【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092754.html
キスをおねだりするコツ

キスをおねだりするコツ | LADYCO

LADYCO
キスをおねだりするコツ

恋人とキスがしたくなってもなかなか自分からはいけないと思っている方もいますが、実はキスをおねだりするのかわいさをアピールすることができる絶好のチャンスでもあります。

そこで、キスがしたくなったときのために、キスをおねだりするコツをご紹介します。

  • 上目遣い
  • 急に黙りこむ
  • 唇を舐める
  • 寝たふりをする
  • 急接近して見つめる
  • 唇を見つめる
  • 気持ちを聞いてみる
  • 素直におねだり
  • まとめ

1. 上目遣い

上目遣い

キスをおねだりする時の最も一般的な方法が上目遣いです。

身長差があるカップルなら自然と上目遣いをすることが出来ますが、座っているときなどはなかなか難しいと思います。

そんなときは彼の顔よりも下になり、覗き込むように見つめると、上手に上目遣いをすることができます。

キスをおねだりする時のコツは、上目遣いでみつめながら、微笑むくらいの笑顔を見せることです。

2. 急に黙りこむ

急に黙りこむ

彼とのトーク中にキスがしたいなと思ったら、急に黙り込んでしまうのもひとつの方法です。

これまで楽しく話していたのに、急に黙り込んでしまうことで、空気が変わったことを察します。

黙り込んだときには機嫌が悪いと誤解されないように、気不味いな、何か話さなきゃといったドキドキしているような感じを演出すると、キスをするチャンスだと思い、向こうからキスをしてくる可能性大です。

3. 唇を舐める

唇を舐める

彼が見ているときなどを見計らって、自然な感じで自分の唇を舐めて見るのもおすすめです。

その舐めた行為を見て、自分もその唇に触れたいといった思いが高まる傾向にあり、後はなにもしなくても、向こうからキスを迫ってくるはずです。

唇を舐めてキスをおねだりする時は、必ず彼から視線を外して、あくまでも無意識で行っているようにすることが大切です。

彼の目を見つめながら唇を舐めると、キス以上のことを迫られるかもしれません。

4. 寝たふりをする

寝たふりをする

お部屋デートをしているときにキスがしたくなったのであれば、段々と話さない時間を作り、寝たふりをしてみることもおすすめです。

眠っている姿を見ると理性が保てなくなる男性は多く、それまでキスをしようと考えてもいなかった人でも、キスがしたいと思うようになりやすいとされています。

ガッツリ寝たふりをするのではなく、寝たふりをしているといったアピールをすると、彼もキスしてもいいって合図なのかなと察してくれるはずです。

5. 急接近して見つめる

急接近して見つめる

キスがしたくなったら、とにかく急接近して、じっと見つめてみると、彼もキスのサインなのかなと気がつくはずです。

6. 唇を見つめる

唇を見つめる

キスがしたいなと思ったら、彼の唇を見つめてみるのもおねだりの時のコツです。

キスがしたいとはなかなか口に出すことは出来ませんが、唇を見つめることでキスを意識していると相手に伝えることとなります。

唇を見つめられていると彼に気づかせることがポイントで、話しているときなど、彼が自分のことを見ているときに唇を見つめて、話が入ってこないというような感じを演出すると、彼の方も途端にキスを意識してしまいます。

後は恥ずかしそうにしていると、彼の方からキスをしてくる可能性は高いといえます。

7. 気持ちを聞いてみる

気持ちを聞いてみる

自分のことをどう思っているのか聞いて見て、答えが返ってきたら自分の気持ちも伝えてみます。

どうして聞いたのと相手は聞いてくるかもしれませんが、聞いてみたくなっただけと、無邪気に答えることで、彼の心を捉えることが出来ます。

お互いの思いを口にすることで、愛情というものは一気に高まります。

そうすると彼の方からキスがしたくなるものです。

気持ちを聞いただけでキスのおねだりを成功させるためのポイントは、重くならないようにさりげなく無邪気に聞くことがコツです。

8. 素直におねだり

素直におねだり

キスをおねだりするコツとして、素直におねだりしてしまうのが最も効果的なのかもしれません。

普段は自分からはキスのおねだりなんかしない人が突然キスしてと率直に言われたら、きっと誰でもきゅんとしてしまいます。

恥ずかしくてなかなか素直に言うことは出来ませんが、キスしてと囁くように素直に言うと、最高のキスを体感することが出来るかもしれません。

まとめ

キスを自分からおねだりするのはなかなか恥ずかしいものがありますが、基本は彼を見つめることがおねだりするときのコツだといえます。

上目遣いや彼の唇を見つめてみたりと、見つめるのにも様々なバリエーションがありますので、シチュエーションによっておねだり方法を変えてみるのもポイントです。

キスをおねだりするために見つめることさえも恥ずかしい人は、寝たふりをして彼に構って欲しいことをアピールしてみるのもおすすめです。

寝たふりをするということは目を閉じることになり、無防備な姿を見るだけで、男性というのはキスがしたくなってしまいますので、寝たふりをして目を閉じ、無防備な姿を彼に見せつけてあげると、彼の方が我慢できずにキスしてくるかもしれません。

また、キスをおねだりするときは、キスがしたくなるシチュエーションに持っていくことも大切です。

沈黙を作ったりすると、彼はキスするタイミングなのだと感じると言えます。

恋人とキスがしたくなってもなかなか自分からはいけないと思っている方もいますが、実はキスをおねだりするのかわいさをアピールすることができる絶好のチャンスでもあります。

そこで、キスがしたくなったときのために、キスをおねだりするコツをご紹介します。


上目遣い

キスをおねだりする時の最も一般的な方法が上目遣いです。

身長差があるカップルなら自然と上目遣いをすることが出来ますが、座っているときなどはなかなか難しいと思います。

そんなときは彼の顔よりも下になり、覗き込むように見つめると、上手に上目遣いをすることができます。

キスをおねだりする時のコツは、上目遣いでみつめながら、微笑むくらいの笑顔を見せることです。

急に黙りこむ

彼とのトーク中にキスがしたいなと思ったら、急に黙り込んでしまうのもひとつの方法です。

これまで楽しく話していたのに、急に黙り込んでしまうことで、空気が変わったことを察します。

黙り込んだときには機嫌が悪いと誤解されないように、気不味いな、何か話さなきゃといったドキドキしているような感じを演出すると、キスをするチャンスだと思い、向こうからキスをしてくる可能性大です。

唇を舐める

彼が見ているときなどを見計らって、自然な感じで自分の唇を舐めて見るのもおすすめです。

その舐めた行為を見て、自分もその唇に触れたいといった思いが高まる傾向にあり、後はなにもしなくても、向こうからキスを迫ってくるはずです。

唇を舐めてキスをおねだりする時は、必ず彼から視線を外して、あくまでも無意識で行っているようにすることが大切です。

彼の目を見つめながら唇を舐めると、キス以上のことを迫られるかもしれません。

寝たふりをする

お部屋デートをしているときにキスがしたくなったのであれば、段々と話さない時間を作り、寝たふりをしてみることもおすすめです。

眠っている姿を見ると理性が保てなくなる男性は多く、それまでキスをしようと考えてもいなかった人でも、キスがしたいと思うようになりやすいとされています。

ガッツリ寝たふりをするのではなく、寝たふりをしているといったアピールをすると、彼もキスしてもいいって合図なのかなと察してくれるはずです。

急接近して見つめる

キスがしたくなったら、とにかく急接近して、じっと見つめてみると、彼もキスのサインなのかなと気がつくはずです。

唇を見つめる

キスがしたいなと思ったら、彼の唇を見つめてみるのもおねだりの時のコツです。

キスがしたいとはなかなか口に出すことは出来ませんが、唇を見つめることでキスを意識していると相手に伝えることとなります。

唇を見つめられていると彼に気づかせることがポイントで、話しているときなど、彼が自分のことを見ているときに唇を見つめて、話が入ってこないというような感じを演出すると、彼の方も途端にキスを意識してしまいます。

後は恥ずかしそうにしていると、彼の方からキスをしてくる可能性は高いといえます。

気持ちを聞いてみる

自分のことをどう思っているのか聞いて見て、答えが返ってきたら自分の気持ちも伝えてみます。

どうして聞いたのと相手は聞いてくるかもしれませんが、聞いてみたくなっただけと、無邪気に答えることで、彼の心を捉えることが出来ます。

お互いの思いを口にすることで、愛情というものは一気に高まります。

そうすると彼の方からキスがしたくなるものです。

気持ちを聞いただけでキスのおねだりを成功させるためのポイントは、重くならないようにさりげなく無邪気に聞くことがコツです。

素直におねだり

キスをおねだりするコツとして、素直におねだりしてしまうのが最も効果的なのかもしれません。

普段は自分からはキスのおねだりなんかしない人が突然キスしてと率直に言われたら、きっと誰でもきゅんとしてしまいます。

恥ずかしくてなかなか素直に言うことは出来ませんが、キスしてと囁くように素直に言うと、最高のキスを体感することが出来るかもしれません。

キスを自分からおねだりするのはなかなか恥ずかしいものがありますが、基本は彼を見つめることがおねだりするときのコツだといえます。

上目遣いや彼の唇を見つめてみたりと、見つめるのにも様々なバリエーションがありますので、シチュエーションによっておねだり方法を変えてみるのもポイントです。

キスをおねだりするために見つめることさえも恥ずかしい人は、寝たふりをして彼に構って欲しいことをアピールしてみるのもおすすめです。

寝たふりをするということは目を閉じることになり、無防備な姿を見るだけで、男性というのはキスがしたくなってしまいますので、寝たふりをして目を閉じ、無防備な姿を彼に見せつけてあげると、彼の方が我慢できずにキスしてくるかもしれません。

また、キスをおねだりするときは、キスがしたくなるシチュエーションに持っていくことも大切です。

沈黙を作ったりすると、彼はキスするタイミングなのだと感じると言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-