【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180209104407.html
爬虫類顔の特徴

爬虫類顔の特徴 | LADYCO

LADYCO
爬虫類顔の特徴

顔の特徴として、爬虫類顔に分類される人にはどのような特徴があるのか、その傾向や男女別の恋愛傾向などをご紹介します。

  • 爬虫類顔とは
  • 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】
  • 爬虫類顔の特徴【目が離れている】
  • 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】
  • 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】
  • 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】
  • 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】
  • 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】
  • 爬虫類顔の特徴【クールな印象】
  • 爬虫類顔の特徴【陰がある】
  • 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】
  • 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】
  • 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】
  • 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】
  • まとめ

1. 爬虫類顔とは

爬虫類顔とは 爬虫類顔とは 爬虫類顔とは 爬虫類顔とは

爬虫類顔と言われる顔は、様々な爬虫類の特徴と同じように、つり上がった目をしているのが特徴で、顔の輪郭が逆三角形型で顎が小さいことで知られています。

両生類のように横に広がることのない、シュッと引き締まった鋭い顔のイメージは、男性であればミステリアスな影を持つ男として女性の興味を引き、また女性であればクールビューティーとして高嶺の花のように憧れの存在となることがあります。

そのような特徴をうまく活かすことで、人の上に立つ仕事に就くことができますし、ライバルと切磋琢磨することで高みへと登って行くことができます。

2. 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】

爬虫類顔の特徴【つり上がった目】 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】

爬虫類顔の最大の特徴といえば、つり上がった目です。

目の大きさはくっきりとした二重で大きい場合もありますし、アジアンビューティーを感じさせる切れ長の目をしている場合もあります。

いずれにしても異性を魅了する様子に溢れており、かっこいい雰囲気の人が好きな人にはたまらないカリスマ性を感じさせることがあります。

また、女性であればポニーテールをした時のような雰囲気を抱かせ、若々しくはつらつとしたイメージを保てることでも知られています。

目尻が下がることで老化を感じさせることはあらゆる女性の悩みですので、そのことから回避されやすいタイプの目と言えます。

3. 爬虫類顔の特徴【目が離れている】

爬虫類顔の特徴【目が離れている】 爬虫類顔の特徴【目が離れている】 爬虫類顔の特徴【目が離れている】 爬虫類顔の特徴【目が離れている】

爬虫類顔の特徴として、目と目の間が離れていることも挙げられます。

このように書くと、魚顔との関連を想起するかもしれませんが、魚類と爬虫類は鱗を持つことも含め、類似する要素もあります。

しかし魚顔がタレ目がちなのに対し、爬虫類顔は目がつり上がっていることが特徴ですので、与える印象は全く違います。

爬虫類顔の中にも可愛らしい印象を与える人はいますが、それは普段のクールな印象から一転して目を細めて可愛らしく笑った時のギャップを示す場合がほとんどで、基本的にはクールな印象を保っていることがほとんどです。

4. 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】

爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】

爬虫類顔の特徴として、眼光が鋭いことは外すことができません。

これは爬虫類が獲物を狙う時のイメージがそのまま投影されており、異性にとっては真剣な眼差しとして、ドキッとさせられる視線と表現することもできます。

また同性にとっても、刺すような鋭い視線で見つめられると、蛇に睨まれた蛙のように固まってしまうほど、強い印象を与えることができます。

このような特徴は、勝負の世界で生きている人にとっても有効な武器となり、心の動揺を表に出しにくい爬虫類顔の人は、駆け引きを必要とする心理戦で勝利する確率も高いです。

5. 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】

爬虫類顔の特徴【顎が小さい】 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】

顎が小さく逆三角形型の輪郭を持つ人は、爬虫類顔として分類されます。

理想的な顔として小顔が推奨される今の時代には、顎が小さいことは憧れの目で見られる対象となりますので、男女どちらとも魅力ある顔として評価されることが多いです。

またこのような特徴は、深めの帽子をかぶった時にも格好良い印象を保ってくれますし、サングラスをすれば、芸能人のお忍びスタイルのようなオーラすら漂わすことができます。

また、男性の場合は、ひげを生やしても汚らしい印象にならないという効果もありますし、女性であればつんと尖った顎は、画像アプリの修正疑惑を持たれるほど恵まれたものです。

6. 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】

爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】

爬虫類顔の特徴として、鼻筋が通っていることも挙げられます。

しっかりとした印象深い鼻が顔の中央を陣取ることで、男女どちらでも美形の印象を与えることができますし、横顔のシルエットも美しくなるので、モテる人が多いのも特徴です。

小鼻が横に広がることはなく、西洋的な品の良さが漂っているため、鼻っ柱の強さを感じさせることはありません。

このことはクールな印象に見られがちな爬虫類顔にとって救いであり、冷淡なエゴイストのような印象を持たれないために一役買っています。

また、花粉症の時期にはマスクが高く盛り上がるので、ミステリアスな美人の印象を作り出すこともできます。

7. 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】

爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】

爬虫類顔の人は、アンニュイな雰囲気が漂っていることが多いです。

その独特の気だるさは、時にセクシーに見せることがあり、本人は自覚していなくてもセックスアピールをしていることがあります。

もしもそれを意識的に作リ出そうとすれば、あざとい人として敬遠されてしまいますが、誰にとっても天然でやっているとわかる形でそれを示すことができるため、嫌味なく異性からモテる人が多くなります。

そのような雰囲気を持っているのは、感情が外に出にくいことも関係しており、接する相手の感受性によって、様々な憶測を生むことになります。

8. 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】

爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】

爬虫類顔の人は、怒っていないのに怒っていると思われ、気を使われてしまうことが多々あります。

それは何を考えているのかわからないミステリアスなキャラクターが発端となっており、その度に焦りながら否定する困り顔を見ることになります。

見た目の印象よりも謙虚な人が多い爬虫類顔は、相手に怒っていると思わせないことを意識しすぎることで、不自然な作り笑いをしてしまうことがあり、それが逆効果となって不気味な印象を与えてしまうこともあります。

そのため、一夜限りの合コンの席などでは、本当の自分を出せないまま、終了してしまうこともあります。

9. 爬虫類顔の特徴【クールな印象】

爬虫類顔の特徴【クールな印象】 爬虫類顔の特徴【クールな印象】 爬虫類顔の特徴【クールな印象】 爬虫類顔の特徴【クールな印象】

爬虫類顔の人から受ける印象として一般的なのは、クールな印象です。

それは哺乳類のように表情を作ることがない爬虫類のイメージが投影されており、感情をあまり表に出さない爬虫類顔の特徴を表しています。

しかしこれはあくまで外見的な意味を示したことで、ある程度の時間をかけて付き合いを重ねていく人は、意外と熱い一面をもっていることを知ることができます。

そのようなギャップはモテ要素としても効果を発揮し、怖いと思っていたのに二人きりになると繊細な気遣いを見せてくれるなど、一瞬にしてこれまでの印象が覆ることがあります。

10. 爬虫類顔の特徴【陰がある】

爬虫類顔の特徴【陰がある】 爬虫類顔の特徴【陰がある】 爬虫類顔の特徴【陰がある】 爬虫類顔の特徴【陰がある】

爬虫類顔の特徴として、陰がある要素も挙げておきます。

これは人間の暗黒面を示したようなネガティブな意味ではなく、ミステリアスな好奇心を刺激する魅力に溢れているという意味で、示されることが多いです。

こうした特徴は、女性であれば、困っていることがあるのなら力になってあげたいという衝動を男性に芽生えさせますし、男性であれば、誰にも言えない傷を抱えているのであれば、私がそばで寄り添ってあげたいと、女性の母性本能を誘発します。

あくまで本人は無自覚なことなのですが、そのような展開で魅力的な異性の気を引くことがあるため、同性から嫉妬されることもあります。

11. 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】

爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】

爬虫類等の男性の恋愛傾向は、黙っていてもモテる展開を迎えることが多いです。

昨今の男性はフェミニストの一面を見せることが多く、自分から女性に優しくする男性が持て囃される傾向がありますが、そのような男性とは真逆で、女性の扱いに慣れていない不器用な要素に男らしさを感じる女性は、自分から恋愛的なアプローチをするのがあまり得意ではない爬虫類顔の男性に、心惹かれる傾向があります。

男性本人にとっては、女性に気軽にアプローチできないことは、コンプレックスでしかないのですが、結果的にその憂いがフェロモンとなって女性たちを誘い込んでいます。

12. 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】

爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】

爬虫類顔の男性の恋愛傾向として、気をつけなければいけないのは、束縛を嫌うことです。

基本的に一人で生きていくことが苦にならない爬虫類顔の男性は、女性に依存することがないので、自分の自由を妨げられるくらいなら一人でいたいと、無鉄砲な一面を露呈させることがあります。

そのことは男性にとっても有効的なことではありませんし、爬虫類顔の男性と付き合っている女性にとっても望むべきことではありませんので、この一点は地雷として意識しておく必要があります。

13. 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】

爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】

爬虫類顔の女性の恋愛傾向は、クールビューティーな魅力を振りまくことでモテる傾向があります。

顔の作りとキャラクターの整合性が合わないと、せっかくの魅力が半減してしまいますので、爬虫類顔に生まれたのであれば、その特徴を最大限に活かすことができるクールビューティーを目指すべきです。

多くの女性は男性にモテるために、ゆるふわな雰囲気を取り入れますが、皆が同じような個性を出していても特別な印象を与えることはできませんので、色彩なども濃色でまとめるなど、クールな先入観を与えつつ、屈託のない笑顔でギャップを狙いましょう。

14. 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】

爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】

爬虫類顔の女性の恋愛傾向として、気をつけなければならないことは、気持ちは察してもらえないと拗ねてしまうことです。

爬虫類顔の人は感情を表すのが得意ではないため、男性に心を開くとすれば、この人なら自分のことをわかってくれるかもと期待する要素が不可欠ですが、そうした期待が外れてしまったとき、やっぱり自分は人から理解してもらえないんだと、距離を感じてしまうことがあります。

しかし実際はどんなタイプの顔でも、他人の感情を100%理解することは不可能ですので、そのことを肝に銘じた上で、爬虫類顔ゆえのコンプレックスで被害者意識を高めないように心がけましょう。

まとめ

爬虫類顔の特徴についてまとめてみました。

クールでミステリアスな印象を持たれやすい爬虫類顔ですが、それはあくまで表層的なイメージだけで、付き合いを重ねていくことで不器用な優しさに触れることができますので、先入観にとらわれることなく、ゆっくりと理解を深めていきましょう。

顔の特徴として、爬虫類顔に分類される人にはどのような特徴があるのか、その傾向や男女別の恋愛傾向などをご紹介します。


爬虫類顔とは 爬虫類顔とは 爬虫類顔とは 爬虫類顔とは

爬虫類顔と言われる顔は、様々な爬虫類の特徴と同じように、つり上がった目をしているのが特徴で、顔の輪郭が逆三角形型で顎が小さいことで知られています。

両生類のように横に広がることのない、シュッと引き締まった鋭い顔のイメージは、男性であればミステリアスな影を持つ男として女性の興味を引き、また女性であればクールビューティーとして高嶺の花のように憧れの存在となることがあります。

そのような特徴をうまく活かすことで、人の上に立つ仕事に就くことができますし、ライバルと切磋琢磨することで高みへと登って行くことができます。

爬虫類顔の特徴【つり上がった目】 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】 爬虫類顔の特徴【つり上がった目】

爬虫類顔の最大の特徴といえば、つり上がった目です。

目の大きさはくっきりとした二重で大きい場合もありますし、アジアンビューティーを感じさせる切れ長の目をしている場合もあります。

いずれにしても異性を魅了する様子に溢れており、かっこいい雰囲気の人が好きな人にはたまらないカリスマ性を感じさせることがあります。

また、女性であればポニーテールをした時のような雰囲気を抱かせ、若々しくはつらつとしたイメージを保てることでも知られています。

目尻が下がることで老化を感じさせることはあらゆる女性の悩みですので、そのことから回避されやすいタイプの目と言えます。

爬虫類顔の特徴【目が離れている】 爬虫類顔の特徴【目が離れている】 爬虫類顔の特徴【目が離れている】 爬虫類顔の特徴【目が離れている】

爬虫類顔の特徴として、目と目の間が離れていることも挙げられます。

このように書くと、魚顔との関連を想起するかもしれませんが、魚類と爬虫類は鱗を持つことも含め、類似する要素もあります。

しかし魚顔がタレ目がちなのに対し、爬虫類顔は目がつり上がっていることが特徴ですので、与える印象は全く違います。

爬虫類顔の中にも可愛らしい印象を与える人はいますが、それは普段のクールな印象から一転して目を細めて可愛らしく笑った時のギャップを示す場合がほとんどで、基本的にはクールな印象を保っていることがほとんどです。

爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】 爬虫類顔の特徴【眼光が鋭い】

爬虫類顔の特徴として、眼光が鋭いことは外すことができません。

これは爬虫類が獲物を狙う時のイメージがそのまま投影されており、異性にとっては真剣な眼差しとして、ドキッとさせられる視線と表現することもできます。

また同性にとっても、刺すような鋭い視線で見つめられると、蛇に睨まれた蛙のように固まってしまうほど、強い印象を与えることができます。

このような特徴は、勝負の世界で生きている人にとっても有効な武器となり、心の動揺を表に出しにくい爬虫類顔の人は、駆け引きを必要とする心理戦で勝利する確率も高いです。

爬虫類顔の特徴【顎が小さい】 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】 爬虫類顔の特徴【顎が小さい】

顎が小さく逆三角形型の輪郭を持つ人は、爬虫類顔として分類されます。

理想的な顔として小顔が推奨される今の時代には、顎が小さいことは憧れの目で見られる対象となりますので、男女どちらとも魅力ある顔として評価されることが多いです。

またこのような特徴は、深めの帽子をかぶった時にも格好良い印象を保ってくれますし、サングラスをすれば、芸能人のお忍びスタイルのようなオーラすら漂わすことができます。

また、男性の場合は、ひげを生やしても汚らしい印象にならないという効果もありますし、女性であればつんと尖った顎は、画像アプリの修正疑惑を持たれるほど恵まれたものです。

爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】 爬虫類顔の特徴【鼻筋が通っている】

爬虫類顔の特徴として、鼻筋が通っていることも挙げられます。

しっかりとした印象深い鼻が顔の中央を陣取ることで、男女どちらでも美形の印象を与えることができますし、横顔のシルエットも美しくなるので、モテる人が多いのも特徴です。

小鼻が横に広がることはなく、西洋的な品の良さが漂っているため、鼻っ柱の強さを感じさせることはありません。

このことはクールな印象に見られがちな爬虫類顔にとって救いであり、冷淡なエゴイストのような印象を持たれないために一役買っています。

また、花粉症の時期にはマスクが高く盛り上がるので、ミステリアスな美人の印象を作り出すこともできます。

爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】 爬虫類顔の特徴【アンニュイな雰囲気】

爬虫類顔の人は、アンニュイな雰囲気が漂っていることが多いです。

その独特の気だるさは、時にセクシーに見せることがあり、本人は自覚していなくてもセックスアピールをしていることがあります。

もしもそれを意識的に作リ出そうとすれば、あざとい人として敬遠されてしまいますが、誰にとっても天然でやっているとわかる形でそれを示すことができるため、嫌味なく異性からモテる人が多くなります。

そのような雰囲気を持っているのは、感情が外に出にくいことも関係しており、接する相手の感受性によって、様々な憶測を生むことになります。

爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】 爬虫類顔の特徴【怒ってないのに気を使われる】

爬虫類顔の人は、怒っていないのに怒っていると思われ、気を使われてしまうことが多々あります。

それは何を考えているのかわからないミステリアスなキャラクターが発端となっており、その度に焦りながら否定する困り顔を見ることになります。

見た目の印象よりも謙虚な人が多い爬虫類顔は、相手に怒っていると思わせないことを意識しすぎることで、不自然な作り笑いをしてしまうことがあり、それが逆効果となって不気味な印象を与えてしまうこともあります。

そのため、一夜限りの合コンの席などでは、本当の自分を出せないまま、終了してしまうこともあります。

爬虫類顔の特徴【クールな印象】 爬虫類顔の特徴【クールな印象】 爬虫類顔の特徴【クールな印象】 爬虫類顔の特徴【クールな印象】

爬虫類顔の人から受ける印象として一般的なのは、クールな印象です。

それは哺乳類のように表情を作ることがない爬虫類のイメージが投影されており、感情をあまり表に出さない爬虫類顔の特徴を表しています。

しかしこれはあくまで外見的な意味を示したことで、ある程度の時間をかけて付き合いを重ねていく人は、意外と熱い一面をもっていることを知ることができます。

そのようなギャップはモテ要素としても効果を発揮し、怖いと思っていたのに二人きりになると繊細な気遣いを見せてくれるなど、一瞬にしてこれまでの印象が覆ることがあります。

爬虫類顔の特徴【陰がある】 爬虫類顔の特徴【陰がある】 爬虫類顔の特徴【陰がある】 爬虫類顔の特徴【陰がある】

爬虫類顔の特徴として、陰がある要素も挙げておきます。

これは人間の暗黒面を示したようなネガティブな意味ではなく、ミステリアスな好奇心を刺激する魅力に溢れているという意味で、示されることが多いです。

こうした特徴は、女性であれば、困っていることがあるのなら力になってあげたいという衝動を男性に芽生えさせますし、男性であれば、誰にも言えない傷を抱えているのであれば、私がそばで寄り添ってあげたいと、女性の母性本能を誘発します。

あくまで本人は無自覚なことなのですが、そのような展開で魅力的な異性の気を引くことがあるため、同性から嫉妬されることもあります。

爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【黙っていてもモテる】

爬虫類等の男性の恋愛傾向は、黙っていてもモテる展開を迎えることが多いです。

昨今の男性はフェミニストの一面を見せることが多く、自分から女性に優しくする男性が持て囃される傾向がありますが、そのような男性とは真逆で、女性の扱いに慣れていない不器用な要素に男らしさを感じる女性は、自分から恋愛的なアプローチをするのがあまり得意ではない爬虫類顔の男性に、心惹かれる傾向があります。

男性本人にとっては、女性に気軽にアプローチできないことは、コンプレックスでしかないのですが、結果的にその憂いがフェロモンとなって女性たちを誘い込んでいます。

爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】 爬虫類顔の男性の恋愛傾向【束縛を嫌う】

爬虫類顔の男性の恋愛傾向として、気をつけなければいけないのは、束縛を嫌うことです。

基本的に一人で生きていくことが苦にならない爬虫類顔の男性は、女性に依存することがないので、自分の自由を妨げられるくらいなら一人でいたいと、無鉄砲な一面を露呈させることがあります。

そのことは男性にとっても有効的なことではありませんし、爬虫類顔の男性と付き合っている女性にとっても望むべきことではありませんので、この一点は地雷として意識しておく必要があります。

爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【クールビューティでモテる】

爬虫類顔の女性の恋愛傾向は、クールビューティーな魅力を振りまくことでモテる傾向があります。

顔の作りとキャラクターの整合性が合わないと、せっかくの魅力が半減してしまいますので、爬虫類顔に生まれたのであれば、その特徴を最大限に活かすことができるクールビューティーを目指すべきです。

多くの女性は男性にモテるために、ゆるふわな雰囲気を取り入れますが、皆が同じような個性を出していても特別な印象を与えることはできませんので、色彩なども濃色でまとめるなど、クールな先入観を与えつつ、屈託のない笑顔でギャップを狙いましょう。

爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】 爬虫類顔の女性の恋愛傾向【察してくれないと拗ねる】

爬虫類顔の女性の恋愛傾向として、気をつけなければならないことは、気持ちは察してもらえないと拗ねてしまうことです。

爬虫類顔の人は感情を表すのが得意ではないため、男性に心を開くとすれば、この人なら自分のことをわかってくれるかもと期待する要素が不可欠ですが、そうした期待が外れてしまったとき、やっぱり自分は人から理解してもらえないんだと、距離を感じてしまうことがあります。

しかし実際はどんなタイプの顔でも、他人の感情を100%理解することは不可能ですので、そのことを肝に銘じた上で、爬虫類顔ゆえのコンプレックスで被害者意識を高めないように心がけましょう。

爬虫類顔の特徴についてまとめてみました。

クールでミステリアスな印象を持たれやすい爬虫類顔ですが、それはあくまで表層的なイメージだけで、付き合いを重ねていくことで不器用な優しさに触れることができますので、先入観にとらわれることなく、ゆっくりと理解を深めていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-