【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114039.html
旦那の借金が発覚したときに妻が取る行動

旦那の借金が発覚したときに妻が取る行動 | LADYCO

LADYCO
旦那の借金が発覚したときに妻が取る行動

将来的な家計自体も危うくなる前に、旦那の借金が発覚したときに妻が取る行動を10選まとめて見ました。

  • 借入先、金額、金利を全て把握する
  • クレジットカードは没収する
  • 借金の肩代わりは絶対にしない
  • 自分の両親や義両親に借金について報告をする
  • 借金の原因を知る
  • 自分の貯蓄を確保する
  • 「借金をやめたい」と思わせる
  • 離婚も視野に入れる
  • 借金の原因を解決する
  • 過払い金がないか調べる

1. 借入先、金額、金利を全て把握する

借入先、金額、金利を全て把握する

どれだけ借りているのか全ての借金と金額を確認するなど、借入先、金額、金利を全て把握しましょう。

借金は繰り返している人は、繰り返してしまうというところもあります。

そこで、夫が借金を常習的に借りていたのかどうかをまずは確認してみましょう。

今回初めてなのか、これまでに何度も借りていたのかということによって今後の考え方は変わってくるといえます。

突発的な謝金なのか

今回初めてだという時には借金をすぐに返済できるようにしましょう。

しかし、これまでに何度も借りているという場合、多重債務者になっているという可能性もあります。

多重債務をかかえていると、今後も借金をする可能性もあり、現在借りている借金を返済するのにも時間がかかる場合もあります。

借金が明るみになったということは、これまで何かしら債権者側からのアクションがあったのではないかと考えられるところもありますので、常習的な借金を行っていたのか、それとも今回が初めてなのかということを確認することが大切です。

そして、返済がどこまできちんとなされているのかという点もあわせて確かめて、借金の全体像をつかみましょう。

返済の目途が立っているのか

次の給料が入ったら返済できるのか、どれくらいで返済できるのかという点はとても重要です。

返済できる目処が立っている金額の借金であった場合、次の時には収入内でやりくりしていくという確認をとりましょう。

次の月で返済が可能な金額の借り入れだった場合には、今後何らかの形でお金に困らない限りは、借金を繰り返さざるを得ない可能性は低いといえ、妻もそれならと胸をなでおろすことができるのではないでしょうか。

今後の借金には要注意

今後も同じような理由でお金を借りそうだというような場合には気をつけなければならないことが出てきます。

例えば、ほしいものが次々と出てきて、お小遣いでは足りなくて借りてしまったという場合などです。

そんな場合には、次回にまた借金を行ってしまう傾向があるかもしれないと思うでしょう。

そのような場合には、お金を使いたいからお金を借りたのではなくて、別の返済に充てるためにお金を借りていたという場合もあるかもしれません。

つまり、お金を借りることが目的となっている場合には注意が必要だといわれます。

そんな場合には、借金をした理由が言えないという可能性があるのです。

また、もしかしたら浮気をしていて、浮気相手と交際するためにお金を借りていたので、妻には言えないのかもしれません。

そんな場合は、要注意です。

2. クレジットカードは没収する

クレジットカードは没収する

クレジットカードを持っていると新たな借り入れができてしまいます。

そのため、クレジットカードは没収するようにしましょう。

これ以上借金を増やさせないことが重要なのです。

クレジットカードはもっていると、気軽に買い物もできてしまいます。

これ以上借金の理由を作らないという意味でも夫がもっているクレジットカードはすべて没収するようにしましょう。

3. 借金の肩代わりは絶対にしない

借金の肩代わりは絶対にしない

借金の肩代わりは絶対にしないようにしましょう。

自分が例え肩代わりしても夫のためにはならないのです。

これまで、誰かに借金を肩代わりしてもらったことがある場合、そんな意識があって謝金を代わりに払ってくれるという考え方をもってしまっているということがあります。

そんな意識が借金を続けるというところにつながっているのかもしれません。

しっかり責任を取らすことが大事

お金を代わって払ってくれる人がいることがわかったら、夫が自分で返済しなければならないという状況を作らなければ借金は続いていくと考えられます。

自身で返済を行うものだという状況作りをしながら、夫のもっている借金に依存する考え方に疑問をもたせるようにしましょう。

4. 自分の両親や義両親に借金について報告をする

自分の両親や義両親に借金について報告をする

夫が借金をしていたことが分かり、来月返済ができるくらいの借金の金額でないことが分かったら、自分の両親や義両親に借金について報告をしましょう。

そうすることで、サポートをしてもらえるという場合があるかもしれません。

但し、夫の両親は既に知っていたという場合、今後のことも含めていろいろと相談する必要性も出てくる場合があるといえます。

とにかくしっかりと話すのが大事

このまま夫と借金を返済していくのか、内緒で借金をする相手に対して一緒にやっていける相手かどうか、子どものことを考えても、高額の借金を返済しながらやっていくことが果たして子どもにとっていいことなのか、など様々なことを考えながら話し合いを進めましょう。

その上で、自身が納得できる結論を出すことが必要といえます。

5. 借金の原因を知る

借金の原因を知る

借金をした理由を確認することで、今後も常習的に借りそうなのか、それとも今回だけ特別なのかということについての予測をある程度持つことができます。

例えば、今月は飲み会が立て続けに行われて自分のお小遣いではやりくりできなかったという理由であったり、高価な買い物をしてしまって支払いにお金が足りなかったという場合など、はっきりと妻に伝えられるような理由なのか、それとも妻に知られたくない理由で借りていたのかなど理由を聞くことで、なかなか納得はできないものの、ある程度は納得できるところがあるといえます。

6. 自分の貯蓄を確保する

自分の貯蓄を確保する

今後のことを考えると、自身の貯蓄は確保しておきましょう。

最悪の場合のことを考えて、自活できるようにしておかなければなりません。

夫婦共同の財産から自分が管理できる貯蓄額を確保しておき、何かに備えておくことがとても重要です。

7. 「借金をやめたい」と思わせる

「借金をやめたい」と思わせる

夫が常習的に借金をしていた場合、借金を辞めたいと思わせることがたいへん重要です。

例え自分がいなくなっても、借金があることで苦労することは目に見えています。

できるだけ早めに手を打って、借金を辞めたいという気持ちにさせることも大切です。

8. 離婚も視野に入れる

離婚も視野に入れる

夫の借金を妻が肩代わりすることはできません。

最悪の場合、離婚もあり得るといえます。

自分に隠れて大きな金額の借金を行う夫と一緒にいることは今後の人生が不安でしょう。

そんな時には離婚も視野に入れることが必要になってくるといえます。

借金を重ねている夫は、家などを担保としている高額の貸付に手を出している可能性もあります。

9. 借金の原因を解決する

借金の原因を解決する

借金の理由とその金額などを夫に確認し、夫の借金には常習性はないとわかった時は、お金が足りない原因に対して対処を行っていきましょう。

いわゆる一過性の借金といえますので、借金について深刻に考える必要はないといえます。

今はクレジットカードがかなり普及して、多くの人々がクレジットカードを普通に使っています。

しかし、クレジットカードは信用を基にして行う借り入れと同じ位置付けといわれていて、ポイントが貯まるからという理由で、クレジットカード会社に決済をお願いして、その後その決済代金を支払うというシステムになっています。

リボ払いは基本的にさせない

もし、クレジットカードの代金の支払いが多くなってしまったという場合、インターネットから手続きすれば分割払いにしたり、リボ払いにすることも簡単にできるようになっています。

そして、その後クレジットカード会社から請求があった代金を支払えば、それで支払いは完了です。

1回払いを分割払いにして2回払いや3回払いにしたからと言って、誰もそこまで深刻に心配したりすることはないといえ、普通に行われていることといえます。

ですがちりも積もれば山となるので計画性のない旦那にはさせてはいけません。

借金の危険性を教える

もしも夫が常習的に借金をしていたということが分かった場合には確認してみましょう。

そして、常習的に借りていたことが分かった場合、今後、借金を繰り返す可能性は高いと言われています。

例え、借金を完済した場合でも、再び借金を重ねるようなサイクルに陥っているのかもしれません。

そうなると、借金を繰り返して、新たに借金をして、別の借金に充てるということになっている場合も多いといえます。

そうなったら、今だけでなく、将来的な家計自体も危うくなるということが予想できます。

10. 過払い金がないか調べる

これまで借金を重ねてきて、返済も行ってきていたことが分かったら、過払い金がないかを調べてみましょう。

もしかしたら、現在の借金返済に充てることができるかもしれません。

将来的な家計自体も危うくなる前に、旦那の借金が発覚したときに妻が取る行動を10選まとめて見ました。


借入先、金額、金利を全て把握する

どれだけ借りているのか全ての借金と金額を確認するなど、借入先、金額、金利を全て把握しましょう。

借金は繰り返している人は、繰り返してしまうというところもあります。

そこで、夫が借金を常習的に借りていたのかどうかをまずは確認してみましょう。

今回初めてなのか、これまでに何度も借りていたのかということによって今後の考え方は変わってくるといえます。

突発的な謝金なのか

今回初めてだという時には借金をすぐに返済できるようにしましょう。

しかし、これまでに何度も借りているという場合、多重債務者になっているという可能性もあります。

多重債務をかかえていると、今後も借金をする可能性もあり、現在借りている借金を返済するのにも時間がかかる場合もあります。

借金が明るみになったということは、これまで何かしら債権者側からのアクションがあったのではないかと考えられるところもありますので、常習的な借金を行っていたのか、それとも今回が初めてなのかということを確認することが大切です。

そして、返済がどこまできちんとなされているのかという点もあわせて確かめて、借金の全体像をつかみましょう。

返済の目途が立っているのか

次の給料が入ったら返済できるのか、どれくらいで返済できるのかという点はとても重要です。

返済できる目処が立っている金額の借金であった場合、次の時には収入内でやりくりしていくという確認をとりましょう。

次の月で返済が可能な金額の借り入れだった場合には、今後何らかの形でお金に困らない限りは、借金を繰り返さざるを得ない可能性は低いといえ、妻もそれならと胸をなでおろすことができるのではないでしょうか。

今後の借金には要注意

今後も同じような理由でお金を借りそうだというような場合には気をつけなければならないことが出てきます。

例えば、ほしいものが次々と出てきて、お小遣いでは足りなくて借りてしまったという場合などです。

そんな場合には、次回にまた借金を行ってしまう傾向があるかもしれないと思うでしょう。

そのような場合には、お金を使いたいからお金を借りたのではなくて、別の返済に充てるためにお金を借りていたという場合もあるかもしれません。

つまり、お金を借りることが目的となっている場合には注意が必要だといわれます。

そんな場合には、借金をした理由が言えないという可能性があるのです。

また、もしかしたら浮気をしていて、浮気相手と交際するためにお金を借りていたので、妻には言えないのかもしれません。

そんな場合は、要注意です。

クレジットカードは没収する

クレジットカードを持っていると新たな借り入れができてしまいます。

そのため、クレジットカードは没収するようにしましょう。

これ以上借金を増やさせないことが重要なのです。

クレジットカードはもっていると、気軽に買い物もできてしまいます。

これ以上借金の理由を作らないという意味でも夫がもっているクレジットカードはすべて没収するようにしましょう。

借金の肩代わりは絶対にしない

借金の肩代わりは絶対にしないようにしましょう。

自分が例え肩代わりしても夫のためにはならないのです。

これまで、誰かに借金を肩代わりしてもらったことがある場合、そんな意識があって謝金を代わりに払ってくれるという考え方をもってしまっているということがあります。

そんな意識が借金を続けるというところにつながっているのかもしれません。

しっかり責任を取らすことが大事

お金を代わって払ってくれる人がいることがわかったら、夫が自分で返済しなければならないという状況を作らなければ借金は続いていくと考えられます。

自身で返済を行うものだという状況作りをしながら、夫のもっている借金に依存する考え方に疑問をもたせるようにしましょう。

自分の両親や義両親に借金について報告をする

夫が借金をしていたことが分かり、来月返済ができるくらいの借金の金額でないことが分かったら、自分の両親や義両親に借金について報告をしましょう。

そうすることで、サポートをしてもらえるという場合があるかもしれません。

但し、夫の両親は既に知っていたという場合、今後のことも含めていろいろと相談する必要性も出てくる場合があるといえます。

とにかくしっかりと話すのが大事

このまま夫と借金を返済していくのか、内緒で借金をする相手に対して一緒にやっていける相手かどうか、子どものことを考えても、高額の借金を返済しながらやっていくことが果たして子どもにとっていいことなのか、など様々なことを考えながら話し合いを進めましょう。

その上で、自身が納得できる結論を出すことが必要といえます。

借金の原因を知る

借金をした理由を確認することで、今後も常習的に借りそうなのか、それとも今回だけ特別なのかということについての予測をある程度持つことができます。

例えば、今月は飲み会が立て続けに行われて自分のお小遣いではやりくりできなかったという理由であったり、高価な買い物をしてしまって支払いにお金が足りなかったという場合など、はっきりと妻に伝えられるような理由なのか、それとも妻に知られたくない理由で借りていたのかなど理由を聞くことで、なかなか納得はできないものの、ある程度は納得できるところがあるといえます。

自分の貯蓄を確保する

今後のことを考えると、自身の貯蓄は確保しておきましょう。

最悪の場合のことを考えて、自活できるようにしておかなければなりません。

夫婦共同の財産から自分が管理できる貯蓄額を確保しておき、何かに備えておくことがとても重要です。

「借金をやめたい」と思わせる

夫が常習的に借金をしていた場合、借金を辞めたいと思わせることがたいへん重要です。

例え自分がいなくなっても、借金があることで苦労することは目に見えています。

できるだけ早めに手を打って、借金を辞めたいという気持ちにさせることも大切です。

離婚も視野に入れる

夫の借金を妻が肩代わりすることはできません。

最悪の場合、離婚もあり得るといえます。

自分に隠れて大きな金額の借金を行う夫と一緒にいることは今後の人生が不安でしょう。

そんな時には離婚も視野に入れることが必要になってくるといえます。

借金を重ねている夫は、家などを担保としている高額の貸付に手を出している可能性もあります。

借金の原因を解決する

借金の理由とその金額などを夫に確認し、夫の借金には常習性はないとわかった時は、お金が足りない原因に対して対処を行っていきましょう。

いわゆる一過性の借金といえますので、借金について深刻に考える必要はないといえます。

今はクレジットカードがかなり普及して、多くの人々がクレジットカードを普通に使っています。

しかし、クレジットカードは信用を基にして行う借り入れと同じ位置付けといわれていて、ポイントが貯まるからという理由で、クレジットカード会社に決済をお願いして、その後その決済代金を支払うというシステムになっています。

リボ払いは基本的にさせない

もし、クレジットカードの代金の支払いが多くなってしまったという場合、インターネットから手続きすれば分割払いにしたり、リボ払いにすることも簡単にできるようになっています。

そして、その後クレジットカード会社から請求があった代金を支払えば、それで支払いは完了です。

1回払いを分割払いにして2回払いや3回払いにしたからと言って、誰もそこまで深刻に心配したりすることはないといえ、普通に行われていることといえます。

ですがちりも積もれば山となるので計画性のない旦那にはさせてはいけません。

借金の危険性を教える

もしも夫が常習的に借金をしていたということが分かった場合には確認してみましょう。

そして、常習的に借りていたことが分かった場合、今後、借金を繰り返す可能性は高いと言われています。

例え、借金を完済した場合でも、再び借金を重ねるようなサイクルに陥っているのかもしれません。

そうなると、借金を繰り返して、新たに借金をして、別の借金に充てるということになっている場合も多いといえます。

そうなったら、今だけでなく、将来的な家計自体も危うくなるということが予想できます。

これまで借金を重ねてきて、返済も行ってきていたことが分かったら、過払い金がないかを調べてみましょう。

もしかしたら、現在の借金返済に充てることができるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-