【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513174413.html
彼氏依存症?彼氏に依存しているかチェックリスト

彼氏依存症?彼氏に依存しているかチェックリスト | LADYCO

LADYCO
彼氏依存症?彼氏に依存しているかチェックリスト

彼氏依存症?彼氏に依存しているかチェックリスト 29選をご紹介します。

7個以上チェックが入るあなたは依存症かも?!

  • 彼氏に必要とされることが全てだと思う
  • 彼からどれだけ愛されているかで価値が決まると思う気持ちがある
  • 友達よりも彼氏の方が大事
  • よくない関係と思いつつも別れられない
  • 酷い彼だとしても別れて一人になることが怖い
  • 二人で話し合いができない
  • 彼氏の態度に振り回される
  • いつも自分の方を向いてもらうことだけを目標にしている。
  • 他のことがおろそかになっても彼だけしか見ていない
  • 彼氏に連絡がつながらないとパニックになる
  • 必要以上に尽くしてしまう
  • 彼氏に見捨てられたらと思うと夜も眠れない
  • 私があの人を変えると思っている
  • 彼氏がいないと生きられないと思ってしまう
  • いつもデートでは支払いをしている
  • 友人の別れたほうがいいというアドバイスが耳に入らない
  • 周りが全く見えてない
  • 友人より彼氏をとりたい
  • 彼氏に必要とされることで自分の価値が確認できる
  • いつも不安感
  • 彼氏に見捨てられることがたいへん怖い
  • 自分に自信が持てない
  • 彼氏から連絡が来ない日は気が狂いそう
  • 連絡がないと連絡がつくまで連絡してしまう
  • 彼氏に優しくされるとまるで天国
  • 気持ちがとても不安定
  • 彼氏からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じて気持ちがすごく落ち込む
  • 彼氏の意見に左右されやすい
  • 彼氏が悪いのに自分が悪いと思ってしまう

1. 彼氏に必要とされることが全てだと思う

彼氏に必要とされることが全てだと思う

恋愛依存症と彼氏依存症は基本的には大体同です。

恋愛対して依存するのか、彼氏に対して依存するのかとの違いといえます。

彼氏依存症は、彼氏に必要とされていることが全てだと思い、彼氏が生きる目的になっているという場合、彼氏依存的になっているといえます。

彼氏の他にも世の中にはたくさんの楽しいことはあるということを忘れてしまっているといえます。

2. 彼からどれだけ愛されているかで価値が決まると思う気持ちがある

彼からどれだけ愛されているかで価値が決まると思う気持ちがある

彼氏から自分がどれだけ愛されているかで自分の価値が決まると思っている場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

3. 友達よりも彼氏の方が大事

友達よりも彼氏の方が大事

友人と一緒に過ごすよりも、彼氏と一緒に過ごす方が大切だと思ってしまい、友人と一緒にいても、彼氏から連絡があると、いつも彼氏との時間を優先させてしまうという場合、彼氏依存症になっている可能性が高いといえます。

4. よくない関係と思いつつも別れられない

よくない関係と思いつつも別れられない

二人にとって良い関係とは言えないのに、彼氏と別れられないという時には彼氏依存症の可能性が高いといえます。

5. 酷い彼だとしても別れて一人になることが怖い

酷い彼だとしても別れて一人になることが怖い

どんなにひどい仕打ちをされても、彼氏と別れて一人になることが怖いという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

はっきりと別れられずにずるずると付き合っているという場合もあるのです。

6. 二人で話し合いができない

二人で話し合いができない

お互いに良い関係でないなら話し合って関係を再構築すればいいのです。

しかし、そうすると嫌われると思ってしまい、話し合いをしたがらないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

7. 彼氏の態度に振り回される

彼氏の態度に振り回される

彼に冷たい態度を取られたらどん底まで落ち込み、優しくされたら急に容器になるなど、彼氏の接し方一つで大きく気持ちが変化してしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に振り回されている可能性が大きいといえます。

8. いつも自分の方を向いてもらうことだけを目標にしている。

いつも自分の方を向いてもらうことだけを目標にしている。

いつも自分の方を向いてもらえることだけを目標にしているという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

あまりにも依存をしてしまうと、彼氏もプレッシャーを感じて引いてしまうということになるかもしれません。

9. 他のことがおろそかになっても彼だけしか見ていない

他のことがおろそかになっても彼だけしか見ていない

他のことがおろそかになっても、彼だけしか視界に入っていないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

10. 彼氏に連絡がつながらないとパニックになる

彼氏に連絡がつながらないとパニックになる

彼氏に連絡をしても、忙しくて電話に出られなかったり、返信が返ってこなかったというだけで、パニックなってしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

11. 必要以上に尽くしてしまう

必要以上に尽くしてしまう

彼氏に対して、必要をはるかに超えるくらいに尽くしてしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

12. 彼氏に見捨てられたらと思うと夜も眠れない

彼氏に見捨てられたらと思うと夜も眠れない

彼氏に見捨てられたら。

と考えると、夜も眠っていられなくなってしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

13. 私があの人を変えると思っている

私があの人を変えると思っている

自分と付き合うことで彼を変えることができると思っている人は彼氏依存症の可能性が高いといえます。

人のことを変えるのは不可能ですし、互いに傷つくだけなのです。

14. 彼氏がいないと生きられないと思ってしまう

彼氏がいないと生きられないと思ってしまう

彼氏がいないと生きられないと思ってしまう場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

15. いつもデートでは支払いをしている

いつもデートでは支払いをしている

デートをした時に、いつもデート代を出しているという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

16. 友人の別れたほうがいいというアドバイスが耳に入らない

友人の別れたほうがいいというアドバイスが耳に入らない

心配してくれている友人が分かれた方がいいという声を聴かず、破滅的な方向に向かってしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

17. 周りが全く見えてない

周りが全く見えてない

彼のことばかり考えて、周りの人の意見や周りの人の忠告やアドバイスなどが全く聞こえていないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

18. 友人より彼氏をとりたい

友人より彼氏をとりたい

一生懸命アドバイスをしてくれる友人のアドバイスを聴かず、友人より彼氏のことをいつも優先させたり、ずっと前からあった友人との約束を何度も破って彼氏と合うといった場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

19. 彼氏に必要とされることで自分の価値が確認できる

彼氏に必要とされることで自分の価値が確認できる

彼氏に必要とされることで、自分の価値が決まるという考え方になってしまった場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に尽くすことを生きがいにしてしまっているなら彼氏依存症になっているといえます。

周りの声などを聞いて、自身が置かれている状況をもう少し客観的になって見てみましょう。

20. いつも不安感

いつも不安感

不安な恋愛をしていて、それでもその恋愛を終わらせることができないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

21. 彼氏に見捨てられることがたいへん怖い

彼氏に見捨てられることがたいへん怖い

彼氏から見捨てられることがたいへん怖いと思い、彼氏の反応を見ながら、機嫌を取ってしまうような態度になったりした場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

22. 自分に自信が持てない

自分に自信が持てない

彼氏に依存してしまう人は自分に自信が持てない人が多いといわれたりします。

自尊心が低いので、彼氏からの評価が全てと思ってしまうのです。

そんな場合は彼氏依存症の可能性が高いといえます。

23. 彼氏から連絡が来ない日は気が狂いそう

彼氏から連絡が来ない日は気が狂いそう

彼氏から一日でも連絡がないと、気が狂いそうなほど不安になったり、過剰に心配になったりして、物事が手につかなくなるという人は彼氏依存症の可能性が高いといえます。

24. 連絡がないと連絡がつくまで連絡してしまう

連絡がないと連絡がつくまで連絡してしまう

彼氏から連絡がないと、不安になって、彼氏に連絡がつくまで何度も連絡をしてしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

25. 彼氏に優しくされるとまるで天国

彼氏に優しくされるとまるで天国

たまに、彼氏に優しく接してもらうと、まるで天国という気持ちになってしまう場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏が自分に撮る態度で、天国と地獄を行き来してしまうといった場合には彼氏依存症の可能性が高いといえるのです。

26. 気持ちがとても不安定

気持ちがとても不安定

気持ち不安定な人が多く、その安定剤としての彼氏が存在しているという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

27. 彼氏からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じて気持ちがすごく落ち込む

彼氏からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じて気持ちがすごく落ち込む

メールを送った後に、彼氏からのメールの返事がなかなかなかったら、嫌われてしまったのではないかと感じて、客観的に考えても不必要な謝罪のメールを送ったりしてしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

28. 彼氏の意見に左右されやすい

彼氏の意見に左右されやすい

優柔不断で彼氏の意見に左右されやすい人は、流されやすいといえます。

自分で物事を判断するのがあまり得意ではなく、彼氏の意見を頼って、それが全てだと思ってしまうようなところがあります。

忠告する友人のことを彼氏が悪く言うと、そう思ってしまうというところなどもあります。

そんな場合は恋愛依存症の可能性が強くなります。

29. 彼氏が悪いのに自分が悪いと思ってしまう

だれから見ても彼氏が悪いということでも、彼氏依存症になっていると自分が悪いと思って、相手の罪を償おうとしてしまうこともあります。

そんな時には彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏依存症?彼氏に依存しているかチェックリスト 29選をご紹介します。

7個以上チェックが入るあなたは依存症かも?!


彼氏に必要とされることが全てだと思う

恋愛依存症と彼氏依存症は基本的には大体同です。

恋愛対して依存するのか、彼氏に対して依存するのかとの違いといえます。

彼氏依存症は、彼氏に必要とされていることが全てだと思い、彼氏が生きる目的になっているという場合、彼氏依存的になっているといえます。

彼氏の他にも世の中にはたくさんの楽しいことはあるということを忘れてしまっているといえます。

彼からどれだけ愛されているかで価値が決まると思う気持ちがある

彼氏から自分がどれだけ愛されているかで自分の価値が決まると思っている場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

友達よりも彼氏の方が大事

友人と一緒に過ごすよりも、彼氏と一緒に過ごす方が大切だと思ってしまい、友人と一緒にいても、彼氏から連絡があると、いつも彼氏との時間を優先させてしまうという場合、彼氏依存症になっている可能性が高いといえます。

よくない関係と思いつつも別れられない

二人にとって良い関係とは言えないのに、彼氏と別れられないという時には彼氏依存症の可能性が高いといえます。

酷い彼だとしても別れて一人になることが怖い

どんなにひどい仕打ちをされても、彼氏と別れて一人になることが怖いという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

はっきりと別れられずにずるずると付き合っているという場合もあるのです。

二人で話し合いができない

お互いに良い関係でないなら話し合って関係を再構築すればいいのです。

しかし、そうすると嫌われると思ってしまい、話し合いをしたがらないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏の態度に振り回される

彼に冷たい態度を取られたらどん底まで落ち込み、優しくされたら急に容器になるなど、彼氏の接し方一つで大きく気持ちが変化してしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に振り回されている可能性が大きいといえます。

いつも自分の方を向いてもらうことだけを目標にしている。

いつも自分の方を向いてもらえることだけを目標にしているという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

あまりにも依存をしてしまうと、彼氏もプレッシャーを感じて引いてしまうということになるかもしれません。

他のことがおろそかになっても彼だけしか見ていない

他のことがおろそかになっても、彼だけしか視界に入っていないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に連絡がつながらないとパニックになる

彼氏に連絡をしても、忙しくて電話に出られなかったり、返信が返ってこなかったというだけで、パニックなってしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

必要以上に尽くしてしまう

彼氏に対して、必要をはるかに超えるくらいに尽くしてしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に見捨てられたらと思うと夜も眠れない

彼氏に見捨てられたら。

と考えると、夜も眠っていられなくなってしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

私があの人を変えると思っている

自分と付き合うことで彼を変えることができると思っている人は彼氏依存症の可能性が高いといえます。

人のことを変えるのは不可能ですし、互いに傷つくだけなのです。

彼氏がいないと生きられないと思ってしまう

彼氏がいないと生きられないと思ってしまう場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

いつもデートでは支払いをしている

デートをした時に、いつもデート代を出しているという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

友人の別れたほうがいいというアドバイスが耳に入らない

心配してくれている友人が分かれた方がいいという声を聴かず、破滅的な方向に向かってしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

周りが全く見えてない

彼のことばかり考えて、周りの人の意見や周りの人の忠告やアドバイスなどが全く聞こえていないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

友人より彼氏をとりたい

一生懸命アドバイスをしてくれる友人のアドバイスを聴かず、友人より彼氏のことをいつも優先させたり、ずっと前からあった友人との約束を何度も破って彼氏と合うといった場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に必要とされることで自分の価値が確認できる

彼氏に必要とされることで、自分の価値が決まるという考え方になってしまった場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に尽くすことを生きがいにしてしまっているなら彼氏依存症になっているといえます。

周りの声などを聞いて、自身が置かれている状況をもう少し客観的になって見てみましょう。

いつも不安感

不安な恋愛をしていて、それでもその恋愛を終わらせることができないという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に見捨てられることがたいへん怖い

彼氏から見捨てられることがたいへん怖いと思い、彼氏の反応を見ながら、機嫌を取ってしまうような態度になったりした場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

自分に自信が持てない

彼氏に依存してしまう人は自分に自信が持てない人が多いといわれたりします。

自尊心が低いので、彼氏からの評価が全てと思ってしまうのです。

そんな場合は彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏から連絡が来ない日は気が狂いそう

彼氏から一日でも連絡がないと、気が狂いそうなほど不安になったり、過剰に心配になったりして、物事が手につかなくなるという人は彼氏依存症の可能性が高いといえます。

連絡がないと連絡がつくまで連絡してしまう

彼氏から連絡がないと、不安になって、彼氏に連絡がつくまで何度も連絡をしてしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏に優しくされるとまるで天国

たまに、彼氏に優しく接してもらうと、まるで天国という気持ちになってしまう場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏が自分に撮る態度で、天国と地獄を行き来してしまうといった場合には彼氏依存症の可能性が高いといえるのです。

気持ちがとても不安定

気持ち不安定な人が多く、その安定剤としての彼氏が存在しているという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じて気持ちがすごく落ち込む

メールを送った後に、彼氏からのメールの返事がなかなかなかったら、嫌われてしまったのではないかと感じて、客観的に考えても不必要な謝罪のメールを送ったりしてしまうという場合、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

彼氏の意見に左右されやすい

優柔不断で彼氏の意見に左右されやすい人は、流されやすいといえます。

自分で物事を判断するのがあまり得意ではなく、彼氏の意見を頼って、それが全てだと思ってしまうようなところがあります。

忠告する友人のことを彼氏が悪く言うと、そう思ってしまうというところなどもあります。

そんな場合は恋愛依存症の可能性が強くなります。

だれから見ても彼氏が悪いということでも、彼氏依存症になっていると自分が悪いと思って、相手の罪を償おうとしてしまうこともあります。

そんな時には彼氏依存症の可能性が高いといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-