【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104424.html
話が通じない人の特徴

話が通じない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
話が通じない人の特徴

話が通じない人との付き合いは容易ではありません。

しかしその背景を理解しておけば対処しやすくなります。

ここではこの点のいくつかをご紹介したいと思います。

  • 返事はするが理解しようとしない
  • 余裕がない
  • 理解力がない
  • 話をきちんと聞かない
  • とりあえず理解したふりをする
  • 自分が正しいという思い
  • 先走る傾向にある
  • すぐにギブアップする
  • 考えることが嫌い
  • 応用が利かない

1. 返事はするが理解しようとしない

返事はするが理解しようとしない

恋人に話しを振ったとき、それに対して反応するものの全く理解していないことがあるかもしれません。

このような人は恋人の話を聞いているふりをしておけばそれでよいと思っています。

これまでその場しのぎの生活を送ってきた人に多く見られる特徴です。

このような状況は自分とは年齢の異なる彼氏、彼女と付き合っているときに生じやすいといわれています。

しかしこのような人の中には横のつながりを大切にする人が多くみられるために、恋人の友人である同級生に代弁してもらったり、話をしっかり聞くように促してもらうことができます。

2. 余裕がない

余裕がない

人の話を聞く余裕がない人も、恋人の言っていることを理解できないことがあります。

自分が抱えている仕事やその他の問題のことで頭がいっぱいになり、誰かが話していてもそれをしっかりと聞き取ることができないのです。

このような状況は自分に自信のない人に良く見られる傾向です。

恋人がこうした人であるなら逆に話しを聞いてあげたり、可能ならば解決策を提示してあげることで状況が改善に向かいます。

3. 理解力がない

理解力がない

そもそも人の話を聞き、それを理解するための能力を持っていなければ話は通じません。

これまできちんとした教育を受けてこなかった人や、勉強が苦手だったという人にこのような状況が見られます。

恋人が理解力に乏しいとき、話をかみ砕いてあげることができます。

一度にたくさんのことを話すのではなく少しずつ話し、理解できてから次の話に移行するようにします。

また理解できたときにさりげなく喜んであげるなら、恋人は次の話を理解しようというモチベーションを高めることができます。

4. 話をきちんと聞かない

話をきちんと聞かない

人の話をしっかりと聞こうとしない人がいます。

このような人との会話も噛み合うことがなく、何を言っても頓珍漢な返答しか返ってこないことがあります。

多くの場合、集中力の欠如が原因でこうしたことが生じます。

幼い頃から好き勝手なことを行っていたり、親の懲らしめが十分になされていなかったことが原因で集中力のない大人になってしまう人がいます。

このような人には目を見てしっかりと話をしたり、話をする前に「集中して聞いて」とはっきり述べることが必要です。

5. とりあえず理解したふりをする

とりあえず理解したふりをする

話しの内容が理解できていないのに、理解できたふりをする人がいます。

このような人との会話は途中で噛み合わなくなります。

「話を理解できなければ相手に失礼な思いをさせてしまう」という不安な気持ちがこのような状況を生じさせます。

そのため自分に自信が持てない人に多く見られる状況です。

このような人には自信を持たせてあげることが必要です。

ことあるごとに褒めてあげるのがベストです。

6. 自分が正しいという思い

自分が正しいという思い

何でも自分が正しいと思い込む傾向にある人も、人の話を最後まで聞かなかったり、それを理解しようとしない傾向にあります。

このような状況は賢い人やこれまで学業で良い成績を収めてきた人によく見られる傾向です。

このような人に対しては「話を最後まで聞いて」とか「あなたの意見など聞いてない」とはっきりと言うのではなく、「そうだよね、でもこういうことも考えられない?」などと言って恋人の意見を尊重しつつも自分の意見を述べるようにします。

そうすることで相手のプライドを傷つけずに話を続けることができます。

7. 先走る傾向にある

先走る傾向にある

話しをしている途中で勝手な結論を導き出す人がいます。

このような人は話の途中で主導権を握るようになり、相手を無視して話を進めて結論付けます。

こうした傾向は自分に自信がある人や、結論を一刻も早く導き出したいというせっかちな人に見られるものです。

このような人に対してもとりあえず最後まで相手の話を聞き、その後自分の意見を述べるという方法を取ることができます。

自信があっても謙遜な人は、後々自分の意見が間違っていたことを認めることがあります。

8. すぐにギブアップする

すぐにギブアップする

話しの内容が理解できない場合、すぐにギブアップして話題を変える人がいます。

恋人がこのような人であるなら自分の伝えたいことが相手に理解してもらえないために、非常に悲しい思いをすることになります。

このような状況はわがままに育った人に多く見られます。

そのため恋人同士で何かをやり遂げる計画を立て、最後まで諦めずに行うことの大切さを学ぶ機会を設けることができます。

9. 考えることが嫌い

考えることが嫌い

考えることが面倒であると感じ、深い内容の話が通じないという人がいます。

このような人の中には理解力があるものの、考えようとしないだけの人もいます。

仕事が忙しかったりストレスを抱えているために恋人と過ごすときは頭を使いたくないという人に見られる傾向です。

このような恋人には二人で真剣に考えなければならないことがあるという事実を穏やかに伝えることが必要です。

10. 応用が利かない

話しの流れを理解し、それをかみ砕く能力がなければ話はスムーズに行われません。

場合によってはまた一から同じことを説明しなければならない状況に直面することもあります。

このような人の多くは応用力がなく、背景を察することができません。

しかしこのような状況は本を読むことで解決されます。

そのため読書の習慣を培うようにすることで、話がスムーズに行えるようになります。

話が通じない人との付き合いは容易ではありません。

しかしその背景を理解しておけば対処しやすくなります。

ここではこの点のいくつかをご紹介したいと思います。


返事はするが理解しようとしない

恋人に話しを振ったとき、それに対して反応するものの全く理解していないことがあるかもしれません。

このような人は恋人の話を聞いているふりをしておけばそれでよいと思っています。

これまでその場しのぎの生活を送ってきた人に多く見られる特徴です。

このような状況は自分とは年齢の異なる彼氏、彼女と付き合っているときに生じやすいといわれています。

しかしこのような人の中には横のつながりを大切にする人が多くみられるために、恋人の友人である同級生に代弁してもらったり、話をしっかり聞くように促してもらうことができます。

余裕がない

人の話を聞く余裕がない人も、恋人の言っていることを理解できないことがあります。

自分が抱えている仕事やその他の問題のことで頭がいっぱいになり、誰かが話していてもそれをしっかりと聞き取ることができないのです。

このような状況は自分に自信のない人に良く見られる傾向です。

恋人がこうした人であるなら逆に話しを聞いてあげたり、可能ならば解決策を提示してあげることで状況が改善に向かいます。

理解力がない

そもそも人の話を聞き、それを理解するための能力を持っていなければ話は通じません。

これまできちんとした教育を受けてこなかった人や、勉強が苦手だったという人にこのような状況が見られます。

恋人が理解力に乏しいとき、話をかみ砕いてあげることができます。

一度にたくさんのことを話すのではなく少しずつ話し、理解できてから次の話に移行するようにします。

また理解できたときにさりげなく喜んであげるなら、恋人は次の話を理解しようというモチベーションを高めることができます。

話をきちんと聞かない

人の話をしっかりと聞こうとしない人がいます。

このような人との会話も噛み合うことがなく、何を言っても頓珍漢な返答しか返ってこないことがあります。

多くの場合、集中力の欠如が原因でこうしたことが生じます。

幼い頃から好き勝手なことを行っていたり、親の懲らしめが十分になされていなかったことが原因で集中力のない大人になってしまう人がいます。

このような人には目を見てしっかりと話をしたり、話をする前に「集中して聞いて」とはっきり述べることが必要です。

とりあえず理解したふりをする

話しの内容が理解できていないのに、理解できたふりをする人がいます。

このような人との会話は途中で噛み合わなくなります。

「話を理解できなければ相手に失礼な思いをさせてしまう」という不安な気持ちがこのような状況を生じさせます。

そのため自分に自信が持てない人に多く見られる状況です。

このような人には自信を持たせてあげることが必要です。

ことあるごとに褒めてあげるのがベストです。

自分が正しいという思い

何でも自分が正しいと思い込む傾向にある人も、人の話を最後まで聞かなかったり、それを理解しようとしない傾向にあります。

このような状況は賢い人やこれまで学業で良い成績を収めてきた人によく見られる傾向です。

このような人に対しては「話を最後まで聞いて」とか「あなたの意見など聞いてない」とはっきりと言うのではなく、「そうだよね、でもこういうことも考えられない?」などと言って恋人の意見を尊重しつつも自分の意見を述べるようにします。

そうすることで相手のプライドを傷つけずに話を続けることができます。

先走る傾向にある

話しをしている途中で勝手な結論を導き出す人がいます。

このような人は話の途中で主導権を握るようになり、相手を無視して話を進めて結論付けます。

こうした傾向は自分に自信がある人や、結論を一刻も早く導き出したいというせっかちな人に見られるものです。

このような人に対してもとりあえず最後まで相手の話を聞き、その後自分の意見を述べるという方法を取ることができます。

自信があっても謙遜な人は、後々自分の意見が間違っていたことを認めることがあります。

すぐにギブアップする

話しの内容が理解できない場合、すぐにギブアップして話題を変える人がいます。

恋人がこのような人であるなら自分の伝えたいことが相手に理解してもらえないために、非常に悲しい思いをすることになります。

このような状況はわがままに育った人に多く見られます。

そのため恋人同士で何かをやり遂げる計画を立て、最後まで諦めずに行うことの大切さを学ぶ機会を設けることができます。

考えることが嫌い

考えることが面倒であると感じ、深い内容の話が通じないという人がいます。

このような人の中には理解力があるものの、考えようとしないだけの人もいます。

仕事が忙しかったりストレスを抱えているために恋人と過ごすときは頭を使いたくないという人に見られる傾向です。

このような恋人には二人で真剣に考えなければならないことがあるという事実を穏やかに伝えることが必要です。

話しの流れを理解し、それをかみ砕く能力がなければ話はスムーズに行われません。

場合によってはまた一から同じことを説明しなければならない状況に直面することもあります。

このような人の多くは応用力がなく、背景を察することができません。

しかしこのような状況は本を読むことで解決されます。

そのため読書の習慣を培うようにすることで、話がスムーズに行えるようになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-