【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132549.html
美男子の顔の特徴

美男子の顔の特徴 | LADYCO

LADYCO
美男子の顔の特徴

目の保養になる美男子は面食いの女性だけでなく、男性にとっても一目を置く憧れの的です。

そんな美男子の顔の特徴にはどんな法則があるのでしょう。

  • 品がいい笑顔
  • 涼やかな目元
  • ある意味特徴がないのが特徴
  • 表情にはミステリアスな雰囲気がある
  • 幼少時代は女の子と間違われた経験がある
  • えらが張っていない細面
  • まとめ

1. 品がいい笑顔

品がいい笑顔

美男子は笑顔が素敵だという共通点があります。

といっても笑顔には色々なタイプがあり、異なる魅力はあります。

ただ美男子の場合、品の良さが笑顔にあらわれるのが特徴的です。

最近では大口を開けて笑う人も少なくはありませんが、TPOによっては下品な笑い方だととられてしまうことがあります。

美男子の笑顔にいつでも品の良さが漂っているのは、あまり口を開かずに微笑むような仕草だからです。

表情に余裕があるところが美しさの理由なのです。

2. 涼やかな目元

涼やかな目元

暑苦しくない涼やか目元は美男子の魅力を際立たせる特徴です。

最近では、ぱちっとした大きな瞳をしている男性も人気がありますが、美男子というよりかわいい系にカテゴライズされるでしょう。

美男子の場合はきれい系に分類されるため、必ずしも目が大きい必要はありません。

二重でなくても一重でも、十分に美男子の存在感は際立っているのです。

男性の顔をカテゴライズするのによく醤油顔やソース顔などとネーミングづけされていますが、美男子は醤油顔、塩顔、酢顔のような和を感じさせる薄い顔立ちが多い傾向です。

3. ある意味特徴がないのが特徴

ある意味特徴がないのが特徴

顔を三つにパーツ分けした時に均等になると、美人だと客観的に定義があるのが顔の黄金比率です。

美男子の顔の特徴として、この黄金比率に当てはまることが大半です。

しかし美男子の特徴は薄い顔立ちとセットになっているので、ソース顔や彫りの深い外国人のような顔立ちをしている男性に比べて、突出した目立つパーツがないのが特徴です。

特徴がないのが、つまり特徴になってしまうのです。

けれど特徴がないということは顔のバランスがいいことを示しています。

流行に左右されないシンプルな顔なので幅広い年齢層から支持を集めます。

4. 表情にはミステリアスな雰囲気がある

表情にはミステリアスな雰囲気がある

美男子はミステリアスな雰囲気を持っています。

というのも表情があまり豊かではない男性が多いからです。

かわいい系の顔立ちではないため愛想がよくないと思われてしまい、同性に嫉妬されることもしばしばあるでしょう。

一方女性受けはとても良いのですが、ミステリアスな雰囲気から高嶺の花だと距離を置かれてしまうこともあります。

表情が豊かであれば親しみやすい印象なりますが、顔の黄金比率が整っているということはそれだけ冷たい印象も同時に与えてしまうのです。

美男子は意外にも恋愛経験が少ないなんてこともあるのです。

5. 幼少時代は女の子と間違われた経験がある

幼少時代は女の子と間違われた経験がある

幼少時代、女の子と間違われた経験がある美男子は多いです。

というのも小さい頃は顔が整っているとどうしても中性的に見えてしまうので、まわりは女の子だと認識しがちです。

そのため美男子は、彫りが深い男らしい顔に憧れている人も少なくはありません。

顔にコンプレックスを抱えているケースもありますが、友人などに話してもそれを理解してもらうことができず更にコンプレックスを抱えているのです。

6. えらが張っていない細面

えらが張っていない細面

えらは頑固や主張が激しいといった人相学での暗示がありますが、輪郭は細面で、えらがないのが美男子の顔の特徴的なところです。

細面は人相学的にいうと控えめ、努力家、センスがいいなどと分類されています。

えらが張っていないため小顔な美男子も少なくありません。

またパーツが整っている無駄のない顔立ちのため年齢を重ねても老化を感じさせない美しさをキープしやすいのです。

まとめ

美男子の顔の特徴は時代によって流行によって多少変化するものですが、醤油顔、塩顔を代表とする美男子はいつの時代も一定以上の人気が集まりやすいです。

中性的な美男子は、近寄りがたいくらいのミステリアスな雰囲気を持っているのです。

目の保養になる美男子は面食いの女性だけでなく、男性にとっても一目を置く憧れの的です。

そんな美男子の顔の特徴にはどんな法則があるのでしょう。


品がいい笑顔

美男子は笑顔が素敵だという共通点があります。

といっても笑顔には色々なタイプがあり、異なる魅力はあります。

ただ美男子の場合、品の良さが笑顔にあらわれるのが特徴的です。

最近では大口を開けて笑う人も少なくはありませんが、TPOによっては下品な笑い方だととられてしまうことがあります。

美男子の笑顔にいつでも品の良さが漂っているのは、あまり口を開かずに微笑むような仕草だからです。

表情に余裕があるところが美しさの理由なのです。

涼やかな目元

暑苦しくない涼やか目元は美男子の魅力を際立たせる特徴です。

最近では、ぱちっとした大きな瞳をしている男性も人気がありますが、美男子というよりかわいい系にカテゴライズされるでしょう。

美男子の場合はきれい系に分類されるため、必ずしも目が大きい必要はありません。

二重でなくても一重でも、十分に美男子の存在感は際立っているのです。

男性の顔をカテゴライズするのによく醤油顔やソース顔などとネーミングづけされていますが、美男子は醤油顔、塩顔、酢顔のような和を感じさせる薄い顔立ちが多い傾向です。

ある意味特徴がないのが特徴

顔を三つにパーツ分けした時に均等になると、美人だと客観的に定義があるのが顔の黄金比率です。

美男子の顔の特徴として、この黄金比率に当てはまることが大半です。

しかし美男子の特徴は薄い顔立ちとセットになっているので、ソース顔や彫りの深い外国人のような顔立ちをしている男性に比べて、突出した目立つパーツがないのが特徴です。

特徴がないのが、つまり特徴になってしまうのです。

けれど特徴がないということは顔のバランスがいいことを示しています。

流行に左右されないシンプルな顔なので幅広い年齢層から支持を集めます。

表情にはミステリアスな雰囲気がある

美男子はミステリアスな雰囲気を持っています。

というのも表情があまり豊かではない男性が多いからです。

かわいい系の顔立ちではないため愛想がよくないと思われてしまい、同性に嫉妬されることもしばしばあるでしょう。

一方女性受けはとても良いのですが、ミステリアスな雰囲気から高嶺の花だと距離を置かれてしまうこともあります。

表情が豊かであれば親しみやすい印象なりますが、顔の黄金比率が整っているということはそれだけ冷たい印象も同時に与えてしまうのです。

美男子は意外にも恋愛経験が少ないなんてこともあるのです。

幼少時代は女の子と間違われた経験がある

幼少時代、女の子と間違われた経験がある美男子は多いです。

というのも小さい頃は顔が整っているとどうしても中性的に見えてしまうので、まわりは女の子だと認識しがちです。

そのため美男子は、彫りが深い男らしい顔に憧れている人も少なくはありません。

顔にコンプレックスを抱えているケースもありますが、友人などに話してもそれを理解してもらうことができず更にコンプレックスを抱えているのです。

えらが張っていない細面

えらは頑固や主張が激しいといった人相学での暗示がありますが、輪郭は細面で、えらがないのが美男子の顔の特徴的なところです。

細面は人相学的にいうと控えめ、努力家、センスがいいなどと分類されています。

えらが張っていないため小顔な美男子も少なくありません。

またパーツが整っている無駄のない顔立ちのため年齢を重ねても老化を感じさせない美しさをキープしやすいのです。

美男子の顔の特徴は時代によって流行によって多少変化するものですが、醤油顔、塩顔を代表とする美男子はいつの時代も一定以上の人気が集まりやすいです。

中性的な美男子は、近寄りがたいくらいのミステリアスな雰囲気を持っているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-