【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105930.html
インスタ映えする写真の特徴

インスタ映えする写真の特徴 | LADYCO

LADYCO
インスタ映えする写真の特徴

2017年の流行語大賞にも選ばれたインスタ映えという言葉ですが、まだ今ひとつどんな写真が当てはまるのかよく分からないという意見もありますよね。

インスタ映えする写真の特徴の一部をこちらで紹介致します。

  • 何度でも見返したくなる
  • 複数の写真に統一感を出す
  • 食べ物は真上から撮影されている
  • 背景がシンプル
  • 可愛いと思える物
  • 余計な影がない
  • 加工していないのにキレイ
  • ピントが合っている
  • まとめ

1. 何度でも見返したくなる

何度でも見返したくなる

インスタ映えで最も大切なことは何度でも見返したくなることです。

ポストカードの写真を想像して頂きたいのですが、ポストカードに描かれている写真はどれも素敵な物ばかりです。

何度も見返したくなるようないい写真だからこそポストカードとして販売されているのです。

インスタの写真は販売する為に撮るわけではありませんが、自分で見返してみても何度も見たくなるような写真を撮ることが大事です。

自分だけではなく他の人も繰り返し見たくなるような写真であれば最高です。

2. 複数の写真に統一感を出す

複数の写真に統一感を出す

一枚の写真を気合いを入れて撮るのも素敵なのですが、インスタ映えをさせる為には複数の写真を投稿する際に統一感を出しているとより素敵に映えます。

例えば食事の写真を載せるとしますが、斜め上の角度から撮影している人もいれば真上から撮影している人もいます。

個人の好みなのでどの角度で撮影しても良いのですが、統一感は出しましょう。

最初の写真が真上から撮影した物ならば次回投稿する食べ物の写真も真上から撮影して投稿した方が画像を一覧で見た際にインスタ映えします。

撮り方だけではなく色も統一感があった方がキレイに見えます。

3. 食べ物は真上から撮影されている

食べ物は真上から撮影されている

先ほどの項目でも少し触れましたが、お皿や器に入った食べ物を撮影する時は真上から撮影した方がインスタ的にはおしゃれです。

真上から撮影することのメリットですが、食べ物もお皿全体も写すことが出来るからです。

ただし真上からの撮影をする際に影が出来てしまって写真が暗くなってしまうことがあるので撮り方に注意をしなくてはなりません。

4. 背景がシンプル

背景がシンプル

人物画でも静物画でも、インスタ映えする写真は背景がシンプルなことの方が多いです。

どんなに良い物を撮ったとしても、余計な物が見切れたりしていたら台無しになってしまいますし、背景がごちゃごちゃしているとメインの物が負けてしまうことがあります。

人物画の場合、建物をバックにして撮影することなどもあると思いますが、その場合絶対に他の人や車などが写らないようにしなければなりません。

5. 可愛いと思える物

可愛いと思える物

見た目が可愛い、あるいはおしゃれだと思う写真はインスタ映えする写真の代表です。

誰でも持っているような物を撮影するのも良いですが、あまり他の人が持っていないような物や地域限定の可愛い食べ物なんかを載せたりすることで注目度はアップするでしょう。

人から見て羨ましいな、私も欲しいなと思うように撮影するのがポイントです。

どんなに可愛くておしゃれな物でもあまりにも他の人が沢山投稿しているような物ですと素敵なインスタグラマーさん達の中に埋もれてしまいます。

6. 余計な影がない

余計な影がない

対象物を撮影して余計な影が入ってしまったらそれだけでインスタ的にはイマイチな写真になってしまいます。

インスタ映えしている写真に共通していることは余計な影が映りこんでいないことです。

影が入るだけで暗い印象になってしまいますし、影がなければそれだけでキレイな写真に見えます。

WEBショップに掲載されている商品の画像を思い浮かべてみると分かるかと思いますが、インスタ映えする写真も商品の撮影を意識して行うと良くなります。

7. 加工していないのにキレイ

加工していないのにキレイ

スマホで使える画像を加工出来るアプリが色々あるのでインスタ映えするようにとついフィルターで加工したりしてしまうかも知れませんが、本当に良い写真は加工をしなくてもキレイな写真です。

加工をしてしまうとある意味ごまかしになってしまうので、何も加工をしていないけどキレイに撮影している写真こそがインスタ映えしています。

加工をしないことにより対象物の本当の色もありのまま伝えることが出来ます。

何か加工する場合も最小限だけに留めておいた方が良いでしょう。

8. ピントが合っている

ピントが合っている

撮りたい物にちゃんとピントが合っているかどうか、これはインスタ映えするかどうか以前に写真を撮る時には意識しておきたいことです。

対象物にちゃんとピントが合っているだけでキレイな写真を撮ることが出来ますし、それが主役だと主張することが出来ます。

今はどのスマホでも自動でピントを合わせてくれる機能が付いているのでシャッターを押す前に目立たせたい部分にちゃんとピントが合っているかどうかをチェックしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インスタ映えする写真の特徴を撮影の仕方のコツなどを交えてご紹介しました。

インスタグラマーを名乗るまでではなくても誰でもコツを使えばインスタ映える良い写真を撮ることが出来ます。

あなたも今すぐイイネしたくなるような写真を撮影して投稿してみましょう。

2017年の流行語大賞にも選ばれたインスタ映えという言葉ですが、まだ今ひとつどんな写真が当てはまるのかよく分からないという意見もありますよね。

インスタ映えする写真の特徴の一部をこちらで紹介致します。


何度でも見返したくなる

インスタ映えで最も大切なことは何度でも見返したくなることです。

ポストカードの写真を想像して頂きたいのですが、ポストカードに描かれている写真はどれも素敵な物ばかりです。

何度も見返したくなるようないい写真だからこそポストカードとして販売されているのです。

インスタの写真は販売する為に撮るわけではありませんが、自分で見返してみても何度も見たくなるような写真を撮ることが大事です。

自分だけではなく他の人も繰り返し見たくなるような写真であれば最高です。

複数の写真に統一感を出す

一枚の写真を気合いを入れて撮るのも素敵なのですが、インスタ映えをさせる為には複数の写真を投稿する際に統一感を出しているとより素敵に映えます。

例えば食事の写真を載せるとしますが、斜め上の角度から撮影している人もいれば真上から撮影している人もいます。

個人の好みなのでどの角度で撮影しても良いのですが、統一感は出しましょう。

最初の写真が真上から撮影した物ならば次回投稿する食べ物の写真も真上から撮影して投稿した方が画像を一覧で見た際にインスタ映えします。

撮り方だけではなく色も統一感があった方がキレイに見えます。

食べ物は真上から撮影されている

先ほどの項目でも少し触れましたが、お皿や器に入った食べ物を撮影する時は真上から撮影した方がインスタ的にはおしゃれです。

真上から撮影することのメリットですが、食べ物もお皿全体も写すことが出来るからです。

ただし真上からの撮影をする際に影が出来てしまって写真が暗くなってしまうことがあるので撮り方に注意をしなくてはなりません。

背景がシンプル

人物画でも静物画でも、インスタ映えする写真は背景がシンプルなことの方が多いです。

どんなに良い物を撮ったとしても、余計な物が見切れたりしていたら台無しになってしまいますし、背景がごちゃごちゃしているとメインの物が負けてしまうことがあります。

人物画の場合、建物をバックにして撮影することなどもあると思いますが、その場合絶対に他の人や車などが写らないようにしなければなりません。

可愛いと思える物

見た目が可愛い、あるいはおしゃれだと思う写真はインスタ映えする写真の代表です。

誰でも持っているような物を撮影するのも良いですが、あまり他の人が持っていないような物や地域限定の可愛い食べ物なんかを載せたりすることで注目度はアップするでしょう。

人から見て羨ましいな、私も欲しいなと思うように撮影するのがポイントです。

どんなに可愛くておしゃれな物でもあまりにも他の人が沢山投稿しているような物ですと素敵なインスタグラマーさん達の中に埋もれてしまいます。

余計な影がない

対象物を撮影して余計な影が入ってしまったらそれだけでインスタ的にはイマイチな写真になってしまいます。

インスタ映えしている写真に共通していることは余計な影が映りこんでいないことです。

影が入るだけで暗い印象になってしまいますし、影がなければそれだけでキレイな写真に見えます。

WEBショップに掲載されている商品の画像を思い浮かべてみると分かるかと思いますが、インスタ映えする写真も商品の撮影を意識して行うと良くなります。

加工していないのにキレイ

スマホで使える画像を加工出来るアプリが色々あるのでインスタ映えするようにとついフィルターで加工したりしてしまうかも知れませんが、本当に良い写真は加工をしなくてもキレイな写真です。

加工をしてしまうとある意味ごまかしになってしまうので、何も加工をしていないけどキレイに撮影している写真こそがインスタ映えしています。

加工をしないことにより対象物の本当の色もありのまま伝えることが出来ます。

何か加工する場合も最小限だけに留めておいた方が良いでしょう。

ピントが合っている

撮りたい物にちゃんとピントが合っているかどうか、これはインスタ映えするかどうか以前に写真を撮る時には意識しておきたいことです。

対象物にちゃんとピントが合っているだけでキレイな写真を撮ることが出来ますし、それが主役だと主張することが出来ます。

今はどのスマホでも自動でピントを合わせてくれる機能が付いているのでシャッターを押す前に目立たせたい部分にちゃんとピントが合っているかどうかをチェックしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

インスタ映えする写真の特徴を撮影の仕方のコツなどを交えてご紹介しました。

インスタグラマーを名乗るまでではなくても誰でもコツを使えばインスタ映える良い写真を撮ることが出来ます。

あなたも今すぐイイネしたくなるような写真を撮影して投稿してみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-