【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519092745.html
キスがうまくなる方法

キスがうまくなる方法 | LADYCO

LADYCO
キスがうまくなる方法

キスがうまいだけでどことなくセクシーなイメージを持たれてしまい、相手を虜にしてしまうことができます。

キスがうまくなりたいと思われているかたも多いのではないでしょうか。

そこで、キスがうまくなる方法をご紹介します。

  • キスに集中する
  • 雰囲気作りをする
  • 恥ずかしさを棄てる
  • 外国の映画を見る
  • イメージトレーニングをする
  • 舌の運動をする
  • オンオフをハッキリとする
  • リラックスする
  • 相手の身体に触れる
  • 思いを込める
  • まとめ

1. キスに集中する

キスに集中する

キスが下手と言われている人はキスに集中出来ていない傾向にあります。

キスの最中に他のことをあれこれと考えたり、こんなキスで相手は満足してくれているかななどといった心配をしていて、キスに集中していない人が多いと言えます。

キスに集中出来ていないと、気持ちが込められていないキスとなり、相手は下手に感じてしまうものですし、ほかのことを考えているときのキスというのは、相手に伝わるものです。

キスが下手だと思われるだけではなく、愛されていないと勘違いされてしまう恐れもあります。

そのため、相手とのコミュニケーションとなるキスをするときは、しっかりとキスにだけ集中することが大切です。

2. 雰囲気作りをする

雰囲気作りをする

大好きな相手とキスをするのに、誰かに見られないかドキドキしてしまうような場所を選んだり、キスをするような場所ではないのにキスを迫ったりすると、お互いがキスに集中することが出来ません。

キスというのは雰囲気作りが大切となります。

そのため、二人だけの空間作りをして、キスをする前に照明を落としたり、素敵な音楽をかけたりとロマンティックな雰囲気作りをすることで、気持ちが高まり、これまでにないうまいキスが出来ると言えます。

3. 恥ずかしさを棄てる

恥ずかしさを棄てる

キスをするときは当たり前ですが、相手の顔と急接近します。

間近に好きな人の顔があることに慣れていない人は恥ずかしいという思いが強くなり、キスするときもなかなか積極的になれません。

回数を重ねて行くうちに慣れてきて、慣れると恥ずかしさもなくなりますが、始めのうちは相手も恥ずかしいと思っているかもしれません。

そのため、まずはその恥ずかしさを棄てることが大切です。

恥ずかしさを棄てて、キスに集中することができるようになったら、キスがうまくなることが出来ます。

4. 外国の映画を見る

外国の映画を見る

キスがうまくなるためには、うまいキスというのを覚えておかなくてはなりません。

しかし、他人のキスを間近に見ることはなかなかありません。

他人のキスを見るためには、映画やドラマなどを観ることが大切となります。

しかし、日本のドラマや映画のキスシーンではあまり生々しくないため、出来れば外国の恋愛映画を見ることをおすすめします。

外国映画のキスシーンは生々しいものが多いため、顔の動きなども参考にしやすいとおもいます。

手の動きや口の動きなど細かな動きをチェックして、外国のキスシーンをキスの参考にしておくと、うまいキスが実現できます。

5. イメージトレーニングをする

イメージトレーニングをする

キスがうまくなりたいなら、イメージトレーニングは大切です。

映画などを見ながら自分がキスをするときのことをイメージしておくと、キスをするときには自然と同じような動きをすることが出来、相手を満足させるようなキスをすることが出来るのです。

6. 舌の運動をする

舌の運動をする

例えイメージトレーニングをしていても、舌の動きがついてこなかったら意味がありません。

そのため、舌の運動というのは欠かすことが出来ません。

舌を出したり引っ込めたり、左右に動かすことで舌の動きが活発になります。

また、舌の体操をすることで舌が柔らかくなり、舌が相手に触れたときに心地よい感触を与えることが出来ます。

7. オンオフをハッキリとする

オンオフをハッキリとする

うまいキスといったら、激しいキスを想像される方が多いのですが、実はオンオフが大切です。

始めのうちはお互いの気持ちを確かめるようにゆっくりとしたキスを、段々と気持ちを高めるように、オンオフがハッキリしているキスというのは、相手に興奮を与えますので、激しいだけのキスではなく、ゆっくりとしたキスも大切です。

8. リラックスする

リラックスする

キスをするとき、緊張していたらうまいキスなんて出来ません。

そのため、お互いにリラックスすることが大切となります。

ゆっくりと音楽をかけたりしながらリラックスタイムを取り入れて、キスに進むのがおすすめです。

9. 相手の身体に触れる

相手の身体に触れる

キスのうまい下手は実は双方の問題でもあります。

どちらかが気持ちが入っていないと盛り上がりにかけるキスになってしまいます。

そのため、キスをしているときに相手の身体に触れて興奮させるというのも、キスをうまいと感じさせる方法のひとつです。

男性の場合はキスをしながら相手の頬を包み込んだり、頭を支えてあげると女性は守られているような感覚になります。

また、女性の場合は男性の腕に触れてみると良いとされています。

男性は腕をさわられるのに弱く、頼りにされている感覚に陥りますので、気持ちが昂るといえます。

10. 思いを込める

思いを込める

キスがうまくなる一番の方法は思いを込めることです。

相手のことを愛しているという思いをしっかりとキスに込めることで、愛情のある素晴らしいキスをすることが出来ます。

うまいキスをしなくてはと焦っていると相手に伝わりますので、しっかりと愛情を込めてキスをすることが大切となります。

まとめ

キスがうまくなるためには、まずはキスをすることへの恥ずかしさを捨てなくてはなりません。

相手の顔が近くにあると始めは恥ずかしさもあると思いますが、その恥ずかしさがなくならない限り、うまいキスというのは実現しません。

恥ずかしさを棄てることができたら、キスにしっかりと集中して、キスのひとつひとつに相手を思う気持ちを込めるようにすると、自然と気持ちが高まり、うまいキスができるようになるのです。

もっとうまいキスを目指すのであれば、外国の映画を見て、うまいキスをしっかりと見て覚え、シミュレーションを欠かさないことも大切となります。

また、舌の動きを滑らかにするためにも、舌の運動を取り入れるのも、うまいキスが出来るための方法となります。

キスのうまい下手というのは、少しの努力とたくさんの愛情で変わってきます。

相手のことをもっと知りたい、相手にもっと触れていたいという思いが強まったときに、これまでにない最高のキスをすることが出来ます。

キスがうまいだけでどことなくセクシーなイメージを持たれてしまい、相手を虜にしてしまうことができます。

キスがうまくなりたいと思われているかたも多いのではないでしょうか。

そこで、キスがうまくなる方法をご紹介します。


キスに集中する

キスが下手と言われている人はキスに集中出来ていない傾向にあります。

キスの最中に他のことをあれこれと考えたり、こんなキスで相手は満足してくれているかななどといった心配をしていて、キスに集中していない人が多いと言えます。

キスに集中出来ていないと、気持ちが込められていないキスとなり、相手は下手に感じてしまうものですし、ほかのことを考えているときのキスというのは、相手に伝わるものです。

キスが下手だと思われるだけではなく、愛されていないと勘違いされてしまう恐れもあります。

そのため、相手とのコミュニケーションとなるキスをするときは、しっかりとキスにだけ集中することが大切です。

雰囲気作りをする

大好きな相手とキスをするのに、誰かに見られないかドキドキしてしまうような場所を選んだり、キスをするような場所ではないのにキスを迫ったりすると、お互いがキスに集中することが出来ません。

キスというのは雰囲気作りが大切となります。

そのため、二人だけの空間作りをして、キスをする前に照明を落としたり、素敵な音楽をかけたりとロマンティックな雰囲気作りをすることで、気持ちが高まり、これまでにないうまいキスが出来ると言えます。

恥ずかしさを棄てる

キスをするときは当たり前ですが、相手の顔と急接近します。

間近に好きな人の顔があることに慣れていない人は恥ずかしいという思いが強くなり、キスするときもなかなか積極的になれません。

回数を重ねて行くうちに慣れてきて、慣れると恥ずかしさもなくなりますが、始めのうちは相手も恥ずかしいと思っているかもしれません。

そのため、まずはその恥ずかしさを棄てることが大切です。

恥ずかしさを棄てて、キスに集中することができるようになったら、キスがうまくなることが出来ます。

外国の映画を見る

キスがうまくなるためには、うまいキスというのを覚えておかなくてはなりません。

しかし、他人のキスを間近に見ることはなかなかありません。

他人のキスを見るためには、映画やドラマなどを観ることが大切となります。

しかし、日本のドラマや映画のキスシーンではあまり生々しくないため、出来れば外国の恋愛映画を見ることをおすすめします。

外国映画のキスシーンは生々しいものが多いため、顔の動きなども参考にしやすいとおもいます。

手の動きや口の動きなど細かな動きをチェックして、外国のキスシーンをキスの参考にしておくと、うまいキスが実現できます。

イメージトレーニングをする

キスがうまくなりたいなら、イメージトレーニングは大切です。

映画などを見ながら自分がキスをするときのことをイメージしておくと、キスをするときには自然と同じような動きをすることが出来、相手を満足させるようなキスをすることが出来るのです。

舌の運動をする

例えイメージトレーニングをしていても、舌の動きがついてこなかったら意味がありません。

そのため、舌の運動というのは欠かすことが出来ません。

舌を出したり引っ込めたり、左右に動かすことで舌の動きが活発になります。

また、舌の体操をすることで舌が柔らかくなり、舌が相手に触れたときに心地よい感触を与えることが出来ます。

オンオフをハッキリとする

うまいキスといったら、激しいキスを想像される方が多いのですが、実はオンオフが大切です。

始めのうちはお互いの気持ちを確かめるようにゆっくりとしたキスを、段々と気持ちを高めるように、オンオフがハッキリしているキスというのは、相手に興奮を与えますので、激しいだけのキスではなく、ゆっくりとしたキスも大切です。

リラックスする

キスをするとき、緊張していたらうまいキスなんて出来ません。

そのため、お互いにリラックスすることが大切となります。

ゆっくりと音楽をかけたりしながらリラックスタイムを取り入れて、キスに進むのがおすすめです。

相手の身体に触れる

キスのうまい下手は実は双方の問題でもあります。

どちらかが気持ちが入っていないと盛り上がりにかけるキスになってしまいます。

そのため、キスをしているときに相手の身体に触れて興奮させるというのも、キスをうまいと感じさせる方法のひとつです。

男性の場合はキスをしながら相手の頬を包み込んだり、頭を支えてあげると女性は守られているような感覚になります。

また、女性の場合は男性の腕に触れてみると良いとされています。

男性は腕をさわられるのに弱く、頼りにされている感覚に陥りますので、気持ちが昂るといえます。

思いを込める

キスがうまくなる一番の方法は思いを込めることです。

相手のことを愛しているという思いをしっかりとキスに込めることで、愛情のある素晴らしいキスをすることが出来ます。

うまいキスをしなくてはと焦っていると相手に伝わりますので、しっかりと愛情を込めてキスをすることが大切となります。

キスがうまくなるためには、まずはキスをすることへの恥ずかしさを捨てなくてはなりません。

相手の顔が近くにあると始めは恥ずかしさもあると思いますが、その恥ずかしさがなくならない限り、うまいキスというのは実現しません。

恥ずかしさを棄てることができたら、キスにしっかりと集中して、キスのひとつひとつに相手を思う気持ちを込めるようにすると、自然と気持ちが高まり、うまいキスができるようになるのです。

もっとうまいキスを目指すのであれば、外国の映画を見て、うまいキスをしっかりと見て覚え、シミュレーションを欠かさないことも大切となります。

また、舌の動きを滑らかにするためにも、舌の運動を取り入れるのも、うまいキスが出来るための方法となります。

キスのうまい下手というのは、少しの努力とたくさんの愛情で変わってきます。

相手のことをもっと知りたい、相手にもっと触れていたいという思いが強まったときに、これまでにない最高のキスをすることが出来ます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-