【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104436.html
不安気持ちの時の気持ちを落ち着かす対処方法

不安気持ちの時の気持ちを落ち着かす対処方法 | LADYCO

LADYCO
不安気持ちの時の気持ちを落ち着かす対処方法

特別なきっかけがなくても、不安な気持ちになってしまうことはありますよね?そんな時に役立つ、気持ちを落ち着かす対処方法をお教えします。

  • 胸を張って深呼吸をする
  • ストレッチをする
  • 温かいものを飲む
  • 汗をたくさん搔く
  • 誰かと話をする
  • 自己啓発本を読む
  • 甘いものを食べる
  • お酒を飲む
  • 膝下マッサージ
  • 歩く

1. 胸を張って深呼吸をする

胸を張って深呼吸をする

不安な時ほど、背中を丸めて俯きがちになってしまいます。

そうすると呼吸が浅くなり、身体が酸素不足に陥ります。

そんな状態で健全な状態でいる方が無理というもの。

もしも不安になったら、意識をして胸を張ってください。

その姿勢を保ったままで深呼吸をします。

ゆっくり吐いて、ゆっくりと吸うことを繰り返してみましょう。

そうすることで気持ちが穏やかになってきます。

2. ストレッチをする

ストレッチをする

激しい運動は必要ありません。

手足を伸ばすことをゆっくりと繰り返すだけでOKです。

こうすると血行が良くなり、体中が解れてきます。

血の巡りが良くなると必然的に身体が温まるので、心が解れてくるのが分かります。

ストレッチのイメージがし辛い人は、ラジオ体操にチャレンジしてみてください。

3. 温かいものを飲む

温かいものを飲む

熱々のものではなく、ゆっくりと啜る感じで飲める程度が適温です。

手軽なのはホットミルク。

甘いものが好きな人は蜂蜜などを加えてもいいですね。

機会があれば、葛湯もおススメです。

お湯に溶いて甘くしてから飲むのが一般的で、ドラッグストアやスーパーで手軽に購入することができます。

カロリーなどが気になるという人は白湯がいいでしょう。

反対に、カフェインの入っているものは避けます。

温かいものは飲んだ後に「ふーっ」と、ため息が出ちゃいます。

その深く息を吐き出すことが効果てきめんです。

4. 汗をたくさん搔く

汗をたくさん搔く

汗を掻くということは新陳代謝が活発化するということ。

一時でも汗を掻くと気分が晴れやかになります。

汗を掻く方法は何でも構いません。

手っ取り早いのは、辛いものを食べること。

カレーライスやラーメンであれば自宅で気軽に調理しながら辛さを調整できます。

また、入浴もいいですね。

半身浴であれば長時間かけてじっくりと汗を掻けるでしょう。

スポーツも大賛成です。

ただし、慣れない運動をいきなりするのは怪我などの心配が伴うため、おススメできません。

5. 誰かと話をする

誰かと話をする

不安な気持ちを払しょくする為にカウンセリングを受ける人が急増しています。

ただ、そういったクリニックは大抵の場合において予約制です。

直ぐに話を聞いて欲しいと思ってもなかなか思うようにはいきません。

そこで、誰でもいいので気兼ねなく話ができる人を選んでください。

友人でも家族でも、恋人でももちろんOK。

また、話す内容は自分の直接的な悩みである必要はありません。

他愛もない話しをするだけでも気分は晴れます。

大声で笑えれば尚のこといいですね。

6. 自己啓発本を読む

自己啓発本を読む

普段はあまり縁のない分野ではありますが、落ち込んだ時ほど自己啓発本が為になります。

傾向は様々ですが、要は「こうやれば頑張れるよ」「こうなったって、仕方ないよね」「じゃあ、次はこうしてみてみたら?」とあらゆる切り口でアドバイスが盛り込まれています。

そう、これらは全てポジティブに生きたい人たちに対する応援歌なのです。

自分のケースに当てはまらないと考えるアドバイスであったとしても、その文章が発するエネルギーがヤル気を起こさせ、元気にしてくれます。

7. 甘いものを食べる

甘いものを食べる

不安になってしまう時には脳が疲弊している状態です。

それを素早く取り除くには、甘いものを食べるのが一番です。

こういう時はカロリーなどを気にせずに、食べたいものを食べるのが一番効果的。

でも多少は噛み応えがある大福やドーナッツがおススメです。

噛むという行為は唾液の分泌を促すので、自律神経の正常化をサポートします。

8. お酒を飲む

お酒を飲む

あくまでも身体をリラックスする為なので、飲む量に気を付けてください。

ビールなどをたくさん飲んでほろ酔いになるよりも、ワインなど少しアルコール度数の高いものを適量飲む方がいいでしょう。

好きならば、焼酎やウイスキーのお湯割りに柑橘系の果汁を加えると香りからもリラックス効果が得られます。

寝る直前は睡眠の質を妨げることになりかねないので、控えてください。

9. 膝下マッサージ

膝下マッサージ

膝から下をマッサージしてみましょう。

その場合、テクニックや知識は無用です。

気持ちいいと感じることが大事。

あとはゆっくりと自分の手で優しく撫でればOKです。

脹脛、アキレス腱は揉み解すようにしてください。

足裏は少しずつギュッギュッと指で押すようにするのがポイント。

足の指は意外に凝り固まっているので、1本ずつ丁寧にマッサージすれば完璧です。

自分を撫でると思った以上に癒し効果が得られるので、少しまとまった時間を割いてできるとよりいいですね。

10. 歩く

無心になれることをすると、不安な気持ちは吹き飛びます。

そこで散歩に出かけてみませんか?

散歩は手軽でいつでもできますが、可能であればきちんとした散歩コースがいいでしょう。

一般的な道路だと人の往来や車の通行が気分転換の妨げになります。

ただひたすらに歩くことに集中できることが肝心です。

好きな音楽を聴きながらでも楽しいかもしれませんね。

30分から1時間程度継続した散歩をすれば、不安な気持ちも吹き飛びます。

特別なきっかけがなくても、不安な気持ちになってしまうことはありますよね?そんな時に役立つ、気持ちを落ち着かす対処方法をお教えします。


胸を張って深呼吸をする

不安な時ほど、背中を丸めて俯きがちになってしまいます。

そうすると呼吸が浅くなり、身体が酸素不足に陥ります。

そんな状態で健全な状態でいる方が無理というもの。

もしも不安になったら、意識をして胸を張ってください。

その姿勢を保ったままで深呼吸をします。

ゆっくり吐いて、ゆっくりと吸うことを繰り返してみましょう。

そうすることで気持ちが穏やかになってきます。

ストレッチをする

激しい運動は必要ありません。

手足を伸ばすことをゆっくりと繰り返すだけでOKです。

こうすると血行が良くなり、体中が解れてきます。

血の巡りが良くなると必然的に身体が温まるので、心が解れてくるのが分かります。

ストレッチのイメージがし辛い人は、ラジオ体操にチャレンジしてみてください。

温かいものを飲む

熱々のものではなく、ゆっくりと啜る感じで飲める程度が適温です。

手軽なのはホットミルク。

甘いものが好きな人は蜂蜜などを加えてもいいですね。

機会があれば、葛湯もおススメです。

お湯に溶いて甘くしてから飲むのが一般的で、ドラッグストアやスーパーで手軽に購入することができます。

カロリーなどが気になるという人は白湯がいいでしょう。

反対に、カフェインの入っているものは避けます。

温かいものは飲んだ後に「ふーっ」と、ため息が出ちゃいます。

その深く息を吐き出すことが効果てきめんです。

汗をたくさん搔く

汗を掻くということは新陳代謝が活発化するということ。

一時でも汗を掻くと気分が晴れやかになります。

汗を掻く方法は何でも構いません。

手っ取り早いのは、辛いものを食べること。

カレーライスやラーメンであれば自宅で気軽に調理しながら辛さを調整できます。

また、入浴もいいですね。

半身浴であれば長時間かけてじっくりと汗を掻けるでしょう。

スポーツも大賛成です。

ただし、慣れない運動をいきなりするのは怪我などの心配が伴うため、おススメできません。

誰かと話をする

不安な気持ちを払しょくする為にカウンセリングを受ける人が急増しています。

ただ、そういったクリニックは大抵の場合において予約制です。

直ぐに話を聞いて欲しいと思ってもなかなか思うようにはいきません。

そこで、誰でもいいので気兼ねなく話ができる人を選んでください。

友人でも家族でも、恋人でももちろんOK。

また、話す内容は自分の直接的な悩みである必要はありません。

他愛もない話しをするだけでも気分は晴れます。

大声で笑えれば尚のこといいですね。

自己啓発本を読む

普段はあまり縁のない分野ではありますが、落ち込んだ時ほど自己啓発本が為になります。

傾向は様々ですが、要は「こうやれば頑張れるよ」「こうなったって、仕方ないよね」「じゃあ、次はこうしてみてみたら?」とあらゆる切り口でアドバイスが盛り込まれています。

そう、これらは全てポジティブに生きたい人たちに対する応援歌なのです。

自分のケースに当てはまらないと考えるアドバイスであったとしても、その文章が発するエネルギーがヤル気を起こさせ、元気にしてくれます。

甘いものを食べる

不安になってしまう時には脳が疲弊している状態です。

それを素早く取り除くには、甘いものを食べるのが一番です。

こういう時はカロリーなどを気にせずに、食べたいものを食べるのが一番効果的。

でも多少は噛み応えがある大福やドーナッツがおススメです。

噛むという行為は唾液の分泌を促すので、自律神経の正常化をサポートします。

お酒を飲む

あくまでも身体をリラックスする為なので、飲む量に気を付けてください。

ビールなどをたくさん飲んでほろ酔いになるよりも、ワインなど少しアルコール度数の高いものを適量飲む方がいいでしょう。

好きならば、焼酎やウイスキーのお湯割りに柑橘系の果汁を加えると香りからもリラックス効果が得られます。

寝る直前は睡眠の質を妨げることになりかねないので、控えてください。

膝下マッサージ

膝から下をマッサージしてみましょう。

その場合、テクニックや知識は無用です。

気持ちいいと感じることが大事。

あとはゆっくりと自分の手で優しく撫でればOKです。

脹脛、アキレス腱は揉み解すようにしてください。

足裏は少しずつギュッギュッと指で押すようにするのがポイント。

足の指は意外に凝り固まっているので、1本ずつ丁寧にマッサージすれば完璧です。

自分を撫でると思った以上に癒し効果が得られるので、少しまとまった時間を割いてできるとよりいいですね。

無心になれることをすると、不安な気持ちは吹き飛びます。

そこで散歩に出かけてみませんか?

散歩は手軽でいつでもできますが、可能であればきちんとした散歩コースがいいでしょう。

一般的な道路だと人の往来や車の通行が気分転換の妨げになります。

ただひたすらに歩くことに集中できることが肝心です。

好きな音楽を聴きながらでも楽しいかもしれませんね。

30分から1時間程度継続した散歩をすれば、不安な気持ちも吹き飛びます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-