【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172312.html
アラサー女子の人間関係の整理の仕方8選

アラサー女子の人間関係の整理の仕方8選 | LADYCO

LADYCO
アラサー女子の人間関係の整理の仕方8選

アラサー女子の人間関係はめまぐるしい変化の過渡期にあります。

どういった変化があるのかを見ていきましょう。

  • 優先順位をつける
  • 友人
  • 恋愛
  • 家庭
  • 仕事
  • 一人の時間
  • 断捨離
  • バランス
  • まとめ

1. 優先順位をつける

優先順位をつける

アラサーは学生や20代の頃と違い、とにかく忙しいです。

今の時代、女性も仕事をしている場合がほとんどなので、仕事に時間を取られてしまいます。

そうすると自然に周囲の人間と時間を過ごすことは減っていきます。

したがって、人間関係でより大きい幸せを感じることができる人との時間を選び、逆にメリットがあまり感じられない人とは距離を置くようになります。

それが人間関係の優先順位となって現われます。

2. 友人

友人

子供の頃からアラサーまで、そしてその先に繋がる友人関係ですが、アラサーになってくると基本的には付き合い方が限定的になっていきます。

学生の時は、女子の中にもいくつかのグループがあり、いくつかのグループでいろいろな友人がいたかもしれません。

しかし、仕事をするようになり忙しくなるとグループを絞る人が増え、なおかつ共通化が起きます。

子育てグループ、趣味グループといったように、共通の目的がある女性同士が集まるようになり、その条件を満たさない女性はグループに入れません。

自分が所属すべきグループを絞っていく傾向にあるのがアラサーです。

3. 恋愛

恋愛

アラサー女子はどうしても年齢を意識します。

子供が欲しい場合であれば、出産年齢、そこから逆算して、結婚年齢やいつまでに彼氏を作らなくてはいけないのか、などと計算をします。

したがって忙しいアラサー女子は友人などの関係に比べると恋愛の優先順位が高くなります。

友人と会う頻度を減らし、彼氏と会う時間を増やすのは自然なことです。

4. 家庭

家庭

親も含みますが、基本は夫と子供との時間です。

子育てに追われるようになれば、仕事を辞めたり休まざるをえなくなるでしょう。

そうすると自分にとって時間を割く相手は子供となり、あとは夫や同じ境遇にいる子育てママさんたちと多くの時間を過ごします。

5. 仕事

仕事

学生が終わり仕事に就くと、とにかくまずは仕事が何より優先されます。

他の人間関係はあくまで仕事以外の時間に限定されます。

結婚を考えるアラサー女子は人生の選択肢や優先順位において、仕事か結婚かを選ぶことが一番大きな悩みとなります。

6. 一人の時間

一人の時間

アラサー女子が一番犠牲にするのは一人の時間です。

大切にしたい人間関係が増え、忙しくなるために、一人の時間が減ります。

しかし、なかには周囲であまり重要でない人との時間を削り、一人の時間を確保している人もいます。

アラサー女子は人間関係に頑張ってばかりいると疲れてしまうことを経験から知っており、しっかり一人の時間を持とうと時間のやりくりをするのです。

7. 断捨離

断捨離

どうしても1日は24時間しかありません。

大切な人を選べば、必然的に大切じゃない人とは距離をとります。

それは悪い事ではありません。

誰しもが優先順位があるのです。

アラサーになれば、まずは仕事や結婚が第一で、友人は余った時間にしかもお互いが子育て中といったような共通項を持つ友人に限られてきます。

それ以外の人と会う時間を取らなくなるのは自然な流れです。

8. バランス

バランス

とはいえ、最後は自分が幸せになるバランスを取ろうとします。

いくら仕事や子育てが忙しくても、小学校の時からの友人と毎年会う時間を取っていたりする人はいます。

子育てを夫や同居の親がしてくれれば、工夫次第で友人との時間を確保することもできるのです。

アラサーの人間関係の整理の仕方は、このバランスと工夫という二つの言葉に集約されます。

まとめ

アラサー女子は自分の幸せの形が決まってくる世代です。

大切なものは人それぞれ違うので、自分にとって誰が大切なのか、そのためには何を削り、どんな工夫をしなくてはいけないのか、悩む世代でもありますね。

アラサー女子の人間関係はめまぐるしい変化の過渡期にあります。

どういった変化があるのかを見ていきましょう。


優先順位をつける

アラサーは学生や20代の頃と違い、とにかく忙しいです。

今の時代、女性も仕事をしている場合がほとんどなので、仕事に時間を取られてしまいます。

そうすると自然に周囲の人間と時間を過ごすことは減っていきます。

したがって、人間関係でより大きい幸せを感じることができる人との時間を選び、逆にメリットがあまり感じられない人とは距離を置くようになります。

それが人間関係の優先順位となって現われます。

友人

子供の頃からアラサーまで、そしてその先に繋がる友人関係ですが、アラサーになってくると基本的には付き合い方が限定的になっていきます。

学生の時は、女子の中にもいくつかのグループがあり、いくつかのグループでいろいろな友人がいたかもしれません。

しかし、仕事をするようになり忙しくなるとグループを絞る人が増え、なおかつ共通化が起きます。

子育てグループ、趣味グループといったように、共通の目的がある女性同士が集まるようになり、その条件を満たさない女性はグループに入れません。

自分が所属すべきグループを絞っていく傾向にあるのがアラサーです。

恋愛

アラサー女子はどうしても年齢を意識します。

子供が欲しい場合であれば、出産年齢、そこから逆算して、結婚年齢やいつまでに彼氏を作らなくてはいけないのか、などと計算をします。

したがって忙しいアラサー女子は友人などの関係に比べると恋愛の優先順位が高くなります。

友人と会う頻度を減らし、彼氏と会う時間を増やすのは自然なことです。

家庭

親も含みますが、基本は夫と子供との時間です。

子育てに追われるようになれば、仕事を辞めたり休まざるをえなくなるでしょう。

そうすると自分にとって時間を割く相手は子供となり、あとは夫や同じ境遇にいる子育てママさんたちと多くの時間を過ごします。

仕事

学生が終わり仕事に就くと、とにかくまずは仕事が何より優先されます。

他の人間関係はあくまで仕事以外の時間に限定されます。

結婚を考えるアラサー女子は人生の選択肢や優先順位において、仕事か結婚かを選ぶことが一番大きな悩みとなります。

一人の時間

アラサー女子が一番犠牲にするのは一人の時間です。

大切にしたい人間関係が増え、忙しくなるために、一人の時間が減ります。

しかし、なかには周囲であまり重要でない人との時間を削り、一人の時間を確保している人もいます。

アラサー女子は人間関係に頑張ってばかりいると疲れてしまうことを経験から知っており、しっかり一人の時間を持とうと時間のやりくりをするのです。

断捨離

どうしても1日は24時間しかありません。

大切な人を選べば、必然的に大切じゃない人とは距離をとります。

それは悪い事ではありません。

誰しもが優先順位があるのです。

アラサーになれば、まずは仕事や結婚が第一で、友人は余った時間にしかもお互いが子育て中といったような共通項を持つ友人に限られてきます。

それ以外の人と会う時間を取らなくなるのは自然な流れです。

バランス

とはいえ、最後は自分が幸せになるバランスを取ろうとします。

いくら仕事や子育てが忙しくても、小学校の時からの友人と毎年会う時間を取っていたりする人はいます。

子育てを夫や同居の親がしてくれれば、工夫次第で友人との時間を確保することもできるのです。

アラサーの人間関係の整理の仕方は、このバランスと工夫という二つの言葉に集約されます。

アラサー女子は自分の幸せの形が決まってくる世代です。

大切なものは人それぞれ違うので、自分にとって誰が大切なのか、そのためには何を削り、どんな工夫をしなくてはいけないのか、悩む世代でもありますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-