【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092751.html
キスの練習方法

キスの練習方法 | LADYCO

LADYCO
キスの練習方法

大好きな相手とキスをするなら、なるべく上手なキスをしたいものですよね。

自分も相手も満足できるキスをするための練習方法を紹介します。

  • 口周りの筋力アップをはかる
  • 鏡に向き合ってキスの口を作ってみる
  • 鏡に映った自分とキスをしてみる
  • 自分の皮膚に唇を当ててみる
  • 舌の運動をする
  • 舌先を細かく動かす練習をする
  • キスをするようにソフトクリームを食べる
  • サクランボの柄を口の中で結ぶ
  • まとめ

1. 口周りの筋力アップをはかる

口周りの筋力アップをはかる

当然ですが、キスをする際に最も重要な体の部位は唇です。

キスには様々なタイプがありますが、唇を上手に動かすためにはまず口周りの筋力アップが欠かせません。

筋力アップと言っても大げさなことではなく、意識して口を大きく開けたりすぼめたりするのを繰り返すだけで十分です。

これを毎日、朝晩行うことで唇を動かしやすくなります。

2. 鏡に向き合ってキスの口を作ってみる

鏡に向き合ってキスの口を作ってみる

これは多くの人がしたことがあるでしょう。

鏡に自分の顔を映し、キス顔を作ります。

さて、この時あなたはどんな顔、どんな唇をしているでしょうか。

マンガやアニメなどでは、コメディタッチに唇を突き出した分かりやすいキスが描かれることが多くありますが、実社会でこのようなキスをしようとすると相手に引かれることがあります。

鏡の前で自然に唇を閉じ、軽くすぼめた形を作ってみましょう。

この時に、伏し目がちな表情も練習してみるといいですね。

3. 鏡に映った自分とキスをしてみる

鏡に映った自分とキスをしてみる

軽くすぼめた唇を、鏡に映った自分の唇と合わせてみましょう。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、実際にキスをするとき、特に初キスはもっと恥ずかしいものです。

ゆっくりと鏡に顔を近付けていき唇を合わせることで、唇と唇を合わせるタイミングも学ぶことができます。

また、ドキドキ感に対して耐性をつけることもできます。

4. 自分の皮膚に唇を当ててみる

自分の皮膚に唇を当ててみる

鏡とのキスに慣れたら、次は自分の皮膚に唇を当ててみます。

皮膚と皮膚が触れ合う感覚を覚えるためです。

一番やりやすいのは手の皮膚で、特に親指の付け根のふくらみがベストです。

そこを相手の唇に見立て、そっと唇を当ててみましょう。

何度か繰り返し、皮膚と皮膚が触れる感覚になれてきたら、次のステップです。

唇で皮膚を挟み込むように動かします。

キスは触れ合うだけではなく、唇を動かしあってより密着することに醍醐味があります。

自分の皮膚を吸っても興奮や快楽はないかもしれませんが、繰り返しているうちに心地よさを感じてくるでしょう。

くすぐったい感じなどは特に良い兆候です。

この感覚を掴んだら、キスは上達してきているといえます。

5. 舌の運動をする

舌の運動をする

唇の動かし方が上手になってきたら、今度は舌を動かす練習も必要です。

ロマンチックなキスをするには、舌を絡ませることも重要です。

しかし、いきなり舌を相手の口に入れたり無暗に動かしては、相手に不快感を与えるどころか別れの原因にもなりかねません。

まずは滑らかに舌を動かせるようにしましょう。

口を閉じ、舌で口の中をぐるりと回します。

舌で自分の歯の表側をなぞるといいですね。

毎日朝晩続けましょう。

これが滞らずスムーズにできるようになればバッチリです。

舌で歯をなぞることに慣れれば、実際にディープキスをしたときに相手の歯も抵抗なく舌で触れることができるようになります。

6. 舌先を細かく動かす練習をする

舌先を細かく動かす練習をする

舌のチロチロとした動きはくすぐったい反面、キスで快感をもたらしたり、興奮を呼ぶことができます。

イメージとして、ヘビが舌を出して動かしているのを想像してみるといいでしょう。

舌を出し、あのような細かい動きを想像しながら舌先だけを動かします。

手の皮膚を使って唇を当てた時のように、自分の手を舌先でかるめるように舐めてみるのもおすすめです。

どうすればくすぐったいかを確認することができれば、舌先を使ったテクニックのあるキスをすることができるようになります。

7. キスをするようにソフトクリームを食べる

キスをするようにソフトクリームを食べる

ソフトクリームを食べるときに、キスを意識しながら食べてみてください。

溶けてたれないように、上手に唇と舌を駆使しながら上から食べていきましょう。

普段ソフトクリームを食べるときは意識していませんが、唇の動かし方を意識しながら食べてみると、とても良い練習となります。

大きく舌を動かして舐め取ったり、唇をすぼませてついばんだりと、まさにキスの動きに似たことができます。

8. サクランボの柄を口の中で結ぶ

サクランボの柄を口の中で結ぶ

サクランボの柄を口の中で結ぶことができる人はキスの上手な人、と聞いたことはありませんか。

これは、いかに口と舌を上手に操り、繊細な動きができるかということです。

ここまで紹介してきた練習方法を実践してきた方ならば、サクランボの柄を結ぶのは容易かもしれませんね。

まとめ

今回はキスの練習方法を紹介しました。

いずれも自分一人でできるものばかりです。

キスなんてその場の雰囲気だと思われるかもしれませんが、練習するかしないかで緊張感は違いますし、心の余裕も生まれます。

相手をうっとりさせお互いを高めるキスができれば、その先が楽しみですよね。

いつキスをする相手ができるかなんて分かりません。

シミュレーションをしながら、素敵なキスができるようチャレンジしてみてください。

大好きな相手とキスをするなら、なるべく上手なキスをしたいものですよね。

自分も相手も満足できるキスをするための練習方法を紹介します。


口周りの筋力アップをはかる

当然ですが、キスをする際に最も重要な体の部位は唇です。

キスには様々なタイプがありますが、唇を上手に動かすためにはまず口周りの筋力アップが欠かせません。

筋力アップと言っても大げさなことではなく、意識して口を大きく開けたりすぼめたりするのを繰り返すだけで十分です。

これを毎日、朝晩行うことで唇を動かしやすくなります。

鏡に向き合ってキスの口を作ってみる

これは多くの人がしたことがあるでしょう。

鏡に自分の顔を映し、キス顔を作ります。

さて、この時あなたはどんな顔、どんな唇をしているでしょうか。

マンガやアニメなどでは、コメディタッチに唇を突き出した分かりやすいキスが描かれることが多くありますが、実社会でこのようなキスをしようとすると相手に引かれることがあります。

鏡の前で自然に唇を閉じ、軽くすぼめた形を作ってみましょう。

この時に、伏し目がちな表情も練習してみるといいですね。

鏡に映った自分とキスをしてみる

軽くすぼめた唇を、鏡に映った自分の唇と合わせてみましょう。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、実際にキスをするとき、特に初キスはもっと恥ずかしいものです。

ゆっくりと鏡に顔を近付けていき唇を合わせることで、唇と唇を合わせるタイミングも学ぶことができます。

また、ドキドキ感に対して耐性をつけることもできます。

自分の皮膚に唇を当ててみる

鏡とのキスに慣れたら、次は自分の皮膚に唇を当ててみます。

皮膚と皮膚が触れ合う感覚を覚えるためです。

一番やりやすいのは手の皮膚で、特に親指の付け根のふくらみがベストです。

そこを相手の唇に見立て、そっと唇を当ててみましょう。

何度か繰り返し、皮膚と皮膚が触れる感覚になれてきたら、次のステップです。

唇で皮膚を挟み込むように動かします。

キスは触れ合うだけではなく、唇を動かしあってより密着することに醍醐味があります。

自分の皮膚を吸っても興奮や快楽はないかもしれませんが、繰り返しているうちに心地よさを感じてくるでしょう。

くすぐったい感じなどは特に良い兆候です。

この感覚を掴んだら、キスは上達してきているといえます。

舌の運動をする

唇の動かし方が上手になってきたら、今度は舌を動かす練習も必要です。

ロマンチックなキスをするには、舌を絡ませることも重要です。

しかし、いきなり舌を相手の口に入れたり無暗に動かしては、相手に不快感を与えるどころか別れの原因にもなりかねません。

まずは滑らかに舌を動かせるようにしましょう。

口を閉じ、舌で口の中をぐるりと回します。

舌で自分の歯の表側をなぞるといいですね。

毎日朝晩続けましょう。

これが滞らずスムーズにできるようになればバッチリです。

舌で歯をなぞることに慣れれば、実際にディープキスをしたときに相手の歯も抵抗なく舌で触れることができるようになります。

舌先を細かく動かす練習をする

舌のチロチロとした動きはくすぐったい反面、キスで快感をもたらしたり、興奮を呼ぶことができます。

イメージとして、ヘビが舌を出して動かしているのを想像してみるといいでしょう。

舌を出し、あのような細かい動きを想像しながら舌先だけを動かします。

手の皮膚を使って唇を当てた時のように、自分の手を舌先でかるめるように舐めてみるのもおすすめです。

どうすればくすぐったいかを確認することができれば、舌先を使ったテクニックのあるキスをすることができるようになります。

キスをするようにソフトクリームを食べる

ソフトクリームを食べるときに、キスを意識しながら食べてみてください。

溶けてたれないように、上手に唇と舌を駆使しながら上から食べていきましょう。

普段ソフトクリームを食べるときは意識していませんが、唇の動かし方を意識しながら食べてみると、とても良い練習となります。

大きく舌を動かして舐め取ったり、唇をすぼませてついばんだりと、まさにキスの動きに似たことができます。

サクランボの柄を口の中で結ぶ

サクランボの柄を口の中で結ぶことができる人はキスの上手な人、と聞いたことはありませんか。

これは、いかに口と舌を上手に操り、繊細な動きができるかということです。

ここまで紹介してきた練習方法を実践してきた方ならば、サクランボの柄を結ぶのは容易かもしれませんね。

今回はキスの練習方法を紹介しました。

いずれも自分一人でできるものばかりです。

キスなんてその場の雰囲気だと思われるかもしれませんが、練習するかしないかで緊張感は違いますし、心の余裕も生まれます。

相手をうっとりさせお互いを高めるキスができれば、その先が楽しみですよね。

いつキスをする相手ができるかなんて分かりません。

シミュレーションをしながら、素敵なキスができるようチャレンジしてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-