【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172952.html
彼氏と対等でなければいけない理由13選

彼氏と対等でなければいけない理由13選 | LADYCO

LADYCO
彼氏と対等でなければいけない理由13選

彼氏と対等でなければいけない理由を13選まとめてみました。

  • お金を使わされる可能性がある
  • 自分の意見が言えなくなってしまう
  • 相手は自分の言うことがすべて正しいと考えてしまう
  • 自分は何をしてもいいと思ってしまう
  • 喧嘩したとき一方的に言われてしまう
  • 我慢することが増えてしまう
  • DVになりやすい
  • 彼氏に依存しやすくなってしまう
  • 周りが見えなくなりやすい
  • 別れ話を持ち出されやすい
  • 彼氏にストレスを与えてしまう
  • お金目当てと思われる可能性がある
  • 何かあったときに頼りきりでいると自分が困る
  • まとめ

1. お金を使わされる可能性がある

お金を使わされる可能性がある

対等な関係でいないカップルは大抵立場が上の人が威張りだして、下の人にお金を使わせようとする傾向が見られます。 そうなってしまうと相手側はあなたのことをただの財布としてしか見なくなってしまうこともあります。

そうなってしまわないようにするためにも、彼氏とは常に対等な関係を保つようにしましょう。 時には甘えることも大切ですが、甘えまくるというのもよくはありません。 自分のほうが上だと相手に思わせてしまう可能性が非常に高いです。 十分気を付けるようにしていきましょう。

2. 自分の意見が言えなくなってしまう

自分の意見が言えなくなってしまう

自分の意見がなかなか言えなくなってしまうことがあります。 時には自分の意見も聞いてほしい。 そう考える人は多いでしょう。 なので、自分の意見を聞いてほしいと考えているのであれば立場だけは対等にしておきましょう。

そうしなければ彼氏は常に自分の行動が正しいと考えてしまう恐れがあります。 そうなってしまう前に立場をきちんと対等にしておきましょう。

3. 相手は自分の言うことがすべて正しいと考えてしまう

相手は自分の言うことがすべて正しいと考えてしまう

上記の続きですが、対等な関係でないと、相手は自分の行うことはすべて正しいと思い込んでしまう可能性が非常に高いです。 そうなってしまえば最後、あなたの言い分を聞いてもらえることはなくなってしまうでしょう。 そうならないためにはどうすればいいか。 それはやはり対等な関係を築いていくことです。

4. 自分は何をしてもいいと思ってしまう

自分は何をしてもいいと思ってしまう

自分はこの人(あなた)よりも立場は上だから、何をしても許される。 こういった考えを持つ彼氏が結構多いです。 そうなってしまえば、彼氏はいろいろなことをしだしてしまい、あなたの体を狙う可能性もあります。

清い関係でいたいのであればきちんと対等でいましょう。 そうすれば、少しはこういった事態も避けることができるでしょう。 何でもかんでも彼氏に任せるという考えはなるべく持たないようにしましょう。

5. 喧嘩したとき一方的に言われてしまう

喧嘩したとき一方的に言われてしまう

付き合うと喧嘩は避けて通れないでしょう。 そういったときに大切なのは、やはり彼氏に自分の意見をきちんと言えるかどうかになってきます。 自分の意見をなかなかいうことができないという女性も大勢いるでしょう。

そういった女性はストレスを抱え込みやすく、最終的に彼氏の言いなりになってしまう可能性が非常に高いです。 そうならないためにも喧嘩した際は自分の意見もきちんと言えるようになりましょう。

6. 我慢することが増えてしまう

我慢することが増えてしまう

我慢することが増えてしまう人も多いでしょう。 我慢することも時には大切です。 ですが我慢のし過ぎは体に毒です。 そして、我慢することが多い人は大抵彼氏と対等な関係でない人が多いです。 なので、彼氏とは対等な関係を保てるようにしていきましょう。

7. DVになりやすい

DVになりやすい

彼氏がDVをしてくる傾向があります。 対等な関係でいればこういったことになることもないでしょう。 ですが、あなたが彼氏に何も言えずにおどおどしてばかりでいるとDVにあってしまう可能性があります。 そんなのは愛ではありません。 彼氏ときちんとした関係を築いていきたいのであれば、対等な関係になれるように頑張りましょう。

8. 彼氏に依存しやすくなってしまう

彼氏に依存しやすくなってしまう

彼氏に依存しやすい人が多いです。 依存すること自体いけないとは言いませんが、依存は時に相手を傷つけるだけでなく、自分も傷ついてしまう可能性があるのです。 なので、そうならないためにも対等な関係を保つということは大切なのです。

9. 周りが見えなくなりやすい

周りが見えなくなりやすい

対等な関係を築くことができないと、周りが見えなくなってしまう可能性があります。 そうなってしまうと、周りにいる人たちにも迷惑をかけてしまう恐れがあります。

10. 別れ話を持ち出されやすい

別れ話を持ち出されやすい

彼氏に強気に出ているせいで、彼氏があなたの言いなりになっているという人も中にはいると思います。 なぜ、こういった人たちに別れ話を持ち出されやすいのか。 それは、わがままや態度に我慢することができなくなってしまうからです。 自分の意見を言いたくてもあからさまに不機嫌そうな態度をしてしまう、相談したいことがあってもそうすることができなくなってしまう。

その結果、彼氏はほかの人にひかれてしまい、別れ話を持ち出されてしまう可能性があります。 今付き合っている彼氏と別れたくない、付き合っていたいと考えているのであれば、自分の性格や態度を改めてみるのもいいかもしれません。 そこから、彼氏がどんな人なのか、そうすれば対等な関係を築いていけるのかじっくり考えていくようにしましょう。

11. 彼氏にストレスを与えてしまう

彼氏にストレスを与えてしまう

上記で言ったように、彼氏にストレスを与えてしまう可能性もあります。 ストレスは与えている人が自分の行いを直さなければ、その人はずっとストレスで苦しんでしまう可能性があります。 十分気を付けるようにしましょう。 自分がされて嫌なことを彼氏にしないようにしましょう。

12. お金目当てと思われる可能性がある

お金目当てと思われる可能性がある

強気でいるせいで彼氏よりも自分が偉いと思っている女性はよく彼氏におごらせたりする傾向が見られます。 その結果、彼氏からはお金目当てで付き合っているのではと考えてしまう可能性があります。 そうならないためにも対等な関係を築く必要があります。

13. 何かあったときに頼りきりでいると自分が困る

何かあったときに頼りきりでいると自分が困る

彼氏のほうが頼りになるからすべて任せきりでいると、彼氏に何かあったときに自分が困ってしまいます。 そうならないためにも常日頃から対等でいましょう。

まとめ

対等な関係でいることで、彼氏はあなたの意見をきちんと聞いてくれます。 逆に対等な関係でいなければ、あなたの意見を聞いてくれるとこと自体少ないでしょう。 そうなってしまえば、彼氏はあなたに様々なことを無理強いしてくるでしょう。

そうならないためにも常に対等な関係でいましょう。 彼氏と付き合っていたい、別れたくない、そう考えている人は、彼氏におごらせまくらないようにし、彼氏の意見もきちんと聞くようにしてみましょう。 逆に、彼氏の言いなりになっている人は一度きちんとあなたの考えを彼氏に伝えるようにしましょう。 意外に彼氏はあなたの意見を待っていることもあります。

彼氏と対等でなければいけない理由を13選まとめてみました。


お金を使わされる可能性がある

対等な関係でいないカップルは大抵立場が上の人が威張りだして、下の人にお金を使わせようとする傾向が見られます。 そうなってしまうと相手側はあなたのことをただの財布としてしか見なくなってしまうこともあります。

そうなってしまわないようにするためにも、彼氏とは常に対等な関係を保つようにしましょう。 時には甘えることも大切ですが、甘えまくるというのもよくはありません。 自分のほうが上だと相手に思わせてしまう可能性が非常に高いです。 十分気を付けるようにしていきましょう。

自分の意見が言えなくなってしまう

自分の意見がなかなか言えなくなってしまうことがあります。 時には自分の意見も聞いてほしい。 そう考える人は多いでしょう。 なので、自分の意見を聞いてほしいと考えているのであれば立場だけは対等にしておきましょう。

そうしなければ彼氏は常に自分の行動が正しいと考えてしまう恐れがあります。 そうなってしまう前に立場をきちんと対等にしておきましょう。

相手は自分の言うことがすべて正しいと考えてしまう

上記の続きですが、対等な関係でないと、相手は自分の行うことはすべて正しいと思い込んでしまう可能性が非常に高いです。 そうなってしまえば最後、あなたの言い分を聞いてもらえることはなくなってしまうでしょう。 そうならないためにはどうすればいいか。 それはやはり対等な関係を築いていくことです。

自分は何をしてもいいと思ってしまう

自分はこの人(あなた)よりも立場は上だから、何をしても許される。 こういった考えを持つ彼氏が結構多いです。 そうなってしまえば、彼氏はいろいろなことをしだしてしまい、あなたの体を狙う可能性もあります。

清い関係でいたいのであればきちんと対等でいましょう。 そうすれば、少しはこういった事態も避けることができるでしょう。 何でもかんでも彼氏に任せるという考えはなるべく持たないようにしましょう。

喧嘩したとき一方的に言われてしまう

付き合うと喧嘩は避けて通れないでしょう。 そういったときに大切なのは、やはり彼氏に自分の意見をきちんと言えるかどうかになってきます。 自分の意見をなかなかいうことができないという女性も大勢いるでしょう。

そういった女性はストレスを抱え込みやすく、最終的に彼氏の言いなりになってしまう可能性が非常に高いです。 そうならないためにも喧嘩した際は自分の意見もきちんと言えるようになりましょう。

我慢することが増えてしまう

我慢することが増えてしまう人も多いでしょう。 我慢することも時には大切です。 ですが我慢のし過ぎは体に毒です。 そして、我慢することが多い人は大抵彼氏と対等な関係でない人が多いです。 なので、彼氏とは対等な関係を保てるようにしていきましょう。

DVになりやすい

彼氏がDVをしてくる傾向があります。 対等な関係でいればこういったことになることもないでしょう。 ですが、あなたが彼氏に何も言えずにおどおどしてばかりでいるとDVにあってしまう可能性があります。 そんなのは愛ではありません。 彼氏ときちんとした関係を築いていきたいのであれば、対等な関係になれるように頑張りましょう。

彼氏に依存しやすくなってしまう

彼氏に依存しやすい人が多いです。 依存すること自体いけないとは言いませんが、依存は時に相手を傷つけるだけでなく、自分も傷ついてしまう可能性があるのです。 なので、そうならないためにも対等な関係を保つということは大切なのです。

周りが見えなくなりやすい

対等な関係を築くことができないと、周りが見えなくなってしまう可能性があります。 そうなってしまうと、周りにいる人たちにも迷惑をかけてしまう恐れがあります。

別れ話を持ち出されやすい

彼氏に強気に出ているせいで、彼氏があなたの言いなりになっているという人も中にはいると思います。 なぜ、こういった人たちに別れ話を持ち出されやすいのか。 それは、わがままや態度に我慢することができなくなってしまうからです。 自分の意見を言いたくてもあからさまに不機嫌そうな態度をしてしまう、相談したいことがあってもそうすることができなくなってしまう。

その結果、彼氏はほかの人にひかれてしまい、別れ話を持ち出されてしまう可能性があります。 今付き合っている彼氏と別れたくない、付き合っていたいと考えているのであれば、自分の性格や態度を改めてみるのもいいかもしれません。 そこから、彼氏がどんな人なのか、そうすれば対等な関係を築いていけるのかじっくり考えていくようにしましょう。

彼氏にストレスを与えてしまう

上記で言ったように、彼氏にストレスを与えてしまう可能性もあります。 ストレスは与えている人が自分の行いを直さなければ、その人はずっとストレスで苦しんでしまう可能性があります。 十分気を付けるようにしましょう。 自分がされて嫌なことを彼氏にしないようにしましょう。

お金目当てと思われる可能性がある

強気でいるせいで彼氏よりも自分が偉いと思っている女性はよく彼氏におごらせたりする傾向が見られます。 その結果、彼氏からはお金目当てで付き合っているのではと考えてしまう可能性があります。 そうならないためにも対等な関係を築く必要があります。

何かあったときに頼りきりでいると自分が困る

彼氏のほうが頼りになるからすべて任せきりでいると、彼氏に何かあったときに自分が困ってしまいます。 そうならないためにも常日頃から対等でいましょう。

対等な関係でいることで、彼氏はあなたの意見をきちんと聞いてくれます。 逆に対等な関係でいなければ、あなたの意見を聞いてくれるとこと自体少ないでしょう。 そうなってしまえば、彼氏はあなたに様々なことを無理強いしてくるでしょう。

そうならないためにも常に対等な関係でいましょう。 彼氏と付き合っていたい、別れたくない、そう考えている人は、彼氏におごらせまくらないようにし、彼氏の意見もきちんと聞くようにしてみましょう。 逆に、彼氏の言いなりになっている人は一度きちんとあなたの考えを彼氏に伝えるようにしましょう。 意外に彼氏はあなたの意見を待っていることもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-