【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519103620.html
大事な彼女を大切に扱うポイント

大事な彼女を大切に扱うポイント | LADYCO

LADYCO
大事な彼女を大切に扱うポイント

女性は自分が彼氏から大事に扱われているかそうでないかをとても気にします。

それでは大事な彼女を大切に扱うポイントを見ていきましょう。

  • 話をよく聞く
  • スキンシップを欠かさない
  • 会えない時は理由をちゃんと説明する
  • 一日一回はライン、電話など連絡を欠かさない
  • 記念日を大切にする
  • 求めすぎず求める
  • デートの送迎は必ずする
  • 彼女の夢を応援する
  • 将来のことを話す
  • お互いの親に紹介しあう
  • まとめ

1. 話をよく聞く

話をよく聞く

普段から彼女の話をよく聞く姿勢を持っていますか?

人は自分の話をよく聞いてくれる人、そうでない人のことはよくわかるものです。

彼氏が自分の話を適当にしか聞いていないと、「いい加減」「だらしない」と思われて自分が損するだけでなく、愛されていない、大事にされていないと感じて距離を作ってしまうことに繋がります。

話をよく聞いてあげるだけで大事にされていると安心できるのです。

2. スキンシップを欠かさない

スキンシップを欠かさない

エッチの時以外は触れてこないという彼氏、これは彼女からしたら「体目当てなだけ?」と悲しい気持ちになってしまいます。

普段から手をつないだり、腕を組んだり、キスやハグといったスキンシップを欠かさないことが大事です。

自分に触れてくるということは彼女のことが好きなのだと伝わりますし、自分を必要としてくれていると感じるのです。

3. 会えない時は理由をちゃんと説明する

会えない時は理由をちゃんと説明する

会えない時は何も言わないのはダメです。

どうして彼女と会えないのか、面倒と思っても理由を説明すべきです。

友達と遊ぶから、一人で買い物に行きたいから、家で用事をしたいからとただ正直に伝えるだけでいいのです。

「あ、ちょっと明日は無理」なんて言いますと彼女は自分に飽きたのではないか、誰か別の人と会っているのではないかと疑心暗鬼になってしまいますし、正直に話してくれないことで不満に感じます。

ちゃんと正直に言ってもらえる方が嬉しいですし、信頼できるのです。

4. 一日一回はライン、電話など連絡を欠かさない

一日一回はライン、電話など連絡を欠かさない

つきあいが慣れてきますとついつい放置してしまうということはあるかもしれませんが、これは彼女を粗末に扱っていると思われても仕方ありません。

会えない時も会った日も一日一回はライン、電話などで連絡を欠かさないこと、面倒かつ大変かもしれませんが、これができると彼女は女友達からも「彼氏に大事にされている子」として思われますし羨ましがられるでしょう。

正直面倒でもスタンプ一つぐらい送る時間はあるはずです。

5. 記念日を大切にする

記念日を大切にする

つきあい始めた日、お互いの誕生日、クリスマス、年末年始など恋人同士の記念日は大切にしましょう。

つい男友達と遊びたい、飲み会に誘われたなどでそちらを優先してしまう男性もいますが、そんな男性は女性からはモテません。

一年は記念日以外の日の方が圧倒的に多いのですから、記念日は彼女を優先することが望ましいですし、彼女も自分のことを優先してくれていると満足感と幸せを感じます。

6. 求めすぎず求める

求めすぎず求める

カップルによってエッチの回数はそれぞれ違いますが、あまりにも求めすぎるのは体目当てと思われるかもしれませんし、かといって求めなさすぎも女性として魅力がないのかと彼女は悩んでしまう原因となります。

二人で話し合いお互いの理想のペースで求め合えることが大事です。

特に女性の希望に合わせてあげることが大事に扱うポイントといえます。

7. デートの送迎は必ずする

デートの送迎は必ずする

デートの送り迎え、昼の明るい時間であれば最寄りの駅ぐらいでもいいのかもしれませんが、理想はやはり毎回自宅まで送迎することでしょう。

彼女が「送らなくていいよ」と言ってもあえて送る、その一手間を惜しまないことが大事なのです。

大事にされていると感じればいつまでも愛情が冷めることもありませんし、信頼感が深まります。

8. 彼女の夢を応援する

彼女の夢を応援する

彼女が目指している夢があったり、勉強をしていたり、仕事で頑張っている場合それを全力で応援しましょう。

たまに彼女のことを見下している彼氏は「そんな頑張らなくてもいいんじゃないか」とか、「無理なんじゃない?」といったことを言って水をさしてしまうことがありますが、確実に嫌われますので絶対にしてはなりません。

なかなか大変だろうと思えることでも頑張っていること自体を褒める、応援するという気持ちを伝えることで自分のことを理解してくれていると嬉しくなるのです。

9. 将来のことを話す

将来のことを話す

女性は結婚願望がある人が多いですし、自分が遊ばれているのではないかと不安に感じやすいのです。

ですから将来をしっかり考えている交際であることを話してあげることが必要です。

本気であるということがわかるだけで彼女は安心しますし大事に扱われていると感じるでしょう。

かっこつけて「先のことはわからない」などと言うのは絶対にダメです。

そのような気持ちでつき合うというのは女性にとって、とても失礼なことだからです。

10. お互いの親に紹介しあう

お互いの親に紹介しあう

彼女が自分が大事に扱われているなと感じるのは、二人でいる時だけではありません。

彼氏の友達や彼氏の家族などに自分のことを彼女として紹介してもらうこと、また自分の親に彼氏が挨拶をしてくれることなども大事なことなのです。

自分の存在をないがしろにされるということは辛いものです。

紹介してオープンな関係にしてくれるというのは嬉しいですし真剣な交際なのだと安心できる材料になるのです。

まとめ

以上、大事な彼女を大切に扱うポイントを紹介しました。

女性は男性よりもデリケートでちょっとしたことで不安になりやすいのです。

ですから安心感を与えてあげることで落ち着きますし、自分を大切にされていると満足しますよ。

「言わなくてもわかるはず」というのはダメですよ。

しつこいくらいに愛情を表現してあげることが大事なのです。

女性は自分が彼氏から大事に扱われているかそうでないかをとても気にします。

それでは大事な彼女を大切に扱うポイントを見ていきましょう。


話をよく聞く

普段から彼女の話をよく聞く姿勢を持っていますか?

人は自分の話をよく聞いてくれる人、そうでない人のことはよくわかるものです。

彼氏が自分の話を適当にしか聞いていないと、「いい加減」「だらしない」と思われて自分が損するだけでなく、愛されていない、大事にされていないと感じて距離を作ってしまうことに繋がります。

話をよく聞いてあげるだけで大事にされていると安心できるのです。

スキンシップを欠かさない

エッチの時以外は触れてこないという彼氏、これは彼女からしたら「体目当てなだけ?」と悲しい気持ちになってしまいます。

普段から手をつないだり、腕を組んだり、キスやハグといったスキンシップを欠かさないことが大事です。

自分に触れてくるということは彼女のことが好きなのだと伝わりますし、自分を必要としてくれていると感じるのです。

会えない時は理由をちゃんと説明する

会えない時は何も言わないのはダメです。

どうして彼女と会えないのか、面倒と思っても理由を説明すべきです。

友達と遊ぶから、一人で買い物に行きたいから、家で用事をしたいからとただ正直に伝えるだけでいいのです。

「あ、ちょっと明日は無理」なんて言いますと彼女は自分に飽きたのではないか、誰か別の人と会っているのではないかと疑心暗鬼になってしまいますし、正直に話してくれないことで不満に感じます。

ちゃんと正直に言ってもらえる方が嬉しいですし、信頼できるのです。

一日一回はライン、電話など連絡を欠かさない

つきあいが慣れてきますとついつい放置してしまうということはあるかもしれませんが、これは彼女を粗末に扱っていると思われても仕方ありません。

会えない時も会った日も一日一回はライン、電話などで連絡を欠かさないこと、面倒かつ大変かもしれませんが、これができると彼女は女友達からも「彼氏に大事にされている子」として思われますし羨ましがられるでしょう。

正直面倒でもスタンプ一つぐらい送る時間はあるはずです。

記念日を大切にする

つきあい始めた日、お互いの誕生日、クリスマス、年末年始など恋人同士の記念日は大切にしましょう。

つい男友達と遊びたい、飲み会に誘われたなどでそちらを優先してしまう男性もいますが、そんな男性は女性からはモテません。

一年は記念日以外の日の方が圧倒的に多いのですから、記念日は彼女を優先することが望ましいですし、彼女も自分のことを優先してくれていると満足感と幸せを感じます。

求めすぎず求める

カップルによってエッチの回数はそれぞれ違いますが、あまりにも求めすぎるのは体目当てと思われるかもしれませんし、かといって求めなさすぎも女性として魅力がないのかと彼女は悩んでしまう原因となります。

二人で話し合いお互いの理想のペースで求め合えることが大事です。

特に女性の希望に合わせてあげることが大事に扱うポイントといえます。

デートの送迎は必ずする

デートの送り迎え、昼の明るい時間であれば最寄りの駅ぐらいでもいいのかもしれませんが、理想はやはり毎回自宅まで送迎することでしょう。

彼女が「送らなくていいよ」と言ってもあえて送る、その一手間を惜しまないことが大事なのです。

大事にされていると感じればいつまでも愛情が冷めることもありませんし、信頼感が深まります。

彼女の夢を応援する

彼女が目指している夢があったり、勉強をしていたり、仕事で頑張っている場合それを全力で応援しましょう。

たまに彼女のことを見下している彼氏は「そんな頑張らなくてもいいんじゃないか」とか、「無理なんじゃない?」といったことを言って水をさしてしまうことがありますが、確実に嫌われますので絶対にしてはなりません。

なかなか大変だろうと思えることでも頑張っていること自体を褒める、応援するという気持ちを伝えることで自分のことを理解してくれていると嬉しくなるのです。

将来のことを話す

女性は結婚願望がある人が多いですし、自分が遊ばれているのではないかと不安に感じやすいのです。

ですから将来をしっかり考えている交際であることを話してあげることが必要です。

本気であるということがわかるだけで彼女は安心しますし大事に扱われていると感じるでしょう。

かっこつけて「先のことはわからない」などと言うのは絶対にダメです。

そのような気持ちでつき合うというのは女性にとって、とても失礼なことだからです。

お互いの親に紹介しあう

彼女が自分が大事に扱われているなと感じるのは、二人でいる時だけではありません。

彼氏の友達や彼氏の家族などに自分のことを彼女として紹介してもらうこと、また自分の親に彼氏が挨拶をしてくれることなども大事なことなのです。

自分の存在をないがしろにされるということは辛いものです。

紹介してオープンな関係にしてくれるというのは嬉しいですし真剣な交際なのだと安心できる材料になるのです。

以上、大事な彼女を大切に扱うポイントを紹介しました。

女性は男性よりもデリケートでちょっとしたことで不安になりやすいのです。

ですから安心感を与えてあげることで落ち着きますし、自分を大切にされていると満足しますよ。

「言わなくてもわかるはず」というのはダメですよ。

しつこいくらいに愛情を表現してあげることが大事なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-