【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519163705.html
試験前の彼氏と上手な付き合い方10選

試験前の彼氏と上手な付き合い方10選 | LADYCO

LADYCO
試験前の彼氏と上手な付き合い方10選

試験前の彼氏とはいつも通りの付き合いではいけません。

相手を困らせず、自分も寂しくならない方法を模索してみてください。

  • 塾の時間はメールをしない
  • デートや電話は短めにする
  • デートではさっぱりとした彼女を目指して
  • 試験の話ばかりしない
  • 勉強を教えてあげられるなら一緒に勉強も○
  • ラインのスランプや簡単なメッセージで相手の状況を知る
  • 返事は急がないこと
  • 会えなくて寂しいのは自分だけじゃない
  • 自分からデートや連絡を控えるように持っていく
  • 彼氏がストレス発散できるデートをする
  • まとめ

1. 塾の時間はメールをしない

塾の時間はメールをしない

試験前の彼氏は塾に行く頻度も増え、長時間塾で勉強を頑張っていることでしょう。

塾の時間だと思われるタイミングではメールや電話を控えるようにしてください。

万が一電源が入っていると音で迷惑をかけてしまいますし、着信があったと知れば慌てて連絡をしようとするかもしれません。

勉強に集中してもらうために勉強の時間に自分の存在をアピールしないのができる彼女です。

2. デートや電話は短めにする

デートや電話は短めにする

もしデートや電話をすることがあっても短めに切り上げましょう。

こちらが気を遣っても彼氏が求めてくることもありますが、ある程度彼氏の欲求を満たしてあげた後は勉強モードに戻してあげるべきです。

試験さえ終わればまたいつものようにやりとりができるので、ここは辛抱強く待てる彼女を見せてこちらの気持ちに応えるべくがんばってもらいましょう。

3. デートではさっぱりとした彼女を目指して

デートではさっぱりとした彼女を目指して

デートでは「次はいつ会えるの?」とか「もう帰っちゃうの?」などと言って彼氏を困らせてはいけません。

最もいけないのは「勉強ばっかり!」と怒ることです。

彼氏だって好きで勉強ばかりしているわけではありませんし、優しい性格だと勉強を投げ捨ててデートを続けようとしてしまう可能性があります。

彼氏に重荷にならないよう、さっぱりとした彼女を目指しましょう。

4. 試験の話ばかりしない

試験の話ばかりしない

試験前は勉強ばかりで彼氏もうんざりしているはずなので、勉強がはかどっているかとか誰に負けないようになどと試験の話ばかりしないようにしてあげましょう。

言われなくても本人はよくわかっていますしプレッシャーでいっぱいです。

恋人との時間くらい、勉強から離れたいと思っているはずなので楽しい話やラブラブ発言で彼氏を癒してあげましょうね。

5. 勉強を教えてあげられるなら一緒に勉強も○

勉強を教えてあげられるなら一緒に勉強も○

彼氏より学力に自信があるならデートがてら一緒に勉強をするのも○です。

しかし、「勉強を教えてあげようか?

と提案するのは角が立ちます。

「一緒に勉強したいんだけどだめかな?」というように、あくまでもこちらが望んでそうしたいのだという言い方を意識してください。

彼氏と一緒に勉強してもはかどることは期待できませんが、コツやポイントだけでも伝えることができれば役に立てるのではないでしょうか。

6. ラインのスランプや簡単なメッセージで相手の状況を知る

ラインのスランプや簡単なメッセージで相手の状況を知る

試験前の彼氏に連絡を取りたいと思うなら、まずはラインのスタンプを送ったり簡単なメッセージで相手の反応を見ます。

「今勉強がはかどっているから後にして」と返ってきたり反応がないようなら彼氏は忙しいのでしょう。

状況を知ったらそれ以上しつこく連絡をせずに相手の手が空くのを待ちます。

試験前は試験勉強が一番です。

それをわかってあげられる彼女でないと彼氏にとってストレスがかかってしまいます。

7. 返事は急がないこと

返事は急がないこと

着信をつけたのに無反応だったり既読済みなのに返事がなくても特別忙しい期間だと理解して返事は急がないことです。

いつまでも待っているとイライラしたり寂しい気持ちになってしまうため、自分のためにも最初から彼氏の反応は期待しないようにしましょう。

返事を急がせないためには質問形式のメールや連続で着信をつけるのはタブーです。

8. 会えなくて寂しいのは自分だけじゃない

会えなくて寂しいのは自分だけじゃない

彼氏に会えなくて寂しい気持ちを相手にぶつけたくなってしまうこともあるでしょうが、彼氏だって同じ思いだと信じてみてください。

寂しいのは自分だけじゃない、その上彼氏は勉強までしなければいけないのです。

より辛いのは彼氏の方です。

一緒に試練を乗り越えるつもりで寂しさと戦いましょう。

どんなに寂しくたって恋人同士の関係でいることは変わらないのですから、普段から愛し愛されているという自信をつけておくことが大切です。

9. 自分からデートや連絡を控えるように持っていく

自分からデートや連絡を控えるように持っていく

彼女想いの彼氏なら無理にデートを誘ってきたり連絡をくれることもあるでしょう。

しかし、試験前の彼氏に手間をかけさせているという罪悪感を感じるはずです。

そうならないようにこちらからデートを断ってみたり、連絡があっても「試験が終わってから電話するね」と短い通話で終わらせるなど工夫をしてみてください。

誤解されないように思いをしっかり話すことも忘れないでくださいね。

10. 彼氏がストレス発散できるデートをする

彼氏がストレス発散できるデートをする

毎日の試験勉強でストレスがたまっている彼氏が少しでも発散できるようなデートを企画しましょう。

スポーツでからだを動かしたり、彼氏の好物を食べに行く、美しい景色を見に行くなどが良さそうです。

デートというよりも彼氏のメンタルケアのつもりで誘ってみましょうね。

まとめ

試験前の彼氏はナーバスになっていていつもより機嫌が悪いかもしれません。

彼氏の苦労を少しでもわかろうとしてあげてくださいね。

この期間会ったり話すことが減ってしまっても試験が終わればまたいつものように一緒にいられます。

それを楽しみにしてもらえるような気の利く彼女でいましょう。

試験前の彼氏とはいつも通りの付き合いではいけません。

相手を困らせず、自分も寂しくならない方法を模索してみてください。


塾の時間はメールをしない

試験前の彼氏は塾に行く頻度も増え、長時間塾で勉強を頑張っていることでしょう。

塾の時間だと思われるタイミングではメールや電話を控えるようにしてください。

万が一電源が入っていると音で迷惑をかけてしまいますし、着信があったと知れば慌てて連絡をしようとするかもしれません。

勉強に集中してもらうために勉強の時間に自分の存在をアピールしないのができる彼女です。

デートや電話は短めにする

もしデートや電話をすることがあっても短めに切り上げましょう。

こちらが気を遣っても彼氏が求めてくることもありますが、ある程度彼氏の欲求を満たしてあげた後は勉強モードに戻してあげるべきです。

試験さえ終わればまたいつものようにやりとりができるので、ここは辛抱強く待てる彼女を見せてこちらの気持ちに応えるべくがんばってもらいましょう。

デートではさっぱりとした彼女を目指して

デートでは「次はいつ会えるの?」とか「もう帰っちゃうの?」などと言って彼氏を困らせてはいけません。

最もいけないのは「勉強ばっかり!」と怒ることです。

彼氏だって好きで勉強ばかりしているわけではありませんし、優しい性格だと勉強を投げ捨ててデートを続けようとしてしまう可能性があります。

彼氏に重荷にならないよう、さっぱりとした彼女を目指しましょう。

試験の話ばかりしない

試験前は勉強ばかりで彼氏もうんざりしているはずなので、勉強がはかどっているかとか誰に負けないようになどと試験の話ばかりしないようにしてあげましょう。

言われなくても本人はよくわかっていますしプレッシャーでいっぱいです。

恋人との時間くらい、勉強から離れたいと思っているはずなので楽しい話やラブラブ発言で彼氏を癒してあげましょうね。

勉強を教えてあげられるなら一緒に勉強も○

彼氏より学力に自信があるならデートがてら一緒に勉強をするのも○です。

しかし、「勉強を教えてあげようか?

と提案するのは角が立ちます。

「一緒に勉強したいんだけどだめかな?」というように、あくまでもこちらが望んでそうしたいのだという言い方を意識してください。

彼氏と一緒に勉強してもはかどることは期待できませんが、コツやポイントだけでも伝えることができれば役に立てるのではないでしょうか。

ラインのスランプや簡単なメッセージで相手の状況を知る

試験前の彼氏に連絡を取りたいと思うなら、まずはラインのスタンプを送ったり簡単なメッセージで相手の反応を見ます。

「今勉強がはかどっているから後にして」と返ってきたり反応がないようなら彼氏は忙しいのでしょう。

状況を知ったらそれ以上しつこく連絡をせずに相手の手が空くのを待ちます。

試験前は試験勉強が一番です。

それをわかってあげられる彼女でないと彼氏にとってストレスがかかってしまいます。

返事は急がないこと

着信をつけたのに無反応だったり既読済みなのに返事がなくても特別忙しい期間だと理解して返事は急がないことです。

いつまでも待っているとイライラしたり寂しい気持ちになってしまうため、自分のためにも最初から彼氏の反応は期待しないようにしましょう。

返事を急がせないためには質問形式のメールや連続で着信をつけるのはタブーです。

会えなくて寂しいのは自分だけじゃない

彼氏に会えなくて寂しい気持ちを相手にぶつけたくなってしまうこともあるでしょうが、彼氏だって同じ思いだと信じてみてください。

寂しいのは自分だけじゃない、その上彼氏は勉強までしなければいけないのです。

より辛いのは彼氏の方です。

一緒に試練を乗り越えるつもりで寂しさと戦いましょう。

どんなに寂しくたって恋人同士の関係でいることは変わらないのですから、普段から愛し愛されているという自信をつけておくことが大切です。

自分からデートや連絡を控えるように持っていく

彼女想いの彼氏なら無理にデートを誘ってきたり連絡をくれることもあるでしょう。

しかし、試験前の彼氏に手間をかけさせているという罪悪感を感じるはずです。

そうならないようにこちらからデートを断ってみたり、連絡があっても「試験が終わってから電話するね」と短い通話で終わらせるなど工夫をしてみてください。

誤解されないように思いをしっかり話すことも忘れないでくださいね。

彼氏がストレス発散できるデートをする

毎日の試験勉強でストレスがたまっている彼氏が少しでも発散できるようなデートを企画しましょう。

スポーツでからだを動かしたり、彼氏の好物を食べに行く、美しい景色を見に行くなどが良さそうです。

デートというよりも彼氏のメンタルケアのつもりで誘ってみましょうね。

試験前の彼氏はナーバスになっていていつもより機嫌が悪いかもしれません。

彼氏の苦労を少しでもわかろうとしてあげてくださいね。

この期間会ったり話すことが減ってしまっても試験が終わればまたいつものように一緒にいられます。

それを楽しみにしてもらえるような気の利く彼女でいましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-