネスライクな付き合いをいかに上司と行っていくのか、ここに焦点を置くことにしてみましょう。

これは好き嫌いではなく、仕事の進め方として簡単にできるはずです。

6. メールで極力連絡をすませる

メールで極力連絡をすませる

今の時代、コミュニケーションをいかに上司とうまくとっていくかは大きなポイントになります。

しかしながら、今は在宅勤務なども含めてメール文化などが発達しています。

もちろん、ダイレクトコミュニケーションが重要であることは間違いありません。

とはいうものの、メールをうまく活用して可能な限り、連絡方法を簡略化してみましょう。

その分だけストレスも減るでしょう。

7. 職場での二人の時間を減らす

職場での二人の時間を減らす

上司であるわけですから、仕事はもちろん、一緒に時間を過ごすことあ多くなるのは仕方ありません。

しかし、そのいっしょにいる時間を減らすことはいくらでもできるはずなのです。

それも上司に悟られないようにして。

もちろん、周囲ともうまくとけこめるようにして動きをかけなければ難しいところかもしれません。

うまく立ち回れるようにしましょう。

8. あえて、人には愚痴らない

あえて、人には愚痴らない

あえて、そりが合わない上司、いやな上司の噂話などは一切しない。

これも一つのビジネスマンとしての振る舞いになります。

はっきり言って、一つ間違うと自分自身で悩みを抱えて「間違った方向に行きかねませんが、ぐっとこらえて耐えられるレベルであれば、周囲からの自分の評価を高めるためにも沈黙を決め込むわけです。

やはり、どちらが悪いにしても噂話や悪口というのは避けるに越したことはありません。

9. 逆にいい人とまわりに吹聴して自分を洗脳する

逆にいい人とまわりに吹聴して自分を洗脳する

自分自身が嫌な上司だと思っているからまずいのです。

仮に上司は非常にいい人だ、自分ともうまくいっていると周りに吹聴することを心がけてみましょう。

こうすることで、きっと、自分自身もいつの間にか洗脳されてしまいます。

そうなのです。

周りに吹聴することで自分自身の意識も変えてしまうというのがこの作戦です。

自分が大人になっていく上でのこうした振る舞いも必要なことではないでしょうか。

10. 別の職場の人間に愚痴る

別の職場の人間に愚痴る

上司とそりがあわない、またはうまくコミュニケーションが取れないということを同じ会社でも別の職場の方々と愚痴ってみるのも手です。

お互いの職場で同じようにそりが合わない方々がいるはずですから。

悩みを共有するということになるのですが、こうした連帯感をもつことあある意味でも会社の中で人脈を広げる一つの手になるのかも知れません。

もちろん、それはお酒が入っていても構わないと思います。

11. 友人にとにかく愚痴ってストレス解消

友人にとにかく愚痴ってストレス解消

自分の友人、特に会社に関係ないところの友人にこうした上司とのコミュニケーションの悩みを聞いてもらいましょう。

これは本当に愚痴るという形でも構わないでしょう。

お酒を酌み交わしながら、いろいろなバカ話をセットで話するだけできっと、すっきりするかもしれません。

根本的な解決にならないとしてもちょっとしたガス抜きとしてこうした場面は必要なものですから。

12. 彼女に悩みを聞いてもらう

彼女に悩みを聞いてもらう

自分の弱みや悩み、それも上司とのコミュニケーションについてなどなかなか相談しづらいものです。

だからこそ、こうした相談をできるのは彼女ということになります。

もちろん、彼女に愚痴っていると思われると男性としての株を落とすことになりますので言い方や考え方はしっかり伝えないといけません。

心置きなく、自分の悩みを聞き入れてくれる彼女こそ、非常に自分を支えてくれることになります。

13. 親や先輩に対処方法を聞いてみる

親や先輩に対処方法を聞いてみる

なかなか、上司とのコミュニケーションの悩みを解消するにあたって、一人では難しいといえるでしょう。

そこで重要なのは親や先輩といった自分が信頼できる方々を探してきて、相談してみることです。

きっと、自分では解決できない悩みもうまくときほぐしてくれるでしょう。

自分一人で抱えることなく、まずは相談してみましょう。

まず、こうした信頼できる相談先を探すことが難しいところかもしれませんが。

14. 仕事から帰ったらリフレッシュをする

仕事から帰ったらリフレッシュをする

いやな上司とのやりとり、仕事場では多少曳づってしまうこともあるかもしれません。

しかし、家に帰ったらしっかり切り替えましょう。

毎日、こうしたことがたまっていくと精神衛生上、間違いなくマイナスです。

リフレッシュする手法は個人によって異なるので何がいいかはわかりません。

とにかく、悪いコミュニケーションをためない、これを心にとめておきましょう。

15. 過去にその上司と付き合っていた方に対処法を聞いてみる

過去にその上司と付き合っていた方に対処法を聞いてみる

その上司とどのようにつきあっていたのか、過去に付き合っていた方に聞いてみることも一考です。

きっと、同じような悩みを抱えていても、違ったアプローチでうまくつきあっていたのかもしれませんから。

逆に上司のいいところ、または受け答えでポイントになるところも教えてもらえるかもしれません。

16. 逆に上司を好きになるように努力してみる

逆に上司を好きになるように努力してみる

きらいだきらいだという先入観をもってしまうとそこで人間同士の関係は恋愛でも友人関係もおしまいです。

だからこそ、理由は別にしてとにかく上司を好きになってみましょう。

いえ、その努力をしてみましょう。

きっと、結果は別として違った目線で上司と話をすることができるようになるでしょう。

17. 上司のいいところを前向きに探す

上司のいいところを前向きに探す

あえて、上司のいいところを探すことを考えてみましょう。

人間誰にだっていいところはあるものです。

いやだいやだと思っているから、悪くなっていくわけです。

一つでも二つでもいいところを見つけることができたらきっとその関係性も変わってくるでしょう。

コミュニケーションもとりやすくなるかもしれません。

18. 上司と二人きりではなく、第三者とコミュニケーションをはかる

上司と二人きりではなく、第三者とコミュニケーションをはかる

そりがあわない上司とも二人だから、どうしてもいやな雰囲気になってしまうのです。

報告や相談があるときはあえて第三者といっしょに行ってみましょう。

上司も複数人であれば、違ったコミュニケーションの取り方いなってくるでしょう。

そこが大きな分岐点です。

あなたに対するコミュニケーションもいずれは少しずつ変わってくるかもしれません。

ここまでもってこれたら、関係も変わってくる可能性があります。

これこそ、好転の兆しです。

19. 休憩時間はいっしょにしない

休憩時間はいっしょにしない

同じ職場であれば、どうしても休憩時間やお昼やすみなどいっしょになることもあるでしょう。

しかし、あえてこうした時間はいっしょにならないように心がけましょう。

もちろん、上司からさけているのかと思われるようなやり方は大人ではないので避けるべき。

うまく立ち振る舞うことが出k手こそ、このやり方が成り立つわけです。

やはり仕事以外の時間までいかに州ぎぃう時間中といえども無理に一緒にいることは避けたほうが間違いなく精神衛生上もいいはずす。

20. とにかくいやなコミュニケーションは忘れるようにする

とにかくいやなコミュニケーションは忘れるようにする

いやなコミュニケーションを上司と繰り広げたときにそれをどうするか。

割り切って忘れてしまうことが重要です。

なかなかこうしたコミュニケーションは忘れにくいものなのですが、どこまで割り切ることができるか、きっと100パーセントは無理だとしても少しずつでも忘れていくことができたなら、気持ちの面でも非常に楽になることでしょう。

ストレスをなくすためにもこれは重要な考え方です。

実践してこそ、意味が出てきます。

21. 個人個人で違う考え方があると言い聞かす

個人個人で違う考え方があると言い聞かす

いかに上司とそりが合わない、いやな関係だと考えてしまってもどこかで割り切りが必要になります。

そこで、人は個人個人で個性があり、同じ人はいない、もちろん相性がいい悪いもあるということを自分自身に言い聞かせて納得することが大事でしょう。

きっと、上司との関係だけではなく、ほかでもこの考え方は応用して活用することができるはず。

自分自身の成長のためにもこうした考え方が必要になってきます。

22. 上司よりも嫌いな人間を探して、まだましだと納得する

上司よりも嫌いな人間を探して、まだましだと納得する

きっと、上司以外にも相性が悪いな、嫌いだな、お互いうまくいかないなと感じる方がいるはず。

そんな方々をイメージした中で上司はまだましだと思えるかもしれません。

この境地に達することが出きれば、多少の出来事があっても上司ともうまくやっていける環境づくりができるのではないでしょうか。

もちろん、環境といっても自分の心の中の整理になりますが。

きっと、自分自身が楽になり、仕事のやり方もかわってくるのではないかと思います。

23. 自分よりも上司とそりが合わない人間を探して納得する

自分よりも上司とそりが合わない人間を探して納得する

自分以外にも上司とそりが合わない人間がいないか探してみてください。

きっと、自分以外にも同じようにそりが合わない方々がいるはずです。

ここから特にこうどうをおこすわけではないのですが、自分以外にも苦しんでいる方々がいるのだから、自分も頑張ろうという納得材料いしてしまうわけです。

冷静に考えればわかることですが、だれもかれも同じような苦しみを抱えていることが分かれば、きっと気持ちの面では楽になるはずです。

24. たまには理論武装して攻撃してみる

たまには理論武装して攻撃してみる

いかに上司とそりがあわないからといって、例えば、一方的にいわれっぱなしというだけではあまりにもさくがありません。

例えばですが、数回に1回は自分なりに理論武装して言い方によっては慇懃無礼に聞こえるかもしれませんが、反論してみることで付き合い方を一瞬でも変えてみてはいかがでしょうか。

こうしたチェンジオブペースによって二人の関係もかわってくるかもしれません。

少し高度なテクニックですが。

25. あえて、人間ウォッチングしてみる

あえて、人間ウォッチングしてみる

ここはテクニックとしての話です。

じたばたしても仕方ないと思ったら次は人間ウォッチングをするがごとく、静観してみてはいかがでしょうか。

これも自分自身が気持ちの整理がきちんとできていなければ難しいところですが、いかに静かにやり過ごすかという観点から考えた場合にはこの人間ウォッチングするという考え方も間違っていません。

むしろ、上司を客観的にながめることで違った世界が見えてくるかもしれません。

26. 職場異動願いを出してみる

職場異動願いを出してみる

もちろん、サラリーマンであれば、そして企業であればいつかは人事異動、組織変更というものが発生するはず。

数人の企業でなければ、そのタイミングを待つというのもありです。

しかし、どうしてもそこまで待てないという場合には節目節目で異動願いを出してみてはいかがでしょうか。

もちろん、単に上司が嫌いというだけでは意味がありません。

きちんと自分が何をやりたいのか、明確にしたうえで異動願を出すことにすれば、いつかはその願いが聞き届けられることもあるかもしれません。

27. ほかの職場の上司に対する評価を聞いてみる

ほかの職場の上司に対する評価を聞いてみる

一度、ほかの職場の方々にいやな上司の評価を聞いてみてはいかがでしょう。

仮に自分自身にとっては嫌な上司でも実は客観的にとらえた場合には優秀で、それも人格者として評価されているかもしれません。

こうなった場合は自分が少数派になるわけですからいかに順応するか、この路線で対応をしていくことがポイントになってくるわけです。

自己評価だけではなく、客観的な評価を大事にすることも大人の対応として、社会人として非常に重要になってきます。

28. 自分の成長の過程と割り切って接してみる

自分の成長の過程と割り切って接してみる

学生時代からいやなこと、つらいことを乗り切った時にこそ成長が感じられたものでしょう。

どうしても上司とそりが合わないと感じた時には、あえてそれを自分自身の試練の時と位置付けて我慢することで自分自身の成長を促す機会としてとらえてください。

もちろん、それが一生続くわけではないことが大前提です。

数人の企業でなかれば、いつかは人事異動があるはず。

この期間は自分の我慢と成長過程の時期だと割りきりましょう。

29. あきらめて反面教師とすることで納得

あきらめて反面教師とすることで納得

いやな上司と接するにあたって、とにかく努力しても改善の余地がないことになってしまったとき、そこでは割り切って反面教師として自分自身がそうならないようにふるまうことで何とかできないか、こう考えてみてはいかがでしょうか。

自分自身がマネジメントを行うにあたって、いやなタイプにならないようにはどうすべきか、こう考えた時の反面教師を上司にしてしまえばいいわけです。

ここができれば、成長する自分を感じられます。

30. とにかくいやな上司に気づかれないように接してみる

いやな上司と接するにあたって、実際にその態度が上司に見えてしまうとさらに嫌な雰囲気を上司が感じてしまい、さらにあたりが強くなってしまうことが予測されます。

そこでとにかく上司に嫌がっている素振りを感じられないようにする。

これでうまくやり過ごすことができれば、いつかはその対応もかわってくることがあるかもしれません。

そうです。

自分自身が嫌いだというオーラをだしていると相手にも伝わってしまうものです。

会社にいますよね?ムカつく上司。

まずは仕事以外のコミュニケーションは極力避けていきましょう。

ムカつく上司への対処法 30選まとめて見ました。


飲みに行くことをしない

職場での飲み会、昔ほどはないにしても今でもその文化はあります。

むかつく、そりが合わない上司とは無理してこうした宴会に行くことはありません。

今時、強制されることもありません。

もちろん、歓送迎会などは参加すべきですが、TPOをわきませて、お断りすることで必要以上のコミュニケーションをさけましょう。

話は聞くふりだけ

むかつく、そりが合わない上司の話。

これはとにかく聞くに堪えないこともあるでしょう。

しかし、仕事ですから必ず、指示は来ます。

こうしたビジネスの話は聞き流すわけにはいきません。

しかし、それ以外の話は聞き流すくらいの気持ちで接しましょう。

きっとこれだけでも使い方が楽になってくると思います。

同じ気持ちの人間を探す

きっと、まわりにも自分と同じように上司を快く思っていない方がいるかもしれません。

こうした仲間を見つけることをしてはいかがでしょうか。

しかし、間違ってはならないのはこうした仲間を見つけて愚痴を言うことが目的ではありません。

どのようにして付き合っていったらいいのか、同じ気持を抱く人間として一緒に考えていく。

これが目的です。

きっと、自分一人では導き出せなかったような答えを出せる可能性もあります。

会話は最低限にとどめる

むかつく上司とのコミュニケーションは極力避けたいものです。

無理なコミュニケーションをとらず、まずは業務だけにとどめるやり方を探してみること。

もちろん、仕事の進め方によって、その職場の業務によっては難しいところもあるかもしれませんが、最低限の会話をすることになれば、そのストレスも減ってきます。

仕事の進め方と勘案しながら自分自身のペースをつかんでいくようにしましょう。

報告・相談・連絡のみにとどめる

あまりそりがあわないいやな上司とのコミュニケーション。

ここを必要以上に行いたくない場合、とにかく徹底して基本的な報告・連絡・相談にとどめるというところも一考かと思います。

とにかくビジネスライクな付き合いをいかに上司と行っていくのか、ここに焦点を置くことにしてみましょう。

これは好き嫌いではなく、仕事の進め方として簡単にできるはずです。

メールで極力連絡をすませる

今の時代、コミュニケーションをいかに上司とうまくとっていくかは大きなポイントになります。

しかしながら、今は在宅勤務なども含めてメール文化などが発達しています。

もちろん、ダイレクトコミュニケーションが重要であることは間違いありません。

とはいうものの、メールをうまく活用して可能な限り、連絡方法を簡略化してみましょう。

その分だけストレスも減るでしょう。

職場での二人の時間を減らす

上司であるわけですから、仕事はもちろん、一緒に時間を過ごすことあ多くなるのは仕方ありません。

しかし、そのいっしょにいる時間を減らすことはいくらでもできるはずなのです。

それも上司に悟られないようにして。

もちろん、周囲ともうまくとけこめるようにして動きをかけなければ難しいところかもしれません。

うまく立ち回れるようにしましょう。

あえて、人には愚痴らない

あえて、そりが合わない上司、いやな上司の噂話などは一切しない。

これも一つのビジネスマンとしての振る舞いになります。

はっきり言って、一つ間違うと自分自身で悩みを抱えて「間違った方向に行きかねませんが、ぐっとこらえて耐えられるレベルであれば、周囲からの自分の評価を高めるためにも沈黙を決め込むわけです。

やはり、どちらが悪いにしても噂話や悪口というのは避けるに越したことはありません。

逆にいい人とまわりに吹聴して自分を洗脳する

自分自身が嫌な上司だと思っているからまずいのです。

仮に上司は非常にいい人だ、自分ともうまくいっていると周りに吹聴することを心がけてみましょう。

こうすることで、きっと、自分自身もいつの間にか洗脳されてしまいます。

そうなのです。

周りに吹聴することで自分自身の意識も変えてしまうというのがこの作戦です。

自分が大人になっていく上でのこうした振る舞いも必要なことではないでしょうか。

別の職場の人間に愚痴る

上司とそりがあわない、またはうまくコミュニケーションが取れないということを同じ会社でも別の職場の方々と愚痴ってみるのも手です。

お互いの職場で同じようにそりが合わない方々がいるはずですから。

悩みを共有するということになるのですが、こうした連帯感をもつことあある意味でも会社の中で人脈を広げる一つの手になるのかも知れません。

もちろん、それはお酒が入っていても構わないと思います。

友人にとにかく愚痴ってストレス解消

自分の友人、特に会社に関係ないところの友人にこうした上司とのコミュニケーションの悩みを聞いてもらいましょう。

これは本当に愚痴るという形でも構わないでしょう。

お酒を酌み交わしながら、いろいろなバカ話をセットで話するだけできっと、すっきりするかもしれません。

根本的な解決にならないとしてもちょっとしたガス抜きとしてこうした場面は必要なものですから。

彼女に悩みを聞いてもらう

自分の弱みや悩み、それも上司とのコミュニケーションについてなどなかなか相談しづらいものです。

だからこそ、こうした相談をできるのは彼女ということになります。

もちろん、彼女に愚痴っていると思われると男性としての株を落とすことになりますので言い方や考え方はしっかり伝えないといけません。

心置きなく、自分の悩みを聞き入れてくれる彼女こそ、非常に自分を支えてくれることになります。

親や先輩に対処方法を聞いてみる

なかなか、上司とのコミュニケーションの悩みを解消するにあたって、一人では難しいといえるでしょう。

そこで重要なのは親や先輩といった自分が信頼できる方々を探してきて、相談してみることです。

きっと、自分では解決できない悩みもうまくときほぐしてくれるでしょう。

自分一人で抱えることなく、まずは相談してみましょう。

まず、こうした信頼できる相談先を探すことが難しいところかもしれませんが。

仕事から帰ったらリフレッシュをする

いやな上司とのやりとり、仕事場では多少曳づってしまうこともあるかもしれません。

しかし、家に帰ったらしっかり切り替えましょう。

毎日、こうしたことがたまっていくと精神衛生上、間違いなくマイナスです。

リフレッシュする手法は個人によって異なるので何がいいかはわかりません。

とにかく、悪いコミュニケーションをためない、これを心にとめておきましょう。

過去にその上司と付き合っていた方に対処法を聞いてみる

その上司とどのようにつきあっていたのか、過去に付き合っていた方に聞いてみることも一考です。

きっと、同じような悩みを抱えていても、違ったアプローチでうまくつきあっていたのかもしれませんから。

逆に上司のいいところ、または受け答えでポイントになるところも教えてもらえるかもしれません。

逆に上司を好きになるように努力してみる

きらいだきらいだという先入観をもってしまうとそこで人間同士の関係は恋愛でも友人関係もおしまいです。

だからこそ、理由は別にしてとにかく上司を好きになってみましょう。

いえ、その努力をしてみましょう。

きっと、結果は別として違った目線で上司と話をすることができるようになるでしょう。

上司のいいところを前向きに探す

あえて、上司のいいところを探すことを考えてみましょう。

人間誰にだっていいところはあるものです。

いやだいやだと思っているから、悪くなっていくわけです。

一つでも二つでもいいところを見つけることができたらきっとその関係性も変わってくるでしょう。

コミュニケーションもとりやすくなるかもしれません。

上司と二人きりではなく、第三者とコミュニケーションをはかる

そりがあわない上司とも二人だから、どうしてもいやな雰囲気になってしまうのです。

報告や相談があるときはあえて第三者といっしょに行ってみましょう。

上司も複数人であれば、違ったコミュニケーションの取り方いなってくるでしょう。

そこが大きな分岐点です。

あなたに対するコミュニケーションもいずれは少しずつ変わってくるかもしれません。

ここまでもってこれたら、関係も変わってくる可能性があります。

これこそ、好転の兆しです。

休憩時間はいっしょにしない

同じ職場であれば、どうしても休憩時間やお昼やすみなどいっしょになることもあるでしょう。

しかし、あえてこうした時間はいっしょにならないように心がけましょう。

もちろん、上司からさけているのかと思われるようなやり方は大人ではないので避けるべき。

うまく立ち振る舞うことが出k手こそ、このやり方が成り立つわけです。

やはり仕事以外の時間までいかに州ぎぃう時間中といえども無理に一緒にいることは避けたほうが間違いなく精神衛生上もいいはずす。

とにかくいやなコミュニケーションは忘れるようにする

いやなコミュニケーションを上司と繰り広げたときにそれをどうするか。

割り切って忘れてしまうことが重要です。

なかなかこうしたコミュニケーションは忘れにくいものなのですが、どこまで割り切ることができるか、きっと100パーセントは無理だとしても少しずつでも忘れていくことができたなら、気持ちの面でも非常に楽になることでしょう。

ストレスをなくすためにもこれは重要な考え方です。

実践してこそ、意味が出てきます。

個人個人で違う考え方があると言い聞かす

いかに上司とそりが合わない、いやな関係だと考えてしまってもどこかで割り切りが必要になります。

そこで、人は個人個人で個性があり、同じ人はいない、もちろん相性がいい悪いもあるということを自分自身に言い聞かせて納得することが大事でしょう。

きっと、上司との関係だけではなく、ほかでもこの考え方は応用して活用することができるはず。

自分自身の成長のためにもこうした考え方が必要になってきます。

上司よりも嫌いな人間を探して、まだましだと納得する

きっと、上司以外にも相性が悪いな、嫌いだな、お互いうまくいかないなと感じる方がいるはず。

そんな方々をイメージした中で上司はまだましだと思えるかもしれません。

この境地に達することが出きれば、多少の出来事があっても上司ともうまくやっていける環境づくりができるのではないでしょうか。

もちろん、環境といっても自分の心の中の整理になりますが。

きっと、自分自身が楽になり、仕事のやり方もかわってくるのではないかと思います。

自分よりも上司とそりが合わない人間を探して納得する

自分以外にも上司とそりが合わない人間がいないか探してみてください。

きっと、自分以外にも同じようにそりが合わない方々がいるはずです。

ここから特にこうどうをおこすわけではないのですが、自分以外にも苦しんでいる方々がいるのだから、自分も頑張ろうという納得材料いしてしまうわけです。

冷静に考えればわかることですが、だれもかれも同じような苦しみを抱えていることが分かれば、きっと気持ちの面では楽になるはずです。

たまには理論武装して攻撃してみる

いかに上司とそりがあわないからといって、例えば、一方的にいわれっぱなしというだけではあまりにもさくがありません。

例えばですが、数回に1回は自分なりに理論武装して言い方によっては慇懃無礼に聞こえるかもしれませんが、反論してみることで付き合い方を一瞬でも変えてみてはいかがでしょうか。

こうしたチェンジオブペースによって二人の関係もかわってくるかもしれません。

少し高度なテクニックですが。

あえて、人間ウォッチングしてみる

ここはテクニックとしての話です。

じたばたしても仕方ないと思ったら次は人間ウォッチングをするがごとく、静観してみてはいかがでしょうか。

これも自分自身が気持ちの整理がきちんとできていなければ難しいところですが、いかに静かにやり過ごすかという観点から考えた場合にはこの人間ウォッチングするという考え方も間違っていません。

むしろ、上司を客観的にながめることで違った世界が見えてくるかもしれません。

職場異動願いを出してみる

もちろん、サラリーマンであれば、そして企業であればいつかは人事異動、組織変更というものが発生するはず。

数人の企業でなければ、そのタイミングを待つというのもありです。

しかし、どうしてもそこまで待てないという場合には節目節目で異動願いを出してみてはいかがでしょうか。

もちろん、単に上司が嫌いというだけでは意味がありません。

きちんと自分が何をやりたいのか、明確にしたうえで異動願を出すことにすれば、いつかはその願いが聞き届けられることもあるかもしれません。

ほかの職場の上司に対する評価を聞いてみる

一度、ほかの職場の方々にいやな上司の評価を聞いてみてはいかがでしょう。

仮に自分自身にとっては嫌な上司でも実は客観的にとらえた場合には優秀で、それも人格者として評価されているかもしれません。

こうなった場合は自分が少数派になるわけですからいかに順応するか、この路線で対応をしていくことがポイントになってくるわけです。

自己評価だけではなく、客観的な評価を大事にすることも大人の対応として、社会人として非常に重要になってきます。

自分の成長の過程と割り切って接してみる

学生時代からいやなこと、つらいことを乗り切った時にこそ成長が感じられたものでしょう。

どうしても上司とそりが合わないと感じた時には、あえてそれを自分自身の試練の時と位置付けて我慢することで自分自身の成長を促す機会としてとらえてください。

もちろん、それが一生続くわけではないことが大前提です。

数人の企業でなかれば、いつかは人事異動があるはず。

この期間は自分の我慢と成長過程の時期だと割りきりましょう。

あきらめて反面教師とすることで納得

いやな上司と接するにあたって、とにかく努力しても改善の余地がないことになってしまったとき、そこでは割り切って反面教師として自分自身がそうならないようにふるまうことで何とかできないか、こう考えてみてはいかがでしょうか。

自分自身がマネジメントを行うにあたって、いやなタイプにならないようにはどうすべきか、こう考えた時の反面教師を上司にしてしまえばいいわけです。

ここができれば、成長する自分を感じられます。

いやな上司と接するにあたって、実際にその態度が上司に見えてしまうとさらに嫌な雰囲気を上司が感じてしまい、さらにあたりが強くなってしまうことが予測されます。

そこでとにかく上司に嫌がっている素振りを感じられないようにする。

これでうまくやり過ごすことができれば、いつかはその対応もかわってくることがあるかもしれません。

そうです。

自分自身が嫌いだというオーラをだしていると相手にも伝わってしまうものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-