【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114155.html
汚い言葉遣いをキレイに直すためにできること

汚い言葉遣いをキレイに直すためにできること | LADYCO

LADYCO
汚い言葉遣いをキレイに直すためにできること

円滑な人間関係を作り出す為の汚い言葉遣いを正していく方法13選まとめて見ました。

  • 教科書などの書物を利用して言葉を綺麗にする
  • ネット社会で使われている言葉を使わないよう努力する
  • 友達言葉にならないように気をつける
  • テレビを使って良い言葉を研究する
  • 感情的になって言葉を話すないように注意する
  • 同じネットでも広告文などは綺麗な言葉の方が多い
  • 自分の持つ言葉と他人の言葉を再確認してみる
  • 丁寧語が使われていた時代の言葉を活用する
  • 言葉の美しい人から自分を判断してもらう
  • 言葉を文章として書いてみることも大切
  • 言葉遣いの知識を得ることが重要
  • 相手の気持ちを考えながら言葉遣いを直す
  • できるだけ本を読み知識を高める事が大切

日本語というのは他の国の言葉に比べても最も難しいとも言われています。

古典的な言葉などもありますし、友達によく使うような気軽な言葉もあります。

さらに、社会人になれば丁寧語もよく使うこともあるでしょう。

他の国ではある程度言い回しも似通っている言葉もありますが、日本の言葉には様々な使い回しがあり、汚い言葉もあれば綺麗な言葉もあります。

同じように言葉を使うのであれば、綺麗な言葉の方が相手にも良い印象を与えることにもなりますし、良い言葉を身につけることができれば、それだけで幸運が巡ってくることもあるのです。

ですが、最近の言葉というのは実は汚い言葉の方が多くなっているのが現状です。

そうならないようにも、普段から言葉遣いに気をつけることがとても大切なのです。

そうでないと、人間関係も悪化してしまうこともありますし、もちろん悪い言葉を使っていると自分に返ってくることさえもあるのです。

1. 教科書などの書物を利用して言葉を綺麗にする

教科書などの書物を利用して言葉を綺麗にする

まずは自分の言葉がどのように使われているのかということを、普段からチェックすることが大切です。

日本人は皆義務教育を受けているわけですから、国も習っているはずです。

教科書に書かれている日本語というのは、基本的な言い回しの言葉の方が多いのです。

教科書など持っていないという方もいるかもしれませんが、例えば入試試験などの参考書にも国語の書物がありますからこういったものを利用するのも良い方法です。

2. ネット社会で使われている言葉を使わないよう努力する

ネット社会で使われている言葉を使わないよう努力する

今ではネットなども使いますし、掲示板などでも様々な情報を得ることができます。

ですが、このような掲示板は悪口が書かれていることが多く、基本的に綺麗な言葉を見つけることができません。

なぜなら、架空の相手と話をしている状態ですし、相手に礼儀を払っている状態では無いからです。

日常的にネットを見ている人は、言葉遣いも悪くなる傾向にありますから、今一度言葉遣いを見直すことが必要です。

3. 友達言葉にならないように気をつける

友達言葉にならないように気をつける

特に中高生くらいになると、友達言葉の方が圧倒的に使われやすくなります。

そうすると、言葉遣い自体がおかしくなってくるということもありがちです。

友達同士の会話も、人それぞれ違うものです。

若いうちには汚い言葉もかっこいいと思いがちですが、世間の評価からすればきちんとした言葉遣いを使えないということで良い印象を持たれないことにもなります。

4. テレビを使って良い言葉を研究する

テレビを使って良い言葉を研究する

例えば、テレビを見ていたとしてもバラエティーを見ていると良い言葉を見つけることができないかもしれません。

ですが、真面目な朝のドラマやニュース等では、きちんとした言葉遣いが基本となっています。

見る番組によって言葉を見つけることができるかもしれません。

日常的言葉に良い言葉を使っている番組をチェックするというのも効果的な方法です。

5. 感情的になって言葉を話すないように注意する

感情的になって言葉を話すないように注意する

言葉遣いばかりではなく態度というのも、言葉遣いそのものに影響しているものです。

あまりにも感情的になってしまうと言葉も汚いものになってしまいます。

人と会話をするということは、人生の中でも貴重なことなのです。

だからこそ人様と会話をする時には、一歩引いてみて言葉遣いを考えるという事が大切です。

6. 同じネットでも広告文などは綺麗な言葉の方が多い

同じネットでも広告文などは綺麗な言葉の方が多い

同じようにネット観覧するにしても、広告文などはよく出てくる言葉の類です。

顧客に対しての言葉ですから当然丁寧な言葉を使われている場合の方が多いです。

ネットの言葉は良くない物の方が多いのですが、大手の企業の広告や宣伝などは綺麗な言葉が使われていることが多いのです。

こういった言葉を眺めているうちに自分の言葉も良くなってくる場合があります。

7. 自分の持つ言葉と他人の言葉を再確認してみる

自分の持つ言葉と他人の言葉を再確認してみる

家族の中で自然と会話をしている人も多いのではないでしょうか。

各家庭で独自の言葉を使っている場合もあります。

その言葉が綺麗かどうかという事は、端から眺めなければわからないこともあるのです。

ですから、できるだけ様々な世代の人と会話をしてみるということも必要ではあります。

自分の今まで使っていた言葉が人から見ればどう思われるのかということも、コミュニケーションを広げることによってわかってくるのです。

8. 丁寧語が使われていた時代の言葉を活用する

丁寧語が使われていた時代の言葉を活用する

時代によっても言葉というのは変わってくるものですが、ことに昭和初期くらいには良い言葉の方が圧倒的に使われている率が高かったのです。

この頃にはまだ身分の差などもありましたし、目上の人に使う言葉遣いというのも今よりももっと礼儀正しいものでした。

このような時代背景によっても、言葉遣いというのは変わってくるものだですが、古き良き時代の言葉を活用するというのも効果的な方法です。

9. 言葉の美しい人から自分を判断してもらう

言葉の美しい人から自分を判断してもらう

自分の言葉をより美しくしたいと考えるのであれば、他人から評価してもらうというのも1つの手段です。

こういった場合には、やはり基本的な言葉のやりとりをできる人にお願いするということも必要になってきます。

知り合いの年配の方や、自分から見ても普段から綺麗な言葉を使っている方に自分の言葉を評価してもらうと、改善点がいくつも見えてくるものです。

10. 言葉を文章として書いてみることも大切

言葉を文章として書いてみることも大切

人というのは瞬間的に言葉を発生してしまうものです。

咄嗟に出てくる言葉ですから乱暴になりがちです。

こうならない為には、文章を書いてみるということも必要になってきます。

言葉というのは頭の中で作られるものなのですが、喋るのと書体として書くのとでは全く違ってくることがあります。

綺麗な言葉を使おうとして文章にまとめてみると、自分の使っている言葉の間違いが自然と見えてきます。

11. 言葉遣いの知識を得ることが重要

言葉遣いの知識を得ることが重要

言葉というのは人間しか持たないコミュニケーションのツールの一つです。

だからこそ重要でもあるのですが、何も考えず言葉だけを使っていると、間違った言葉が身に付いてしまうということも多々あります。

ですが、言葉というものは知識をつけるだけでランクアップしていくものです。

ですから、できるだけ言葉に対する興味や知識を持つということも必要になります。

12. 相手の気持ちを考えながら言葉遣いを直す

相手の気持ちを考えながら言葉遣いを直す

言葉遣いはただ綺麗なだけでは成り立たない場合があります。

綺麗な言葉を身に付けるという事は人間関係をよりよくするということにもつながります。

ですから、相手の気持ちを受け止めるということがまず必要になります。

それだけの器を持てるような人間性を持つということも、言葉遣いを直していく為にはとても大切なことでもあるのです。

13. できるだけ本を読み知識を高める事が大切

やはり多くの日本語を見ていると、それだけで国語力が高まります。

綺麗な言葉を使いたい場合には、綺麗な言葉が使われている本を読むというのも非常に効果的な方法です。

もちろん、庶民的な雑誌などにはよくない言葉や、その時々の流行り言葉などが使われている場合がありますから、できるだけ文学的要素を含んだ本をたくさん読んでおくということが重要なのです。

本を読めば国語力がつくだけではなく教養を身につけることができます。

自分の人間性を高めるという意味でも本を読むことはとても大切です。

円滑な人間関係を作り出す為の汚い言葉遣いを正していく方法13選まとめて見ました。


日本語というのは他の国の言葉に比べても最も難しいとも言われています。

古典的な言葉などもありますし、友達によく使うような気軽な言葉もあります。

さらに、社会人になれば丁寧語もよく使うこともあるでしょう。

他の国ではある程度言い回しも似通っている言葉もありますが、日本の言葉には様々な使い回しがあり、汚い言葉もあれば綺麗な言葉もあります。

同じように言葉を使うのであれば、綺麗な言葉の方が相手にも良い印象を与えることにもなりますし、良い言葉を身につけることができれば、それだけで幸運が巡ってくることもあるのです。

ですが、最近の言葉というのは実は汚い言葉の方が多くなっているのが現状です。

そうならないようにも、普段から言葉遣いに気をつけることがとても大切なのです。

そうでないと、人間関係も悪化してしまうこともありますし、もちろん悪い言葉を使っていると自分に返ってくることさえもあるのです。

教科書などの書物を利用して言葉を綺麗にする

まずは自分の言葉がどのように使われているのかということを、普段からチェックすることが大切です。

日本人は皆義務教育を受けているわけですから、国も習っているはずです。

教科書に書かれている日本語というのは、基本的な言い回しの言葉の方が多いのです。

教科書など持っていないという方もいるかもしれませんが、例えば入試試験などの参考書にも国語の書物がありますからこういったものを利用するのも良い方法です。

ネット社会で使われている言葉を使わないよう努力する

今ではネットなども使いますし、掲示板などでも様々な情報を得ることができます。

ですが、このような掲示板は悪口が書かれていることが多く、基本的に綺麗な言葉を見つけることができません。

なぜなら、架空の相手と話をしている状態ですし、相手に礼儀を払っている状態では無いからです。

日常的にネットを見ている人は、言葉遣いも悪くなる傾向にありますから、今一度言葉遣いを見直すことが必要です。

友達言葉にならないように気をつける

特に中高生くらいになると、友達言葉の方が圧倒的に使われやすくなります。

そうすると、言葉遣い自体がおかしくなってくるということもありがちです。

友達同士の会話も、人それぞれ違うものです。

若いうちには汚い言葉もかっこいいと思いがちですが、世間の評価からすればきちんとした言葉遣いを使えないということで良い印象を持たれないことにもなります。

テレビを使って良い言葉を研究する

例えば、テレビを見ていたとしてもバラエティーを見ていると良い言葉を見つけることができないかもしれません。

ですが、真面目な朝のドラマやニュース等では、きちんとした言葉遣いが基本となっています。

見る番組によって言葉を見つけることができるかもしれません。

日常的言葉に良い言葉を使っている番組をチェックするというのも効果的な方法です。

感情的になって言葉を話すないように注意する

言葉遣いばかりではなく態度というのも、言葉遣いそのものに影響しているものです。

あまりにも感情的になってしまうと言葉も汚いものになってしまいます。

人と会話をするということは、人生の中でも貴重なことなのです。

だからこそ人様と会話をする時には、一歩引いてみて言葉遣いを考えるという事が大切です。

同じネットでも広告文などは綺麗な言葉の方が多い

同じようにネット観覧するにしても、広告文などはよく出てくる言葉の類です。

顧客に対しての言葉ですから当然丁寧な言葉を使われている場合の方が多いです。

ネットの言葉は良くない物の方が多いのですが、大手の企業の広告や宣伝などは綺麗な言葉が使われていることが多いのです。

こういった言葉を眺めているうちに自分の言葉も良くなってくる場合があります。

自分の持つ言葉と他人の言葉を再確認してみる

家族の中で自然と会話をしている人も多いのではないでしょうか。

各家庭で独自の言葉を使っている場合もあります。

その言葉が綺麗かどうかという事は、端から眺めなければわからないこともあるのです。

ですから、できるだけ様々な世代の人と会話をしてみるということも必要ではあります。

自分の今まで使っていた言葉が人から見ればどう思われるのかということも、コミュニケーションを広げることによってわかってくるのです。

丁寧語が使われていた時代の言葉を活用する

時代によっても言葉というのは変わってくるものですが、ことに昭和初期くらいには良い言葉の方が圧倒的に使われている率が高かったのです。

この頃にはまだ身分の差などもありましたし、目上の人に使う言葉遣いというのも今よりももっと礼儀正しいものでした。

このような時代背景によっても、言葉遣いというのは変わってくるものだですが、古き良き時代の言葉を活用するというのも効果的な方法です。

言葉の美しい人から自分を判断してもらう

自分の言葉をより美しくしたいと考えるのであれば、他人から評価してもらうというのも1つの手段です。

こういった場合には、やはり基本的な言葉のやりとりをできる人にお願いするということも必要になってきます。

知り合いの年配の方や、自分から見ても普段から綺麗な言葉を使っている方に自分の言葉を評価してもらうと、改善点がいくつも見えてくるものです。

言葉を文章として書いてみることも大切

人というのは瞬間的に言葉を発生してしまうものです。

咄嗟に出てくる言葉ですから乱暴になりがちです。

こうならない為には、文章を書いてみるということも必要になってきます。

言葉というのは頭の中で作られるものなのですが、喋るのと書体として書くのとでは全く違ってくることがあります。

綺麗な言葉を使おうとして文章にまとめてみると、自分の使っている言葉の間違いが自然と見えてきます。

言葉遣いの知識を得ることが重要

言葉というのは人間しか持たないコミュニケーションのツールの一つです。

だからこそ重要でもあるのですが、何も考えず言葉だけを使っていると、間違った言葉が身に付いてしまうということも多々あります。

ですが、言葉というものは知識をつけるだけでランクアップしていくものです。

ですから、できるだけ言葉に対する興味や知識を持つということも必要になります。

相手の気持ちを考えながら言葉遣いを直す

言葉遣いはただ綺麗なだけでは成り立たない場合があります。

綺麗な言葉を身に付けるという事は人間関係をよりよくするということにもつながります。

ですから、相手の気持ちを受け止めるということがまず必要になります。

それだけの器を持てるような人間性を持つということも、言葉遣いを直していく為にはとても大切なことでもあるのです。

やはり多くの日本語を見ていると、それだけで国語力が高まります。

綺麗な言葉を使いたい場合には、綺麗な言葉が使われている本を読むというのも非常に効果的な方法です。

もちろん、庶民的な雑誌などにはよくない言葉や、その時々の流行り言葉などが使われている場合がありますから、できるだけ文学的要素を含んだ本をたくさん読んでおくということが重要なのです。

本を読めば国語力がつくだけではなく教養を身につけることができます。

自分の人間性を高めるという意味でも本を読むことはとても大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-