【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172610.html
新婚で冷蔵庫を買いたい、冷蔵庫を選ぶときのコツ

新婚で冷蔵庫を買いたい、冷蔵庫を選ぶときのコツ | LADYCO

LADYCO
新婚で冷蔵庫を買いたい、冷蔵庫を選ぶときのコツ

新婚生活を迎えるにあたって家電製品を一新するという方は多いかと思います。

今回はその中でも使用頻度の一番高い冷蔵庫選びのコツをお話したく思います。

  • 家族構成を把握する
  • 容量選び家族構成がある程度定まってきたら肝心の容量選びです。
  • 庫内の内訳
  • 消費電力
  • 生活スタイルによるメーカー選び
  • 購入時期
  • 意外と侮れない搬入経路
  • 最新の冷蔵庫事情
  • まとめ

1. 家族構成を把握する

家族構成を把握する

冷蔵庫は一家に一台、家族みんなで使用します。

また、冷蔵庫の平均10年程利用する方が多いです。

ここでの家族構成は今現在の家族構成ではなく10年先をある程度見据えた家族構成を定めておきましょう。

特に新婚であれば子供が生まれるなど家族が増えることもあるでしょう。

そういった家族構成の変化をある程度最初から定めておくと無駄な買い替えを抑えられるでしょう。

2. 容量選び家族構成がある程度定まってきたら肝心の容量選びです。

容量選び家族構成がある程度定まってきたら肝心の容量選びです。

一般的に3人?であれば400Lクラス以上の物をおすすめします。

このあたりの容量から各メーカーの特徴が顕著に現れだし、高性能かつ省エネ性能が上がってくるからです。

また、このあたりの容量であれば350Lクラスの消費電力との差額で元が取れるとまでは言いませんがそれなりにお得に購入が出来ます。

3. 庫内の内訳

庫内の内訳

一口に400Lと言ってもメーカーに寄っては冷凍庫が大きくて野菜室が小さいなど庫内の内訳がまちまちです。

夫婦ともに共働きで買い物に行ける日が少ないので宅配サービスを利用しているので冷凍食品が多くなりなりがちなので冷凍庫が大きい方がいい方もいれば家庭菜園をしているので野菜室は大きい方がいいという方もいます。

ご自身のスタイルに合わせた容量と内訳を決めておくのが大事です。

4. 消費電力

消費電力

先程も少し触れた内容ではありますが容量、メーカーによっては消費電力が異なります。

価格が安くて大容量なので飛びついたら消費電力が高くついたとなっては本末転倒です。

向こう10年使っていくであろう家電製品ですので消費電力の差額×10(年)で一度計算をしてみると、高い製品の方がお得だったりすることも有りますので消費電力は必ずチェックしましょう。

冷蔵庫は電源を切るわけにはいきません。

常に電気を消費し続けるものです。

それくらい消費電力は重要視される方は多いです。

5. 生活スタイルによるメーカー選び

生活スタイルによるメーカー選び

現在あらゆるメーカーが販売してますがどこのメーカーが良いのでしょうか。

あなたが冷蔵庫に何を求めているか、何を便利に感じるかでもちろん変わってきます。

たとえば冷凍庫が大きい方が良いというならばシャープのメガフリーザーがおすすめです。

ただこちらは野菜室は少なめです。

また、最近のメーカーではチルド室で差を出してきているフシも否めません。

日立は真空チルド、Panasonicは微凍結チルドなどです。

真空チルドでは食品の乾燥が緩和されますし、微凍結であればスプーンのはいる程度に冷凍されるので冷凍後の小分けに便利です。

ちなみに野菜室が真ん中といえば現在では東芝が主流です。

こういった各メーカーの特徴と自身のニーズと照らし合わせてメーカーを選びましょう。

6. 購入時期

購入時期

家電製品の場合同じ商品でも購入時期によっては価格が全然違うということも日常茶飯事です。

ではどういったタイミングでの購入が良いのでしょうか。

最新家電がとにかく欲しいというのであれば発売直後がいいでしょう。

発売直後はまだ旧製品が残っていて旧型に流れて新製品はなかなか売れません。

家電量販店では新製品のモニターキャンペーンと称して新型購入じに高額ポイントをつけていることもよくあります。

発売直後によく見られるキャンペーンなので新製品が欲しい方は一度チェックしてみるといいでしょう。

とにかく安くで良いものをとなれば断然旧型狙いですが新製品が発売されてからでは在庫がなくなっていることが多いので発売前、時期的には8月頃がおすすめです。

7. 意外と侮れない搬入経路

意外と侮れない搬入経路

冷蔵庫購入時、だいたいの方は設置場所の寸歩は図っています。

商品選びの際もちろん設置寸歩に収まるように商品を選んでいることでしょう。

商品を決め、場合によっては価格交渉をしたり、配送の段取り、処分の段取りをしていざ配送当日を迎えても搬入経路を確保出来ないので搬入出来ません、クレーンで搬入するので追加料金がかかります等で商品を選び直さなければならなかったりしなければなりません。

そうならないためには設置寸法でけでなく搬入経路を確認しておきましょう。

8. 最新の冷蔵庫事情

最新の冷蔵庫事情

毎年新製品を各メーカーこぞって発売しています。

そのたびに販売価格が上がって一年程かけて下がってくるの繰り返しです。

処分前と新製品では10万円以上のさがある機種も珍しくありません。

では最新モデルと現行品となにが違うのでしょうか。

確かに新機種はなにかしら機能が強化されています。

LEDがやや明るくなったであるとか省エネ性能が少し上がったとかです。

最近ではシャープが電動両開きの冷蔵庫を発表しました。

年々新機能が増え、新製品の付加価値を高めようとしていますが一度、本当に価格差の価値が自分に取ってあるのかと言うのは慎重に考えるべきです。

まとめ

家電量販店に行けば沢山の冷蔵庫が展示してあり店員さんも説明してくれるでしょう。

インターネットでもたくさんの商品があります。

こういったなかで以下に失敗しない商品選びをするのかの最大のコツは自身の条件を明確にしておく事です。

これがないとただ、店員さんに進められるがままにであるだとか安かったので購入したが不満点があとから出て来るなどになりかねません。

新婚生活のなかで自分の生活スタイル、家族構成などを一度シミュレートしてから商品を選ぶと少なくともあなたが思う冷蔵庫は見えてくるでしょう。

新婚生活を迎えるにあたって家電製品を一新するという方は多いかと思います。

今回はその中でも使用頻度の一番高い冷蔵庫選びのコツをお話したく思います。


家族構成を把握する

冷蔵庫は一家に一台、家族みんなで使用します。

また、冷蔵庫の平均10年程利用する方が多いです。

ここでの家族構成は今現在の家族構成ではなく10年先をある程度見据えた家族構成を定めておきましょう。

特に新婚であれば子供が生まれるなど家族が増えることもあるでしょう。

そういった家族構成の変化をある程度最初から定めておくと無駄な買い替えを抑えられるでしょう。

容量選び家族構成がある程度定まってきたら肝心の容量選びです。

一般的に3人?であれば400Lクラス以上の物をおすすめします。

このあたりの容量から各メーカーの特徴が顕著に現れだし、高性能かつ省エネ性能が上がってくるからです。

また、このあたりの容量であれば350Lクラスの消費電力との差額で元が取れるとまでは言いませんがそれなりにお得に購入が出来ます。

庫内の内訳

一口に400Lと言ってもメーカーに寄っては冷凍庫が大きくて野菜室が小さいなど庫内の内訳がまちまちです。

夫婦ともに共働きで買い物に行ける日が少ないので宅配サービスを利用しているので冷凍食品が多くなりなりがちなので冷凍庫が大きい方がいい方もいれば家庭菜園をしているので野菜室は大きい方がいいという方もいます。

ご自身のスタイルに合わせた容量と内訳を決めておくのが大事です。

消費電力

先程も少し触れた内容ではありますが容量、メーカーによっては消費電力が異なります。

価格が安くて大容量なので飛びついたら消費電力が高くついたとなっては本末転倒です。

向こう10年使っていくであろう家電製品ですので消費電力の差額×10(年)で一度計算をしてみると、高い製品の方がお得だったりすることも有りますので消費電力は必ずチェックしましょう。

冷蔵庫は電源を切るわけにはいきません。

常に電気を消費し続けるものです。

それくらい消費電力は重要視される方は多いです。

生活スタイルによるメーカー選び

現在あらゆるメーカーが販売してますがどこのメーカーが良いのでしょうか。

あなたが冷蔵庫に何を求めているか、何を便利に感じるかでもちろん変わってきます。

たとえば冷凍庫が大きい方が良いというならばシャープのメガフリーザーがおすすめです。

ただこちらは野菜室は少なめです。

また、最近のメーカーではチルド室で差を出してきているフシも否めません。

日立は真空チルド、Panasonicは微凍結チルドなどです。

真空チルドでは食品の乾燥が緩和されますし、微凍結であればスプーンのはいる程度に冷凍されるので冷凍後の小分けに便利です。

ちなみに野菜室が真ん中といえば現在では東芝が主流です。

こういった各メーカーの特徴と自身のニーズと照らし合わせてメーカーを選びましょう。

購入時期

家電製品の場合同じ商品でも購入時期によっては価格が全然違うということも日常茶飯事です。

ではどういったタイミングでの購入が良いのでしょうか。

最新家電がとにかく欲しいというのであれば発売直後がいいでしょう。

発売直後はまだ旧製品が残っていて旧型に流れて新製品はなかなか売れません。

家電量販店では新製品のモニターキャンペーンと称して新型購入じに高額ポイントをつけていることもよくあります。

発売直後によく見られるキャンペーンなので新製品が欲しい方は一度チェックしてみるといいでしょう。

とにかく安くで良いものをとなれば断然旧型狙いですが新製品が発売されてからでは在庫がなくなっていることが多いので発売前、時期的には8月頃がおすすめです。

意外と侮れない搬入経路

冷蔵庫購入時、だいたいの方は設置場所の寸歩は図っています。

商品選びの際もちろん設置寸歩に収まるように商品を選んでいることでしょう。

商品を決め、場合によっては価格交渉をしたり、配送の段取り、処分の段取りをしていざ配送当日を迎えても搬入経路を確保出来ないので搬入出来ません、クレーンで搬入するので追加料金がかかります等で商品を選び直さなければならなかったりしなければなりません。

そうならないためには設置寸法でけでなく搬入経路を確認しておきましょう。

最新の冷蔵庫事情

毎年新製品を各メーカーこぞって発売しています。

そのたびに販売価格が上がって一年程かけて下がってくるの繰り返しです。

処分前と新製品では10万円以上のさがある機種も珍しくありません。

では最新モデルと現行品となにが違うのでしょうか。

確かに新機種はなにかしら機能が強化されています。

LEDがやや明るくなったであるとか省エネ性能が少し上がったとかです。

最近ではシャープが電動両開きの冷蔵庫を発表しました。

年々新機能が増え、新製品の付加価値を高めようとしていますが一度、本当に価格差の価値が自分に取ってあるのかと言うのは慎重に考えるべきです。

家電量販店に行けば沢山の冷蔵庫が展示してあり店員さんも説明してくれるでしょう。

インターネットでもたくさんの商品があります。

こういったなかで以下に失敗しない商品選びをするのかの最大のコツは自身の条件を明確にしておく事です。

これがないとただ、店員さんに進められるがままにであるだとか安かったので購入したが不満点があとから出て来るなどになりかねません。

新婚生活のなかで自分の生活スタイル、家族構成などを一度シミュレートしてから商品を選ぶと少なくともあなたが思う冷蔵庫は見えてくるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-