【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132525.html
地味でもカッコいい男性の特徴

地味でもカッコいい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
地味でもカッコいい男性の特徴

世の中にはカッコよくて周囲の目を引くという現象が数多く存在します。

それはドラマやマンガの世界でもそうです。

しかし中には、周囲の注目を集めることはなくても「カッコいい」という男性もいます。

では、具体的にどのような人が該当するのかを考えていきましょう。

今回は「地味だけどカッコいい男性の特徴」について書いていきます。

  • 口数が少ない男性
  • 猫背な男性
  • 前髪が長い男性
  • 表情が乏しい男性
  • 地味な友だちばかりが周りにいる男性
  • 好きなことがハッキリしている男性
  • 人の評価をきにしない男性
  • まとめ

1. 口数が少ない男性

口数が少ない男性

おしゃべり好きで、活発な人であれば目立ちますし、それがイケメンともなるとその男性を取り巻く会社や学校でも爆発的に人気が出るでしょう。

しかし口数が少なく、どちらかというと「無口」のようなタイプの男性は交友関係も狭くなるため、周囲の人から「カッコいい」と気づかれにくいのです。

またはカッコいい男性が口数が少ないと、周囲に「近寄りがたい」という印象を与えてしまい、余計に人を遠ざけてしまう結果になるでしょう。

2. 猫背な男性

猫背な男性

猫背のように姿勢が悪いと「本当は」カッコいいのにそれが"猫背“によって打ち消されてしまうのです。

姿勢がそれほどまでに「人の印象」に影響を与えるとは思われないかもしれませんが、姿勢というのはとても重要なことです。

姿勢が良いというだけで、自信に満ちたような印象を与えます。

反対に姿勢が悪いと、自分に自信がないというような印象を周囲に与えるようです。

これを言い換えれば、姿勢を良くするだけで何割かは"カッコいい“だとか"美人“という印象を持たれるということです。

また姿勢が良いことで、ひとつひとつの所作がキレイに映ります。

3. 前髪が長い男性

前髪が長い男性

厳密に言えば「おデコ」を出さずに隠しているようなヘアスタイルの男性です。

おデコを出していることで周囲に「活発」や「明るい」という印象を与えます。

そうすると、社会性のある男性であるという認識をされやすく人の目にも入りやすいのです。

しかし前髪でおデコを隠していたり、意識はしていなくてもそのようなヘアスタイルの男性はどうしても“地味"に見えてしまいます。

それと同時に、髪の量が多くヘアカラーなどをしていないままだと余計に“暗い"という印象を与えてしまいます。

4. 表情が乏しい男性

表情が乏しい男性

人というのは様々な表情を他人にさらけ出すことで、心をオープンにしているかどうかが分かります。

しかし、どんなシーンにおいても表情に変化が現れなければ、周囲とあまり馴染むことができないでしょう。

そうなれば、その会社や学校においてその男性のイメージは「地味なやつ」というポジションになってしまいます。

そして遠巻きにされてしまいやすいのです。

5. 地味な友だちばかりが周りにいる男性

地味な友だちばかりが周りにいる男性

どんな社会の中にもいろいろな「グループ」が存在します。

そのグループの集合体が「社会」とも言い換えることができるでしょう。

そして、その中には「目立つグループ」や「ヤンチャなグループ(いわゆる“不良グループ")」があり、もちろん「地味なグループ」があります。

どのグループに属しているかによって、個人の評価さえもグループと一緒になってしまうのです。

6. 好きなことがハッキリしている男性

好きなことがハッキリしている男性

普段はあまり自分から発言することもなく、人の中に埋もれているような男性でも自分の好きなことに関してであれば急に“ハツラツ"とする男性がいます。

そういった男性であれば、普段からイキイキと活発な男性よりも周りに与える意外性の大きさが違うでしょう。

そのときに初めて周囲の人たちが「地味だけどカッコいい」と気づくのです。

いわゆるギャップの大きさが、周囲の人たちの度肝を抜くというパターンです。

7. 人の評価をきにしない男性

人の評価をきにしない男性

どんなに地味な作業でも手を抜かずに、黙々とやっている男性は、普段はあまり目立ちません。

しかし、いざという時にこそそういった人たちの「スゴさ」や「カッコ良さ」というのは認知されるのです。

これは表面的なかっこよさではなく、内面的なかっこよさです。

これは男性独特なものかもしれません。

こういった男性は、自分から自分の頑張りをアピールすることはありません。

それは人から評価されるということを目的としていないからです。

まとめ

男性の「かっこよさ」というカタチは様々です。

外見だけでなく内面的な要素も重要になってくるということです。

世の中にはカッコよくて周囲の目を引くという現象が数多く存在します。

それはドラマやマンガの世界でもそうです。

しかし中には、周囲の注目を集めることはなくても「カッコいい」という男性もいます。

では、具体的にどのような人が該当するのかを考えていきましょう。

今回は「地味だけどカッコいい男性の特徴」について書いていきます。


口数が少ない男性

おしゃべり好きで、活発な人であれば目立ちますし、それがイケメンともなるとその男性を取り巻く会社や学校でも爆発的に人気が出るでしょう。

しかし口数が少なく、どちらかというと「無口」のようなタイプの男性は交友関係も狭くなるため、周囲の人から「カッコいい」と気づかれにくいのです。

またはカッコいい男性が口数が少ないと、周囲に「近寄りがたい」という印象を与えてしまい、余計に人を遠ざけてしまう結果になるでしょう。

猫背な男性

猫背のように姿勢が悪いと「本当は」カッコいいのにそれが"猫背“によって打ち消されてしまうのです。

姿勢がそれほどまでに「人の印象」に影響を与えるとは思われないかもしれませんが、姿勢というのはとても重要なことです。

姿勢が良いというだけで、自信に満ちたような印象を与えます。

反対に姿勢が悪いと、自分に自信がないというような印象を周囲に与えるようです。

これを言い換えれば、姿勢を良くするだけで何割かは"カッコいい“だとか"美人“という印象を持たれるということです。

また姿勢が良いことで、ひとつひとつの所作がキレイに映ります。

前髪が長い男性

厳密に言えば「おデコ」を出さずに隠しているようなヘアスタイルの男性です。

おデコを出していることで周囲に「活発」や「明るい」という印象を与えます。

そうすると、社会性のある男性であるという認識をされやすく人の目にも入りやすいのです。

しかし前髪でおデコを隠していたり、意識はしていなくてもそのようなヘアスタイルの男性はどうしても“地味"に見えてしまいます。

それと同時に、髪の量が多くヘアカラーなどをしていないままだと余計に“暗い"という印象を与えてしまいます。

表情が乏しい男性

人というのは様々な表情を他人にさらけ出すことで、心をオープンにしているかどうかが分かります。

しかし、どんなシーンにおいても表情に変化が現れなければ、周囲とあまり馴染むことができないでしょう。

そうなれば、その会社や学校においてその男性のイメージは「地味なやつ」というポジションになってしまいます。

そして遠巻きにされてしまいやすいのです。

地味な友だちばかりが周りにいる男性

どんな社会の中にもいろいろな「グループ」が存在します。

そのグループの集合体が「社会」とも言い換えることができるでしょう。

そして、その中には「目立つグループ」や「ヤンチャなグループ(いわゆる“不良グループ")」があり、もちろん「地味なグループ」があります。

どのグループに属しているかによって、個人の評価さえもグループと一緒になってしまうのです。

好きなことがハッキリしている男性

普段はあまり自分から発言することもなく、人の中に埋もれているような男性でも自分の好きなことに関してであれば急に“ハツラツ"とする男性がいます。

そういった男性であれば、普段からイキイキと活発な男性よりも周りに与える意外性の大きさが違うでしょう。

そのときに初めて周囲の人たちが「地味だけどカッコいい」と気づくのです。

いわゆるギャップの大きさが、周囲の人たちの度肝を抜くというパターンです。

人の評価をきにしない男性

どんなに地味な作業でも手を抜かずに、黙々とやっている男性は、普段はあまり目立ちません。

しかし、いざという時にこそそういった人たちの「スゴさ」や「カッコ良さ」というのは認知されるのです。

これは表面的なかっこよさではなく、内面的なかっこよさです。

これは男性独特なものかもしれません。

こういった男性は、自分から自分の頑張りをアピールすることはありません。

それは人から評価されるということを目的としていないからです。

男性の「かっこよさ」というカタチは様々です。

外見だけでなく内面的な要素も重要になってくるということです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-