【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135041.html
人の意見を聞かない人の特徴

人の意見を聞かない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人の意見を聞かない人の特徴

人の意見を聞かない人と付き合うのはコツが要ります。

どんな対策をすればいいのか気になります。

  • 甘やかされて育った
  • 他人が嫌い
  • 精神年齢が幼い
  • プライドが高い
  • 余裕がない
  • こちらの説明が下手
  • 自分の意見がもう固まってある
  • 人の気持ちがわからない
  • 人の話を聞いて失敗した過去を持つ
  • 人に左右されるのが嫌い

1. 甘やかされて育った

甘やかされて育った

親からの愛情をたっぷり注がれ、すくすくと育った人は自信に満ち溢れています。

なので、自分の意見が絶対だと思っていることが多く、人の話に聞く耳を持ちません。

このような特徴を持っている人と関わるには、一度拒絶して、人の話を聞かないのはいけないことだと内面に刷り込ませることで上手くいきます。

甘やかされて育った人は、素直な人も多いので、言われて初めて理解することもあります。

2. 他人が嫌い

他人が嫌い

他人に対して異常な敵対心を持っていたり、他人との距離に無意識に壁を作ってしまいます。

人の意見を聞いたらダメになるという刷り込みが激しく、対人恐怖を患っていることもあります。

このような人と関わるには、ゆっくりと距離を詰めて行くことが大切です。

いきなり、距離感を縮めるとびっくりしたり、むしろ信用できない人間像に認定されることもあります。

なので、これでもかというほど丁寧な人間関係を築いていくことで、相手の心が開け、こちら側の意見も聞いてくれるようになります。

3. 精神年齢が幼い

精神年齢が幼い

年齢に対して、精神年齢が非常に幼い場合、意見を聞いてくれない時があります。

聞かないという行為が許されると感じて、好き勝手行動してしまうのも特徴です。

このような人と関わる場合、ご褒美と生じて物で釣るなど、頑張るための見返り品を用意することで扱いやすくなります。

見返り品を渡すと、ケロっと、また話を聞いてくれないことがあるので渡すタイミングも見極める必要があります。

4. プライドが高い

プライドが高い

自分が一番、他人に弱さを見せるなんてもってのほかという思考が強いと、意見に聞く耳を持ちません。

聞くという行為が恥だと感じ、猪突猛進、自分のペースで取り掛かろうとします。

下手に介入すると相手の怒りに触れ、人によっては暴言を吐くこともあります。

そのような特徴を持った人と関わるには、相手を肯定しながら、意見を聞かせるように巧みに誘導することでいつの間にか聞いてくれることがあります。

こちら側が一枚上手の行動を取れば取るほど、相手の考えやしぐさを操ることができます。

5. 余裕がない

余裕がない

心に余裕がないと人の話が自分の耳に入らず独りよがりになってしまいます。

切羽詰まってる、緊張感でいっぱいになっていることがほとんどなので、和らげてあげることで緩和されます。

まずは相手がどんな状況何を考えているのかを理解し、優しく言葉をかけてあげることでも救われる気持ちがあります。

6. こちらの説明が下手

こちらの説明が下手

相手は聞く気があるけど、こちら側の説明が下手で、状況や伝えたいことがわからない場合、必然的に聞いてくれない事もあります。

その為、自分が聞いて欲しいと感じることは何か、きちんと相手に伝えられるのか、もう一度振り返ってみるのが好ましいです。

第三者になって考えてみることでも、自分を客観的に見ることができ、対策方法がわかります。

7. 自分の意見がもう固まってある

自分の意見がもう固まってある

相手の意見を聞いても相槌を打つだけで、意見を取り入れようとしない人の特徴としてもう意見が固まっていることが多いです。

どんなに意見を述べても、決意がしっかりしてるので、揺らぐ事もありません。

第三者の意見として聞く耳は持ちますがその意見に従うことはありません。

長男や長女といった一番上に生まれてきた人に多い傾向でもあります。

このような特徴を持った人にはあれこれと意見を述べないようにします。

8. 人の気持ちがわからない

人の気持ちがわからない

自分本位で考える癖があるため、人の気持ちが読み取れず、意見を聞かないという人も中にはいます。

気持ちに寄り添って考えるということが苦手で、相手が何を伝えたいか本意を読み取る事が難しいと感じます。

いい点として、同情するという行為はあまりしないので、はっきりとした人付き合いを好む人には好かれる人材です。

この特徴を持った人は悪気が無いことが多いので、叱ったり面倒だと感じないようにします。

9. 人の話を聞いて失敗した過去を持つ

人の話を聞いて失敗した過去を持つ

人の話を信じ、頼った末に失敗した苦い過去を持つ人は簡単に人の話に聞く耳を持ちません。

信頼できるのは自分だけだという意志を持ち、何か裏があるんじゃ無いかと人を疑うことから始めます。

このような人と関わるには、全ての道が失敗に繋がるわけじゃ無いという事を時間をかけて教える必要があります。

時間をかけて相手に伝えることができたら、人に対しての価値観も変わり、付き合いやすい体質へと変化していきます。

10. 人に左右されるのが嫌い

自分の事に干渉されるのが苦手で、第一の意見だとしても聞く耳を持ってくれません。

人に振り回されたりするのを酷く拒み、芯のある意見だとしても頭の中に意見が入り込んでいきません。

自分は自分という意識を強く持ち、とにかく一人でいたいという気持ちを持つ人が多いです。

このような人と関わるには、なるべく距離を取り、遠くの距離感から意見を言うようにすると聞く耳を持つことがあります。

近ければ近いほど、聞く耳を持ちにくいです。

人の意見を聞かない人と付き合うのはコツが要ります。

どんな対策をすればいいのか気になります。


甘やかされて育った

親からの愛情をたっぷり注がれ、すくすくと育った人は自信に満ち溢れています。

なので、自分の意見が絶対だと思っていることが多く、人の話に聞く耳を持ちません。

このような特徴を持っている人と関わるには、一度拒絶して、人の話を聞かないのはいけないことだと内面に刷り込ませることで上手くいきます。

甘やかされて育った人は、素直な人も多いので、言われて初めて理解することもあります。

他人が嫌い

他人に対して異常な敵対心を持っていたり、他人との距離に無意識に壁を作ってしまいます。

人の意見を聞いたらダメになるという刷り込みが激しく、対人恐怖を患っていることもあります。

このような人と関わるには、ゆっくりと距離を詰めて行くことが大切です。

いきなり、距離感を縮めるとびっくりしたり、むしろ信用できない人間像に認定されることもあります。

なので、これでもかというほど丁寧な人間関係を築いていくことで、相手の心が開け、こちら側の意見も聞いてくれるようになります。

精神年齢が幼い

年齢に対して、精神年齢が非常に幼い場合、意見を聞いてくれない時があります。

聞かないという行為が許されると感じて、好き勝手行動してしまうのも特徴です。

このような人と関わる場合、ご褒美と生じて物で釣るなど、頑張るための見返り品を用意することで扱いやすくなります。

見返り品を渡すと、ケロっと、また話を聞いてくれないことがあるので渡すタイミングも見極める必要があります。

プライドが高い

自分が一番、他人に弱さを見せるなんてもってのほかという思考が強いと、意見に聞く耳を持ちません。

聞くという行為が恥だと感じ、猪突猛進、自分のペースで取り掛かろうとします。

下手に介入すると相手の怒りに触れ、人によっては暴言を吐くこともあります。

そのような特徴を持った人と関わるには、相手を肯定しながら、意見を聞かせるように巧みに誘導することでいつの間にか聞いてくれることがあります。

こちら側が一枚上手の行動を取れば取るほど、相手の考えやしぐさを操ることができます。

余裕がない

心に余裕がないと人の話が自分の耳に入らず独りよがりになってしまいます。

切羽詰まってる、緊張感でいっぱいになっていることがほとんどなので、和らげてあげることで緩和されます。

まずは相手がどんな状況何を考えているのかを理解し、優しく言葉をかけてあげることでも救われる気持ちがあります。

こちらの説明が下手

相手は聞く気があるけど、こちら側の説明が下手で、状況や伝えたいことがわからない場合、必然的に聞いてくれない事もあります。

その為、自分が聞いて欲しいと感じることは何か、きちんと相手に伝えられるのか、もう一度振り返ってみるのが好ましいです。

第三者になって考えてみることでも、自分を客観的に見ることができ、対策方法がわかります。

自分の意見がもう固まってある

相手の意見を聞いても相槌を打つだけで、意見を取り入れようとしない人の特徴としてもう意見が固まっていることが多いです。

どんなに意見を述べても、決意がしっかりしてるので、揺らぐ事もありません。

第三者の意見として聞く耳は持ちますがその意見に従うことはありません。

長男や長女といった一番上に生まれてきた人に多い傾向でもあります。

このような特徴を持った人にはあれこれと意見を述べないようにします。

人の気持ちがわからない

自分本位で考える癖があるため、人の気持ちが読み取れず、意見を聞かないという人も中にはいます。

気持ちに寄り添って考えるということが苦手で、相手が何を伝えたいか本意を読み取る事が難しいと感じます。

いい点として、同情するという行為はあまりしないので、はっきりとした人付き合いを好む人には好かれる人材です。

この特徴を持った人は悪気が無いことが多いので、叱ったり面倒だと感じないようにします。

人の話を聞いて失敗した過去を持つ

人の話を信じ、頼った末に失敗した苦い過去を持つ人は簡単に人の話に聞く耳を持ちません。

信頼できるのは自分だけだという意志を持ち、何か裏があるんじゃ無いかと人を疑うことから始めます。

このような人と関わるには、全ての道が失敗に繋がるわけじゃ無いという事を時間をかけて教える必要があります。

時間をかけて相手に伝えることができたら、人に対しての価値観も変わり、付き合いやすい体質へと変化していきます。

自分の事に干渉されるのが苦手で、第一の意見だとしても聞く耳を持ってくれません。

人に振り回されたりするのを酷く拒み、芯のある意見だとしても頭の中に意見が入り込んでいきません。

自分は自分という意識を強く持ち、とにかく一人でいたいという気持ちを持つ人が多いです。

このような人と関わるには、なるべく距離を取り、遠くの距離感から意見を言うようにすると聞く耳を持つことがあります。

近ければ近いほど、聞く耳を持ちにくいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-