【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513154819.html
幸せなそうな結婚をした夫婦が浮気や不倫をする理由

幸せなそうな結婚をした夫婦が浮気や不倫をする理由 | LADYCO

LADYCO
幸せなそうな結婚をした夫婦が浮気や不倫をする理由

幸せそうな結婚をした人が、浮気や不倫が原因で別れてしまうっていうことがあります。

それは一体なぜなのでしょうか。

そんな浮気に着目しました。

  • 実は「こんなはずじゃなかった」と後悔している
  • 遊び足りていない若すぎる結婚だった
  • 相手に飲まれてしまった
  • 周りから反対された結婚だった
  • そもそも外見が幸せそうなだけで、内面は幸せでなかった
  • 条件で選んだ相手との結婚だった
  • 好きではない、できちゃった結婚だった

1. 実は「こんなはずじゃなかった」と後悔している

実は「こんなはずじゃなかった」と後悔している

結婚前は様々な夢を見ていても、結婚後は全く違う環境で育った二人が一緒に生活をするのです。

がっかりしたり、驚いたりすることもあるでしょう。

そのようなマイナスのギャップを受け入れられない場合、不倫や浮気に走ってしまうことがあります。

2. 遊び足りていない若すぎる結婚だった

遊び足りていない若すぎる結婚だった

結婚すると、行動範囲が狭くなります。

独身時代は好きなものを買い、毎晩で歩き、休日は昼間で寝て... という生活もできたでしょうが、結婚したらそうはいきません。

そのため、やりたいことをやらずに若いうちに結婚してしまった場合、結婚してからその不満が爆発してしまうことがあります。

適度に好きなことをした後に自分の行動を制限しないと、徐々にストレスが溜まってしまうようです。

3. 相手に飲まれてしまった

相手に飲まれてしまった

自分はその気がなかったとしても、浮気相手、不倫相手の巧妙な誘導によって気付いたらすでに引き返せないところにいた、ということもあるでしょう。

自分はいくらその気はないと思っていたとしても、ついつい相手に飲まれてしまったというパターンです。

「まだ大丈夫」と思っていた甘さに原因があります。

4. 周りから反対された結婚だった

周りから反対された結婚だった

あの4大悲劇の1つにあるように、周りから結婚に反対される結婚もあります。

悲しいかな、その反対を押し切って結婚した場合も浮気・不倫に走ってしまうことがあります。

結婚はゴールではなく、それから新しい家庭を築き上げるスタートなのですが、反対を押し切って結婚するということで、結婚をゴールとしてみてしまっているからです。

結婚したら、次の刺激を求めてしまうこともあるようですね。

5. そもそも外見が幸せそうなだけで、内面は幸せでなかった

そもそも外見が幸せそうなだけで、内面は幸せでなかった

分かりやすいですが、幸せな結婚をしていたと思ったのは周りだけで、本人たちは不幸だった、ということもあります。

気の進まない相手との結婚なんて地獄ですが、例えば周りから勧められるままに結婚してしまった、好きでもない人と結婚してしまった、など、周りからは分からない当人たちの事情もあります。

6. 条件で選んだ相手との結婚だった

条件で選んだ相手との結婚だった

「お金持ちだから!」「医者だから!」といった条件で相手を選んだ場合、破たんするケースもあります。

そんな条件は傍目にはいいかもしれませんが、いざ一緒に暮らしてみたところで、愛や優しさのない生活に耐えられるわけがありません。

次は優しさを条件に相手を探してしまう場合もあります。

7. 好きではない、できちゃった結婚だった

もともと結婚する気があったなら良いですが、全く結婚する気もなく、子どもができたからと言う理由で結婚した場合も浮気や不倫に走りやすいと言われます。

子どもができた当初、生まれた当初は幸せに感じますが、その子どもが徐々に自分の行動を縛る存在に思えてしまうようです。

子どもがいなければ結婚しなかったような関係であれば、子どもが生まれて結婚しても幸せにはなれないかもしれません。

幸せそうな結婚をした人が、浮気や不倫が原因で別れてしまうっていうことがあります。

それは一体なぜなのでしょうか。

そんな浮気に着目しました。


実は「こんなはずじゃなかった」と後悔している

結婚前は様々な夢を見ていても、結婚後は全く違う環境で育った二人が一緒に生活をするのです。

がっかりしたり、驚いたりすることもあるでしょう。

そのようなマイナスのギャップを受け入れられない場合、不倫や浮気に走ってしまうことがあります。

遊び足りていない若すぎる結婚だった

結婚すると、行動範囲が狭くなります。

独身時代は好きなものを買い、毎晩で歩き、休日は昼間で寝て... という生活もできたでしょうが、結婚したらそうはいきません。

そのため、やりたいことをやらずに若いうちに結婚してしまった場合、結婚してからその不満が爆発してしまうことがあります。

適度に好きなことをした後に自分の行動を制限しないと、徐々にストレスが溜まってしまうようです。

相手に飲まれてしまった

自分はその気がなかったとしても、浮気相手、不倫相手の巧妙な誘導によって気付いたらすでに引き返せないところにいた、ということもあるでしょう。

自分はいくらその気はないと思っていたとしても、ついつい相手に飲まれてしまったというパターンです。

「まだ大丈夫」と思っていた甘さに原因があります。

周りから反対された結婚だった

あの4大悲劇の1つにあるように、周りから結婚に反対される結婚もあります。

悲しいかな、その反対を押し切って結婚した場合も浮気・不倫に走ってしまうことがあります。

結婚はゴールではなく、それから新しい家庭を築き上げるスタートなのですが、反対を押し切って結婚するということで、結婚をゴールとしてみてしまっているからです。

結婚したら、次の刺激を求めてしまうこともあるようですね。

そもそも外見が幸せそうなだけで、内面は幸せでなかった

分かりやすいですが、幸せな結婚をしていたと思ったのは周りだけで、本人たちは不幸だった、ということもあります。

気の進まない相手との結婚なんて地獄ですが、例えば周りから勧められるままに結婚してしまった、好きでもない人と結婚してしまった、など、周りからは分からない当人たちの事情もあります。

条件で選んだ相手との結婚だった

「お金持ちだから!」「医者だから!」といった条件で相手を選んだ場合、破たんするケースもあります。

そんな条件は傍目にはいいかもしれませんが、いざ一緒に暮らしてみたところで、愛や優しさのない生活に耐えられるわけがありません。

次は優しさを条件に相手を探してしまう場合もあります。

もともと結婚する気があったなら良いですが、全く結婚する気もなく、子どもができたからと言う理由で結婚した場合も浮気や不倫に走りやすいと言われます。

子どもができた当初、生まれた当初は幸せに感じますが、その子どもが徐々に自分の行動を縛る存在に思えてしまうようです。

子どもがいなければ結婚しなかったような関係であれば、子どもが生まれて結婚しても幸せにはなれないかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-