【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135047.html
清潔感を出す方法25選

清潔感を出す方法25選 | LADYCO

LADYCO
清潔感を出す方法25選

清潔感があるとそれだけで友達や異性に人気が出たりします。 どのように清潔感を出したらいいのか25の方法を紹介していきますね!

  • 髪の毛をしっかりケアする
  • 毛染めのムラや伸びかけに注意する
  • 肌のケアも夏だけにしないこと
  • 服のシワや毛玉に注意する
  • 汗の匂いや加齢臭対策をする
  • 歯を磨いて見た目も臭いも美しくする
  • 食べ方を品良くする
  • 姿勢が良くないと清潔感にも影響が出る
  • ナチュラルメイクでさっぱりと
  • 靴の泥はねもチェックしておく
  • 爽やかな笑顔を意識する
  • 毎日お風呂やシャワーに入って清潔にする
  • 爪を磨いてピカピカにする
  • 料理をする人は爪を伸ばさず色にも配慮する
  • ハンドクリームでさかむけや乾燥防止
  • ハンカチやティッシュは常に持ち歩く
  • 部屋を綺麗にする
  • 極端に太らない
  • 汚れたらすぐ綺麗にする習慣をつけておく
  • カバンの中はすっきりさせておく
  • 髪を短く切る
  • ノートや手帳の使い方や字の綺麗さも意識する
  • ペットを飼っていることが一目でわかるようでは失格
  • お掃除グッズを極める
  • 清潔感のある恋人や友達と一緒にいるようにする

1. 髪の毛をしっかりケアする

髪の毛をしっかりケアする

清潔感のある人は髪がサラサラだったり、暑い日には束ねてさっぱりさせています。 髪が長い人は特に気をつける必要があるため、髪のケアには注意しましょう。

外食の際にさっと束ねて食べることができるようにヘアゴムやヘアピンを持ち歩く習慣をつけておくのもいいですね。

汗でべたついた髪が顔に張り付いているなんて汚らしく見えます。 また、くせ毛の人も清潔感を出したいならいっそ綺麗にパーマをかけてしまうか束ねるかした方が印象が良くなるかもしれません。

2. 毛染めのムラや伸びかけに注意する

毛染めのムラや伸びかけに注意する

毛染めのムラがあったり伸びかけで頭頂部がプリン状態になっている髪は清潔感がなく、だらしない印象を受けるのでやめましょう。

丁寧な毛染めができないとか頻繁に染めることができそうにないならそもそも毛染めをやめるべきです。

一度染めたらそれがだらしなくなっていないか常に意識し続けなければいけませんよ。

3. 肌のケアも夏だけにしないこと

肌のケアも夏だけにしないこと

夏だけむだ毛ケアをがんばって冬場はそのままという人もいますが、暖房で暑いからと重ね着していたシャツを脱いだら腕のむだ毛を発見してしまったということもたまに起こります。

女性は年中手を抜かずにいてほしいですね。 手足のむだ毛や顔の産毛は目立つと清潔感を感じません。

肌のケアは見る角度や部屋の明るさによっても見え方が違うのでいつもと違う部屋で確認したり鏡越しで見てみることも効果的です。

4. 服のシワや毛玉に注意する

服のシワや毛玉に注意する

オシャレな服を着ていても服にシワがよっていたり毛玉ができているとみすぼらしく見えて清潔感なんてありませんよね。

頻繁に同じ服ばかり着ているのもそうです。 「この人ちゃんと洗濯しているのかしら」と思われないように意識しましょう。

アイロンと毛玉取りグッズは必須アイテムですよ。 シワをいちいち直すのが面倒ならハンガーにかけて収納を。 毛玉予防には洋服の素材選びが重要になってきます。

5. 汗の匂いや加齢臭対策をする

汗の匂いや加齢臭対策をする

男の汗の匂いが好きだという女性もまれにいますが誰もがそうではありません。 消臭スプレーや汗拭きシートを持ち歩くのは素敵なマナーですね。

加齢臭は本人が気づきにくいようなのでその年齢がきたら人に指摘されるまえに消臭アイテムを使うようにするとよさそうです。 会社や移動の際にちらちら嫌な顔をされるようなことが増えればちょっと気にしてみた方がいいでしょう。

6. 歯を磨いて見た目も臭いも美しくする

歯を磨いて見た目も臭いも美しくする

歯をちゃんと磨きましょう。 にこっと笑った時に歯に目がいく人って多いと思います。

歯を磨くと見た目も当然美しくなりますが、におい予防にもなりますよね。 タバコを吸う方、お酒を飲む方、コーヒーをよく飲む方は口臭対策が欠かせません。 歯並びに自信がなくても綺麗でにおいのない歯を目指すといいでしょう。

7. 食べ方を品良くする

食べ方を品良くする

食べ方でも清潔感を出すことができます。 正しい箸の持ち方で上品に食べ物をとり、音を立てずに静かに食べることです。 ガツガツむしゃむしゃ食べてしまうともちろんだめですね。 涼しげな品の良い食べ方で清潔感を感じてもらうのを目指してください。

8. 姿勢が良くないと清潔感にも影響が出る

姿勢が良くないと清潔感にも影響が出る

姿勢が悪くて猫背であったりがに股でドスドス歩く様子は清潔感があるとは言えませんから姿勢にも要注意です。

たまに全身を鏡に移してチェックしましょう。 姿勢が悪いと暗い印象を与えます。 清潔感を出すには明るい印象の方が合っていますよ。

9. ナチュラルメイクでさっぱりと

ナチュラルメイクでさっぱりと

厚化粧に清潔感を感じる人はなかなかいないと思いますから女性はナチュラルメイクを目指しましょう。

ナチュラルメイクでいるためには肌のケアが重要。 シミのない潤った肌でナチュラルメイクでも抵抗のないようにしたいですね。

保湿やシミケア、シワケアをがんばりましょう。 化粧をする時は厚塗りしすぎないように心がけてください。

いつも化粧が濃いと感覚がマヒしてきて厚化粧に気づかなくなっていくので気をつけてくださいね。

10. 靴の泥はねもチェックしておく

靴の泥はねもチェックしておく

意外と忘れがちなのが靴の清潔感です。 雨の日の後は泥はねがないか必ず見るようにしてください。

また、靴の内側も剥げていたり黒ずんでいると職場や外食先で靴を脱ぐ時に恥ずかしい思いをします。

外側だけ綺麗ならいいと思わないようにしましょうね。

11. 爽やかな笑顔を意識する

爽やかな笑顔を意識する

清潔感のある人は笑顔が爽やかなので笑顔の練習を心がけてください。

二カっという元気のいい笑顔よりもクールでさっぱりとした笑顔を目指すといいでしょう。

夏場は特に暑さを忘れられるような涼しげな笑顔でいると印象が良くなります。

12. 毎日お風呂やシャワーに入って清潔にする

毎日お風呂やシャワーに入って清潔にする

これは当然のことですが、毎日お風呂やシャワーに入って清潔を保つようにしてください。

肌のべたつきやにおいは自分では気にならなくても周りの目ではバレバレということもよくあります。

シャンプーやボディークリームの香りを感じることでも清潔感を出せますね。

13. 爪を磨いてピカピカにする

爪を磨いてピカピカにする

爪を磨いてピカピカにするのもお忘れなく。 指先まで気遣っている様子は清潔感を感じます。

長い爪もよっぽど手入れされていないと「汚れがたまって不潔なのに…」と思われますからやめましょうね。

マニキュアやネイルで色をつけなくても磨かれた爪であればそれだけでしっかり清潔感が出せますよ。 爪が傷まないように普段の生活の中でも気をつけてください。

14. 料理をする人は爪を伸ばさず色にも配慮する

料理をする人は爪を伸ばさず色にも配慮する

女性でたまに見かけますが、爪のケアをがんばりすぎて長い爪や綺麗にネイルを施すせいで周りはそこばかり気になってしまう時があります。 特に気になるのは料理をしている様子を見た時です。

オシャレな爪でハンバーグのタネをこなられても…と思いますよね。 爪の隙間に肉が挟まって汚らしいなとか、爪の色や飾りが料理に移りそうな気がして食べ物が美味しくなく感じられることもあります。

爪にこだわりが強い女性は手袋をしたり手料理の際は外せるようにシールタイプのネイルにするなど試してみるといいでしょう。

15. ハンドクリームでさかむけや乾燥防止

ハンドクリームでさかむけや乾燥防止

乾燥した手は清潔感がないのでハンドクリームでケアすることも意識しましょう。 冬場は乾燥しやすいので潤いを保つような配慮が常に大切になってきます。

さかむけいっぱいの手にならないようにしていきたいですね。

16. ハンカチやティッシュは常に持ち歩く

ハンカチやティッシュは常に持ち歩く

出かけ先で手を洗った後にぱっぱと自然乾燥させている様子は清潔感がありませんね。 水分が残った手でそこらへんのものを触るのかと思うと嫌になります。

ハンカチは常に持ち歩きましょう。 ただ、そのハンカチをちゃんと洗わずに使い続ける人がいれば意味がありませんから洗濯は忘れないでください。

また、ハンカチを何枚も持っているということを友達や恋人にわかってもらえるよう、デザインの違うハンカチを揃えておくのもひとつの工夫です。 ティッシュは鼻水が出た時や汗を拭くのにも使えるのでこちらも必須アイテムです。

17. 部屋を綺麗にする

部屋を綺麗にする

清潔感のある部屋も心がけたいですね。 まずはものを少なめに置くこと。

あとは色使いも重要になってきます。 清潔「感」だけではなく実際に清潔にしておくことも当然大切。

掃除はこまめにやりましょう。 細かいところも掃除ができるよう、便利グッズを揃えておくと掃除の意欲もわいてきます。

18. 極端に太らない

極端に太らない

太っている人は汗っかきでガツガツ食べ物を食べる、だらだら過ごしているというような印象がありませんか?偏見かもしれませんが、太っている人に対して清潔感を感じることってあまりないと思います。

極端に太らないように心がけましょう。

19. 汚れたらすぐ綺麗にする習慣をつけておく

汚れたらすぐ綺麗にする習慣をつけておく

汚れたまま何かをするのではなく、手が汚れたらすぐ洗ったり汗をかいたらすぐシャワーに入るといった習慣をつけておくのもいいことです。

いくらこうすれば清潔感が出ると言われてもその意識がなければ意味がありませんからね。

さっと綺麗にする様子を人に見せることで潔癖なように思われることもあるかもしれませんが、それによって不潔だとは思われません。

20. カバンの中はすっきりさせておく

カバンの中はすっきりさせておく

カバンの中を見た時にごちゃっとしていると清潔感のない人だと感じます。 どんな時に自分のカバンの中を見られるかはわからないので仕切りや小分けポーチなどを駆使して整理するようにしましょう。

食べ物を持ち歩く時は特に要注意です。 食べ残しがだらしなく入っていたりするとげんなりしますね。

21. 髪を短く切る

髪を短く切る

短髪の方がさっぱりと清潔感があるように見えますね。 長い髪の人はまとめている方がすっきりした印象です。

こだわりがあって髪を切りたがらない人も多いですが、清潔感を意識するなら短めで自分に似合うヘアスタイルを研究しましょう。

22. ノートや手帳の使い方や字の綺麗さも意識する

ノートや手帳の使い方や字の綺麗さも意識する

ノートや手帳の使い方でも清潔感を感じさせることができます。 見やすくまとめ、綺麗な字で書くようにしましょう。

改行がすくなくて文字ばかりであっても清潔感がありません。

23. ペットを飼っていることが一目でわかるようでは失格

ペットを飼っていることが一目でわかるようでは失格

ペットを飼っている人はその毛が服についていないか、においがついていないかなどを気にしなければ不潔だと思われてしまいます。

24. お掃除グッズを極める

お掃除グッズを極める

清潔な人はお掃除グッズに詳しくてその知識を聞くだけで清潔なんだろうと想像させることができます。

最近は掃除しにくい場所を効果的に掃除できるような便利な商品もたくさん出回っているので極めていきましょう。 どんどん清潔への意識も高まっていきますよ。

25. 清潔感のある恋人や友達と一緒にいるようにする

自分の清潔感にいまいち自信のない方は清潔感があると感じている恋人や友達と一緒にいるようにすればいいんです。 そうすればなんとなく同じような人種に見えてしまうこともありますから。

逆に不潔な感じが目立ってしまうこともあるので最低限の清潔は捨てないでくださいね。

清潔感があるとそれだけで友達や異性に人気が出たりします。 どのように清潔感を出したらいいのか25の方法を紹介していきますね!


髪の毛をしっかりケアする

清潔感のある人は髪がサラサラだったり、暑い日には束ねてさっぱりさせています。 髪が長い人は特に気をつける必要があるため、髪のケアには注意しましょう。

外食の際にさっと束ねて食べることができるようにヘアゴムやヘアピンを持ち歩く習慣をつけておくのもいいですね。

汗でべたついた髪が顔に張り付いているなんて汚らしく見えます。 また、くせ毛の人も清潔感を出したいならいっそ綺麗にパーマをかけてしまうか束ねるかした方が印象が良くなるかもしれません。

毛染めのムラや伸びかけに注意する

毛染めのムラがあったり伸びかけで頭頂部がプリン状態になっている髪は清潔感がなく、だらしない印象を受けるのでやめましょう。

丁寧な毛染めができないとか頻繁に染めることができそうにないならそもそも毛染めをやめるべきです。

一度染めたらそれがだらしなくなっていないか常に意識し続けなければいけませんよ。

肌のケアも夏だけにしないこと

夏だけむだ毛ケアをがんばって冬場はそのままという人もいますが、暖房で暑いからと重ね着していたシャツを脱いだら腕のむだ毛を発見してしまったということもたまに起こります。

女性は年中手を抜かずにいてほしいですね。 手足のむだ毛や顔の産毛は目立つと清潔感を感じません。

肌のケアは見る角度や部屋の明るさによっても見え方が違うのでいつもと違う部屋で確認したり鏡越しで見てみることも効果的です。

服のシワや毛玉に注意する

オシャレな服を着ていても服にシワがよっていたり毛玉ができているとみすぼらしく見えて清潔感なんてありませんよね。

頻繁に同じ服ばかり着ているのもそうです。 「この人ちゃんと洗濯しているのかしら」と思われないように意識しましょう。

アイロンと毛玉取りグッズは必須アイテムですよ。 シワをいちいち直すのが面倒ならハンガーにかけて収納を。 毛玉予防には洋服の素材選びが重要になってきます。

汗の匂いや加齢臭対策をする

男の汗の匂いが好きだという女性もまれにいますが誰もがそうではありません。 消臭スプレーや汗拭きシートを持ち歩くのは素敵なマナーですね。

加齢臭は本人が気づきにくいようなのでその年齢がきたら人に指摘されるまえに消臭アイテムを使うようにするとよさそうです。 会社や移動の際にちらちら嫌な顔をされるようなことが増えればちょっと気にしてみた方がいいでしょう。

歯を磨いて見た目も臭いも美しくする

歯をちゃんと磨きましょう。 にこっと笑った時に歯に目がいく人って多いと思います。

歯を磨くと見た目も当然美しくなりますが、におい予防にもなりますよね。 タバコを吸う方、お酒を飲む方、コーヒーをよく飲む方は口臭対策が欠かせません。 歯並びに自信がなくても綺麗でにおいのない歯を目指すといいでしょう。

食べ方を品良くする

食べ方でも清潔感を出すことができます。 正しい箸の持ち方で上品に食べ物をとり、音を立てずに静かに食べることです。 ガツガツむしゃむしゃ食べてしまうともちろんだめですね。 涼しげな品の良い食べ方で清潔感を感じてもらうのを目指してください。

姿勢が良くないと清潔感にも影響が出る

姿勢が悪くて猫背であったりがに股でドスドス歩く様子は清潔感があるとは言えませんから姿勢にも要注意です。

たまに全身を鏡に移してチェックしましょう。 姿勢が悪いと暗い印象を与えます。 清潔感を出すには明るい印象の方が合っていますよ。

ナチュラルメイクでさっぱりと

厚化粧に清潔感を感じる人はなかなかいないと思いますから女性はナチュラルメイクを目指しましょう。

ナチュラルメイクでいるためには肌のケアが重要。 シミのない潤った肌でナチュラルメイクでも抵抗のないようにしたいですね。

保湿やシミケア、シワケアをがんばりましょう。 化粧をする時は厚塗りしすぎないように心がけてください。

いつも化粧が濃いと感覚がマヒしてきて厚化粧に気づかなくなっていくので気をつけてくださいね。

靴の泥はねもチェックしておく

意外と忘れがちなのが靴の清潔感です。 雨の日の後は泥はねがないか必ず見るようにしてください。

また、靴の内側も剥げていたり黒ずんでいると職場や外食先で靴を脱ぐ時に恥ずかしい思いをします。

外側だけ綺麗ならいいと思わないようにしましょうね。

爽やかな笑顔を意識する

清潔感のある人は笑顔が爽やかなので笑顔の練習を心がけてください。

二カっという元気のいい笑顔よりもクールでさっぱりとした笑顔を目指すといいでしょう。

夏場は特に暑さを忘れられるような涼しげな笑顔でいると印象が良くなります。

毎日お風呂やシャワーに入って清潔にする

これは当然のことですが、毎日お風呂やシャワーに入って清潔を保つようにしてください。

肌のべたつきやにおいは自分では気にならなくても周りの目ではバレバレということもよくあります。

シャンプーやボディークリームの香りを感じることでも清潔感を出せますね。

爪を磨いてピカピカにする

爪を磨いてピカピカにするのもお忘れなく。 指先まで気遣っている様子は清潔感を感じます。

長い爪もよっぽど手入れされていないと「汚れがたまって不潔なのに…」と思われますからやめましょうね。

マニキュアやネイルで色をつけなくても磨かれた爪であればそれだけでしっかり清潔感が出せますよ。 爪が傷まないように普段の生活の中でも気をつけてください。

料理をする人は爪を伸ばさず色にも配慮する

女性でたまに見かけますが、爪のケアをがんばりすぎて長い爪や綺麗にネイルを施すせいで周りはそこばかり気になってしまう時があります。 特に気になるのは料理をしている様子を見た時です。

オシャレな爪でハンバーグのタネをこなられても…と思いますよね。 爪の隙間に肉が挟まって汚らしいなとか、爪の色や飾りが料理に移りそうな気がして食べ物が美味しくなく感じられることもあります。

爪にこだわりが強い女性は手袋をしたり手料理の際は外せるようにシールタイプのネイルにするなど試してみるといいでしょう。

ハンドクリームでさかむけや乾燥防止

乾燥した手は清潔感がないのでハンドクリームでケアすることも意識しましょう。 冬場は乾燥しやすいので潤いを保つような配慮が常に大切になってきます。

さかむけいっぱいの手にならないようにしていきたいですね。

ハンカチやティッシュは常に持ち歩く

出かけ先で手を洗った後にぱっぱと自然乾燥させている様子は清潔感がありませんね。 水分が残った手でそこらへんのものを触るのかと思うと嫌になります。

ハンカチは常に持ち歩きましょう。 ただ、そのハンカチをちゃんと洗わずに使い続ける人がいれば意味がありませんから洗濯は忘れないでください。

また、ハンカチを何枚も持っているということを友達や恋人にわかってもらえるよう、デザインの違うハンカチを揃えておくのもひとつの工夫です。 ティッシュは鼻水が出た時や汗を拭くのにも使えるのでこちらも必須アイテムです。

部屋を綺麗にする

清潔感のある部屋も心がけたいですね。 まずはものを少なめに置くこと。

あとは色使いも重要になってきます。 清潔「感」だけではなく実際に清潔にしておくことも当然大切。

掃除はこまめにやりましょう。 細かいところも掃除ができるよう、便利グッズを揃えておくと掃除の意欲もわいてきます。

極端に太らない

太っている人は汗っかきでガツガツ食べ物を食べる、だらだら過ごしているというような印象がありませんか?偏見かもしれませんが、太っている人に対して清潔感を感じることってあまりないと思います。

極端に太らないように心がけましょう。

汚れたらすぐ綺麗にする習慣をつけておく

汚れたまま何かをするのではなく、手が汚れたらすぐ洗ったり汗をかいたらすぐシャワーに入るといった習慣をつけておくのもいいことです。

いくらこうすれば清潔感が出ると言われてもその意識がなければ意味がありませんからね。

さっと綺麗にする様子を人に見せることで潔癖なように思われることもあるかもしれませんが、それによって不潔だとは思われません。

カバンの中はすっきりさせておく

カバンの中を見た時にごちゃっとしていると清潔感のない人だと感じます。 どんな時に自分のカバンの中を見られるかはわからないので仕切りや小分けポーチなどを駆使して整理するようにしましょう。

食べ物を持ち歩く時は特に要注意です。 食べ残しがだらしなく入っていたりするとげんなりしますね。

髪を短く切る

短髪の方がさっぱりと清潔感があるように見えますね。 長い髪の人はまとめている方がすっきりした印象です。

こだわりがあって髪を切りたがらない人も多いですが、清潔感を意識するなら短めで自分に似合うヘアスタイルを研究しましょう。

ノートや手帳の使い方や字の綺麗さも意識する

ノートや手帳の使い方でも清潔感を感じさせることができます。 見やすくまとめ、綺麗な字で書くようにしましょう。

改行がすくなくて文字ばかりであっても清潔感がありません。

ペットを飼っていることが一目でわかるようでは失格

ペットを飼っている人はその毛が服についていないか、においがついていないかなどを気にしなければ不潔だと思われてしまいます。

お掃除グッズを極める

清潔な人はお掃除グッズに詳しくてその知識を聞くだけで清潔なんだろうと想像させることができます。

最近は掃除しにくい場所を効果的に掃除できるような便利な商品もたくさん出回っているので極めていきましょう。 どんどん清潔への意識も高まっていきますよ。

自分の清潔感にいまいち自信のない方は清潔感があると感じている恋人や友達と一緒にいるようにすればいいんです。 そうすればなんとなく同じような人種に見えてしまうこともありますから。

逆に不潔な感じが目立ってしまうこともあるので最低限の清潔は捨てないでくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-