【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164657.html
浮気する旦那と再構築したいときに有効な行動

浮気する旦那と再構築したいときに有効な行動 | LADYCO

LADYCO
浮気する旦那と再構築したいときに有効な行動

旦那が浮気をしても、離婚とは考えずにやり直そうと思う人もいますよね。

そういう時、どんな行動が良いのでしょうか。

今回は再構築したい方のためのコラムです。

  • 旦那と話し合い、釘を刺す
  • 子どもの将来について話す
  • 自分の何が不満なのか聞いてみる
  • お互いに「これで最後」と念を押す
  • 証拠を押さえておく
  • いっそ忘れる
  • 義両親に話して釘を刺してもらう
  • 子どもには教えない
  • 家族で出かける
  • 夫婦でデートをする
  • 離婚届を用意する
  • 「私も浮気する!」はダメ
  • 旦那にプレゼントをする
  • 旦那に「やり直したい」とはっきり伝える
  • 第三者を介して話し合う

1. 旦那と話し合い、釘を刺す

旦那と話し合い、釘を刺す

もちろん旦那とやり直したいと思うならば、ただ奥さんが忘れれば良いわけではありません。

旦那にしっかりと釘を刺し、浮気をさせないようにすることが大切です。

そのためには旦那としっかり話し合い、二度と浮気をさせないようにしましょう。

浮気をしたら今度はこうする、と夫婦で決めごとをしても良いでしょう。

2. 子どもの将来について話す

子どもの将来について話す

奥さんを平気で裏切る男性であっても、子どものこととなれば話は別。

親が浮気なんかをして、一体何を考えているのか、子どもはどんな将来になるのか、どんな将来を歩ませたいのか、など、子どもを盾にして罪悪感を感じさせる方法です。

でも同時に、親ならば最も優先事項としておかなければならないことでもあります。

親が離婚とでもなったら、子どもの将来に影響を与えますね。

子どもについてもしっかり話し合いましょう。

3. 自分の何が不満なのか聞いてみる

自分の何が不満なのか聞いてみる

これはなかなか勇気が出ないかもしれませんが、自分の何が不満なのかとお互いに言い合うことも有効でしょう。

もちろん奥さんに不満があるから旦那が浮気をする、とは限りません。

旦那がただ女好きだった、などということもあります。

しかし、やり直すからにはお互いに不満な点をしっかり話し合い、より良い関係を築けるように努力をすることも大切です。

4. お互いに「これで最後」と念を押す

お互いに「これで最後」と念を押す

再度浮気をしたら「離婚」を決めるなど、これが最後のチャンスであることを強調します。

浮気をする人は何度も浮気を繰り返す可能性があります。

そのため、もう一度浮気をしたらもう許さない、と自分の限度を見せておくことも有効ですね。

5. 証拠を押さえておく

証拠を押さえておく

今回は許そうと思っても、浮気や不倫は癖のようなもので、なかなか治らないことがあります。

そのため、次回に向けて冷静に証拠を集めておくことも重要です。

ケータイの履歴はそこまで有力な証拠にはなりません。

「酔っていた」「送信先を間違えた」などと言い訳が通用してしまうためです。

そのため、写真や録音など、腹も立つでしょうが、証拠を押さえておきましょう。

6. いっそ忘れる

いっそ忘れる

旦那に反省の色が見える場合は、いっそ自分も旦那の浮気について忘れてしまおうと努力することも可能です。

旦那の浮気はなかなか忘れられませんが、旦那が浮気を辞めるならば自分もその浮気について忘れなければ前進できません。

そのため気晴らしをして忘れてしまう!という方法もあります。

7. 義両親に話して釘を刺してもらう

義両親に話して釘を刺してもらう

いっそ義両親に話して、そっちから釘を刺してもらう方法もあります。

奥さんが釘を刺しただけでは効果がなくても、特に母親から念を押されて説教をされた場合は旦那も浮気を反省せざるを得なくなる可能性があります。

そのため旦那には親から話してもらう、という方法もあります。

8. 子どもには教えない

子どもには教えない

旦那の浮気について子どもに話して聞かせる親はいないでしょうが、それでも旦那とやり直したい場合は子どもに心配をかけてはいけません。

子どもに心配をかけないように、絶対にその浮気を子どもが悟ることのないように気を付けましょう。

親が浮気をしていることや緊迫した空気を子どもが察してしまったらかわいそうです。

9. 家族で出かける

家族で出かける

浮気をしているということは、旦那ももしかして家族と過ごす時間を煩わしがったりしたかもしれませんね。

しかし、一度子どもも連れて家族で出かけてみましょう。

家族だけで出かける、キャンセルは一切なし!という状態にして、家族の良さを今一度思い出すのです。

10. 夫婦でデートをする

夫婦でデートをする

もしも子どもが小さい等の場合は、いっそ夫婦水入らずで出かける方法も良いかもしれません。

子どもがいると子どもの面倒で一杯になってしまうでしょうが、ここで大切なのは夫婦の関係を再構築することです。

そのため、もし子供の面倒で一杯になってしまうかもしれないと思う場合はいっそ子どもを置いて出かけることも重要かもしれません。

11. 離婚届を用意する

離婚届を用意する

次に浮気をしたら離婚届を出す!と本気を示すために、離婚届をいっそ用意してしまうことも方法の一つです。

あとは署名をして印を押せば良いだけ、という状態にして、その離婚届をしっかりと保管しておきましょう。

ただ、逆切れした旦那などに知らないうちに出されてしまっても困りますので、署名とインだけは押さないようにしておきましょう。

12. 「私も浮気する!」はダメ

「私も浮気する!」はダメ

旦那が浮気すると、自分も浮気をしようと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、自分も浮気しよう!と考えてはいけません。

それでは旦那にも「お前も浮気したじゃん」という隙を与えてしまい、逆に旦那の浮気を正当化することにもなり兼ねないからです。

また、いざ離婚となったら不利になります。

13. 旦那にプレゼントをする

旦那にプレゼントをする

いっそ旦那にプレゼントをして、ものすごーく優しくすることも方法の一つです。

これは旦那に浮気の罪悪感を感じさせる方法ですが、何も気づかなかったかのように優しく接することで、旦那の罪悪感が拡大します。

14. 旦那に「やり直したい」とはっきり伝える

旦那に「やり直したい」とはっきり伝える

旦那の浮気はショックですが、それでも「私はあなたとやり直したい」とはっきり伝え、器の大きさを見せることも大切です。

自分の浮気を奥さんは許してくれた、自分の奥さんの方が浮気相手よりも立派、と思わせることです。

器の大きさは大切です。

15. 第三者を介して話し合う

もしお互いに信頼できる人がいるならば、証人として立ってもらうこともできます。

ただこれは他人に家庭の恥をさらすことになりますので、最終的な手段かもしれません。

しかし第三者が入ると冷静に話し合うことが可能です。

いかがでしょうか。

旦那に浮気されても離婚を考えない奥さんは立派です!

旦那が浮気をしても、離婚とは考えずにやり直そうと思う人もいますよね。

そういう時、どんな行動が良いのでしょうか。

今回は再構築したい方のためのコラムです。


旦那と話し合い、釘を刺す

もちろん旦那とやり直したいと思うならば、ただ奥さんが忘れれば良いわけではありません。

旦那にしっかりと釘を刺し、浮気をさせないようにすることが大切です。

そのためには旦那としっかり話し合い、二度と浮気をさせないようにしましょう。

浮気をしたら今度はこうする、と夫婦で決めごとをしても良いでしょう。

子どもの将来について話す

奥さんを平気で裏切る男性であっても、子どものこととなれば話は別。

親が浮気なんかをして、一体何を考えているのか、子どもはどんな将来になるのか、どんな将来を歩ませたいのか、など、子どもを盾にして罪悪感を感じさせる方法です。

でも同時に、親ならば最も優先事項としておかなければならないことでもあります。

親が離婚とでもなったら、子どもの将来に影響を与えますね。

子どもについてもしっかり話し合いましょう。

自分の何が不満なのか聞いてみる

これはなかなか勇気が出ないかもしれませんが、自分の何が不満なのかとお互いに言い合うことも有効でしょう。

もちろん奥さんに不満があるから旦那が浮気をする、とは限りません。

旦那がただ女好きだった、などということもあります。

しかし、やり直すからにはお互いに不満な点をしっかり話し合い、より良い関係を築けるように努力をすることも大切です。

お互いに「これで最後」と念を押す

再度浮気をしたら「離婚」を決めるなど、これが最後のチャンスであることを強調します。

浮気をする人は何度も浮気を繰り返す可能性があります。

そのため、もう一度浮気をしたらもう許さない、と自分の限度を見せておくことも有効ですね。

証拠を押さえておく

今回は許そうと思っても、浮気や不倫は癖のようなもので、なかなか治らないことがあります。

そのため、次回に向けて冷静に証拠を集めておくことも重要です。

ケータイの履歴はそこまで有力な証拠にはなりません。

「酔っていた」「送信先を間違えた」などと言い訳が通用してしまうためです。

そのため、写真や録音など、腹も立つでしょうが、証拠を押さえておきましょう。

いっそ忘れる

旦那に反省の色が見える場合は、いっそ自分も旦那の浮気について忘れてしまおうと努力することも可能です。

旦那の浮気はなかなか忘れられませんが、旦那が浮気を辞めるならば自分もその浮気について忘れなければ前進できません。

そのため気晴らしをして忘れてしまう!という方法もあります。

義両親に話して釘を刺してもらう

いっそ義両親に話して、そっちから釘を刺してもらう方法もあります。

奥さんが釘を刺しただけでは効果がなくても、特に母親から念を押されて説教をされた場合は旦那も浮気を反省せざるを得なくなる可能性があります。

そのため旦那には親から話してもらう、という方法もあります。

子どもには教えない

旦那の浮気について子どもに話して聞かせる親はいないでしょうが、それでも旦那とやり直したい場合は子どもに心配をかけてはいけません。

子どもに心配をかけないように、絶対にその浮気を子どもが悟ることのないように気を付けましょう。

親が浮気をしていることや緊迫した空気を子どもが察してしまったらかわいそうです。

家族で出かける

浮気をしているということは、旦那ももしかして家族と過ごす時間を煩わしがったりしたかもしれませんね。

しかし、一度子どもも連れて家族で出かけてみましょう。

家族だけで出かける、キャンセルは一切なし!という状態にして、家族の良さを今一度思い出すのです。

夫婦でデートをする

もしも子どもが小さい等の場合は、いっそ夫婦水入らずで出かける方法も良いかもしれません。

子どもがいると子どもの面倒で一杯になってしまうでしょうが、ここで大切なのは夫婦の関係を再構築することです。

そのため、もし子供の面倒で一杯になってしまうかもしれないと思う場合はいっそ子どもを置いて出かけることも重要かもしれません。

離婚届を用意する

次に浮気をしたら離婚届を出す!と本気を示すために、離婚届をいっそ用意してしまうことも方法の一つです。

あとは署名をして印を押せば良いだけ、という状態にして、その離婚届をしっかりと保管しておきましょう。

ただ、逆切れした旦那などに知らないうちに出されてしまっても困りますので、署名とインだけは押さないようにしておきましょう。

「私も浮気する!」はダメ

旦那が浮気すると、自分も浮気をしようと思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、自分も浮気しよう!と考えてはいけません。

それでは旦那にも「お前も浮気したじゃん」という隙を与えてしまい、逆に旦那の浮気を正当化することにもなり兼ねないからです。

また、いざ離婚となったら不利になります。

旦那にプレゼントをする

いっそ旦那にプレゼントをして、ものすごーく優しくすることも方法の一つです。

これは旦那に浮気の罪悪感を感じさせる方法ですが、何も気づかなかったかのように優しく接することで、旦那の罪悪感が拡大します。

旦那に「やり直したい」とはっきり伝える

旦那の浮気はショックですが、それでも「私はあなたとやり直したい」とはっきり伝え、器の大きさを見せることも大切です。

自分の浮気を奥さんは許してくれた、自分の奥さんの方が浮気相手よりも立派、と思わせることです。

器の大きさは大切です。

もしお互いに信頼できる人がいるならば、証人として立ってもらうこともできます。

ただこれは他人に家庭の恥をさらすことになりますので、最終的な手段かもしれません。

しかし第三者が入ると冷静に話し合うことが可能です。

いかがでしょうか。

旦那に浮気されても離婚を考えない奥さんは立派です!

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-