【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114115.html
恋愛に興味がない人の心理

恋愛に興味がない人の心理 | LADYCO

LADYCO
恋愛に興味がない人の心理

恋愛への興味の有無は環境や生まれながらの資質などさまざまですがどんな方がいるのでしょうか?

徹底解説

  • 仕事に集中したいタイプ
  • 趣味に集中したいタイプ
  • 学生なら部活動か勉強に集中したいタイプ
  • 異性に興味がないタイプ
  • LGBTであることを公にできないタイプ
  • お金がすべてだと思っているタイプ
  • 恋愛が面倒だと思っているタイプ
  • 他の遊びに興味があるタイプ
  • 恋愛に価値を見出せない
  • 異性とのコミュニケーションそのものに抵抗がある
  • 時間の考え方が違う
  • 異性とも付き合うがあくまでも友人としてしか見れない
  • 性交渉の対象でしか異性を見れない
  • 異性だけではなく、対人関係が苦手で恋愛以前の問題
  • 恋人よりも友人を大事にしたい
  • マザコン、ファザコンで恋愛に興味なし
  • 過去に恋愛でいたい思いをしたために興味を失った
  • 人生において大事なところに異性をおいていない
  • 友達を含め、人と付き合いたくないタイプ
  • 自分にはもっといい異性がいるはずという思い込みが強いタイプ

1. 仕事に集中したいタイプ

仕事に集中したいタイプ

人間にはいろいろなタイプがあります。

たとえばですが、仕事に集中したいタイプはえてして、恋愛に興味がないことも多いかもしれません。

それはもちろん、時間がないから、気持ちを仕事に集中させたいから。

プライベートなど必要ないというタイプもいます。

最終的には仕事が好きなタイプでもバランスが取れた人間であればプライベートも含めてバランスが取れた生活を送れるのですが正直、なかなか難しいところだといえます。

2. 趣味に集中したいタイプ

趣味に集中したいタイプ

とにかく趣味に没頭してしまうタイプ、今に時代は非常におおくなっています。

いわゆるおたくではなくとも、時間もお金もすべてを趣味にささげたいので実際に恋愛にはきぃ海がない、というよりも優先順位が下がってしまい、結果的に恋愛がおっくううになってしまうこともあるわけです。

これはどんな趣味の方でも同じことが当てはまるのではないかと思います。

それほど、今はエンターテインメントも多角化しているので恋愛に価値を見出さないということもあるわけです。

3. 学生なら部活動か勉強に集中したいタイプ

学生なら部活動か勉強に集中したいタイプ

学生時代にはありがちですが、どうしても部活動や勉強など打ち込む対象が非常に限られている場合、それほど人生経験があるわけでもなく視野が狭くなってしまい、どうしても恋愛に気持ちが向かないことはあると思います。

ただし、こうしたタイプは一定期間は恋愛から興味がなくなりますが、どこかのタイミングで恋愛に目覚めることがあるかもしれません。

成長過程において、何らかの刺激をしっかり受けることが できれば、きっと変わることも可能でしょう。

4. 異性に興味がないタイプ

異性に興味がないタイプ

どうしても、無理にまたは強がっているわけでもなく、またはLGBTでもないのですが異性に興味がないという方は存在することは確かです。

別にこれは否定するわけでもなく、あくまでも価値観の問題として捉えるべきであって。

こうしたタイプがもちろん、恋愛に興味を持つとも思えません。

異性との時間を大事にしたいという考えもないといえるでしょう。

5. LGBTであることを公にできないタイプ

LGBTであることを公にできないタイプ

世界中の数パーセントがいまやLGBTであるといわれています。

いろいろな恋愛の形があるのですが、自分自身の恋愛の形がマジョリティーではなく、マイノリティーであるがゆえにカミングアウトできない、ひいては恋愛をすることができないというタイプ。

外から見ると恋愛に興味がないのかなとおもわれてしまうこともあるでしょう。

非常に難しいところですがこればかりはご本人次第というところです。

決して恋愛そのものに興味がないわけではないわけですから。

6. お金がすべてだと思っているタイプ

お金がすべてだと思っているタイプ

お金がすべてだと思っているタイプの方。

これはまた恋愛に対して非常にドライであり、恋愛に対してお金を費やすことに対して非常に消極的であり、まったく前向きに考えないものです。

結果的に恋愛に対してお金を使わないところとなり、気持ちとしても恋愛感情をまったく持たないようになってしまうのです。

7. 恋愛が面倒だと思っているタイプ

恋愛が面倒だと思っているタイプ

恋愛をはじめ、とにかく面倒くさがり屋はいます。

実際に恋愛は好きになって、告白してという過程や駆け引きを楽しむものなのですがそれ自体が面倒だということで恋愛に前向きになれない方もいます。

こうしたタイプはやはり少しでも恋愛が楽しいものだという心持になれば、少しは変わっていくものだと思います。

8. 他の遊びに興味があるタイプ

他の遊びに興味があるタイプ

成人すれば、いろいろな遊びがあります。

趣味という範疇までいかなくとも、目の前の飲み会や、テレビ、インターネットなどとにかく恋愛という楽しみ よりも他の楽しみを重要視してしまうことになるわけです。

これだけ、世の中が多様化して、エンターテインメントも多様化した今ならこうした気持ちになってしまうところも否めないといっても過言ではありません。

恋愛にいかに興味を持つか、結論、これは本人がどう思うかにかかって折るのではないかと思います。

9. 恋愛に価値を見出せない

恋愛に価値を見出せない

恋愛に対する価値観、これも大きなポイントです。

実際に恋愛に対して価値観を見出せないようでは、もちろんのこと、恋愛に興味をもつことなどありえないわけです。

もちろん、他に価値を見出すことがあればこそです。

今の若者はこうしたタイプが多いのではないかと思います。

まずは恋愛を経験した上でその価値を認識するところからスタートすべきかと思います。

10. 異性とのコミュニケーションそのものに抵抗がある

異性とのコミュニケーションそのものに抵抗がある

友人、同性、仕事などのコミュニケーションはうまくできても、どうしても異性とのコミュニケーションが取れないタイプ。

どうしてもいつの時代も存在します。

最初はいたし方ありませんがなかなかコミュニケーション能力があがっていかないと必然的に異性が苦手になり、結果的に恋愛に興味を抱かなくなってしまうこともあります。

負の循環ともいえますがこれもありがちなパターンです。

11. 時間の考え方が違う

時間の考え方が違う

時間の考え方、使い方。

これも大きなポイントです。

恋愛を通じて異性との時間を有効に使おうとするのかどうか、ここに重きを置けないタイプは残念ながら恋愛には向きませんし、逆に恋愛に興味もいだかなくなってしまいます。

12. 異性とも付き合うがあくまでも友人としてしか見れない

異性とも付き合うがあくまでも友人としてしか見れない

異性とのコミュニケーションが苦手なわけでもなく、いつでも恋人ができそうというタイプも中にはいます。

しかし、こうした方でも実際には友人としてのお付き合いができても恋人としては付き合っていけない。

友人としてしか見ることができないということもあります。

恋愛感情を持つことができないということです。

13. 性交渉の対象でしか異性を見れない

性交渉の対象でしか異性を見れない

これも困ったタイプですが、異性を性交渉の対象としてしか見ることができない対タイプ。

これは残念ながら、異性とお付き合いすることが難しいでしょう。

恋愛が苦手というのではなく、こういったタイプは逆に異性と付き合ってはいけないのではないかと極論すると考えてしまうところもないではありません。

仮にこうしたタイプが恋愛を試みようとしても、心の部分で異性とつながることができうないがためにうまくお付き合いできないことが明白です。

そして、最終的には年齢とともに恋愛に興味がさらになくなっていくわけです。

14. 異性だけではなく、対人関係が苦手で恋愛以前の問題

異性だけではなく、対人関係が苦手で恋愛以前の問題

そもそも、対人関係において、コミュニケーション能力に欠けるタイプ。

今の時代は残念ながら明らかにふえてきています。

本人自身は仮に恋愛に興味があっても、残念ながら、縁がないといってしまっても過言ではありません。

そして、最終的には縁がないがためにいつのまにか恋愛に興味がないという事態に陥ってしまうわけです。

15. 恋人よりも友人を大事にしたい

恋人よりも友人を大事にしたい

恋人よりも友人関係を大事にしたい。

これはだれでもいえることです。

しかし、これを極端に心の中で願っている方は実際のところ、恋愛に興味がないのではなく、恋愛に対して臆病なのではないでしょうか。

実際に恋愛に踏み切るきっかけがあれば、こうしたタイプの方に関してはブレークスルーする可能性を秘めているといえるのではないでしょうか。

16. マザコン、ファザコンで恋愛に興味なし

マザコン、ファザコンで恋愛に興味なし

今の世の中、なかなか自立できないことがあります。

特にマザコン、ファザコンともなれば、誰もが多少なりともその傾向を持っているといっても過言ではないでしょう。

そこで、恋愛に関してもなかなか自分自身の価値観を醸成することが出来ず、まったく感性のないまま、成人してしまうと恋愛ができなくなってしまうわけです。

これも環境のなせる悪いパターンです。

17. 過去に恋愛でいたい思いをしたために興味を失った

過去に恋愛でいたい思いをしたために興味を失った

最初から恋愛に興味がないわけではなく、いつの間にかなくなってしまう。

たとえば、過去の恋愛において非常にトラウマになってしまうようなことがあれば、心にふたをしてしまうことになり、最終的に恋愛に対してまったく興味を示さなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

これは自分自身の心の持ちようかもしれませんが、失敗体験が重くのしかかって変われないこともあります。

18. 人生において大事なところに異性をおいていない

人生において大事なところに異性をおいていない

人生の中でいろいろなところに重点を置いて人間は生活しています。

そんな中でも異性に対しての思いがさほど強くないことは正直あるはずです。

これは恋愛に興味があっても、人生の一定のタイミングにおいては同じように感じてしまう時期があっても不思議ではありません。

実際に仕事に集中したい時期があっても不思議ではありませんし、親の介護や勉強といったところに重点をおいて恋愛の位置づけが低くなることはありえます。

19. 友達を含め、人と付き合いたくないタイプ

友達を含め、人と付き合いたくないタイプ

生まれもって、または環境によって人間とあまり付き合いたくないという方は存在するものです。

それが同性だけではなく、異性にも結びついてしまい、結果的には恋愛をまったくしない、まったく恋愛に対して興味がないという人格が形成されてしまうという結果がもたらされてしまうことがあります。

生まれ着いてといっても環境や個人の心持、または周囲の働きかけなどできっと変わることは可能なはず。

20. 自分にはもっといい異性がいるはずという思い込みが強いタイプ

まったく恋愛に興味がないわけではないのですが、人一倍プライドが高く、自分にはもっと素晴らしい出会いがある、もっと素敵な異性が似合っているという思い込みが強い場合。

いつのまにか恋愛をしたいという気持ちがなくなってしまい、さらには異性からも恋愛をしようというオーラがなくなっているのでまったく縁遠くなってしまうことがあります。

すぐにこうした状況にはなりませんが、徐々にこうなってしまうことも否めません。

恋愛への興味の有無は環境や生まれながらの資質などさまざまですがどんな方がいるのでしょうか?

徹底解説


仕事に集中したいタイプ

人間にはいろいろなタイプがあります。

たとえばですが、仕事に集中したいタイプはえてして、恋愛に興味がないことも多いかもしれません。

それはもちろん、時間がないから、気持ちを仕事に集中させたいから。

プライベートなど必要ないというタイプもいます。

最終的には仕事が好きなタイプでもバランスが取れた人間であればプライベートも含めてバランスが取れた生活を送れるのですが正直、なかなか難しいところだといえます。

趣味に集中したいタイプ

とにかく趣味に没頭してしまうタイプ、今に時代は非常におおくなっています。

いわゆるおたくではなくとも、時間もお金もすべてを趣味にささげたいので実際に恋愛にはきぃ海がない、というよりも優先順位が下がってしまい、結果的に恋愛がおっくううになってしまうこともあるわけです。

これはどんな趣味の方でも同じことが当てはまるのではないかと思います。

それほど、今はエンターテインメントも多角化しているので恋愛に価値を見出さないということもあるわけです。

学生なら部活動か勉強に集中したいタイプ

学生時代にはありがちですが、どうしても部活動や勉強など打ち込む対象が非常に限られている場合、それほど人生経験があるわけでもなく視野が狭くなってしまい、どうしても恋愛に気持ちが向かないことはあると思います。

ただし、こうしたタイプは一定期間は恋愛から興味がなくなりますが、どこかのタイミングで恋愛に目覚めることがあるかもしれません。

成長過程において、何らかの刺激をしっかり受けることが できれば、きっと変わることも可能でしょう。

異性に興味がないタイプ

どうしても、無理にまたは強がっているわけでもなく、またはLGBTでもないのですが異性に興味がないという方は存在することは確かです。

別にこれは否定するわけでもなく、あくまでも価値観の問題として捉えるべきであって。

こうしたタイプがもちろん、恋愛に興味を持つとも思えません。

異性との時間を大事にしたいという考えもないといえるでしょう。

LGBTであることを公にできないタイプ

世界中の数パーセントがいまやLGBTであるといわれています。

いろいろな恋愛の形があるのですが、自分自身の恋愛の形がマジョリティーではなく、マイノリティーであるがゆえにカミングアウトできない、ひいては恋愛をすることができないというタイプ。

外から見ると恋愛に興味がないのかなとおもわれてしまうこともあるでしょう。

非常に難しいところですがこればかりはご本人次第というところです。

決して恋愛そのものに興味がないわけではないわけですから。

お金がすべてだと思っているタイプ

お金がすべてだと思っているタイプの方。

これはまた恋愛に対して非常にドライであり、恋愛に対してお金を費やすことに対して非常に消極的であり、まったく前向きに考えないものです。

結果的に恋愛に対してお金を使わないところとなり、気持ちとしても恋愛感情をまったく持たないようになってしまうのです。

恋愛が面倒だと思っているタイプ

恋愛をはじめ、とにかく面倒くさがり屋はいます。

実際に恋愛は好きになって、告白してという過程や駆け引きを楽しむものなのですがそれ自体が面倒だということで恋愛に前向きになれない方もいます。

こうしたタイプはやはり少しでも恋愛が楽しいものだという心持になれば、少しは変わっていくものだと思います。

他の遊びに興味があるタイプ

成人すれば、いろいろな遊びがあります。

趣味という範疇までいかなくとも、目の前の飲み会や、テレビ、インターネットなどとにかく恋愛という楽しみ よりも他の楽しみを重要視してしまうことになるわけです。

これだけ、世の中が多様化して、エンターテインメントも多様化した今ならこうした気持ちになってしまうところも否めないといっても過言ではありません。

恋愛にいかに興味を持つか、結論、これは本人がどう思うかにかかって折るのではないかと思います。

恋愛に価値を見出せない

恋愛に対する価値観、これも大きなポイントです。

実際に恋愛に対して価値観を見出せないようでは、もちろんのこと、恋愛に興味をもつことなどありえないわけです。

もちろん、他に価値を見出すことがあればこそです。

今の若者はこうしたタイプが多いのではないかと思います。

まずは恋愛を経験した上でその価値を認識するところからスタートすべきかと思います。

異性とのコミュニケーションそのものに抵抗がある

友人、同性、仕事などのコミュニケーションはうまくできても、どうしても異性とのコミュニケーションが取れないタイプ。

どうしてもいつの時代も存在します。

最初はいたし方ありませんがなかなかコミュニケーション能力があがっていかないと必然的に異性が苦手になり、結果的に恋愛に興味を抱かなくなってしまうこともあります。

負の循環ともいえますがこれもありがちなパターンです。

時間の考え方が違う

時間の考え方、使い方。

これも大きなポイントです。

恋愛を通じて異性との時間を有効に使おうとするのかどうか、ここに重きを置けないタイプは残念ながら恋愛には向きませんし、逆に恋愛に興味もいだかなくなってしまいます。

異性とも付き合うがあくまでも友人としてしか見れない

異性とのコミュニケーションが苦手なわけでもなく、いつでも恋人ができそうというタイプも中にはいます。

しかし、こうした方でも実際には友人としてのお付き合いができても恋人としては付き合っていけない。

友人としてしか見ることができないということもあります。

恋愛感情を持つことができないということです。

性交渉の対象でしか異性を見れない

これも困ったタイプですが、異性を性交渉の対象としてしか見ることができない対タイプ。

これは残念ながら、異性とお付き合いすることが難しいでしょう。

恋愛が苦手というのではなく、こういったタイプは逆に異性と付き合ってはいけないのではないかと極論すると考えてしまうところもないではありません。

仮にこうしたタイプが恋愛を試みようとしても、心の部分で異性とつながることができうないがためにうまくお付き合いできないことが明白です。

そして、最終的には年齢とともに恋愛に興味がさらになくなっていくわけです。

異性だけではなく、対人関係が苦手で恋愛以前の問題

そもそも、対人関係において、コミュニケーション能力に欠けるタイプ。

今の時代は残念ながら明らかにふえてきています。

本人自身は仮に恋愛に興味があっても、残念ながら、縁がないといってしまっても過言ではありません。

そして、最終的には縁がないがためにいつのまにか恋愛に興味がないという事態に陥ってしまうわけです。

恋人よりも友人を大事にしたい

恋人よりも友人関係を大事にしたい。

これはだれでもいえることです。

しかし、これを極端に心の中で願っている方は実際のところ、恋愛に興味がないのではなく、恋愛に対して臆病なのではないでしょうか。

実際に恋愛に踏み切るきっかけがあれば、こうしたタイプの方に関してはブレークスルーする可能性を秘めているといえるのではないでしょうか。

マザコン、ファザコンで恋愛に興味なし

今の世の中、なかなか自立できないことがあります。

特にマザコン、ファザコンともなれば、誰もが多少なりともその傾向を持っているといっても過言ではないでしょう。

そこで、恋愛に関してもなかなか自分自身の価値観を醸成することが出来ず、まったく感性のないまま、成人してしまうと恋愛ができなくなってしまうわけです。

これも環境のなせる悪いパターンです。

過去に恋愛でいたい思いをしたために興味を失った

最初から恋愛に興味がないわけではなく、いつの間にかなくなってしまう。

たとえば、過去の恋愛において非常にトラウマになってしまうようなことがあれば、心にふたをしてしまうことになり、最終的に恋愛に対してまったく興味を示さなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

これは自分自身の心の持ちようかもしれませんが、失敗体験が重くのしかかって変われないこともあります。

人生において大事なところに異性をおいていない

人生の中でいろいろなところに重点を置いて人間は生活しています。

そんな中でも異性に対しての思いがさほど強くないことは正直あるはずです。

これは恋愛に興味があっても、人生の一定のタイミングにおいては同じように感じてしまう時期があっても不思議ではありません。

実際に仕事に集中したい時期があっても不思議ではありませんし、親の介護や勉強といったところに重点をおいて恋愛の位置づけが低くなることはありえます。

友達を含め、人と付き合いたくないタイプ

生まれもって、または環境によって人間とあまり付き合いたくないという方は存在するものです。

それが同性だけではなく、異性にも結びついてしまい、結果的には恋愛をまったくしない、まったく恋愛に対して興味がないという人格が形成されてしまうという結果がもたらされてしまうことがあります。

生まれ着いてといっても環境や個人の心持、または周囲の働きかけなどできっと変わることは可能なはず。

まったく恋愛に興味がないわけではないのですが、人一倍プライドが高く、自分にはもっと素晴らしい出会いがある、もっと素敵な異性が似合っているという思い込みが強い場合。

いつのまにか恋愛をしたいという気持ちがなくなってしまい、さらには異性からも恋愛をしようというオーラがなくなっているのでまったく縁遠くなってしまうことがあります。

すぐにこうした状況にはなりませんが、徐々にこうなってしまうことも否めません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-