【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172528.html
洗濯機を買いたい、洗濯機を選ぶときのコツ

洗濯機を買いたい、洗濯機を選ぶときのコツ | LADYCO

LADYCO
洗濯機を買いたい、洗濯機を選ぶときのコツ

洗濯機を買いたいと思っているあなたへ、洗濯機を選ぶときのコツをご紹介します。

高い買い物なので後悔のないようにしていきましょう。

  • 一度にどれだけ洗えるかをよく考慮すること
  • 部屋の置き場に収まるかどうかが大切
  • 子供がいる家ならドラム式に気をつけて
  • 値段だけで決めていない?メーカーは大丈夫?
  • 部屋の色合いに合っているかどうかも気にしましょう
  • お風呂の残り湯を使うならポンプも必要
  • 機能がたくさんあればいいというわけでもない
  • 補償や配達はどうなのかをしっかりチェックする
  • 現金値引きを交渉してみる
  • 乾燥機はどうするかよく考える
  • まとめ

1. 一度にどれだけ洗えるかをよく考慮すること

一度にどれだけ洗えるかをよく考慮すること

安いからといって選んでしまうと一度に洗える量が少な過ぎて不自由な思いをすることがあります。

少ししか洗えないせいで洗濯の回数が増えてしまったり、大物を洗えずにコインランドリーを使うようになってしまっては何にもなりません。

前回使っていたものがどのくらいの容量だったかを考えながらベストなものを選んでください。

2. 部屋の置き場に収まるかどうかが大切

部屋の置き場に収まるかどうかが大切

これはよく失敗しがちなポイントです。

部屋の置き場に収まるかどうか、しっかりサイズを測ってからお店に買いにいきましょう。

洗濯機の形によっては若干湾曲していることもあるため、数センチは余裕を見て買うことがおすすめです。

あまりぴったりサイズだとホースの設置に悩むこともあるため、配水管の位置も確認しておくといいですね。

3. 子供がいる家ならドラム式に気をつけて

子供がいる家ならドラム式に気をつけて

ドラム式洗濯機はスタイリッシュですが、子供が間違って中に入ってしまうような事故も起きる可能性があります。

子供がそばに寄らないように柵を設けることができるかなども考えましょう。

また、使わないときは何かで扉を塞いでおくのもいいですね。

もしものことを考えておくのも予防のためには必要なことです。

4. 値段だけで決めていない?メーカーは大丈夫?

値段だけで決めていない?メーカーは大丈夫?

海外メーカーだと安い商品もありますが、本当にそのメーカーは信用できますか?

すぐに故障してたとえ保障期間内であっても数日間使えなくなるということもありますし、不快な思いをするのも想像できます。

安いだけで商品を決めず、自分が信頼できるメーカーのものを選んで悔いの残らないようにしたいですね。

5. 部屋の色合いに合っているかどうかも気にしましょう

部屋の色合いに合っているかどうかも気にしましょう

最近ではカラフルな洗濯機も売られています。

部屋の色合いに合わせて選ぶというのも部屋のコーディネートにこだわるおしゃれさんには必要なことです。

人気色が偏っている製品ではそうではない色が安くなっていることもありますから狙い目です。

そんな点も合わせて検討してみましょう。

6. お風呂の残り湯を使うならポンプも必要

お風呂の残り湯を使うならポンプも必要

お風呂の残り湯を使って洗濯をしたいエコな方ならポンプが付いた洗濯機がおすすめです。

別売りなら数千円しますから、その値段が含まれているなら他の商品と比べてお得な場合もあります。

また、残り湯を使わないのであればポンプがあっても邪魔なだけです。

自分の用途に合ったタイプかどうかをよく見てみましょう。

7. 機能がたくさんあればいいというわけでもない

機能がたくさんあればいいというわけでもない

機能がたくさんあるとお得な気がしたりかっこいいと思ってしまいますが、意外と使う機能なんて限られているものなんです。

ややこしい機能が苦手な人も多いでしょうし、シンプルな機能のものでもその分安いなら問題ないような気もしませんか?

使わない機能のせいで高い買い物をするなんて無駄なことのないように気をつけてください。

8. 補償や配達はどうなのかをしっかりチェックする

補償や配達はどうなのかをしっかりチェックする

安い代わりに保障期間が短いとか、高いけれど何年も保障が付いている場合もあります。

配達が無料であればその分の手間を考えてもこっちにしようと決め手になることもあるでしょう。

単純に商品の値段だけをみるのではなくもしもの時のことやすぐに使えるかどうかも検討してください。

配達が無料か、すぐに行ってくれるかについては地方や自家用車がない家庭にとっては大切なチェックポイントです。

9. 現金値引きを交渉してみる

現金値引きを交渉してみる

現金なら少し値引きしますというお店もあります。

大きい買い物なのでカードで買いたいのが本音ですが、せっかくそんなメリットがあるなら使わない手はありません。

なるべく現金を用意して交渉できる準備をしておきましょう。

他の家電も同時に買うとおまけしてくれるなんていうこともありますよ。

10. 乾燥機はどうするかよく考える

乾燥機はどうするかよく考える

乾燥機能が付いている洗濯機をお望みですか?

そのような洗濯機は価格が高い傾向にありますから、ちょっとくらい干すことに抵抗がないなら安くて乾燥機能のないタイプを選ぶのもいいのではないでしょうか。

見得を張って高いものを選ぶ必要なんてありませんし、流行に流されてもいけません。

また、仕事で忙しくて干す暇なんてないという人なら高くても乾燥機能がある方が便利でしょう。

使う機能なのかをしっかり考えてください。

まとめ

洗濯機は急に壊れることが多い家電製品です。

しかし、何日も使えないとなるとそうとう不便な思いをします。

慌てて安いだけで買うと後悔することも多いので、急に壊れてしまってもしっかりサイズと容量を意識して選ぶようにしましょう。

これから数年間お世話になることを考えると買うときのひと手間なんてなんてことありません。

我慢して使うのはストレスになり、洗濯が嫌いになってしまうので気をつけてくださいね。

洗濯機を買いたいと思っているあなたへ、洗濯機を選ぶときのコツをご紹介します。

高い買い物なので後悔のないようにしていきましょう。


一度にどれだけ洗えるかをよく考慮すること

安いからといって選んでしまうと一度に洗える量が少な過ぎて不自由な思いをすることがあります。

少ししか洗えないせいで洗濯の回数が増えてしまったり、大物を洗えずにコインランドリーを使うようになってしまっては何にもなりません。

前回使っていたものがどのくらいの容量だったかを考えながらベストなものを選んでください。

部屋の置き場に収まるかどうかが大切

これはよく失敗しがちなポイントです。

部屋の置き場に収まるかどうか、しっかりサイズを測ってからお店に買いにいきましょう。

洗濯機の形によっては若干湾曲していることもあるため、数センチは余裕を見て買うことがおすすめです。

あまりぴったりサイズだとホースの設置に悩むこともあるため、配水管の位置も確認しておくといいですね。

子供がいる家ならドラム式に気をつけて

ドラム式洗濯機はスタイリッシュですが、子供が間違って中に入ってしまうような事故も起きる可能性があります。

子供がそばに寄らないように柵を設けることができるかなども考えましょう。

また、使わないときは何かで扉を塞いでおくのもいいですね。

もしものことを考えておくのも予防のためには必要なことです。

値段だけで決めていない?メーカーは大丈夫?

海外メーカーだと安い商品もありますが、本当にそのメーカーは信用できますか?

すぐに故障してたとえ保障期間内であっても数日間使えなくなるということもありますし、不快な思いをするのも想像できます。

安いだけで商品を決めず、自分が信頼できるメーカーのものを選んで悔いの残らないようにしたいですね。

部屋の色合いに合っているかどうかも気にしましょう

最近ではカラフルな洗濯機も売られています。

部屋の色合いに合わせて選ぶというのも部屋のコーディネートにこだわるおしゃれさんには必要なことです。

人気色が偏っている製品ではそうではない色が安くなっていることもありますから狙い目です。

そんな点も合わせて検討してみましょう。

お風呂の残り湯を使うならポンプも必要

お風呂の残り湯を使って洗濯をしたいエコな方ならポンプが付いた洗濯機がおすすめです。

別売りなら数千円しますから、その値段が含まれているなら他の商品と比べてお得な場合もあります。

また、残り湯を使わないのであればポンプがあっても邪魔なだけです。

自分の用途に合ったタイプかどうかをよく見てみましょう。

機能がたくさんあればいいというわけでもない

機能がたくさんあるとお得な気がしたりかっこいいと思ってしまいますが、意外と使う機能なんて限られているものなんです。

ややこしい機能が苦手な人も多いでしょうし、シンプルな機能のものでもその分安いなら問題ないような気もしませんか?

使わない機能のせいで高い買い物をするなんて無駄なことのないように気をつけてください。

補償や配達はどうなのかをしっかりチェックする

安い代わりに保障期間が短いとか、高いけれど何年も保障が付いている場合もあります。

配達が無料であればその分の手間を考えてもこっちにしようと決め手になることもあるでしょう。

単純に商品の値段だけをみるのではなくもしもの時のことやすぐに使えるかどうかも検討してください。

配達が無料か、すぐに行ってくれるかについては地方や自家用車がない家庭にとっては大切なチェックポイントです。

現金値引きを交渉してみる

現金なら少し値引きしますというお店もあります。

大きい買い物なのでカードで買いたいのが本音ですが、せっかくそんなメリットがあるなら使わない手はありません。

なるべく現金を用意して交渉できる準備をしておきましょう。

他の家電も同時に買うとおまけしてくれるなんていうこともありますよ。

乾燥機はどうするかよく考える

乾燥機能が付いている洗濯機をお望みですか?

そのような洗濯機は価格が高い傾向にありますから、ちょっとくらい干すことに抵抗がないなら安くて乾燥機能のないタイプを選ぶのもいいのではないでしょうか。

見得を張って高いものを選ぶ必要なんてありませんし、流行に流されてもいけません。

また、仕事で忙しくて干す暇なんてないという人なら高くても乾燥機能がある方が便利でしょう。

使う機能なのかをしっかり考えてください。

洗濯機は急に壊れることが多い家電製品です。

しかし、何日も使えないとなるとそうとう不便な思いをします。

慌てて安いだけで買うと後悔することも多いので、急に壊れてしまってもしっかりサイズと容量を意識して選ぶようにしましょう。

これから数年間お世話になることを考えると買うときのひと手間なんてなんてことありません。

我慢して使うのはストレスになり、洗濯が嫌いになってしまうので気をつけてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-