【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164651.html
旦那と浮気相手が別れてくれない場合の対策15選

旦那と浮気相手が別れてくれない場合の対策15選 | LADYCO

LADYCO
旦那と浮気相手が別れてくれない場合の対策15選

旦那と浮気相手が別れてくれない場合の対策。

旦那と浮気相手が分かれてくれないようなとき、どのようにすれば別れさせる事ができるのでしょうか。

対処方法まとめました。

  • 敵つまり、浮気相手を知る事が大切!
  • 自分も変化させる!
  • 家庭が一番だと思わせる!
  • 旦那と浮気相手に誓約書を書かせる!
  • 浮気相手の家族に事実を伝える!
  • 旦那の実家に事実を伝える!
  • 弁護士を通し、内容証明を郵送する!
  • 裁判所に夫婦関係調整調停(円満)を申し立てる
  • 会社に相談する!
  • 友人に相談する
  • 浮気相手に直談判!
  • 旦那に絶対に別れない意志を伝える
  • 休日は、外に出さない!
  • 浮気に対するペナルティを課す
  • 子供をうまく活用する

1. 敵つまり、浮気相手を知る事が大切!

敵つまり、浮気相手を知る事が大切!

戦いに挑む為には、何と言っても相手の事をよく知ると言う事が大切です。

その為、まず、浮気相手の事について調べておく事が大切。

歳はいくつなのか?

どこに住んでいるのか?

勤務先は、どこなのかなど確認しておく事が大切です。

2. 自分も変化させる!

自分も変化させる!

旦那が浮気をしたからと言って、自分自身に非があると言う事は決してありません。

しかし、旦那が浮気を止めて自分の下に帰ってきてもらうためには、少しの努力も必要になります。

きれいに着飾るなどと言った事ではなく、気持ちを切り替える事が第一となります。

3. 家庭が一番だと思わせる!

家庭が一番だと思わせる!

家の居心地が一番良いと思わせる事も大切です。

居心地が良ければ、自然とそこに居ようと言う気持ちになるのが人間です。

その為、まずは、居心地のいい家庭環境を整える事も大切になってきます。

4. 旦那と浮気相手に誓約書を書かせる!

旦那と浮気相手に誓約書を書かせる!

浮気を止めさせるためには、口約束だけでは意味がありません。

その為、旦那と浮気相手にもう二度と浮気はしないと言う事を誓約書として明記させる事も大切です。

5. 浮気相手の家族に事実を伝える!

浮気相手の家族に事実を伝える!

浮気相手が旦那との別れを認めない場合、浮気相手の家族にその事実を伝えると良いかと思います。

娘の浮気を良い事と思うような親はいないと思います。

そんな親を味方につけ、親の方からも浮気を止めるよう注意してもらうのです。

6. 旦那の実家に事実を伝える!

旦那の実家に事実を伝える!

旦那が浮気を止めようとしない事実は、旦那の実家に伝える事も大切です。

この場合、旦那の両親はあくまでも、旦那の事を大切な子供と思っている事を忘れてはいけません。

その為、一方的に非難するのではなく、とにかく、浮気を止めてもらいたいと言う事を伝えるといいかと思います。

7. 弁護士を通し、内容証明を郵送する!

弁護士を通し、内容証明を郵送する!

弁護士に相談する事で内容証明と言うものを作成する事が可能です。

この内相証明の中には、「旦那と別れなければ、慰謝料を○○○万円請求します」「慰謝料を○○○万円請求します」などと言った事を明記し、相手に郵送します。

自分でも作成は可能ですが、出来れば専門家に依頼するといいかと思います。

8. 裁判所に夫婦関係調整調停(円満)を申し立てる

裁判所に夫婦関係調整調停(円満)を申し立てる

裁判所と言うと離婚する際にお世話になる場と思う人が多いと思いますが、そのような事はありません。

裁判所では、夫婦関係調整調停と言うものがあり、それを利用する事で裁判所と言う第三者を間に挟み、話し合いの場を設ける事が可能になります。

9. 会社に相談する!

会社に相談する!

旦那の会社に気心の知れた人がいる場合、その人に相談すると言った方法もお勧めです。

その人に話してもらう事で、会社にバレた以上、浮気を止めるしかないと言った気持にさせる事ができるようになります。

10. 友人に相談する

友人に相談する

旦那の友人に相談し、間に入ってもらう事で浮気を止めるきっかけになる場合も考えられます。

その場合、結婚式を挙げている際は、結婚式に招待したような友人に相談するといいかと思います。

11. 浮気相手に直談判!

浮気相手に直談判!

浮気相手に直接あって、二度と旦那と会わないと言う事を約束させる事も大切です。

その際は、口約束だけではなく必ず効力のある誓約書を書かせる事も大切です。

もし、別れる事に応じない場合は、慰謝料請求を行うなどといった事を明確に伝える事も大切です。

12. 旦那に絶対に別れない意志を伝える

旦那に絶対に別れない意志を伝える

旦那が浮気を続ける理由の中には、別れて浮気相手と新たな人生を送りたいと思っている人もいるかも知れません。

その為、絶対に別れる意思がないと言う事も旦那に伝えておく事が大切です。

そうする事で、浮気相手との新たな生活を諦めさせることも可能になります。

13. 休日は、外に出さない!

休日は、外に出さない!

浮気をやめさせる強硬手段として、休日の外出を禁止させると言う事も必要です。

平日においては、スマホのGPS機能などを活用し、まっすぐ帰宅させるようにする事も大切になってきます。

旦那に首輪を付ける事は出来ませんが、GPS機能をうまく活用する事で居場所の確認は可能かと思います。

14. 浮気に対するペナルティを課す

浮気に対するペナルティを課す

浮気をする事において、明確なペナルティを課すことも必要かも知れません。

「今度、浮気している事がわかった場合、○○をする」などを明記させ、それを目に付くところに貼っておくといいかと思います。

ペナルティは何でもいいかと思います。

ただし、旦那にとってキツイと感じる内容のものにすることが大切になります。

15. 子供をうまく活用する

「子はかすがい」と言う通り、浮気をしている旦那でも子供に悲しい思いはさせたくないと思っている人がほとんどです。

それをうまく活用する事も大切。

子供のお父さんが大好きだと言う事をアピールさせ、そんな子供を悲しませたくはないと言う気持ちを強くさせるといいかと思います。

ただし、子供に父親が浮気をしていると言う事を伝える必要はありません。

子供を傷つける必要はなく、自然な形で旦那に子供の大切さを伝える事が大切なのです。

旦那と浮気相手が別れてくれない場合の対策。

旦那と浮気相手が分かれてくれないようなとき、どのようにすれば別れさせる事ができるのでしょうか。

対処方法まとめました。


敵つまり、浮気相手を知る事が大切!

戦いに挑む為には、何と言っても相手の事をよく知ると言う事が大切です。

その為、まず、浮気相手の事について調べておく事が大切。

歳はいくつなのか?

どこに住んでいるのか?

勤務先は、どこなのかなど確認しておく事が大切です。

自分も変化させる!

旦那が浮気をしたからと言って、自分自身に非があると言う事は決してありません。

しかし、旦那が浮気を止めて自分の下に帰ってきてもらうためには、少しの努力も必要になります。

きれいに着飾るなどと言った事ではなく、気持ちを切り替える事が第一となります。

家庭が一番だと思わせる!

家の居心地が一番良いと思わせる事も大切です。

居心地が良ければ、自然とそこに居ようと言う気持ちになるのが人間です。

その為、まずは、居心地のいい家庭環境を整える事も大切になってきます。

旦那と浮気相手に誓約書を書かせる!

浮気を止めさせるためには、口約束だけでは意味がありません。

その為、旦那と浮気相手にもう二度と浮気はしないと言う事を誓約書として明記させる事も大切です。

浮気相手の家族に事実を伝える!

浮気相手が旦那との別れを認めない場合、浮気相手の家族にその事実を伝えると良いかと思います。

娘の浮気を良い事と思うような親はいないと思います。

そんな親を味方につけ、親の方からも浮気を止めるよう注意してもらうのです。

旦那の実家に事実を伝える!

旦那が浮気を止めようとしない事実は、旦那の実家に伝える事も大切です。

この場合、旦那の両親はあくまでも、旦那の事を大切な子供と思っている事を忘れてはいけません。

その為、一方的に非難するのではなく、とにかく、浮気を止めてもらいたいと言う事を伝えるといいかと思います。

弁護士を通し、内容証明を郵送する!

弁護士に相談する事で内容証明と言うものを作成する事が可能です。

この内相証明の中には、「旦那と別れなければ、慰謝料を○○○万円請求します」「慰謝料を○○○万円請求します」などと言った事を明記し、相手に郵送します。

自分でも作成は可能ですが、出来れば専門家に依頼するといいかと思います。

裁判所に夫婦関係調整調停(円満)を申し立てる

裁判所と言うと離婚する際にお世話になる場と思う人が多いと思いますが、そのような事はありません。

裁判所では、夫婦関係調整調停と言うものがあり、それを利用する事で裁判所と言う第三者を間に挟み、話し合いの場を設ける事が可能になります。

会社に相談する!

旦那の会社に気心の知れた人がいる場合、その人に相談すると言った方法もお勧めです。

その人に話してもらう事で、会社にバレた以上、浮気を止めるしかないと言った気持にさせる事ができるようになります。

友人に相談する

旦那の友人に相談し、間に入ってもらう事で浮気を止めるきっかけになる場合も考えられます。

その場合、結婚式を挙げている際は、結婚式に招待したような友人に相談するといいかと思います。

浮気相手に直談判!

浮気相手に直接あって、二度と旦那と会わないと言う事を約束させる事も大切です。

その際は、口約束だけではなく必ず効力のある誓約書を書かせる事も大切です。

もし、別れる事に応じない場合は、慰謝料請求を行うなどといった事を明確に伝える事も大切です。

旦那に絶対に別れない意志を伝える

旦那が浮気を続ける理由の中には、別れて浮気相手と新たな人生を送りたいと思っている人もいるかも知れません。

その為、絶対に別れる意思がないと言う事も旦那に伝えておく事が大切です。

そうする事で、浮気相手との新たな生活を諦めさせることも可能になります。

休日は、外に出さない!

浮気をやめさせる強硬手段として、休日の外出を禁止させると言う事も必要です。

平日においては、スマホのGPS機能などを活用し、まっすぐ帰宅させるようにする事も大切になってきます。

旦那に首輪を付ける事は出来ませんが、GPS機能をうまく活用する事で居場所の確認は可能かと思います。

浮気に対するペナルティを課す

浮気をする事において、明確なペナルティを課すことも必要かも知れません。

「今度、浮気している事がわかった場合、○○をする」などを明記させ、それを目に付くところに貼っておくといいかと思います。

ペナルティは何でもいいかと思います。

ただし、旦那にとってキツイと感じる内容のものにすることが大切になります。

「子はかすがい」と言う通り、浮気をしている旦那でも子供に悲しい思いはさせたくないと思っている人がほとんどです。

それをうまく活用する事も大切。

子供のお父さんが大好きだと言う事をアピールさせ、そんな子供を悲しませたくはないと言う気持ちを強くさせるといいかと思います。

ただし、子供に父親が浮気をしていると言う事を伝える必要はありません。

子供を傷つける必要はなく、自然な形で旦那に子供の大切さを伝える事が大切なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-