【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172949.html
彼氏と初めてキスするときの注意点10選

彼氏と初めてキスするときの注意点10選 | LADYCO

LADYCO
彼氏と初めてキスするときの注意点10選

彼氏と初めてキスをするときに何も意識せずにするという女性はいないはずです。

何を意識したら相手にどう思われるか、また、どんな思い出にできるかを考えてみましょう。

  • 初々しさを出したいなら恥ずかしがるのもいい
  • ファーストキスを隠すなら震えないようにする
  • 歯の汚れや口臭に気をつけておく
  • 鼻やメガネがぶつからないように考える
  • 思い出に残る場所でキスの雰囲気を作る
  • いきなりディープなキスはひかれるのでやめましょう
  • 可愛らしさを出すならキスの後に照れる表情を
  • 日頃から唇の状態を完璧にしておく
  • さりげなくからだを当ててもっとドキドキさせましょう
  • 女としての喜びを感じたいなら待つこと
  • まとめ

1. 初々しさを出したいなら恥ずかしがるのもいい

初々しさを出したいなら恥ずかしがるのもいい

彼氏にキス慣れしていると思われたくないなら、キスを迫られてもちょっと恥ずかしがって抵抗したり伏し目がちになってみてください。

男性はキスを迫った時のリアクションを見ていかに相手が他の男と経験してきたかを察してしらけることがあります。

せっかく彼氏からキスをしてくれるチャンスなので、相手がしらけないようにリードしてもらうと男性として立ててもらった気分にもなれます。

2. ファーストキスを隠すなら震えないようにする

ファーストキスを隠すなら震えないようにする

彼氏とのキスが人生で初めてのキスである時、とうとうその時が来たかと意識してしまい、唇が震えてしまうことがあります。

緊張するのは仕方ないことですが。

ウブを越えてガクガク震えられると彼氏も申し訳なく思ってしまうのではないでしょうか。

相手も初めてならそれでもOKかもしれませんが、緊張し過ぎも相手との自然な雰囲気を壊すので意識してみてください。

3. 歯の汚れや口臭に気をつけておく

歯の汚れや口臭に気をつけておく

どんなに好きな相手でも歯が汚れていたり口臭を感じるとキスしたいとは思わないでしょう。

最初は気づかずにキスを終えても次からは躊躇ってなかなかしてもらえなかったら悲しいですね。

感情が抑えきれず咄嗟にキスをされたりするようなことも期待しているのであれば、日頃から歯の汚れや口臭に気をつけておく必要があります。

彼氏の前で気にしている素振りを見せることで相手も同じように自分の汚れや臭いを気にしてくれるようにもなります。

4. 鼻やメガネがぶつからないように考える

鼻やメガネがぶつからないように考える

何も考えずにキスをしてしまうと慣れていないうちはメガネがぶちかったり鼻をぶつけてしまうことがあります。

かといって誰かと練習できるものでもありませんから、キスの瞬間には顔を傾ける、距離感を考えるなどを意識するようにしてください。

理想的なのは彼氏ができた後すぐに家でぬいぐるみなどで練習しておくことです。

5. 思い出に残る場所でキスの雰囲気を作る

思い出に残る場所でキスの雰囲気を作る

彼氏との初めてのキスは記念に残るものですから、適当な場所でさっと済ませてしまうのはなんだかもったいないと言えます。

できることならずっと思い出に残るような場所でキスの雰囲気を作りましょう。

それまではおあずけをしたり恥ずかしがってごまかしてみます。

あまりそれを繰り返すと彼氏が諦めてしまう可能性もあるので気をつけてください。

6. いきなりディープなキスはひかれるのでやめましょう

いきなりディープなキスはひかれるのでやめましょう

もう過去の彼氏と何度もキスの経験がある女性なら好きな気持ちをディープキスで表現したい、抑えられない!ということもあるでしょう。

しかし、彼氏は付き合いたてで当然のようにディープキスをしてくる女性にひいてしまうはずです。

もちろん交際を経てキスも回数をこなせばそれも自然とできるようになるのですから、最初のうちは全開でいかないようにしてください。

7. 可愛らしさを出すならキスの後に照れる表情を

可愛らしさを出すならキスの後に照れる表情を

キスの間は目をつぶっているので相手の表情が見れません。

彼氏としてはキスよりもキス直後の彼女の表情を見て萌えたいと思っているのではないでしょうか。

あっさりと唇を話すのではなく、恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべたり顔を隠したりしてみてください。

計算高い女のようでもありますが、単純な男性はこんな素振りでイチコロです。

8. 日頃から唇の状態を完璧にしておく

日頃から唇の状態を完璧にしておく

彼氏と初めてのデートの際はいつキスをされてもおかしくありません。

事前に唇の状態を完璧にしておき、キスしたい唇を作っておいてください。

そうすればキスはまだ先と思っていた彼氏でもついキスが我慢できなくなったり、キスを待っているの?と感じて気持ちに応えてくれる可能性もあります。

魅力的な唇でさりげなくエスコートしてあげましょう。

9. さりげなくからだを当ててもっとドキドキさせましょう

さりげなくからだを当ててもっとドキドキさせましょう

キスをする際にさりげなくからだを当てて密着させることで彼氏をもっとドキドキさせてみましょう。

キスはあくまでも触れ合う工程のひとつの手段です。

そこからいかに相手を夢中にさせるかは自分の工夫次第ですね。

キスから先に進むのを急いでいるなら距離感を詰めましょう。

10. 女としての喜びを感じたいなら待つこと

女としての喜びを感じたいなら待つこと

いつまでもキスをしてくれない彼氏もいるかもしれませんが、初めてのキスは彼氏からしてもらえたら嬉しいはずです。

じれったくても相手のペースに合わせて待ってあげてください。

できることは雰囲気を作ってあげることです。

ついにキスをしてくれた時、その喜びも大きいことでしょう。

まとめ

彼氏と初めてキスをするときは自分だけではなく相手もドキドキです。

しかし、このドキドキは好きだからこそですし、最初しか感じることはできません。

恥ずかしくて逃げ出したくなっても逃げたりせずに受け止めてあげましょう。

ドキドキを楽しむくらいが大切ですよ。

彼氏と初めてキスをするときに何も意識せずにするという女性はいないはずです。

何を意識したら相手にどう思われるか、また、どんな思い出にできるかを考えてみましょう。


初々しさを出したいなら恥ずかしがるのもいい

彼氏にキス慣れしていると思われたくないなら、キスを迫られてもちょっと恥ずかしがって抵抗したり伏し目がちになってみてください。

男性はキスを迫った時のリアクションを見ていかに相手が他の男と経験してきたかを察してしらけることがあります。

せっかく彼氏からキスをしてくれるチャンスなので、相手がしらけないようにリードしてもらうと男性として立ててもらった気分にもなれます。

ファーストキスを隠すなら震えないようにする

彼氏とのキスが人生で初めてのキスである時、とうとうその時が来たかと意識してしまい、唇が震えてしまうことがあります。

緊張するのは仕方ないことですが。

ウブを越えてガクガク震えられると彼氏も申し訳なく思ってしまうのではないでしょうか。

相手も初めてならそれでもOKかもしれませんが、緊張し過ぎも相手との自然な雰囲気を壊すので意識してみてください。

歯の汚れや口臭に気をつけておく

どんなに好きな相手でも歯が汚れていたり口臭を感じるとキスしたいとは思わないでしょう。

最初は気づかずにキスを終えても次からは躊躇ってなかなかしてもらえなかったら悲しいですね。

感情が抑えきれず咄嗟にキスをされたりするようなことも期待しているのであれば、日頃から歯の汚れや口臭に気をつけておく必要があります。

彼氏の前で気にしている素振りを見せることで相手も同じように自分の汚れや臭いを気にしてくれるようにもなります。

鼻やメガネがぶつからないように考える

何も考えずにキスをしてしまうと慣れていないうちはメガネがぶちかったり鼻をぶつけてしまうことがあります。

かといって誰かと練習できるものでもありませんから、キスの瞬間には顔を傾ける、距離感を考えるなどを意識するようにしてください。

理想的なのは彼氏ができた後すぐに家でぬいぐるみなどで練習しておくことです。

思い出に残る場所でキスの雰囲気を作る

彼氏との初めてのキスは記念に残るものですから、適当な場所でさっと済ませてしまうのはなんだかもったいないと言えます。

できることならずっと思い出に残るような場所でキスの雰囲気を作りましょう。

それまではおあずけをしたり恥ずかしがってごまかしてみます。

あまりそれを繰り返すと彼氏が諦めてしまう可能性もあるので気をつけてください。

いきなりディープなキスはひかれるのでやめましょう

もう過去の彼氏と何度もキスの経験がある女性なら好きな気持ちをディープキスで表現したい、抑えられない!ということもあるでしょう。

しかし、彼氏は付き合いたてで当然のようにディープキスをしてくる女性にひいてしまうはずです。

もちろん交際を経てキスも回数をこなせばそれも自然とできるようになるのですから、最初のうちは全開でいかないようにしてください。

可愛らしさを出すならキスの後に照れる表情を

キスの間は目をつぶっているので相手の表情が見れません。

彼氏としてはキスよりもキス直後の彼女の表情を見て萌えたいと思っているのではないでしょうか。

あっさりと唇を話すのではなく、恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべたり顔を隠したりしてみてください。

計算高い女のようでもありますが、単純な男性はこんな素振りでイチコロです。

日頃から唇の状態を完璧にしておく

彼氏と初めてのデートの際はいつキスをされてもおかしくありません。

事前に唇の状態を完璧にしておき、キスしたい唇を作っておいてください。

そうすればキスはまだ先と思っていた彼氏でもついキスが我慢できなくなったり、キスを待っているの?と感じて気持ちに応えてくれる可能性もあります。

魅力的な唇でさりげなくエスコートしてあげましょう。

さりげなくからだを当ててもっとドキドキさせましょう

キスをする際にさりげなくからだを当てて密着させることで彼氏をもっとドキドキさせてみましょう。

キスはあくまでも触れ合う工程のひとつの手段です。

そこからいかに相手を夢中にさせるかは自分の工夫次第ですね。

キスから先に進むのを急いでいるなら距離感を詰めましょう。

女としての喜びを感じたいなら待つこと

いつまでもキスをしてくれない彼氏もいるかもしれませんが、初めてのキスは彼氏からしてもらえたら嬉しいはずです。

じれったくても相手のペースに合わせて待ってあげてください。

できることは雰囲気を作ってあげることです。

ついにキスをしてくれた時、その喜びも大きいことでしょう。

彼氏と初めてキスをするときは自分だけではなく相手もドキドキです。

しかし、このドキドキは好きだからこそですし、最初しか感じることはできません。

恥ずかしくて逃げ出したくなっても逃げたりせずに受け止めてあげましょう。

ドキドキを楽しむくらいが大切ですよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-