【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515155248.html
オシャレなInstagram写真の撮る方法

オシャレなInstagram写真の撮る方法 | LADYCO

LADYCO
オシャレなInstagram写真の撮る方法

オシャレなInstagram写真の撮り方を10選まとめました。

  • わざと人の顔を写さない
  • インスタ映えする撮影スポットを探す
  • 食べ物の写真を投稿するときは真上から
  • 撮りたい物以外の不要な物が写り込まないように気を付ける
  • さりげなく写りこませる
  • 自然の物を人間に例えて撮影する
  • 洋服は必ず着て紹介をする
  • モデルを意識して
  • カメラを変えてみる
  • 加工アプリを使用してみる

1. わざと人の顔を写さない

わざと人の顔を写さない

人の表情が良い写真ももちろん良いですが、お洒落に見えるように撮るなら、人の顔は写していない方がそれっぽく見えます。

見ている側も、自分の知り合いだけではないと思うので、「この人はどんなひとなんだろう」と想像しながら、あなたの投稿する写真を見てくれます。

髪の毛をカットしに行った後の投稿でも、本来なら顔を載せる必要はないので後ろからのショットや、横顔、下を向いて前髪で目を隠して口元だけ見えるように撮るのも良いと思います。

2. インスタ映えする撮影スポットを探す

インスタ映えする撮影スポットを探す

今や多くの人がインスタグラムを利用しています。

それぞれが自分の私生活についての投稿や、大事なペットの投稿をしている人もいます。

特別な技術や知識が無くても、インスタ映えする撮影スポットは検索エンジンで調べればたくさん出てきます。

どこにあるのか、またそこの撮影スポットでどんなポーズをして撮影すれば良いのかも知ることができます。

人気のスポットは休日になると列になる事もあるようです。

3. 食べ物の写真を投稿するときは真上から

食べ物の写真を投稿するときは真上から

お洒落なカフェなどで、美味しそうな料理を撮影したい時には、自分から見える斜めの視点からではなくて、立ち上がったり背筋を伸ばしたりして料理を真上から写してください。

店員さんも真上から見た時の美しさを考えて料理の盛り付けをしたり、トレーに並べたりしているからです。

お使いのスマートフォンに料理モードのカメラ設定もあると思うので、一緒に使うとより良い写真が撮れると思います。

4. 撮りたい物以外の不要な物が写り込まないように気を付ける

撮りたい物以外の不要な物が写り込まないように気を付ける

自宅で撮影する場合、撮りたい物以外に生活感溢れる物が写り込んでしまう事があります。

ぼかし機能を使って撮りたい物をくっきりさせて、写したくないものをぼかす事もできますが、写らないように片づけられる物は片づけましょう。

わざと写すというテクニックもありますが、かなりのセンスを問われてしまいます。

5. さりげなく写りこませる

さりげなく写りこませる

先ほど紹介した方法では、無駄な物は写さないようにするという方法でしたが。

今度はその逆でさりげなく写すテクニックです。

例えば打ち上げ花火の写真を撮りたいと思った時に、みなさん花火だけを綺麗に撮るようにと思って撮影されると思います。

花火だけでも良いと思いますが、それではありきたりな写真になってしまって個性がありません。

花火大会ともなると撮影者以外にも周りを見渡せば、同じように花火を見に来ている人がたくさんいるはずです。

フラッシュを焚かない限り、花火が上がっている時には、逆光と同じ現象が起こっているので、撮影者の前にいる人たちは黒く、シルエットだけの状態で写真に写ります。

それを利用して、カップルが仲睦まじそうにしているなら、それをさりげなく画面に写してしまうのです。

シルエットだけだと花火が目立って、良い雰囲気の写真になります。

6. 自然の物を人間に例えて撮影する

自然の物を人間に例えて撮影する

花の写真を撮りたいときに、花だけを撮ってもつまらないですよね。

ひまわりが咲いているとして隣同士に並び、花の部分がお互いに向き合っていたとしましょう。

それを利用するのです。

この場合だと、人間のように見つめ合う様子に見えます。

そのまま風で花同士がくっついてしまえば、キスをしている可愛らしい写真になります。

どのように見えるかはその人それぞれの感性ですが、ハッシュタグに、「内緒のキス」とでも打てばさらにロマンティックになります。

7. 洋服は必ず着て紹介をする

洋服は必ず着て紹介をする

お気に入りの洋服、新しく購入した洋服。

自慢したくてインスタグラムに載せる人も多いと思います。

洋服だけを床に置いて並べて撮っても、立体感の無いただの無造作におかれた服の写真になってしまいます。

それでは紹介される洋服も可哀想です。

せっかく着るために生まれてきた物なので写真に撮る時は、着た状態で撮るようにしましょう。

そのほうが見る側のイメージもわきやすく、洋服も生き生きとした表情を見せてくれます。

どんな洋服と合わせれば良いのか、丈の長さはどのくらいなのか。

ちょっとしたアクセサリーや小物も持って撮影するとさらにグッドです。

8. モデルを意識して

モデルを意識して

写真を撮る時には自分自身がモデルになった気持ちで撮影すると、良い写真が撮れますよ。

例えばネイルの写真を撮る時に、自分ひとりで撮影するのは難しいのですが、ポーズをとってみましょう。

両手を重ねるようにして×の形を作ります。

このとき指を反らせすぎると、関節にシワが出来てしまうのでほどほどに。

こうするだけでネイルが良く映える写真を撮る事ができます。

9. カメラを変えてみる

カメラを変えてみる

みなさんが一番使っているのはスマートフォンのカメラ機能だと思います。

いつも持ち歩いているので、写真を撮るツールと言ったらこれですよね。

でもスマートフォンのカメラの画質が良くなってきたからと言って、デジタルカメラには適いません。

一眼レフのカメラともなれば、一台購入するのは少々お高めですが、本当にきれいな写真が撮れます。

テクニックが無くてもカメラ本体の性能が良いのでカバーもしてくれます。

10. 加工アプリを使用してみる

元からスマートフォンについている加工機能だけではなく、アプリを別でダウンロードしてみるのも手です。

いろんな加工の仕方があるので一枚撮った写真が七変化してくれます。

いらない部分を切り取ったりぼかしたり。

撮ることが苦手な人でも後から加工出来るのでお勧めです。

オシャレなInstagram写真の撮り方を10選まとめました。


わざと人の顔を写さない

人の表情が良い写真ももちろん良いですが、お洒落に見えるように撮るなら、人の顔は写していない方がそれっぽく見えます。

見ている側も、自分の知り合いだけではないと思うので、「この人はどんなひとなんだろう」と想像しながら、あなたの投稿する写真を見てくれます。

髪の毛をカットしに行った後の投稿でも、本来なら顔を載せる必要はないので後ろからのショットや、横顔、下を向いて前髪で目を隠して口元だけ見えるように撮るのも良いと思います。

インスタ映えする撮影スポットを探す

今や多くの人がインスタグラムを利用しています。

それぞれが自分の私生活についての投稿や、大事なペットの投稿をしている人もいます。

特別な技術や知識が無くても、インスタ映えする撮影スポットは検索エンジンで調べればたくさん出てきます。

どこにあるのか、またそこの撮影スポットでどんなポーズをして撮影すれば良いのかも知ることができます。

人気のスポットは休日になると列になる事もあるようです。

食べ物の写真を投稿するときは真上から

お洒落なカフェなどで、美味しそうな料理を撮影したい時には、自分から見える斜めの視点からではなくて、立ち上がったり背筋を伸ばしたりして料理を真上から写してください。

店員さんも真上から見た時の美しさを考えて料理の盛り付けをしたり、トレーに並べたりしているからです。

お使いのスマートフォンに料理モードのカメラ設定もあると思うので、一緒に使うとより良い写真が撮れると思います。

撮りたい物以外の不要な物が写り込まないように気を付ける

自宅で撮影する場合、撮りたい物以外に生活感溢れる物が写り込んでしまう事があります。

ぼかし機能を使って撮りたい物をくっきりさせて、写したくないものをぼかす事もできますが、写らないように片づけられる物は片づけましょう。

わざと写すというテクニックもありますが、かなりのセンスを問われてしまいます。

さりげなく写りこませる

先ほど紹介した方法では、無駄な物は写さないようにするという方法でしたが。

今度はその逆でさりげなく写すテクニックです。

例えば打ち上げ花火の写真を撮りたいと思った時に、みなさん花火だけを綺麗に撮るようにと思って撮影されると思います。

花火だけでも良いと思いますが、それではありきたりな写真になってしまって個性がありません。

花火大会ともなると撮影者以外にも周りを見渡せば、同じように花火を見に来ている人がたくさんいるはずです。

フラッシュを焚かない限り、花火が上がっている時には、逆光と同じ現象が起こっているので、撮影者の前にいる人たちは黒く、シルエットだけの状態で写真に写ります。

それを利用して、カップルが仲睦まじそうにしているなら、それをさりげなく画面に写してしまうのです。

シルエットだけだと花火が目立って、良い雰囲気の写真になります。

自然の物を人間に例えて撮影する

花の写真を撮りたいときに、花だけを撮ってもつまらないですよね。

ひまわりが咲いているとして隣同士に並び、花の部分がお互いに向き合っていたとしましょう。

それを利用するのです。

この場合だと、人間のように見つめ合う様子に見えます。

そのまま風で花同士がくっついてしまえば、キスをしている可愛らしい写真になります。

どのように見えるかはその人それぞれの感性ですが、ハッシュタグに、「内緒のキス」とでも打てばさらにロマンティックになります。

洋服は必ず着て紹介をする

お気に入りの洋服、新しく購入した洋服。

自慢したくてインスタグラムに載せる人も多いと思います。

洋服だけを床に置いて並べて撮っても、立体感の無いただの無造作におかれた服の写真になってしまいます。

それでは紹介される洋服も可哀想です。

せっかく着るために生まれてきた物なので写真に撮る時は、着た状態で撮るようにしましょう。

そのほうが見る側のイメージもわきやすく、洋服も生き生きとした表情を見せてくれます。

どんな洋服と合わせれば良いのか、丈の長さはどのくらいなのか。

ちょっとしたアクセサリーや小物も持って撮影するとさらにグッドです。

モデルを意識して

写真を撮る時には自分自身がモデルになった気持ちで撮影すると、良い写真が撮れますよ。

例えばネイルの写真を撮る時に、自分ひとりで撮影するのは難しいのですが、ポーズをとってみましょう。

両手を重ねるようにして×の形を作ります。

このとき指を反らせすぎると、関節にシワが出来てしまうのでほどほどに。

こうするだけでネイルが良く映える写真を撮る事ができます。

カメラを変えてみる

みなさんが一番使っているのはスマートフォンのカメラ機能だと思います。

いつも持ち歩いているので、写真を撮るツールと言ったらこれですよね。

でもスマートフォンのカメラの画質が良くなってきたからと言って、デジタルカメラには適いません。

一眼レフのカメラともなれば、一台購入するのは少々お高めですが、本当にきれいな写真が撮れます。

テクニックが無くてもカメラ本体の性能が良いのでカバーもしてくれます。

元からスマートフォンについている加工機能だけではなく、アプリを別でダウンロードしてみるのも手です。

いろんな加工の仕方があるので一枚撮った写真が七変化してくれます。

いらない部分を切り取ったりぼかしたり。

撮ることが苦手な人でも後から加工出来るのでお勧めです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-