【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135005.html
ニートは恋愛対象にならない方も多い?仕事の見つけ方10選

ニートは恋愛対象にならない方も多い?仕事の見つけ方10選 | LADYCO

LADYCO
ニートは恋愛対象にならない方も多い?仕事の見つけ方10選

ニートは恋愛対象にならない方も多い? まずは仕事探さないと! 仕事の見つけ方10選

  • ハローワークに行く
  • 求人誌や求人サイトを利用する
  • 友達に仕事を紹介してもらう
  • 前の職場の同僚や上司に相談する
  • 親のコネで働けるところがないか聞いてみる
  • 足で見つける求人の貼り紙
  • 興味のある企業のHPを見てみる
  • 地域の施設に求人情報が貼られている場合も
  • 近所の年配者に相談してみよう
  • 在宅で働ける仕事もある

1. ハローワークに行く

ハローワークに行く

仕事を見つけるのに一番思い浮かべやすい方法はハローワークに行くことではないでしょうか。

しかし、ニート生活を送っているとわざわざ出向くのも気が引けますし、窓口であれこれ聞かれると思うと足が向きそうにありません。

そんな方はハローワークインターネットサービスを使い、自宅から仕事を検索してみてください。

求人情報を見るだけでも一歩踏み出せたことになります。

いいなと思う求人があれば頑張って挑戦してみましょうね。

求職活動が苦痛ならさっさと仕事を決めてしまうことが大切です。

2. 求人誌や求人サイトを利用する

求人誌や求人サイトを利用する

まずはアルバイトからという感じでもニートよりはずっとマシ。

中にはアルバイトから社員になれる職場もありますし、望みを捨ててはいけません。

求人誌や求人サイトを利用すれば仕事探しも手軽です。

自分の希望する条件を登録しておき、メールで知らせが来るようにしておくと常に仕事を探そうという意識が薄れないでしょう。

ただ、いつまでも長引くと眺めるだけが当たり前になってしまいます。

最初はどんな仕事があるのか知るために時間をかけてもいいですが、気になる仕事があれば面接だけでも受けておくと練習にもなるのでいいですね。

3. 友達に仕事を紹介してもらう

友達に仕事を紹介してもらう

友達に仕事を紹介してもらうのはただ頼むだけでいいので楽ですし、どんな仕事内容なのか友達に詳しく教えてもらえるので安心感もあります。

それに、紹介してもらったということで簡単には辞めにくくなり、仕事が続かない方にはむしろいい方法かもしれません。

しかし、辞めにくいので自分に合わなかった時に辛い思いをすることになる可能性もあります。

仕事を紹介してもらうなら簡単な気持ちで始めないように覚悟を決めておきましょう。

そうでないと友達が職場で信頼されなくなる心配があります。

4. 前の職場の同僚や上司に相談する

前の職場の同僚や上司に相談する

前の職場の同僚や上司との付き合いが続いているのであれば、仕事が決まらないことを正直に話して相談してみるのも手です。

一緒に働いたことのある人達なら自分がどんな仕事が向いているかが想像できるので、明らかに合いそうにない仕事を勧めてきたりはしないでしょう。

こういったことからも、日頃の人間関係を繋げておくことは大切ですね。

5. 親のコネで働けるところがないか聞いてみる

親のコネで働けるところがないか聞いてみる

親が大手で働いていたり顔が効くような人物ならコネをつかってどこかで働けないか相談してみてください。

呆れられてしまうかもしれませんが、親も放っておけないので真剣に考えてくれると思いますよ。

親が働いている職場で働かせてもらうという方法もありますが、周りに気を遣わせてしまいますし、自分としてもやりにくさを感じるかもしれません。

気を遣ってもらうくらいのゆるい環境でなければ自信がないという方には向いていそうな方法です。

6. 足で見つける求人の貼り紙

足で見つける求人の貼り紙

求人情報を掲載するにはお金がかかりますから、小さいお店やすぐに働き手が決まるようなところは店先に貼り紙をして募集するケースもあります。

急ぎで募集している時もこのケースが多いので、もしかするとあっさり採用してもらえる可能性もありますよ。

外に出ることは社会復帰への一歩でもあり、健康的になることで前向きな気分にもなれます。

歩いたり自転車に乗って求人の貼り紙を探しにでかけてみましょう。

その際には連絡先をメモれるようなアイテムをお忘れなく。

7. 興味のある企業のHPを見てみる

興味のある企業のHPを見てみる

興味のある企業のHP上で採用情報が掲載されていることもあります。

更新が古い場合もあるので電話で確認してから応募するといいでしょう。

HPを見れば興味があったこと以外の情報も知ることができ、よりその企業への関心も深まるでしょう。

面接時には応募した企業のことをどれだけ知っているか聞かれることもあるので、勉強のつもりであちこち覗いてみるのをおすすめします。

8. 地域の施設に求人情報が貼られている場合も

地域の施設に求人情報が貼られている場合も

地域の生涯学習センターや会館のようなところに求人情報が貼られている場合もあるので一度確認してみてください。

今貼られていなくても今後貼られる可能性がある施設なのかを聞いておくのも有効です。

9. 近所の年配者に相談してみよう

近所の年配者に相談してみよう

加入している町内会の年配者の方や地主さん、大家さん、他にも近所で仲良くしている大人の方がいるのであれば仕事を探していることを話してみるといいでしょう。

年配者は知り合いも多く、近所の企業に顔が効く場合もあります。

「聞いてみるね」と動いてくれるかもしれませんよ。

特に可能性が高いのはお世話好きな社交的な方です。

10. 在宅で働ける仕事もある

在宅ワークも立派な仕事です。

ネット上からも探すことができますよ。

特にパソコンが得意な方は見つけやすいのではないでしょうか。

在宅なら対人恐怖症の方やからだの弱い方でも働きやすいと思います。

しかし、最初に経費がかかるような怪しい求人もあるのでひっかからないように気をつけてくださいね。

ニートは恋愛対象にならない方も多い? まずは仕事探さないと! 仕事の見つけ方10選


ハローワークに行く

仕事を見つけるのに一番思い浮かべやすい方法はハローワークに行くことではないでしょうか。

しかし、ニート生活を送っているとわざわざ出向くのも気が引けますし、窓口であれこれ聞かれると思うと足が向きそうにありません。

そんな方はハローワークインターネットサービスを使い、自宅から仕事を検索してみてください。

求人情報を見るだけでも一歩踏み出せたことになります。

いいなと思う求人があれば頑張って挑戦してみましょうね。

求職活動が苦痛ならさっさと仕事を決めてしまうことが大切です。

求人誌や求人サイトを利用する

まずはアルバイトからという感じでもニートよりはずっとマシ。

中にはアルバイトから社員になれる職場もありますし、望みを捨ててはいけません。

求人誌や求人サイトを利用すれば仕事探しも手軽です。

自分の希望する条件を登録しておき、メールで知らせが来るようにしておくと常に仕事を探そうという意識が薄れないでしょう。

ただ、いつまでも長引くと眺めるだけが当たり前になってしまいます。

最初はどんな仕事があるのか知るために時間をかけてもいいですが、気になる仕事があれば面接だけでも受けておくと練習にもなるのでいいですね。

友達に仕事を紹介してもらう

友達に仕事を紹介してもらうのはただ頼むだけでいいので楽ですし、どんな仕事内容なのか友達に詳しく教えてもらえるので安心感もあります。

それに、紹介してもらったということで簡単には辞めにくくなり、仕事が続かない方にはむしろいい方法かもしれません。

しかし、辞めにくいので自分に合わなかった時に辛い思いをすることになる可能性もあります。

仕事を紹介してもらうなら簡単な気持ちで始めないように覚悟を決めておきましょう。

そうでないと友達が職場で信頼されなくなる心配があります。

前の職場の同僚や上司に相談する

前の職場の同僚や上司との付き合いが続いているのであれば、仕事が決まらないことを正直に話して相談してみるのも手です。

一緒に働いたことのある人達なら自分がどんな仕事が向いているかが想像できるので、明らかに合いそうにない仕事を勧めてきたりはしないでしょう。

こういったことからも、日頃の人間関係を繋げておくことは大切ですね。

親のコネで働けるところがないか聞いてみる

親が大手で働いていたり顔が効くような人物ならコネをつかってどこかで働けないか相談してみてください。

呆れられてしまうかもしれませんが、親も放っておけないので真剣に考えてくれると思いますよ。

親が働いている職場で働かせてもらうという方法もありますが、周りに気を遣わせてしまいますし、自分としてもやりにくさを感じるかもしれません。

気を遣ってもらうくらいのゆるい環境でなければ自信がないという方には向いていそうな方法です。

足で見つける求人の貼り紙

求人情報を掲載するにはお金がかかりますから、小さいお店やすぐに働き手が決まるようなところは店先に貼り紙をして募集するケースもあります。

急ぎで募集している時もこのケースが多いので、もしかするとあっさり採用してもらえる可能性もありますよ。

外に出ることは社会復帰への一歩でもあり、健康的になることで前向きな気分にもなれます。

歩いたり自転車に乗って求人の貼り紙を探しにでかけてみましょう。

その際には連絡先をメモれるようなアイテムをお忘れなく。

興味のある企業のHPを見てみる

興味のある企業のHP上で採用情報が掲載されていることもあります。

更新が古い場合もあるので電話で確認してから応募するといいでしょう。

HPを見れば興味があったこと以外の情報も知ることができ、よりその企業への関心も深まるでしょう。

面接時には応募した企業のことをどれだけ知っているか聞かれることもあるので、勉強のつもりであちこち覗いてみるのをおすすめします。

地域の施設に求人情報が貼られている場合も

地域の生涯学習センターや会館のようなところに求人情報が貼られている場合もあるので一度確認してみてください。

今貼られていなくても今後貼られる可能性がある施設なのかを聞いておくのも有効です。

近所の年配者に相談してみよう

加入している町内会の年配者の方や地主さん、大家さん、他にも近所で仲良くしている大人の方がいるのであれば仕事を探していることを話してみるといいでしょう。

年配者は知り合いも多く、近所の企業に顔が効く場合もあります。

「聞いてみるね」と動いてくれるかもしれませんよ。

特に可能性が高いのはお世話好きな社交的な方です。

在宅ワークも立派な仕事です。

ネット上からも探すことができますよ。

特にパソコンが得意な方は見つけやすいのではないでしょうか。

在宅なら対人恐怖症の方やからだの弱い方でも働きやすいと思います。

しかし、最初に経費がかかるような怪しい求人もあるのでひっかからないように気をつけてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-